Hatena::ブログ(Diary)

GeekleBoard Twitter

GeekなBoardで遊んでみる。

2013-04-03

[][] DE0/DE0-nano拡張基板で.bmpファイルをHDMI出力

アルテラマスターPさん( @s_osafune )のKYANITE基板を使ってビットマップファイルをHDMI出力させてみました。

f:id:ksksue:20130403192426j:image:w360

KYANITE基板はDE0/DE0-nanoにサクッと挿すだけで

といったIOを増やせる拡張基板です。

アルテラマスターPさんがこの基板のデモプログラムを用意してくれていたので試してみました。


KYANITE基板 マニュアル

https://docs.google.com/file/d/0Bw0BfOQoAOEEVTFhWHdHT3V1czA/edit


DE0用デモプロジェクト https://t.co/uz4mRicSzm

DE0-nano用デモプロジェクト https://t.co/JcZD4q8mBc

(以下 DE0-nanoを使って動作確認したためDE0-nanoオンリーで書いていきます)


基本的には

1. DE0-nanoをコンフィグレーション

2. microSDに必要なファイルをコピーしてKYANITEに挿入

3. HDMIディスプレイと繋ぐ

4. DE0-nanoに電源投入

でおk。


1. DE0-nanoをコンフィグレーションする

output_files/cineraria_nano_DVI.jic

をEPCSに焼いておきます。


EPCSに焼きたくない場合は

output_files/cineraria.sof

を使います。コンフィグレーションするタイミングは後(4.DE0-nanoに電源投入)でOK。


2. microSDに必要なファイルをコピーする

microSDに DE0 ディレクトリを作って

software/nano_bmpwav/nano_bmpwav.elf を

microSDの DE0/bootnano.elf ※

にコピーします。


あと、適当なビットマップファイルを用意して

microSDの DE0/uzuko3-nano.bmp

にコピーします。

※ファイル名でロードされるのでこの名前にする


できたmicroSDをKYANITE基板に挿しておきます。

upload


3. HDMIディスプレイと繋ぐ

KYANITE基板にHDMIポートが付いているので

HDMIディスプレイHDMIケーブルで繋ぎます。


4. DE0-nanoに電源投入

jicで焼いた場合は電源投入すればHDMIディスプレイbmpファイルが映ると思います。

sofファイルの場合はここのタイミングで焼けばOKかと。


ちなみにDE0-nanoのKEY0ボタンがリセットになっているようです。


これで映るはず。



FPGA内ではNiosIIをつかって

ブート時にmicroSDからelfファイルをロードしている様子。


参考URL

アルテラマスターPこと長船さんのblog

http://j-7system.blog.so-net.ne.jp/

KYANITE 取り扱い説明書 v0.99

https://docs.google.com/file/d/0Bw0BfOQoAOEEVTFhWHdHT3V1czA/edit


オススメ書籍

HDLについて書かれた本はたくさんありますが

Alteraはツールが便利なので、この本に書かれているツールの使い方を覚えておくと幸せになれます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ksksue/20130403/1364984675