Hatena::ブログ(Diary)

くるえるはてなくしょん

2010-09-07 絶対正義女性上位博愛主義時代

エーリヒ・ケストナーは3x3x3回かがやく

飛ぶ教室 (ケストナー少年文学全集 (4))

飛ぶ教室 (ケストナー少年文学全集 (4))

なんとなく読みたくなったところに、スゴ本オフ@BEAMS顛末(POP is Dead?): わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいるのPOPなイベントもあったりで、ふたりのロッテの話題を話したわけですが、今更で有名もいいところなのですけど、エーリヒ・ケストナーが好きです。

上記リンクの本は必ず近所の図書館にあるので、是非一度読んでみてください。なんとなくはじめに読んだのが高橋健二訳ということで、それが気に入っています。日本語が少し古いですが。逆に、それが気になる人には池田さんの訳もけっこういいそうですね。

さて、絶対におすすめの3冊というのが、上記の、ふたりのロッテ飛ぶ教室、エーミールと探偵たちです。私は中学の途中までの国語の先生がこわいおばちゃんだったけど、いい先生で、あと高校の終盤も見た目が道を極めてるような容姿の先生で、しかも文学はお前等ならもうある程度わかるだろうけどエロスが重要だとか、かなりキーポイントではいい教育を受けたのですw オルタナティブですけどw

それ以外では、まあ国語って微妙でした。十五少年漂流記とか生徒なら読むべきみたいな風潮とかあって、いや良い本だと思うんですけど、それよりも思うところが昔からあるんです。

そんなに遠くに行かなくても抱えることになった大きな問題や冒険はあるし、問題と組しても素敵に解決できることもあるし、無人島に漂流するよりもいろんな人とどうやってやっていくのか、どういう人に会うのか会えるのかの方が、よっぽど人生では重要だと私は考えて、なので遠いところや無人島に行くよりも、家族や友人のいるところで「すてき!」なことができる方が良いよねと思うのです。

こんなエントリ読んでるよりも、元々は児童文学よりなところがあるので、ちゃちゃっと借りて読んでしまいましょう。図書館に、ワルター・トリヤーが挿絵を書いたもっとかわいくレトロでポップな装丁の本があるはずです。

f:id:kskmeuk:20100829203511p:image

こういうやつです。

さらに3冊

上の3冊を同じ方向で補完する1冊が点子ちゃんとアントンで、これはふたりのロッテに出てくるような女の子とエーミールみたいな少年が、もし同時に居たら... というような上記の3冊にない組み合わせが出てきます。

五月三十五日は、飛ぶ教室とはちょっとちがう大人達と子ども達の関係が面白かったりします。あと、五月三十五日はほかの作品とちがって相当にサイケデリックで、子どもの頃、当時はくるってなくて純粋だった私は、黒い馬と白い馬が結婚してしまうまができたというのを信じていたのですが、じゃあ、黒人と白人が結婚したら... というのが書いてあります。

最後のは伝記です。輝ける闇開高健は自分で体験した事をベースにして物語を書く人だったわけですけれども、ケストナーのモチーフも自分が子どもだった頃がベースになったキャラがたくさんいて、この伝記を読むと、今までの物語の登場人物がそれぞれ、ああ、なるほどとなるのです。

冒頭の3冊はとてもおすすめですが、この3冊はどちらかというと、著者の作品を奥行きを持って知りたいという方におすすめです。

とにかく、愉快なシーンもあり、さっぱり感動するシーンもありという物語はやっぱり良いですよね。

3回輝く

もちろん、他の書籍も素晴らしいのですが、あとは読むタイミングというは馬鹿にならないものです。中学のときの厳しいおばちゃん先生と、高校の時のエロヤクザ先生がもし逆だったら、ちょっといけないことになっていたと思います。そういう風に、タイミングというのはとても重要なのです。

ケストナーの本なのですけど、はじめは小学生くらいのときにですね、気の利いた親なら教えてくれたりするものです。うちは母がそうでした。それで近所の図書館で借りて来て読みました。これが1度目です。このときに、少しだけ大きくなった時のことを考えたりします。

2度目は中学生くらいのときに、自分でなんとなく借りて来て読みました。登場人物たちの年齢を追い越したり追いついたりした頃ですね。そこで、自分が小さくなった時のことを考えたりします。

3度目は自分たちがお父さん、お母さんになったときです。子どもの時の事を覚えていれば、もしくは、思い出せれば悪く無い親になるのは、例え楽ではなくてもそう難しい事でも無いだろうと、自分たちの子ども時代の事を振り返って考えたりします。

そういう、真剣に物事を考えるときには、素敵な物語が必要だったりしますよね。

というわけで、やっぱり今も昔も子どものための本気はいつだって、子どもだましではないのでした。

boshiboshi 2010/09/16 00:56 とてもたくさんの☆、ありがとうございます。
恐縮です。
素敵なエントリで、素晴らしいの一言です。
これからも応援しています。

kskmeukkskmeuk 2010/09/17 00:58 >> boshi さん
これ http://amzn.to/bMNGP7 ドイツ語 => 英語なのでこのほうが素に近いかもしれないですね。

かなり好きな作家のひとりで、エーミールと探偵たちは少年にも、かつて少年だった人にも、やっぱり男の子向きの本で
いつ読んでも楽しいと思います。なにか本質的で簡単ではないけれども、でもそのために生きているみたいなとこが全編を通じてあるんですよね。

エーリヒの自伝、わたしが子どもだったころ に、エーリヒのお父さんの話がのっていて、腕のいい革細工職人でとても長持ちする製品を作るんだけれども、商売の方では良過ぎるおかげで数が売れなくてからっきしだったみたいなこととか、結構考えますね。そういう簡単そうで簡単じゃないことをきれいにまとめる人だと思います。

ちなみに、たけしと菊次郎状態というか、エーリヒのお父さんのお名前がエーミールなんですよね。

boshiboshi 2010/09/17 01:05 penguin readersのretold簡約版なので,中身がはしょってあるかもしれません.
でも,雰囲気は楽しめました.
通常のバージョンも当たってみたくなりますね.

kskmeukkskmeuk 2010/09/17 01:59 でも、もともとが子ども向けのお話だからそこまで相違ない気がしますよ。
ドイツ語(少し古め)だと響きがどんなかとかも気になるところですね。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kskmeuk/20100907/1283872325

予想どおりに不合理 宮沢りえ 最高です。 1st GIG まどマギ英国でも大人気 木村多江 TE-05 koss porta pro makitaの最強コードレス掃除機はかなりおすすめ 星の王子さまもすばらしいけど、人間の土地もね
プロフィール

kskmeuk

kskmeuk はてなダイアリープラス利用中

興味があれば何でも書くよ代表って感じ。映画、本、料理、ゲームなどなど(Thanks! lastline)

AMNパートナーブロガーですみません
re-views
<< 2010/09 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター

@kskmeuk f*c*book/kskmeuk
日本人の足を速くする <br />(新潮新書)日本人の足を速くする (新潮新書)


 
為末 大
宮沢りえ DP1M DP2M DP3M DP1M DP2M DP3M 宮沢りえ

happ.mehapp.me は Metro 改め Windows ストアアプリもあるよ!