ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Groovyラボ RSSフィード

2014-12-25

SlackのWebHookとNTTドコモの雑談対話APIとApigeeで雑談ボットをつくる #apijp

Web API Advent Calendar 2014、最終日のエントリは、最近一部で流行中のチームコミュニケーションツールSlackのネタです。

f:id:ksky:20141226011832j:image

(完成したボットをSlackで試しているところ)

Slackネタはid:i2keyさんの12/13の素敵なエントリ:

ZapierでSlackを佐野ひなこちゃんで埋め尽くす #apijp - @i2key のBlog

ですでに使われてしまいましたが、ここではSlackが提供する別のインテグレーション方法を使って雑談ボットを作ってみます。

Slackには外部プログラムとのさまざまなインテグレーション方法が用意されています。この中のOutgoing WebHooksの機能は、Slackに新しいメッセージが入力されるたびに設定した外部URLを呼び出してくれるというものです。これに、先日のAPI Meetup Tokyo #4ドコモさんが紹介していた雑談対話APIを組み合わせます。

SlackのWebHook呼び出しと雑談対話APIの呼び出し形式は異なるため、間でその調整や変換を行う何かが必要になります。通常なら何らかのスクリプトなどを書くところですが、ここではさりげない(?)宣伝を兼ねてApigee EdgeAPI Proxyの機能を使ってこの接続を実現してみました。

おおまかな処理の流れ

f:id:ksky:20141226011833p:image

  1. 指定された条件に合致するメッセージが入力されると、設定しておいたApigee ProxyのURLにSlackがメッセージテキストなどをPOSTする
  2. Apigeeがフォームデータを受け取り、メッセージテキスト(text)やユーザ名(user_name)などを取り出す
  3. ユーザ名が"slackbot"の場合、発言者は(自分を含む)ボットなので何もせず200で空のレスポンスを返して処理を終える。これを行わないと自分の発言に対してもWebHook呼び出しが起こるため無限ループが発生する(1回やらかしました)
  4. 以前の会話のコンテキストIDがキャッシュにあれば読み出す
  5. 必要なデータをJSON形式にしてドコモAPIにPOSTする
  6. ドコモAPIが返すJSONデータを受け取り、ボットの発言(utt)やコンテキストID(context)を取り出す
  7. コンテキストIDはSlackのchannel_idをキーとしてキャッシュに保存しておく
  8. ボットの発言をWebHookの返信形式のJSONにまとめ直してSlackに返す

Apigeeでの実装

これらはクラウド型のApigee無償版ですべて実現できます。

f:id:ksky:20141226011834p:image

(ボット開発中のApigee画面)

Apigeeでの実装上のポイントは以下の通り:

(「ポリシー」というのはApigee用語であらかじめ用意された処理部品のこと)

まとめ

Slackに限らず、最近はさまざまなサービスでWebHookが提供されるようになってきています。Apigeeの持つインタフェース変換機能を使えば、自分でPOSTを受けるサーバやスクリプトを用意することなく、さまざまな別のAPIに接続することができます。(ここでは扱いませんでしたが複数APIマッシュアップも可能)

Apigeeは本来API提供者にAPI管理レイヤを提供するもので、ここに書いたツール的な用法は本質的な使い方ではありません。しかしWebHook用の接続ツールとしては特に有用性が高いかもしれないと感じました。

ちなみに書いている途中で、非常によく似た内容のブログ記事を見つけたので、本エントリのタイトルは敬意を表してこちらにあわせてみました。:-)

Safx: TypetalkのWebhookとNTTドコモの雑談対話APIとGoogle Apps Scriptで雑談ボットをつくる

SlackではなくnulabさんのTypetalk、ApigeeではなくGoogle Apps Scriptを使われていますが、仕組み的にはほとんど同じです。一部参考にさせていただきました、感謝!

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ksky/20141225/p1