Hatena::ブログ(Diary)

高坂研究室な生活

2008-10-01

Unstable 四国支部

14:10

電気関係学会四国支部に参加するため,僕(アサハラ),シンゴさん,先生の3人で徳島大学に行きました.

大分を出発して間もなく先生が「しまった!!おそるべき讃岐うどん忘れた」と一言.

おそるべき讃岐うどんとは香川のご当地うどん情報誌で,讃岐うどんブームの火付け役となったとてもすご〜い書物だそうです.

"おそるべき"っておもしろいネーミングだな.

僕はこのフレーズがとても気に入りました.

このとき僕は完全に味的な"おそるべき"をイメージしていたのですが,

実際に本場の讃岐うどんを食べに行って初めてこの情報誌

の絶妙なネーミングに,"おそるべき"の真意に気づかされました.フェリーの�にて

大分を出発した一行は佐賀関よりフェリーに乗り四国三崎港へ.

70分ばかしの船旅でした.

三崎港に着いた僕たちは早速香川で有名な「まんのうデルタ

と呼ばれるおいしいうどん屋が密集している地域に向かいました.

道中,先生のうどんトークを聞いておなかもいい感じ.

さぁ「まんのうデルタ」に着いたぞ,うどん食うぞ!!

とテンションがあがった僕らでしたがなんとうどん屋は全て閉店.

まだP.m 6:00なんですけど・・・

そうなんです."おそるべき"ってそういう意味でもあるんです.

せっかくわざわざ遠回りして来たのに・・・

とにかくテンションが下がる下がる.

まさに"おそるべき讃岐うどん".

気を取り直して先生がよく通っていた,徳島県鳴門市にあるうどん屋に向かうことに.

同じミスをしないように先生がiphonで閉店時間をすかさず確認.

閉店時間はP.m 8:30.

ここからだとギリギリ間に合うかどうか微妙なところ.

先生の大人の判断で高速を駆使することに.

最寄りのICで高速を降りると後はカーナビ頼み.なんとかP.m 8:10くらいに目的のうどん屋「丸亀うどん」に到着.

先生の思い出の一品「焼うどん」を食べました.

八宝菜風のあんをかけたボリュームたっぷりのうどんでとてもおいしかったです.

ホテルに着いてこの日は終了.みなさんお疲れ様でした.

2日目,今日は本番.電気関係学会四国支部に参加します.会場に着いて,まず他の人のプレゼンを見学しました.

みんなとても良いプレゼンでした.

シンゴさん,僕もなんとか練習通りにプレゼンを行うことができました.

徳島大学は市内中心部に位置しており,飲屋街にも近くとてもいい立地条件でした.

その夜の打ち上げはとても良い思い出になりました.先生の後輩のツジさん,徳島大学のおはるさん,イノさん,

スギモトくんと合流して打ち上げが開催されました.

シンゴさんは最近覚えた「Unstable」という単語が気に入ったようで,

打ち上中「Unstable」を連呼していました.

右の写真は「Unstable」を体で表現しているようです.

僕は,イノさんとスギモトくんという新しい友達ができてとても嬉しかったです.

多分,またどこかの学会で会う機会があると思うから,

その時は是非また一緒に飲みましょうね.

3日目,最終日です.

この日の目的は徳島で噂の「びんび家」というご飯やさんとびんび汁1日目に食べ損ねた「讃岐うどん」を食べることです.

まずは「びんび家」.

とにかくボリューム満点でシンゴさんと僕はお腹いっぱいに.

これが有名な「びんび汁」です.

次は「讃岐うどん」超有名店「山越」に行くことに.

P.m 1:00くらいに付近に到着.

詳しい場所を近所の方に聞いてみると.

「すぐそこだけど,今日は日曜だから休みだよ」

との衝撃発言.

日曜やっとけよ!!

またしても「おそるべき讃岐うどん」・・・

讃岐うどん食べに行くなら事前に営業時間を調べておきましょう.

最後に三崎港の近くの温泉に入って帰りました.

とても気持ちいい温泉でした.亀ヶ池温泉

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kousakalab/20081001/1222837843