Hatena::ブログ(Diary)

高坂研究室な生活

2013-10-11

ゼミ旅行 ~ラオス編~

16:39

ゼミ旅行ラオス編です。

まずは、ビエンチャンから!

ビエンチャンでは周辺の寺院や観光地を巡りました。

最初に、現地で出会った外国人と一緒にトゥクトゥクブッダ・パークに行きました。

トゥクトゥク

ブッダパーク

園内はいかにもアジアらしい石仏がたくさんあり、蛇に食べられている女の人の像や大口を開けて佇んでいる頭部だけの像など地獄を模したような像が多かったです。

石像

石像2

次に、ビエンチャンの中心まで戻り近くのお寺に入りました。

中では多くの僧衣を纏った和解お坊さんがたくさんいて修行をしていました。一緒に来たマレーシア人の人の話によると、ここはお坊さんの学校で毎日多くのお坊さんが勉強している場であることが分かりました。

ここの他にも寺院を十数カ所巡り一生分のお寺を巡れたと思います。

ある所では外装の作りが細部まで細かく彫刻されていたり庭園が素晴らしく美しい場所があったりとそれぞれ違った良さがありました。

寺院

 続いてパークセーについてです!

パークセーには、トラブルにより1日多い、4日間滞在しました。

パークセーは、ラオス南部、チャムパーサック県の県庁所在地であり、ビエンチャンに次ぐ都市です。

タイのウボンラチャタニから国際バスに乗って行きました。

バスセンタ

自分が泊まったホテルの近くにはメコン川が流れていて、夕日がとても綺麗でした。

メコン川

次の日、現地の旅行会社の人に頼みパークセー郊外の観光地を巡りました。

まず、「象に乗りたい」と言うことで、キヤットゴーン村に連れて行ってもらいました。 

2時間ほど岩山を登りました。

続いて世界遺産ワット・プー遺跡です。

この日は、雨がひどく、観光客は自分一人でした。

途中一人が故に、立ち入り禁止の所に気付かず入ったり、『貴重な石』があると勘違いして「FALLING ROCK」と書いてある区域に入り落石を目の前で見たり、ある意味貴重な体験をしました。

ワットプーワットプー2ワットプー3

帰り道、ちょうど収穫祭みたいなのが開催されてあり、よってもらいました。

お腹もすいていたこともあり食う気満々でしたが、売られている物が、生魚、カエル、虫、草?…

唯一食べれた焼き鳥、果物は美味しかったです!

市場2市場市場3市場4

三日目、本来ならバンコクに帰る予定でしたが、予約したはずのバスが取られておらず、帰れずじまい。

パークセーの町をぷらぷらしました。ダオファン市場の活気が凄かったです。

四日目、無事バンコクへ!

バスセンター犬

タイ国境です。

国境国境2

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kousakalab/20131011/1381477174