さすけの波乱万丈な日常 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ホームはmoonwhistle.org。神無月サスケの近況報告。より詳細に雑多に日常をつづったtwitterはこちら→ktakaki00

2013-04-08 お知らせ

[]僕に昨日メールを送ってくださった方へ

bird.tnc.ne.jpのドメインからメールを送ってくださった方、大変興味深いメールだったため、返信をしたためたのですが、何度返信してもエラーメールで帰ってきてしまいます。

メールアドレスの設定は大丈夫でしょうか。一度ご確認下さい。

そしてメールアドレスの設定を確認されましたら、改めてメールをいただけると幸いです。

追記 2013/04/10 20:11

ご連絡がないのですが、いつか見に来てくれた時のために、全文を掲載しておきます。

どもです、神無月サスケです。
熱いメール有難うございます。

まずは拙作プレー有難うございます。
これの台詞と僕のブログが、あなたの様々な刺激になれたことを嬉しく思います。

人生にいろいろと悩んで、方向性を探しておられるようですね。
僕ももう少し、いろんな人生の可能性を考えてくればよかったのかもしれないな、と
あなたの意見を見ながら、自分のことが顧みられてきました。

僕の場合、創作でアウトプットすることが青春だった気がします。
そうしながら自分の人生を顧みてきたのですが、
「いろんなことがやりたいが、自分は何者にもなれない」という悩みがあった気がします。

あなたの場合、自分を律しようとすることとマイペースで行くことのはざまで悩んでおられる
部分もあるかと思うのですが、もし可能なら「一歩引いて考える」という点も
大事なのかもしれない、と最近思っています。

最近僕は創作に行き詰まり、何もかも考えるのをやめてしまっていました。
しかし今年に入ってからようやく、何か創作をしてみようという気分になってきましたが、
このきっかけは有るときのひらめきからです。

常に何かに縛られていると、ひらめきを得るチャンスを逃してしまう部分もあるのかな、と
思うのです。普段の自分から一歩引いて動いてみる、そんな姿勢があれば
ひょっとすると見えてくるものも有るんじゃないでしょうか。
焦りは禁物なのです。

特に今、湯浅さんが話しておられましたが、終身雇用は崩壊して、
先行きが見えない時代です。いくら今必要な技能を積んでも、それが生かされるか分からない。
ならば、どうするか。その後も役立つ手に職を付ける、自分のほかの可能性を探す……
答えは人それぞれだし、全てが答えかもしれない。
そういう所を焦らずに見極める時間って大切かもしれません。

なお、水木しげるが結婚したのは42歳くらいと聞いています。
芽が出たのが36歳のころですし、家族が「いい加減結婚しないと嫁のきてがなくなる」ということで
無理やりお見合いを持ちかけた、と聞いていますが、これが運命の人だったようです。
結婚も出会いなんでしょうね。

僕もずっとこの年まで焦ってきたので、言えることがあるとすれば、
もう頑張っても無駄だ、と思い、そう思った時に力が出てきた、ということです。
さっきは「距離をおいて考える」と話しましたが、逆に、出来るところまでやってみるのもありです。

以上、いくつか選択肢を書かせてもらいましたが、ぴんと来たものを
検討してもらえれば幸いです。

本当に今は生きるのが難しい時代になってしまったと思えてなりません。
こんな時代だからこそ、人生に真剣に取り組むことが評価されるべきで、
そしてそのためにはこれまでの時代の人々と違った視点で取り組む必要があるんでしょうね。

ぜひ、検討してみてください!

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ktakaki/20130408/p1
Connection: close