Hatena::ブログ(Diary)

シギサワカヤBlog このページをアンテナに追加 RSSフィード

20140130Thu

[]cell

f:id:ktos_sb:20140130151008j:image

小さくなって小さな声で聞こえない様に小さく小さくばかみたいに、

20140129Wed

[]因みに3月発売刊は

拙著「お前は〜 2巻」とともに

幻想ギネコクラシー 1

幻想ギネコクラシー 1

も来ますよ どんなことになるのかすごい楽しみです

[]95万pvありがとうございました

日付的には昨日だったのかしらそれとも、みたいな、昨日と今日と明日のさかいめもあやふやな生き方をしておりますが、生きています。

「To be, or not to be: that is the question. (生きていくか死ぬかそれが問題だ)」なんてハムレット…どうも卵料理みたいだよなこいつ……がゆってましたが、ハム氏に「生きていたらその内絶対死ぬんだからどっちもできるよ大丈夫!」って後ろから肩を叩いて、無駄に陽気に声をかけてあげたい程度の生き方。
大丈夫、大丈夫、みんないつか死ぬよ。

そんな中の貴重な時間を割いて、斯様な混沌を見守って下さる方ありがとうございます。

大丈夫、死ぬまではみんな生きてるよ。

[]「お前は俺を殺す気か」2巻予約開始

お前は俺を殺す気か 2

お前は俺を殺す気か 2

ですよ

…ですよ!

[]名前を付けないこと、

f:id:ktos_sb:20140129004146j:image

それだけを、取り敢えず、約束を、しましょうか

20140128Tue

[]夢を見る夢を見る夢を見る

f:id:ktos_sb:20140128151350j:image

もうおなかがいっぱいです

破れます 壊れます

20140127Mon

[]どうでもいいけどどうでもよくなかろうて

「さらりと別れるには」というキーワードで当ブログへ来てしまった方に幸あれ。

お役に立てず申し訳ございません。

[]美しい針を見た

f:id:ktos_sb:20140127035018j:image

約束します きっと いつか全て忘れますね

少なくとも 忘れる努力はしますね

20140125Sat

[]消える日の水の流れを見てる

f:id:ktos_sb:20140125200235j:image

無くなりました の 証明は難しい

[]最後に残った

f:id:ktos_sb:20140125163200j:image

か細い 糸のような ぷつりと 音をたてて

[]最早正気の沙汰では無いから

f:id:ktos_sb:20140125014226j:image

まるでずっと正しかったように

まるで真実を 意を決して口にするように

嘘ばかり嘘ばかり

うそ、ってなんですか

嘘は嫌いです

嘘の定義が解らないから

20140124Fri

[]「僕の住む街・私の地元」さてはて さいはて

果てです

[]merry go round

f:id:ktos_sb:20140124043323j:image

あの安っぽい派手さにくるまれた

一種いかがわしい乗り物がとても苦手なんです

私の内側にある感情とてんで一致しないんです

神経を逆なでするのです

何がmerryだ と憤慨する気力も無く

誰か 私以外の誰かが この乗り物らしきものを 行き先の見えぬ回転を

私の代わりに愛してくれればいいと思う

私には無理です

私には無理なんです

[]いつまでも絶える事無く

f:id:ktos_sb:20140124012559j:image

不連続面で会うと口約束をした 多分もう会わない

20140122Wed

[]雑な夢

f:id:ktos_sb:20140122072003j:image

砕かれたプラスティックの手触りの

ひどくチープな夢を見る

水に溶けない夢を見る

[]あのとき

f:id:ktos_sb:20140122031057j:image

いったいどうするのが

てきせつで ただしくて まちがいじゃなかったのでしょう

20140120Mon

[]夢に見る

f:id:ktos_sb:20140120044759j:image

絶望が粉々になってそこらじゅうに落ちているので

その破片をなるべく避ける

一生懸命に撫でた温かさの記憶、温かさが抜け落ちてゆく記憶、

気付けば目が覚めているけれど 眠るんじゃなかったと思う

20140119Sun

[]音が無い星で

私はあなたを選り抜きそして断罪する

f:id:ktos_sb:20140105224959j:image

20140118Sat

[]錨

f:id:ktos_sb:20140118194039j:image

昔ここには道があった筈ですが いまはもう

ゆくえがしれません

20140117Fri

[]「日記・手帳」あるようなないような

日記というよりはネタ帳に近いけど、漫画(仕事)に使えるネタはこちらには描かないし、漫画でしか描けないなあということも書かないし、しかし自分だけが見る用の日記なんてそんな危険なものこの世に存在させようとは思わない訳で、でも多少記録しとかないと何かなあと考えた末に結局漫画描いてる気がするけど、漫画=私の日常ということもなく、日記は、永遠の課題です(←適当にとってつけたような感じですが適当にとってつけました)。

仕事用の手帳というかノートは取り敢えず鞄に常に入れてて、うっかり所持し損ねると財布から要らないレシート探し出してその裏とかに書きつける羽目になり、しかし大体が走り書きなので自分でも読めない。しかしデジタルでできないんだ何故か!多分台詞の類の温度差とか抑揚とかを文字の書き方で微妙に記録しているせいだと思うんですが。うまくゆかぬ。

うまくゆかないまま粋抵抗(※生きていこう、の誤変換なんだけど何かこのほうがいい気がするからこのままで)。

[]合間に

f:id:ktos_sb:20140117204308j:image

否定も肯定もせず沈黙を以て

私ではない人の声が辿る私という形の

そのどれでもないのですと

狼煙で意思を伝えるが如き

面倒な手順を今日も

20140116Thu

[]付加情報

f:id:ktos_sb:20140116062950j:image

爪先や毛先のような遠い場所に

置き忘れてきました わざと

切り落とすことが可能な場所に

[]ひねもす

f:id:ktos_sb:20140116060737j:image

灰色の感触

ぎちぎちと 腐敗する甘さ

[]煙

f:id:ktos_sb:20140116043547j:image

弱っている 横たわり

火の手を見て 火の粉に触れて

何も見えなくなるまで見送って

小さな音をたてて去っていって

音が聞こえない 解さない私の為に

[]隘路

f:id:ktos_sb:20140116002642j:image

手始めに 木を一本植えよう

そしていつか根を張り枝を伸ばして

大地はそれを密かに隠すだろう

跡形もなく分解してしまうだろう

20140115Wed

[]限界

f:id:ktos_sb:20140115055724j:image

だから、ということもなく

そこにあったから そこが果てなのだと思いました

[]「2014年プライベートでやりたいこと」鴨を追いかける

f:id:ktos_sb:20140115011812j:image

(※といっても 川の鴨の集団を川べりからじっと見守ってるだけです)

寝てるときもエサ探してるときも頭部見えないので たまに「これは…鴨…いや、岩…」みたいな感じで、大変おもしろいです(正直上の写真どれが鴨でどれが鴨じゃないかわからん)

20140114Tue

[]思い出さない駅

f:id:ktos_sb:20140114140601j:image

乗り換えるのが難しい構内

[]いつも見る

f:id:ktos_sb:20140114135639j:image

声に見る

[]誤解

f:id:ktos_sb:20140114105437j:image

思い返してみればそんなことはなかった

そんな大したことじゃなくて

でもそこを埋めていたものを

削り取ったら傷跡になると思って

だから

こんなふうにいつまでも

全身に残している ような

でもそれすらも

気のせいなのかもしれず

[]閉塞

f:id:ktos_sb:20140114042635j:image

息を 目を 口を

20140113Mon

[]Eat me,leave me.

f:id:ktos_sb:20140113233742j:image

曖昧な要求と曖昧な相槌は

静かにぴったりと寄り添って

しかしそれはいつの日か

力づくで互いを引き剥がす力を

温存しているに過ぎない

20140112Sun

[]笑う骨

f:id:ktos_sb:20140112101803j:image

血肉に囲まれそんな余地は無いはずなのに

発することなく沈めた言葉が染み渡り

笑うのです 嘆くのです 嗤うのです

[]94万pvありがとうございます

騙してひとをさらってきて、やあシギサワだよ!って自己紹介して、まあよかったら適当にやっててよ!って叫んで、ダッシュで逃げたり、そのくせダッシュで帰ってきたり。中途半端な奔放さにお付き合い下さり、かたじけない。

これが21世紀なんですね、解ります、うそです、全然解らん。重ね重ね、すまん。

[]常識のセカイ

f:id:ktos_sb:20140112012402j:image

「そんなものだれでも……でしょう」の

だれでも、の部分に私の名前は入るときもあって

でも入らないときもあって、

入ってても入らなくても窮屈で

息をするのもめんどくさくて

何かもう適当に

にゃあとか鳴きたい 泣きたいんです

20140111Sat

[]「2014年プライベートでやりたいこと」猫さらい

…いや、うちの猫なんですよ、うちの猫なんですが、ワクチン接種の為に病院連れて行きたいんだけどキャリーバッグに入れようとすると、とんでもない力を発揮して逃げるんですね…。

そのたびに私はぼろぼろに…流血し、ダウンジャケットは裂け、猫は私を嫌うのです。

猫よ頼む。おちつけ。

[]dear

f:id:ktos_sb:20140111074920j:image

幸福で居て下さいな、

20140110Fri

[]歌に

f:id:ktos_sb:20140110044314j:image

昔は確かに

昔はそこにあったのだという

それらを引き裂き紙吹雪にして

なるたけきれいに歌に 歌に

[]不安定

f:id:ktos_sb:20140110041941j:image

凝固した遊園地みたいに口を噤んで

時間が解決する筈ですからと

歌う様に嘯いて

首から上に何にもないのに

首飾りに耳飾り 果ては王冠まで用意して

壁に叩き付ける遊びの渦中

[]本能

f:id:ktos_sb:20140110033619j:image

血液心臓皮膚呼吸骨

髪の一筋までも

ひた走る 引力で 重力で でも逆らって 切り落として

[]雨の証明

f:id:ktos_sb:20140110032415j:image

どんな情報も健やかに不確かに降り注ぐので

20140108Wed

[]やってられない

f:id:ktos_sb:20140108020646j:image

何かの破片がちくちく刺すので 裸足で立てない波打ち際

膝を砂に沈めればとても楽です 水が緩衝材になるんです

あとは潮が満ちるのを待つだけ 雨が降るのを待つだけ

なのにまだ笑っているのはサービスです

20140107Tue

[]静かに冷たくなる

f:id:ktos_sb:20140107190942j:image

体があたたかいから 空気が冷たいことがわかってしまって

20140106Mon

[]眠い眠い眠い

f:id:ktos_sb:20140106194630j:image

スカボロー・フェアをひたすら聴いて腹を満たそうとするが失敗に終わる日々

なあ僕はどこへ飛べばいい

愚鈍な僕のたった一つの冴えたやり方がある筈なんだ

[]冷たい

f:id:ktos_sb:20140106052520j:image

爪を切りたいと思いながら過ごしている

爪を切りたいと思いながら切らずにいて

切らない事が 切れない事が それなりに浸透して

最早自然な事であるかの様な顔をしていて

苛立っていて 爪に 爪に

本当は何に?

20140105Sun

[]はるのうみ

f:id:ktos_sb:20140105040522j:image

そうそう遠くへは行けないな

20140104Sat

[]夢ではない夢

f:id:ktos_sb:20140104062059j:image

偽物を右から左へ右から左へ

連続に従属する 記憶の改竄は順調で

このいかさまに添えるべき

痛快なメロディのあるべき折に

自分の声しか無いなんて

踊ることすらできないなんて

[]かわいい夢の裏側で

f:id:ktos_sb:20140104012934j:image

逃げ出す兎 とどまる蛇

パレードはパレードらしからぬ体で始められ

俯く 嘯く 解体する 予定は未定の空騒ぎ

20140102Thu

[]hinode

f:id:ktos_sb:20140102055547j:image

太陽は赤くないが、少なくともこの国においては多くの人が「赤い」というので、じゃあ赤いのだろうという投げ遣りな結論のようなものをひとまず口にして、平穏な人生を謳歌してみようという試み

20140101Wed

[]平成26年

よし 今年も生きてる