さすけの波乱万丈な日常 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ホームはmoonwhistle.org。神無月サスケの近況報告。より詳細に雑多に日常をつづったtwitterはこちら→ktakaki00

2018-08-02 こんなの作っていました

[]Darkest Dungeon × RPGツクールMV コラボゲーム作りました!

Darkest Dungeon × RPGツクールMV コラボキャンペーン

http://tkool.jp/mv/dd-campaign/

皆さん、ダークファンタジーローグライクRPG「ダーケストダンジョン」が、8月9日にコンシューマーで発売されます!
Xbox One, Play Station 4, Nintendo Switch

それに伴って、KADOKAWAでは、RPGツクールMVにて、Darkest Dungeon コラボゲーム
「俺がDarkest Dungeonの世界に転生した件」をRPGアツマールにて、公開いたしました!
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm7723

どんなゲームなの?

シナリオ

主人公タケシは、普通の高校生。ある日、不思議な封筒が届いていた。
開けてみると、それはダーケストダンジョンの世界への招待状。
気にせず寝ていると、彼は目が覚めた時、Darkest Dungeonの村(Hamlet)で、クルセイダー(Crusader)になっていた。

「ダンジョンをひとつクリアすれば、元の世界に戻れる」という言葉を胸に彼は仲間を連れてダンジョンに潜り込むが、
だんだん居心地が良くなって帰りたくなくなる……。
元の世界に戻るのか? 続けるのか? それはあなた次第。

f:id:ktakaki:20180802221806j:image

システム

RPGツクールMVのプラグイン機能を使い、Darkest Dungeonの様々なシステムを採用しています。

自動生成のダンジョン、ストレス、行動範囲によるスキルの使用制限、食糧、キャンプなどなど……
Darkest Dungeonをプレイしたことがある方も、そうでない方も、きっと新鮮な印象を受けてくれると思います。

f:id:ktakaki:20180802221913j:image

f:id:ktakaki:20180802221818j:image

本家ダーケストダンジョンとの違い

ツクールMVということで、「キャラクターの設定が命」ってことで、8人のヒーローには、いろんなキャラ設定いれてあります。
これらの中には、本家をプレイした人なら、ニヤリとするネタもあることでしょう。

なお、システム面は、本編にはもっと、こんな要素があります。

  • 松明による明るさ(松明が切れると暗くなっていく)
  • 奇癖(Quirk)。良いものと悪いものがあり、洞窟探索に有利になったり不利になったりする
  • 病気(Disease)。罹ると病院で治すのに結構なお金がかかる
  • 家宝(Heirloom)を集めて、町の施設をグレードアップしていく

などなど……。本コラボゲームではエッセンス重視のため削った部分にも、面白い要素がたくさんあります。

f:id:ktakaki:20180802221815j:image

f:id:ktakaki:20180802221810j:image

作者からの言葉

制作は僕、神無月サスケが担当させていただきました。
Darkest Dungeonが大好きで、英語版で、Darkest(ノーマル)モードをクリアさせていただいております。
そんな僕が、このゲームの魅力を作るために、RPGツクールMVで腕を振るわせていただきました。

最初は「どんなものでもいい、戦闘やダンジョン探索も必須ではない」と言われたのですが、
せっかく素材にサイドビュー用キャラ素材と、戦闘背景素材があるのだから、利用しない手はないと思い、
プラグインで、自動生成ダンジョンや、オリジナルの戦闘システムをくみ上げました。

f:id:ktakaki:20180802221802j:image

f:id:ktakaki:20180802221758j:image

戦闘システムは、オリジナルをプレイした方でも、またちょっと違ったスリルを味わえると思います。
キャラクターが使い捨ての原作と異なり、このコラボでは、キャラクターが不死身の代わり、
ストレスが一定数以上になると、強制的にダンジョンから村(Hamlet)へ戻される、というシステムです。
このため、ストレス管理はしっかり行ってくださいね!

f:id:ktakaki:20180802221754j:image

あと、どうしても入れたかったのが、キャンプですね。キャンプは原作でも、ヒーローの個性が活きる数少ない場所でした。
本作でも、どこかの世界から転生してきたヒーロー達の独白が見られますので、ぜひ、ここまで、
プレイしてほしいな、って気分です。

このゲームをプレイして、皆さんも、Darkest Dungeonの魅力を垣間見てくれたら、そして、購入してくれたら、と思っております。

また、そしてRPGツクールMV( http://tkool.jp/mv/ )をお使いの皆様、コラボキャンペーンにも何か作って応募してくださいね!

2017-12-01

[]アドベントカレンダー2日目「サンプルゲームに込めた隠し味、その他」

ツクール公式フォーラムにこの半年間ほど携わり、いろんな記事を投稿して参りましたが、まずはその中から特に役立ちそうなものをピックアップし(フォーラム記事以外も含む)、その後、まだ語られていない内容を記そうと思います。

お役立ち記事ピックアップ

モチベ維持のコツ(記事)

https://forum.tkool.jp/index.php?threads/35/page-2#post-507

イベントコマンドのコツ(スレッド

https://forum.tkool.jp/index.php?threads/113/

ツクールの数学と心理的要素(命中率、アイテムドロップ率、その他様々)(スレッド)

https://forum.tkool.jp/index.php?threads/238/

ゲームバランスの取り方(記事)

https://forum.tkool.jp/index.php?threads/425/#post-2961

TinyPngによる画像のサイズ大幅削減(ツイート)

https://twitter.com/ktakaki00/status/859674355248152576

「エミールの小さな冒険」の出来るまで

ツクールフォーラムで結構さんざん語りつくしてきたゲーム論ですが、「エミールの小さな冒険」には、まだまだ様々な隠し味を取り込んでいます。この中で皆さんが気づきにくい部分にフォーカスをあててみます。

戦闘中にアクセサリの付け替えが可能

ChangeWeaponOnBattle.js というプラグインを作りましたが、これは本来、二刀流の人の武器、そうでない人は盾も装備可能に、と考えたものです。

このゲームでは盾の部分にアクセサリを持ってきているため、戦闘中にアクセサリの付け替えが可能です。

このため、「敵の攻撃を自分一人に集中」や、「HPが少ない時、ダメージを大幅に減らしたりリジェネが付く」といったアクセサリに適宜戦況に応じて付け替えることが可能なのです。

「他のメンバーの技が使える」アクセサリの存在

主人公は「魔法」仲間は「体術」と「錬金術」が使えます。アクセサリの中には、装備すると、これらが使えるようになるものがあります。

これはどうやって実装しているのかというと、仲間は全員、この3つの技を全て覚えて行きます。しかし、「魔法」しか使えないキャラは、「体術」などを覚えても使えませんね。アクセサリの特徴で「スキルタイプ追加」を行っているのです。

ただしこれだけだと、レベルアップ時に使えないタイプの技も覚えた旨表示されるため、プラグインでそれを抑制しています。

皆さんのご参考になれば幸いですが、少し注意すべき点があります。それは、「自動戦闘」を可能にした場合、自分が使えないスキルタイプの技も候補に入ってしまうため、それらの技を使ってしまうでしょう。よって、その点は考慮してみてください。

「面倒なことをすると、必ずそれなりの見返りがある」システム

このゲームには「楽器」という武器があります。ところが、誰も装備できません。アクセサリ「吟遊詩人の心」を装備することで、初めて可能になります。

わざわざ他のアクセサリを放棄して楽器を装備するのをためらう人もいるでしょう、しかし、実は楽器は、かなりのバランスブレイカーなのです。ダメージこそほとんど与えられないものの、かなりの確率で敵を状態異常(睡眠や混乱)にしてしまうのです。かなり戦略の幅が広がることでしょう。

もうひとつ例を挙げましょう。秘密基地の仲間が、何の効果もない石をくれます。しかし、この石は「光の石」との合成で強化可能で、2回使うと、なんと「全員の状態異常回復、HP回復、戦闘不能の仲間も復活」という、ドラクエの賢者の石を行く、相当強力なアイテムになってしまいます。

これらは、クリアできない人への救済措置の意味もありますが、一見役立ちそうにないものが、大きな効果を発する例になります。

複雑なフラグ管理

お遍路の森の第3札所では、最初あるじが不在です。月見草の丘に倒れており、蘇生アイテムをあるじに使うか、第3札所に戻って報告すればこのイベントは終了です。

ところが、考えてみてください。ここにはプレイヤーによって、いくつもの行動パターンが考えられます。

  • 札所で話を訊く前に月見草の丘に行き、(その時点で)見知らぬ男性を助ける
  • 札所で話を訊く前に月見草の丘に行き、第3札所に相談に行く
  • 第3札所で話を聞いてから月見草の丘に行き、蘇生アイテムで助ける
  • 第3札所で話を聞いてから月見草の丘に行き、あるじの所在を伝える

いずれの場合でも不自然のないように、フラグが組まれています。なお、蘇生アイテムを使って助けた場合に限り、戻った後お礼のアイテムが貰えます。

このように「複数の流れが考えられる場合、総当たりで台詞やイベントを準備する」というのは、大変ではありますが、複数回プレイした人なら、展開の違いに、にやりとするかもしれません。

シンボルエンカウントのコツ

このゲーム、拙作では、初のシンボルエンカウント導入でした。動機は、最近のドラクエ7などのリメイクを見るなどして、ランダムエンカウントからシンボルエンカウントへの潮流を感じたからです。

ただし、シンボルエンカウントは敵が多かったり、逃げにくかったりしたら、ストレスを与えてしまいます。

そこで僕が行ったのは、敵シンボルは、特に宝箱を守るなど、無視することも可能だし、戦闘の準備がしやすい場所に配置しました。また、

  • 「大抵の敵はパーティーより足が遅い(=追いつかれにくい)」
  • 「パーティーが敵より一定以上離れると、諦めて持ち場に戻る」
  • 「パーティーが敵よりかなり強いと、逆に逃げる動作を取る」

といった配慮をしました。

『シンボルエンカウントには、やたら敵の数を多くする作者が多いが、若干少な目に作るべき……』手前味噌ですが僕が書いた講座にもそう書き加えています。

https://tkool.jp/mv/guide/006_004k.html#03

締切前一日半でバランスを調整するコツ

締切が迫り、尻に火が付いていましたが、大急ぎでやった調整をここに記します。

上記のシンボルエンカウントで「大体プレイヤーは各敵シンボルと1回は戦うだろう」と想定して、その地点に到着する時の平均レベルを決めます。

「炎の石」「光の石」があり、どの装備またはアイテムに使うかによって、全くプレイヤーの強さが読みづらいですが、「武器と防具に均等に使っていくだろう」と想定して、仲間の状態を推定します。これをもとに敵の強さやスキルを決めるのですが、石を拾わなかったり、使う順番を間違えて苦戦することも考えられます。

このため、「救済措置」は欠かせません。具体的には……

  • 最強装備には及ばないがそれに準ずる強さの装備がお金を払えば手に入る(通常、最強装備は「炎の石」や「光の石」で強化して作る)
  • 前述のような「楽器」「ただの石→妖精の恵みの石」「かんしゃく玉」(パワーアップさせると敵全体にスタン+Debuff)のように普通のプレイヤーなら「不便そうだから」と使わない部分にこっそりバランスブレイカー的な威力の技を入れる。

結果、たった1回の通しプレイだけして納品となりましたが、「救済措置」も功を奏したのか、ゲームバランスに関する文句は聞こえてきません。

マップ:ブラック・ウルフさん担当

僕はマップが得意でないので、仕掛けの多い洞窟以外は、ブラック・ウルフさんにお願いしました。彼は、あまり広すぎるとごちゃごちゃするため、一つの大きな町にするのではなく、場面ごとに区切っていました。こうすることによって、場所が把握しやすくなりますね。

また、彼は以下のようなこともしてくれました:

  • OverpassTile.js を使い立体交差を実現
  • 歩行速度のデフォルトを4ではなく倍の5にしたのも彼の提案です。
  • 広場にある噴水の面白いアニメーションの作成
  • 2番目の洞窟は仕掛けだらけなので僕が描きましたが、

 艶出しとして、オブジェや壁の灯りなどで飾っていただきました。

特に広場の噴水などは、イベントコマンドの移動ルートの「カスタム」をうまく利用して作られており、参考になると思います。

シナリオ:ふうきゅうさん担当

彼の書くシナリオは、とにかくスピード感があります。このゲームの第1章は、ほぼ彼の手によってシナリオが描かれていますので、プレイされた方はそのスピード感が理解できるでしょう。

彼曰く、これは小池一夫の影響だと言います。

1日目の最初はお使いイベントですが、行き先のお店の前で突然爆発。その後も仲間が主人公に助けを求めてくるなど、とにかく「前へ、前へ」と話を進めて行っています。こうすることで、プレイヤーは退屈することなく、スリリングな展開にのめり込めるでしょう。

2日目以降は、ダンジョンがメインになるので、主に僕が台詞を組んでいますが、それでも、ふうきゅう氏は、そのダンジョンに関係ない日に行くと、いろんなキャラクターを出して寄り道要素を加えるなど、相当サービス精神旺盛でした。

まとめ

こうして締め切りにギリギリで間に合った(送信が、締切当日の午後6時過ぎ)。一之瀬様から「サスケさん、お元気ですか?」と心配されたのもいい思い出です。

しかしお二方とも、妥協せずにがんがん出来るところまで、やってくれたことについては、本当に感謝しています。

今回紹介した「隠し味」が、皆様の制作の参考になることを願ってやみません。

2017-09-10 ぱるんさん逝去から7年

[]ぱるんさん逝去から7年

※ぱるんさんって誰?という方はこちらをご覧ください。

http://d.hatena.ne.jp/ktakaki/20110302/p1

今年も、この日がやってまいりました。

最近お父様に連絡がつかなかったのですが、

どうやら携帯が壊れスマホに換えたのが原因だったようです。

ありがたいことに、本日、ご連絡をいただきました。

2017年9月10日現在の、ぱるんのお父様への連絡先

ibikikazu@i.softbank.jp

以下、一連のメールのやりとりを許可を得たので公開します。

※各メール、明らかな誤字脱字および改行のみ、修正しております。

お父様からのメール(1通目)

Title:ぱるんの父です

From: ibikikazu@i.softbank.jp

一年振りのご無沙汰です。お変わりありませんか?

先月携帯を壊してしまい、スマホに変えたので、アドレスを変更しました。

なかなか操作に馴染めず、どうにかぱるんの命日までに間に合いました。

先日僕の父親が他界したので、天国は賑やかになると思います。

サスケさんのツイッターは時々見させて頂いてます。体調は良いみたいですが、いかがですか?

今日はぱるんの好物パスタを作りお供えします。

最近は毎日料理をしませんけど、今日はがんばります。

何か息子の事で情報があれば、どんな事でも教えて頂ければ有り難いです。

不躾ではございますが、宜しくお願いたします。

僕からの返信

Title:返信、ありがとうございます

神無月サスケです。

お父様、こちらこそご無沙汰しております。

毎年、この日が近づくと、彼のことを思い出しますね。

同じ思いの方は僕だけでなく、「お父様のメールに連絡しているがなしのつぶて」という

ご相談もいただいておりました。

メールアドレスを変えたと知れば、その方も安心して、お父様に連絡を差し上げられると思います。

今年も、本日午前0時44分には、ツイッター上で皆に呼びかけ、1分間の黙祷を行いました。

一緒に黙祷してくれた方もおり、彼のファンは多かったのだと改めて思いました。

そこで、ふたつお願いがあります。

1.新しいメールアドレスを、ファンのために、これまでと同じ要領で公開してもよいか。

2.お父様のメールの内容を、全文(一部個人情報は伏せる、誤字脱字は直す)引用して公開しても、よいか。

 メールの内容は、きっと多くのファンが知りたがっている情報だと思います。

以上、ご承諾いただけないでしょうか。

もしご承諾いただけたら、きっと、ファンの方は、喜んでいただけると思います。

ファンの方から、連絡も来ると思います。

以上、ご回答お待ちしております。

お父様からのメール(2通目)

Title:Re: 返信、ありがとうございます

はい!喜んで誤字脱字の修正含めて公開おねがいします。

息子ぱるんを追悼して下さる方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

メールが繋がらず申し訳ありませんでした。メールを送ってくれた方々には、何とお詫びしていいやら。

宜しくお伝えしてください。

生きていたら32歳です。一緒に美味い酒でも飲めたと思います。今夜は息子と唐揚げとパスタで乾杯します。

今、感じている事

昨日は、お父様から連絡がなかったので「昨年の七回忌を区切りにしようと、お父様は考えたのか」とも

思っておりました。しかし、そうではないと知り、反省するとともに、心が温まりました。

ぱるんさんの思いは、決して風化していません。こんごもずっと、ネット上で彼の遺志は生き続けるでしょう。

2017-04-24 いろいろありました

[]Moon Whistle の曲に作詞しました・第2弾

前回、拙作ムンホイのフィールド曲に歌詞を付けたところ、大変好評でしたので、ふたたびいくつか歌詞を作成しました。

今回は4曲です。前回のオーソドックスなのと比べて、若干変化球を選びました。

好評ならまたやります。

曲のダウンロード

下記の歌詞の曲は、ここからダウンロード出来ます。

http://fhouse.s17.xrea.com/moonwhistle_remake/midimh.html

いろんな人たち (XMIDI009.mid)

1.

(安いよ安いよ お買い得だよ)

八百屋のご主人

(うなぎの蒲焼 香り振りまく)

魚屋のご主人

みな、立ち止まり、商品ながめる

お客さんを 魅了していく

2.

(タイムサービスの 鐘鳴らすよ)

ブティック店員さん

(試食をしてって そっと勧める)

パン屋のお兄さん

みな つられて 不可抗力で

引き寄せられる いろんなお客さん

3.

(ダイエットには この薬!)

薬局の 看板

(眠ってる和服 ありません?)

問いかける 着物屋

商売努力

みんな 必死に 頑張るお店

応援 したくなる

4.

(うちはスポーツマージャンです)

老舗の雀荘

(お酒とカラオケをどうぞ)

カラオケ喫茶

どんな お店なの 僕には分からない

でも なんだか 悪い気はしない

エレベーターダンジョン(XMIDI013.mid)

(1…3…6…9…10…12…15…19)

(とびとびとびとび……からくりだ

とびとびとびとび……こまる)

ビルの中 ずらりと並んでる

エレベーターの 奇妙な表示板

(とびとびとびとび……からくりだ

とびとびとびとび……こまる)

どこの階に どうすれば 行けるの?

どの箱に 乗れば 辿り付けるんだろう?

(とびとびとびとび……からくりだ

とびとびとびとび……こまる)

あーわからない もうお手上げ

だけど 行かなくちゃ

ひとつひとつ 数字を覚え

ひとつずつ ひとつずつ やらなきゃ

僕は行かなきゃ

待ってる人のため

(そう……だ……やる……んだ……)

絶対あきらめない!

おうたをうたおう(XMIDI020.mid)

1.

さあみなさん きょうは みんなに

あたらしい おうたを おしえましょう

まずはわたしが うたうから

みんなそれに つづけて うたってね

さいしょは みんな なれないでしょうけど

くりかえす うちに きっと おぼえる

あたらしい おうたを おぼえた あとには

おうちの ひとにも うたってあげて

2.

さあみなさん きょうは みんなに

かみしばいを みせて あげますよ

わるいおにも こわいおばけも

でてくるけれど こわがらないで

さいごには みんな せいぎのみかたが

わるいやつ せいばい してくれる

だからみんな あくびせずに しんけんに きいてね

わたしの はなす この はなしを

嵐の予感(xmidi064.mid)

夕間暮れ 忍び寄る

暗闇の中 ひっそりと

にじり寄る この空気

きっと何かが 僕を 狙ってる

空には三日月 星の群れ

穏やかに 僕を照らす

でもその空と この風は

じきに 嵐を 呼び起こすだろう……