Hatena::ブログ(Diary)

まめめも このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-09-01

[] 『オブジェクト指向設計実践ガイド』を読んで

自著を書いたご縁で、技術評論社さまから贈本いただきました。ありがとうございます。

本書は明日 9/2 (金) に発売らしいですが、発売前に読み終わったので書評など書きます。(書評アフィリエイトブログみたい)

概要

一言で言えば、「仕様変更に強い Ruby プログラムを設計する方法」というテーマの本です。

2 つのクラスにまたがる関心事を実装するとき、どっちのクラスにどんなメソッドを持たせるべきか、ということは誰でも悩んだことがあると思います。正解があるわけではないので、自分で基準を選んで決定するしかないわけですが、この本は「将来、仕様変更が起きたときにコード変更量がなるべく小さくなるようにする」という基準、というか、そういう特性を持つようなプログラムにするための指針を教えてくれます。自分ははっきり言って、書いたコードを継続的に維持した経験がほとんどないので、こういう知見を実践的に得る機会がありませんでした。そういう意味で、非常に興味深い本でした。

構成

本書は大まかに 3 部構成になっています。(本書で部の構成が明示されているわけではなく、個人的な印象です)

  • 6 〜 8 章に入って、継承・mixin・コンポジションといった、オブジェクト指向の言語機能を利用した設計方法が説明されます。この章は Ruby の初心者が読むといいと思います。入門書を読んで継承や mixin の振る舞いを理解したものの、実際のところどんな風に使うといいのかわからない、という人に、ベストプラクティスを示してくれます。個人的に目新しい内容はありませんでしたが、自分の場合は試行錯誤や他人のソースコード読解で徐々に習得していった知識なので、先にこういうのを読んでおけば楽だったと思います。あ、「継承関係をあまり深くするな」*1というのは良いことを言ったと思います。
  • 最後の 9 章は、仕様変更に強いテストの書き方です。仕様変更を実装すると、既存のテストが失敗するようになります(純粋な仕様追加でない限り、それ自体は自然です)が、むやみやたらにテストが失敗すると対応が辛いのも事実です。そうならないようなテストの書き方を、本書で説明してきた設計・実装技法それぞれについて説明してありました。

仕様変更に強い設計という話題を中心に据えつつ、具体的な RubyコーディングテクニックRuby に限定されない原理・原則にも触れながら、展開されていました。

注意点

一応、要注意だなと思ったことも挙げておきます。

  • プログラム設計について体系的・網羅的に書かれているものではないので、ハンドブック的な内容を期待したらダメです。タイトルの通り、あくまでガイドブック、読み物だと思います。
  • 上流設計の話にありがちですが、説明がやや抽象的なところがあります。ある程度大規模 Ruby アプリで設計ミスを経験した人であれば「あるあるネタ」として簡単に理解できるんだと思いますが、自分はそういう経験がないので、イメージしづらいところもありました。*2
  • 原著は 2012 年の本なので、多少古い記述もあります。たとえば、キーワード引数を自力実装する話は、キーワード引数が組み込まれた現代では完全に不要です。ただし、そういうところにはきちんと訳注がついているので、間違って覚えてしまう心配はないです。

以下は、個人的に同意しづらかったところ。

  • 将来の変更に対する予防的なコーディングテクニックには、抵抗感あるものもあります。たとえば、インスタンス変数はすべて attr_reader 経由で読めとか。*3
  • 5.3 節で静的型付けと動的型付けが言及されていますが、完全に動的型付け信者の放言になっているので、真に受けないほうが吉です。*4

まあ、書籍には多かれ少なかれポジショントークが含まれるものなので、読み手側が用法・用量を見つけて参考にするべきでしょう。

まとめ

Ruby プログラムの設計を考える上で、とても参考になる本でした。「設計についてはこの一冊ですべてわかる」というような本ではないですが(そんな本は存在しないと思います)、大規模 Ruby プログラムメンテナンスをやっているけれどソフトウェア上流設計みたいな言葉を聞いたことがないという人は、ぜひ読むといいと思います。

*1継承パスの途中で変更があったときに動かなくなりがち、という本書の主張もその通りだと思いますが、なにより個人的には理解するのが辛いです。Java みたいに衒学ぶって分類しまくるのは悪。

*2:自分のこの書評もずいぶん抽象的なので、上流設計の説明というのは本質的に難しいのかもしれません。

*3:そうすることで、仕様変更があった時に attr_reader :foo を def foo; @foo * 2; end などと置き換えるだけで済む場合がある、と言っているのですが、こんなハックは混乱の元なので書くべきでないです。Java の getter/setter 教がそのまま来ているようで、getter 自体にはメリットもあるようですが、この説明はあんまり。

*4:ほとんどの静的型付け言語ではすべての変数や型引数に型注釈が必要、静的型付けでも予期せぬ nil の出現(ぬるぽ)は防げない、というような記述から、おそらく著者の方は静的型付け言語を Java しか知らないのではないかと思います。「型宣言がない方が書きやすい」は個人的には大筋同意です(記号処理なんかでは型を意識したほうがわかりやすい場合もあります)が、「型宣言がない方が読みやすい」はちょっと疑問です(特に本書が想定していそうな大規模アプリでは)。コンパイラの型チェックで見つかるような型エラーは、動的型付けでも実際に起きることなどほぼない、と言われていますが、自分にはそんなこととても言えないです。「この節を読んでおけば、静的型付け寄りの友人に議論を持ちかけられたときに論争を避けられる」のように言われていますが、この節のようなことを言えば間違いなく喧嘩・疎遠になるでしょう。(異教徒の友人と手を切らせる作戦?)