徒然なるままに『今日から明日へ』 このページをアンテナに追加

2016-11-23

富士山噴火。渡辺 崋山。

富士山噴火。渡辺 崋山。を含むブックマーク

今日の江戸学トピック>
◆富士山噴火
 宝永4年(1707)11月23日、富士山7合目あたりの山腹の東南側山腹が爆発し大噴火を起こしました。日が傾くにつれ噴火は激しくなり、火柱が中空を裂き稲妻が飛び交ったそう。噴火は16日間続き、50を超える村が灰の下にうまりました。22日の深夜から23日にかけて30回ほどの地震が起こっていました。午前10時ごろから地鳴りが始まり、その音に驚いた老若男女が気絶したそう。噴火に伴い起こった火砕流によって山麓の村は壊滅状態に。江戸にも灰が舞い散ったそうだ。江戸でも灰は厚いところで3、4寸(約9〜12僉棒僂發辰燭修Α吹き上がった黒煙で周囲は真っ暗。昼でも明かりが必要だったそう。11月末には噴火が静まり、降灰も12月上旬にはやみました。出現した新山は宝永山と名づけられた。
◆渡辺 崋山(わたなべ かざん、寛政5年9月16日(1793年10月20日) - 天保12年10月11日(1841年11月23日))は、江戸時代後期の武士、画家。 三河国田原藩(現在の愛知県田原市東部)の藩士であり、のち家老となった。モリソン号事件で幕府を批判した「慎機論」で蟄居を命ぜられ、後に自刃。崋山は、1万5千石という小藩の家老として飢饉を予測した施政などで大きな成功をおさめている。また世界の情勢に通じるために蘭学者たちとの交流も深かった。そして絵画では当代一流で数々の名画を遺している。

講武所。

講武所。を含むブックマーク

今日の江戸トピック>
◆講武所(こうぶしょ)は、幕末に江戸幕府が設置した武芸訓練機関である。講武所はペリー来航による危機感から幕府が設けた「武の英才教育機関」。諸役人旗本・御家人、およびその子弟が対象で、剣術をはじめ、洋式調練・砲術などを教授した。はじめ江戸の築地鉄砲洲に置かれ講武場として発足、のちに神田小川町に移転する。
 相次ぐ外国船の来航や、列強の近代的軍装に刺激された幕府の幕政改革・軍制改革に伴い、ペリーの第2回次来航があった嘉永7年5月1854年安政元年)に、男谷信友(精一郎)の提案により阿部正弘が安政の改革の一環として、現在の浜離宮の南側に大筒4挺ほどの操練場を作った。正式には、安政3年(1856年)に講武場として築地に発足。まもなく築地は軍艦操練所となり、同年4月に軍備増強の一環として幕府が創設した講武所を改組。万延2年(1861年)に現日本大学法学部図書館のある水道橋内三崎町二丁目の地に講武所を建設し武芸の講習所とし、慶応2年(1866年11月には廃止陸軍所に吸収されて砲術訓練所となる。
 講武所は、弓術・砲術・槍術・剣術・柔術部門に分かれ(のちに弓術部門と柔術部門は廃止)、総裁2名、各部門に師範役が1名ずつ、そしてその下に教授方が置かれていた。総裁には、旗本の跡部良弼と土岐頼旨、教授には、幕臣の高島秋帆・下曽根信敦・男谷信友・勝海舟・榊原鍵吉・窪田清音・伊庭秀業・大村益次郎村田蔵六)らがなった。
 ・講武所結い・・江戸末期流行した月代を剃る面積を縮小した男性の丁髷(銀杏髷)。
 ・講武所があったことから、神田の花街も「講武所」と呼ばれた。幕末から明治にかけてできた花街で、大正9年の警察の記録には、89人の芸者がいた とされる。講武所(今の外神田1丁目あたり)の北、2〜3丁目あたりが花街で、明治10年創業の新開花(元・開花楼)は当時から続く店と言われてい  る。

葛飾北斎

葛飾北斎を含むブックマーク

今日の江戸学トピック>
◆葛飾北斎
 葛飾北斎は江戸時代に活躍した浮世絵師で、とりわけ後期、文化文政期を代表する一人。森羅万象、何でも描き生涯に3万点を超える作品を発表。版画のほか、肉筆画にも傑出していた。さらに読本、挿絵芸術に新機軸を見い出し、「北斎漫画」をはじめとする絵本を多数発表した。葛飾派の祖となり、後にはゴッホなど西欧の印象派画壇の芸術家をはじめ、工芸家や音楽家にも影響を与えた、世界的にも著名な画家だ。代表作に「富嶽三十六景」「北斎漫画」などがある。
 北斎は武蔵国・葛飾郡本所割下水(現在の東京都墨田区の一角)で、貧しい百姓の子として生まれた。幼名は時太郎。後に鉄蔵と称した。生没年は1760〜1849年。小さい頃から頭が良く、手先の器用な子で、初め貸本屋の小僧になり、14、15歳の時、版木彫りの徒弟に住み込んだが、そんな閲歴が絵や文章に親しむきっかけとなったと思われる。北斎は1778年、浮世絵師、勝川春章の門下となる。狩野派や唐絵、西洋画などあらゆる画法を学び、名所絵(浮世絵風景画)を多く手掛けた。しかし、1779年、勝川派を破門されている。ただ、貧乏生活と闘いながら一心不乱に画業の修練に励んだお陰で、寛政の初年ごろから山東京伝、滝沢馬琴らの作品に挿絵を依頼されるようになった。
 北斎を語るとき忘れてはならないのが、改号と転居(引越し)の多さである。彼は頻繁に改号し、その回数は生涯で30回に上った。「勝川春朗」「勝春朗」「郡馬亭」「魚仏」「菱川宗理」「辰斎」「辰政」「雷震」「雷斗」「戴斗」「錦袋舎」「画狂人」「画狂老人」「卍老人」「白山人」など数え上げたらきりがない。現在広く知られている「北斎」は当初名乗っていた「北斎辰政」の略称。転居の多さもまた有名で、生涯で93回に上った。1日に3回引っ越したこともあるという。これは北斎自身と、離縁して父・北斎のもとにあった出戻り娘のお栄(葛飾応為=かつしか・おうい)が、絵を描くことのみに集中し、部屋が荒れたり汚れたりするたびに、掃除するのが面倒くさい、借金取りの目をくらます、家賃を踏み倒すなどのため引っ越していたからだ。改号もカネに困り、画号を門弟に売りつけた結果、いやでも変えざるを得なかったわけだ。
 カネ欲しさに大事な画号を門弟連中に押し売りしたりすれば、後世、拙作、真作が混在し、巨匠北斎の栄誉にマイナスに働きはしないかなどと考えるのは、彼の画業を芸術視している現代人の考え方だ。アカデミック立場にある公儀御用絵師はともかく、浮世絵描きの町絵師など、世間も芸術家とは見ていなかった。先生師匠と呼びはしても読み捨ての黄表紙同様、浮世絵も消耗品一種と見ていた。だから、北斎自身もごくリアルに、当面のカネの算段が最優先だったわけであろう。「富嶽三十六景」のような代表傑作を生み出した原動力も、例えば新人の安藤広重が彗星の如く現われて、センチメンタルなあの独特の抒情で、めきめき評判を高めだしたのに刺激され、若い広重に負けてたまるか−という敵がい心、競争意識バックボーンに、猛烈にハッスルした結果のようだ。(参考資料)杉本苑子「風狂の絵師 北斎」、梅原猛「百人一語」

・北斎チェック
1. 北斎は 1999年アメリカの雑誌(ライフ)に「この1000年でもっとも偉大な業績を残した100人」に選ばれました
2. 絵師北斎は当初誰に入門しましたか。・・・勝川春章
3. 「凱風快晴」(冨嶽三十六景)は赤富士通称 黒富士といわれる作品もあり、「 山下白雨」である。
4. 北斎は何を信仰していましたか。・・・・柳嶋の妙見さま
 *「柳嶋の妙見さま」と慕われる柳嶋妙見山法性寺(現在東京都墨田区業平5丁目にある)は、500年以上の歴史を持つ、日蓮宗寺院である。足利幕府の明応元年(1492年)、法性房日(ほっしょうぼうにっせん)上人によって開山され、久遠実成本師釈迦牟尼佛(大曼荼羅)をご本尊に祀っている。葛飾北斎が信仰していた寺としても有名で、北斎は法性寺にある「妙見堂」を題材とした「柳嶋妙見堂」「妙見宮」等の作品を数多く残している。歌川広重・豊国・中村仲蔵・市川左団次・六代目菊五郎・六世桂文治など多くの名優や画伯などが吉運を願ったとも伝えられている。

umryuyanagi104umryuyanagi104 2016/11/23 20:30 今回は皆、面白く興味深かったです。特に富士山の噴火〜…^^;
あったんだろうことは何となく知っていましたが、300年前でしたか。

ks9215ks9215 2016/11/23 21:08 ありがとうございます。過去にも数回噴火がされていますが、この宝永の噴火は最大の噴火だそうです。降砂は現在の足柄郡や小田原を覆ったそうです。江戸でも火山灰による呼吸器障害が起こったともいわれています。