Hatena::ブログ(Diary)

まめめも このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-08-22

[] 川崎 Ruby 会議 01 で基調講演しました

8/20 (土) に、川崎教育文化会館川崎 Ruby 会議 01 が行われました。恐れながら、基調講演なるものをさせて頂きました。

内容は、東京 Ruby 会議 05 で話した Optcarrot の完全版でした。基調講演というと「その会合や分野の基本方針を示す講演」ですが、Ruby 会議関係の基調講演で(Matz の発表以外で)そういう感じの発表を見たことがなかったので、単に好きなことを話しました。

東京 Ruby 会議 05 の方では細かい実装技法の話しかしなかったので、我ながら偉そうだなーと思いながらも「最適化についての心構え」なるものを語ってみました。こんな感じ。

  1. 目標値を決めろ:最適化とはコードを汚すことなので、どこまで汚すかを事前に決めるべき。
  2. ボトルネックをいじれ:ボトルネック以外をいじるな。(ボトルネックを特定しないのは論外)
  3. アルゴリズム最適化を考えよ:メソッド展開とか汚い最適化は割に合わない。
  4. 効果を検証せよ:実行平均時間の単純比較ではなく統計的検定とか使うといい。有意差がなかったら変更を捨てろ。

2 と 3 はよく聞く話ですが、1 と 4 は一応自分のオリジナルです(同じこと言ってる人はいそうですが)。あと具体的なプロファイリングの方法とかを簡単に紹介しました。

川崎 Ruby 会議 01 の発表は、正直思っていたのの数倍以上に面白かったです*1。「Ruby の話をしたら負け」というカラーで、普通の RubyKaigi に飽き気味の人にはよかったと思います*2。運営チームの皆さん、ありがとうございました。次があったらまた参加します。

*1:面白さゼロという意味ではない。

*2:普通に Ruby の話が聞きたい人には微妙かもしれませんが、まあ川崎なら近隣の地域 Ruby 会議に行くのも難しくないので。逆に、他の地域 Ruby 会議にマンネリ感を覚えている人は特に来るといいのではないでしょうか。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ku-ma-me/20160822/p1