もののふのこころ このページをアンテナに追加 RSSフィード

<< 今こそ幾多の先人の智慧に学ぶ ”もののふのこころ”>>

2006-04-19 今日の雑感

[][] いい加減にバンケイホウ号を止めよ!

昨日,一昨日のエントリーでは,日本の良くない集団(必ずしも組織化されているわけではない)が韓国に迎合して,北に金までくれてやって,拉致問題を有耶無耶にしようとする動きがあるのではないかと述べた.しかし実際には,これに米・中が絡むことになるので,事は複雑になる.

ぼやきくっくり”さんのサイトのコメント欄を拝読していたら,”さぬきうどん”さんという方が文芸批評家の加藤弘一氏のサイト(ほら貝)を紹介されていた.その”ほら貝:サロン”の4月分を読ませていただくと,12日,15日にある北朝鮮分析が非常に秀逸だった.筆者は偏向的理系人間なので,文芸というものに疎く,氏を全く存じ上げなかった.ちょっとググってみたら,電脳補完録にも紹介されている方だった(さぬきうどん様,有り難う御座いました).

加藤氏は米・中を絡めて北朝鮮の今後が何処に転がるのかを,そこいらのTV評論家以上に的確に評されていた.氏の論点は以下の三点から成っていた.

  1. アメリカによる金融制裁の影響
  2. アメリカの北朝鮮に対する方針の転換
  3. 中国の北朝鮮への介入程度とその影響


1.の影響は金正日にとって相当に痛いらしい.まぁ,マカオの口座は自分への忠誠を維持させるための金銭倉庫だったので当然だろう.北が最近,必死になって制裁解除を求めてくる背景は実は単純で,将軍様ファミリーの懐具合が一番の理由だろう.決して,連中の思考形態を通常国家のそれと同一に観てはいけない.忘れちゃいけないのはもう一つ,将軍様にとって大きな打ち出の小槌があること.

あの忌々しいバンケイホウ号だ.勘違いしてはいけないのは,あの船は在日同胞の行き来だけを司るものではないということだ.あの船が工作船を偽装したものだと断言できる日は近いだろう.3年ほど前,新潟港のバンケイホウ号の入港反対集会に取材に来ていたTBSのキャスター(確か筑紫さんの直弟子である佐古氏)が蓮池透さんに以下のニュアンスのことを聞いた.

「この船は在日同胞のための人道船ですよ,彼らの人権はどうお考えですか?」

すると,蓮池氏がすかさず答えた.

「では,拉致被害者の人権はどうなるんですか?」と・・・.

直ちにバンケイホウ号は止めるべきである.今以上に将軍様の首を絞めることが出来る.同様のことを,”勝谷誠彦の××な日々。”の勝谷氏も述べておられた.

2.は1.とも関連してアメリカが六者会議を重要視せず,しかも核開発だけではなく,偽札や麻薬製造等を止めない限りまともな話し合いには入らないという方針転換をしつつあることだ.これは北にとって非常に苦しいことで,完全にマウントポジションを取られることになる.

そこで中国様のお出ましとなる3.になるのだが,金日成時代のように強固な国内基盤を持たない現将軍様統治の北が,其れほど美味しいアドバンテージを示せるとは思えない.少しばかりのレアメタルが採れる程度では大したビジネスにはならないし,実質的には既に中共に乗っ取られている.

したがって,中共様にいいように喰われ,晴れて朝鮮省になる日も近いのでは?とのことだ.元々,中共にとって北朝鮮は民主国家とのイデオロギー的ボーダーとしての役割しかないように思われるので,アメリカに民主化されるくらいなら自分で食べてしまおうと思うのは当然の帰結かと筆者も考える.

北も以上のことは予想しているだろう.ゆえに,今のうちに仲良しになってきた韓国と日本の良くない連中(国賊ともいう)を狡猾に利用して,寿命を長らえさせる方策をとってきているものと思う.日本政府はこれに絶対,乗せられてはならない.今,アメリカの金融制裁で青色吐息の状態だからこそ,日本の経済制裁も加速度的に効いてくるはず.

まずは標題通り,特定船舶入港禁止法を根拠とした”バンケイホウ号の入港禁止”に踏み切ることである.



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願いします

さぬきうどんさぬきうどん 2006/04/19 23:03 過分なお褒めの言葉ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

さぬきうどんさぬきうどん 2006/04/19 23:20 一言付け加えます。
今日「救う会」から署名用紙などの書類が送られてきました。
西岡力さんの現状分析の文章が同封されていました。ほぼ加藤さんの趣旨と同様だと思います。
今が拉致被害者を取り返す最大のチャンスだと思います。雰囲気は変わってきています。がんばりましょう。(私は無力ですが…)

kousotsudrkousotsudr 2006/04/20 11:20 さぬきうどん様,わざわざお越しいただきまして有り難う御座いました.

>西岡力さんの現状分析の文章が同封されていました。ほぼ加藤さんの趣旨と同様だと思います。

そうでしたか.西岡氏や佐藤氏の分析は北朝鮮を知り抜いている方々の考察ですから,政府ももう少し考慮してくれると良いんですが・・.
仰るように,ピンチの時が逆にチャンスだということを日本政府は肝に銘じて行動して欲しいです.
因みに小生も無力ですが,そういう考え方だってあるんだということを知っていただければと思って,生意気ながらやっている次第です.
コメント有り難う御座いました.

itukyuuitukyuu 2006/04/24 21:47 >北も以上のことは予想しているだろう.ゆえに,今のうちに仲良しになってきた韓国と日本の良くない連中(国賊ともいう)を狡猾に利用して,寿命を長らえさせる方策をとってきているものと思う.日本政府はこれに絶対,乗せられてはならない.今,アメリカの金融制裁で青色吐息の状態だからこそ,日本の経済制裁も加速度的に効いてくるはず.

お説の通りです。南・北朝鮮と日本の<中韓朝・E>はジリジリと我々に拠って追い詰められて居ます。池田党は最早、如何なる詭弁も通らない状況を認識し、公然と<中韓朝・E>である事を隠蔽せず、逆に南との強調路線を明示する事で、北のエージェントで有るとの批判を交す作戦に転換し出している。しかし、池田党が朝鮮総連の代行組織で有る事は最早誰の目にも明白で有ろう。是は明確に保守連立政党の取る路線では無い。竹島問題の保守与党派は明らかにこの動きと逆の立場を取るべきであり、そうで無ければならない。
拉致問題にしても、ようやく転換の兆しが見えて来た。追い詰められた<中韓朝・E>勢力は、米国自身すら予想外の金融制裁の成果に強硬路線に転換した。お説の通り、今こそ国内の朝鮮総連・民澤等に対する優遇処置の廃止による経済制裁等を為すべきで有り、日本だけでの制裁は効果が無いと言う論理は全く論拠を失っている現実がそこにある。日本の内閣はこの事実に追随出来ない政策の破綻を露呈し、<中韓朝・E>勢力は拉致問題を南に転嫁させ、逃げの策謀を画策しだした。是が先の日韓会談の根底にある事は、先ず間違いの無い想定の範囲で有ろう。この事実は、与党が既に2分化して居る事の露呈に他ならない。自公政権は事実上崩壊した。その事は、今回の千葉補選で明確に露呈している。大田和美氏。彼女の前身は不明である。だが、仮に極論して<中韓朝・E>に繋がるとしても、現在の自公&(小泉チルドレン勢力)を承認するよりベターと千葉県民は判断したとする事実には変わりは無い。私は先の選挙で、自公連立の危険性と弊害を説いた。事実に於いて今、国内の治安は麻のごとく乱れ、<中韓朝・E>勢力の与党内部に於ける、政治施政は正に売国政治と言っても過言ではない。持論の逆説から言うと、ある意味に於いて、自民党内部に於ける、<中韓朝・E>勢力のあぶり出しが鮮明になって来たとも言う事が出来る。庶民に取って、政官財・界の判断と認識は、裏の裏間迄読み取る事は不可能である。彼らの嘘・騙しは日常茶飯事。だが、是を判断出来る一つの要素がこの一年間でかなり明確に成って来た。最も<中韓朝・E>勢力の補佐を為すメデアが、朝日新聞で有ると言う事実である。最近発売された週間朝日には、小泉に斬られた政治家達として田中真紀子を始めとし、武部・竹中等の名前が書き込まれた。だが彼らの共通する処は、飽く迄<中韓朝・E>勢力の一翼に変りは無い。小泉政権崩壊を先取りした、反小泉陣営で有ると言わんばかりに此処で彼等を持ち上げて、時期政権の主要な地位を得やすい環境を作り上げて、<中韓朝・E>勢力の橋頭堡を残して置きたいとする、朝日新聞の老獪な世論誘導戦略はミエミエだろう。彼等こそ小泉<中韓朝・E>勢力を支えて来た張本人なのだから。国民は騙されては成らない。<中韓朝・民族>は、仁義無き民族思考で有り、自らが生き残る為には、昨日の友も容赦無く斬り捨てるのが彼等の流儀。山宅・加藤・そして彼等が次に押し出そうと策謀する福田は、明確に<中韓朝・E>勢力の陣営に帰属する筈。この論理から判断すれば、次期総裁は、安部・中川・麻生の3人から選出されない限り、日本の左に寄り過ぎた政治思考の修正は有り得ない。


>まずは標題通り,特定船舶入港禁止法を根拠とした”バンケイホウ号の入港禁止”に踏み切ることである.

万景峰号の入港禁止を避けられないと見た、池田党は既に【ピザなし入出国】を先手で打ち出し、例え禁止処置を取っても効果は薄い。其れよりも【円の持ち出し制限強化】【輸出入の禁止・制限】=日本企業の外為法違反と是に関与した企業、並びに、拉致事件に関与した組織【朝鮮総連】・及び、是に連座する全ての国内企業に対する貿易業務の禁止・制裁が有効と認識します。即ち、対<中韓朝露・交易の禁止>、是で事実上、高級メロン一個積荷として輸出は不能になる筈。

米国が人権問題・金融制裁を強行に打ち出している現在、直接被害を受けている日本が、この様な制裁処置が取れないとする論理は、国民には通用しない現実がそこにある。

kousotsudrkousotsudr 2006/04/25 08:42 itukyuu様,コメント有り難う御座います.
>米国が人権問題・金融制裁を強行に打ち出している現在、直接被>害を受けている日本が、この様な制裁処置が取れないとする論理>は、国民には通用しない現実がそこにある。

お説の<中韓朝・E>の暗躍は,ここにすべて集約されているでしょうね.特に媚中・媚韓の連中が影響力を持っている限り,半島・大陸の侵食はなかなか止められないと思います.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kousotsudr/20060419/p1