さすけの波乱万丈な日常 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ホームはmoonwhistle.org。神無月サスケの近況報告。より詳細に雑多に日常をつづったtwitterはこちら→ktakaki00

2009-08-20 経過報告

[]『フェナックむら ものがたり』続報

Windows版、公開!

Xbox Live版が公開停止になっていた『フェナックむら ものがたり』ですが、昨日、Windows版がファミ通.com 無料ゲームにて、公開されました!

http://www.famitsu.com/freegame/act/0006.html

ファイルサイズが大きいし、要求するスペックが高いこと、サンプル的な意味合いのため1〜2時間で終わってしまうことなどから、積極的にはおすすめできませんが、アクションゲームツクールに興味がある人にとっては、大変参考になるのではないかと思います。

Windows版の懸念:あなたの環境で動くかどうか

ただ、Windows版ですが、ここまで聞いた情報をまとめると、かなり環境に依存するようです。

まず、Windows2000では動かせない可能性が高いこと(これまでの報告では、皆失敗しています成功したという報告も当コメント欄でいただきましたが)。

WindowsXP,Vistaでは動きますが、いくつか条件があるようです。

1. 1280x720が表示可能なこと

SXGA(1280x1024)以上の画面サイズが必要です。

このため、1024x768までしか画面モードをサポートしてない機種(一部のノートPCなど)では残念ながらプレーできません。

※外部の液晶ディスプレーをつなぐ、という手はありますが。

2. DirectXを最新版にしておくこと

起動できない方は、DirectX をアップデートして、ライブラリ d3dx9_39.dll を加えれば問題なさそうです。XP Service Pack 2 投入時点ではなかったバージョンなので、ぜひ更新を。

ソース:http://twitter.com/kxspctrm/status/3405930233

XP SP3を導入している方はあまり問題ないようです。また、Windows2000ではこれが導入できない(らしい)ため、もしかすると起動は難しいかも……。 こちらはWindows2000でも導入可能なようです。


3. Pentium4必須だがPentium Mでも何とか動く

アクションゲームツクールの動作環境は、Pentium4必須、Core2 Duo推奨となっています。現状を考えると、かなり高いスペックを要求するといえます。作られたゲームも、これに準ずるようです。

しかし、Pentium Mでも、なんとか起動は出来る模様。ただ、移動速度などが遅くなるようです。

4. メモリは多いにこしたことはない

1GBは必須と考えたほうがいいです。もし1GBに満たない場合、仮想メモリを増やすなどの方法でも対処は可能だと思います。


以上、プレーしたい方は、健闘を祈ります。


アクションゲームツクールでチェック可能なプロジェクトデータ(gpdファイル)も公開!

また、本日、プロジェクトファイルの方も公開されました。

http://tkool.jp/products/act/download.html

こちらの「オリジナルゲーム」の項からダウンロードできます。

アクションゲームツクールをお持ちの方は、読み込んで中を見ることが出来ます。ぜひ、あなたの制作の参考にしてください。特にメニューや、数々の仕掛けなどの作り方が、参考になると思います。

ツクール的『テクニックの共有』をしていきたい

僕がこちらのデータの公開を許可したのは、アクションゲームツクールの公開されているデータがまだまだ少ないと感じたからです。

元来、ツクールというのは、ユーザー同士、他の作品のプロジェクトを開いて中を参考にしながらテクニックを共有し、技術を伸ばしてきた分野であると感じています。そこで僕も何か皆さんの参考になるように、と思い、公開させていただきました。ぜひ、皆さんの参考にして、アクツクの輪を広めてくださいね!

なお、今後も公開作品のうち、一部のプロジェクトファイルが公開されていくと思いますのでそれらが、皆さんの参考になりますように。

Xbox360版について:公開はまだ先ですが、80MSPに下がりそうです

さて、Xbox LIVEインディーズゲーム用のXbox360版ですが、公開時期はまだ未定です。スマイルブームの皆様が誠意対処してくださっておりますので感謝しつつ待ちましょう。ピアレビューに流すときは改めて報告しますので!

さて。その間に、こちらでは音楽(wavファイル)の容量を減らしました。この結果、以前は240MSPだったのが、80MSPで公開できそうです。

アクションゲームツクールでは、音楽にWAVファイルしか使えません。このためファイルサイズが膨大でした(音楽だけで70MBありました)。しかし今回、思い切って音質を落とすことにしました。いろいろ聴き比べた結果、違和感なく音質を落とすことに成功し、ファイルサイズを4分の1にしました。この結果、ゲーム全体の容量が30MB程度になりました。

前回の価格は240MSPという高めの設定でした。本来なら最安値の80MSPにしたかったのですがこの価格はファイルサイズが50MBをこえると選択できなかったため、仕方なくこの値段にしていたのです。しかし今回、ファイルサイズが抑えられたことで、今度は80MSPでの公開になりそうです。

これまで他のアクツク作品が80MSPだったため、自作品も80MSPで流せるようになったことは大きいです。(ゆわかさん作『コロンでジャンプ!』やSKさん作『LIVELAYER PROTOTYPE』、その他シューティング作品が80MSPです)

価格の心配がなくなったため、一つ安心できました。

追記 090820:

一旦ゲームが承認されると、価格を変更できるのが3ヵ月後ということです。このため、11/08までは価格を変更できないとのことです(汗)。しかも、一度削除して登録しなおすことも出来ない。どうやらしばらくは240MSPのままになりそうです。すみません。


それでは皆さん、Xbox360版は今しばらくお待ちください。

追記09/08/24 Xbox360版、再公開されました!

http://catalog.xna.com/ja-JP/GameDetails.aspx?catalogEntryId=76013d03-6ce9-4bb1-9132-0577df06a57e&type=2

Xbox360のマーケットプレイスで、Xbox LIVEインディーズゲームから、名前で探してください。

埋没してしまっています

出遅れたため、『人気のコンテンツ』などに入っていないのが寂しいといえば寂しいです。そのうえ修正版とみなされるので『新着コンテンツ』にも表示されておらず、完全に埋没しています。うーむ。最初に削除されたのが響いて悔しい限りです。

まあいいか仕方ない。ひっそりとやっていくので応援してください。


追記09/08/26 Windows版をWindows2000で動作チェックされた方の報告

Windows2000関係のブログを開かれている黒翼猫さんが、この作品をWindows2000で動作検証してくださいました。

http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/944161.html

Windows2000での動作検証結果のみならず、細かいゲーム紹介もしてくださっています。Windows2000をお持ちの方も、そうでない方でゲーム本体に興味がある方も、どうぞお立ち寄りください!

2009-08-17 旅行記と新作公開

[]こんなの、作っていました『フェナックむら ものがたり』

8月10日、Xbox LIVEインディーズゲームで『フェナックむら ものがたり』が公開されました!(現在は後述の理由により、公開一時停止中)

そこでこのゲームについて説明させていただきます。

『フェナックむら ものがたり』について

フェナック村に住む少年ライルの小さな冒険を描いた、ほのぼのアクションアドベンチャーです。プレー時間は1〜2時間。

アクションゲームツクールの『Xbox Live インディーズゲーム』用公式サンプルとして依頼を受けて作られた作品です。

扱いに若干のクセがあるといわれるアクションゲームツクールのうち特に注目が集まるアクションRPGプラグインを使って作りました。アクションゲームツクールで制作中の人の参考になるように、と思って作っています。

動作機種:Xbox360 および Windows

当初から、Xbox360での公開を意識して作られてきており「Xbox Liveインディーズゲーム」専用の予定でした。しかし技術的な不具合のため、現在は一旦公開停止となっております。この問題は現在、スマイルブーム(アクションゲームツクールの開発元)に対処していただいております。

そんな経緯もあり、急遽、Windows版の方も公開していただけることになりました。こちらが公開されましたら、改めて報告させていただきます。

パッケージイラスト

f:id:ktakaki:20090815182445j:image:w250

この作品はXbox360用の「Xbox Live インディーズゲーム」用に作成されました。このため、公開時になって、パッケージイラストが必要なので、急ごしらえで作ったものです。HDアクションアドベンチャーのサンプル画像ですが、結構目立つようでよかったです(微笑)。

スクリーンショット

f:id:ktakaki:20090815182449j:image:w320 f:id:ktakaki:20090815182448j:image:w320 f:id:ktakaki:20090815182447j:image:w320 f:id:ktakaki:20090815182446j:image:w320

画面サイズはXbox360を意識して、1280x720で作られています。グラフィックは『アクションゲームツクール』のサンプルを使用していますが、それが功を奏して、メルヘンチックな世界観になっているのが分かると思います。

シナリオと音楽:氷石彩亜の初シナリオ作品です

今回も、音楽は氷石彩亜君に作ってもらいました。ファンタジー的な世界観に合う音楽です。しかも今回はMIDIではなく、シーケンサを使って、FM音源風の懐かしい音楽に仕上げてくれています!必聴です。

そして、今回、シナリオも氷石彩亜君にお願いしました。彼のシナリオは、ほのぼのファンタジーのグラフィックにふさわしい、非常にほのぼのしたものになっています。

神無月サスケ作品というと、現代物で、クセのあるシナリオが特徴でしたが、それとは一転した、このようなシナリオもいいのではないでしょうか。ぜひ、「シナリオの面でも氷石彩亜はいい仕事をする」というのを実感してください!

雑談

いくつか、雑談です。

ファイルサイズが大きい

ファイルサイズが100MBもあります。このサイズのうち8割が音楽用のwavファイルの容量です。アクションゲームツクールではmidiなどが使えないため、このようなことになっています。何とか軽量化したいが、かといってサンプリンググレードを落とすのもどうかと思うので、この件については保留です。

有料配信は予定外

Xbox Liveインディーズゲームでは240MSPでの配信となっています。正直、この値段は僕としては心外です。僕は無料配信を希望していたし、当初予定では無料配信の予定だったのですが、直前になって、他の作品と同様にピアレビューを受けて有料配信することになりました。

値段は80,240,400MSPから選べるのですが、ファイルサイズが50MBを超えるゲームについては80MSPが選択できません。このため、仕方なく240MSPでの配信にしています。ただ、他の240MSPの作品と比べて、その値打ちがあるのか……。このあたりは、いかんとも出来ません。

Xbox360でプレーしたい方は、ぜひ、お試し版をプレーするし、この値段を払うべきか検討することをおすすめします。

Windows版でプレーするには幅1280が表示可能な画面モードが必要

Windows版には懸念がある。HD画面を前提として作成しているため、画面サイズが1280x720。ノートPCなど、1024x768までしか表示できないディスプレーをお使いの方は画面が切れてプレーできないかもしれません。このあたりも何とかならないだろうか。

その他のアクツク作品にも注目しましょう!

なお、Xbox Live インディーズゲームのアクションゲームツクールの公式サンプルとしては、ゆわかさんの「コロンでジャンプ!」やその他シューティング作品がアップされています。

そのことはスマイルブームのブログでも紹介されています。

http://smileboom.com/info/2009/08/13/xbox360.html

本来ならば僕もこのリストに入っている予定でしたが、なぜかアクツク側の技術的な問題で僕の作品だけ数日で削除されてしまったのが、少しだけ寂しいです。

また、現在公開中の作品以外にもまだまだ依頼を受けて作られた作品が複数あり、皆さんもご存知のツクラーさんも何人か制作に携わっています。Xbox Live インディーズゲームや、ファミ通.com 無料ゲームで紹介されることになるでしょうから、ぜひ期待して待っていきましょう。


おわりに

その他、気づいたことがあれば、またブログで報告して参りたいと思います。特に、制作の経緯など、いろいろとアクツクでアクションRPG制作を志す人に役立つ情報は流していきたいと思います。

追記08/20 Windows版公開されました!

詳しくは8月20日のエントリで。

http://d.hatena.ne.jp/ktakaki/20090820/p1