Hatena::ブログ(Diary)

まめめも このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-03-30

みんなのホームディレクトリ下の構成を教えてください

初めて Unixアカウント貰ってログインしたとき、まっさらなホームディレクトリをどう使えばいいか悩みませんでした?

もちろん好きにすればいいんですが、ベストプラクティスを知りたいなあと思いました。とりあえず自分のを晒してみます。

/home/*/local/

個人用途のツールをインストールするディレクトリ

apt にパッケージがないもの (あっても古すぎるもの) で、常用する確信があるものが対象。ちょっと試してみたいだけなら、後述の /home/*/work/local/ を使う。

個人用途のツールを /usr/local/ にインストールすることはない。むやみに sudo したくないので。*1

ぼくの場合は、主に ruby 関係のファイル (リリース版) が占める。

$ ls local
bin  include  lib  share

$ ls local/bin
bundle
erb
...
ruby
...

/home/*/build/

/home/*/local/ にインストールするツールをビルドするディレクトリ

ビルドしたものは、よほどディスクが逼迫しない限り消さない。local が壊れた時に、make install だけで復元できるといいなあと思って (実際にそんな状況になったことはないけど) 。あと、ツールに何か問題が起きた時にソースがすぐ参照できるとたまに嬉しい。

$ ls build
...
ruby-1.9.3-p125/
ruby-1.9.3-p125.tar.bz2
...

/home/*/config/

dot.bashrc やら dot.vimrc やらを置いてある。/home/*/.bashrc などはこれらへのシンボリックリンクになっている。

こういう構成になってるのは、git で管理してるから。といっても設定は大嫌いなので、大した内容はない。

これ書いてて思ったけど、/home/*/work/config/ の方がいい気がしてきた。

/home/*/work/

作業環境。別に仕事関係のものとは限らない。まじめに何か作りたくなったら、まずこの下にサブディレクトリを作ってやる。git clone してくる時も大抵ここ。

$ ls work
Phun
Rubinius
jruby
local
ruby
tmp
walking
...

/home/*/work/local/

自分でソースをいじった (いじる可能性のある) ツールを試しにインストールするディレクトリ

このディレクトリは不定期で全消去するので、常用するものはインストールしない。PATH も通してない。

ぼくの場合は主に ruby-trunk 関係が入る。

/home/*/work/tmp/

意気揚々と work にディレクトリを作ったけれど飽きたものを移動する。つまりプロジェクトの墓場。

補足

/home/*/work/ のサブディレクトリ以外には、ファイルやディレクトリを作りません。

……というルールが厳格に守れればいいのですが、実際には色んなところにゴミファイルが氾濫してます。t.c とか t.rb とか *.patch とかアーカイブとか。整理ができないタイプ。

*1sudo gem install とかは無防備すぎると思う。

azumakuniyukiazumakuniyuki 2012/04/01 02:48 このエントリを拝見して書いてみました。

azumakuniyukiazumakuniyuki 2012/04/01 02:49 すいません、URL入れるのしくじりました http://blog.azumakuniyuki.org/2012/03/home-directory-tree-in-my-macbook-air.html

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証