Hatena::ブログ(Diary)

ドラフト御免 Twitter

2010-05-21

[]消費のクリエイティブってなにそれ?

糸井 マイケルの遊園地って、

   なんだか幼児がひとりで夢見る「お菓子の国」みたいなものじゃないか、

   って気がするんです。

   すばらしいお菓子の国。アートとしても天下一品

   でも、みんな食べちゃだめ!

   このすごいお菓子の国を食べていいのは、ボクだけなんだ――。

   こうしたおカネの使い方って、

   きわめてここ10年のおカネの使い方、

   お金持ちのあり方って感じがしませんか?

   いっぱい稼いだ。世界有数の金持ちになった。

   でも、ボクがひとりで使っちゃうんだ……。

   ここに創造的なおカネの使い方は、ない。

   これが、みんなボクのお菓子の国においでよ、

   どんどん食べちゃってよ、楽しいでしょ、

   っていうひとがお菓子の国の王様だったら、ぜんぜん違うよね。

   まさに、このお菓子の国は、「友達が喜んでくれる」世界一の国になる。

   そして、みんなが喜んでくれるお菓子の国をつくるためのカネは、

   たいへんすばらしい、人が喜ぶものになるわけです。

   つまり、ここには「消費のクリエイティブ」がある。

NBO 消費のクリエイティブ……。

糸井 そうです。

   ものもなにもかもが余っているからこそ、

   いま大切なのは、稼ぐ以上に、つくる以上に、

   「消費のクリエイティブ」、創造的なおカネの使い方なんです。

   その先にぼくは、みんながもとめている様々な答えがあるような気がする。


矢沢永吉×糸井重里「素人社長会議」::NBO

 アメリカにはお金の使い方の選択肢としての寄付文化があります。しかし、糸井さんの考えはその寄付の先を行っています。彼は消費行為に対してアートであることを提案しているようです。

 糸井さんが天才であることは置いておいて、このような意見がでてくるという意味で、日本はとてつもなく成熟した社会になったのかもしれません。

 あと、消費を投資と言い換えてもよいと思いました。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kowas/20100521/1274453061
Connection: close