Hatena::ブログ(Diary)

まめめも このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-09-15

[] RubyKaigi 2017 の予稿:An introduction and future of Ruby coverage library

RubyKaigi 2017 の 2 日目に "An introduction and future of Ruby coverage library" というタイトルで発表します。事前資料の公開が推奨されていたので、簡単ですがどんな内容かを書いておきます。

要約

カバレッジ(テストカバレッジ、コードカバレッジ)は、ソースコードのどの程度の割合がテストによって実行されたかを表す指標で、「テストの良さ」に関するヒントを与えてくれるものです。Rubyでは、品質を保証する手段がいまのところテストしかないので、カバレッジをうまく使うことは重要です。

本発表では、我々が経験や見聞を通じて得たカバレッジとの付き合い方を紹介します。簡単に言うと、カバレッジは「コードに対する網羅率」に過ぎず、「仕様や設計に対する網羅率」ではないことを理解した上で、前者だけでなく後者も上げるためのヒントとしてカバレッジを活用することです。(なお、カバレッジの定義から丁寧に説明するので、前提知識は必要ありません。)

また、Rubyカバレッジ測定の現状として、SimpleCov や coverage.so などを紹介した上で、2.5 に向けての coverage.so の拡張計画を説明します。具体的には、関数カバレッジと分岐カバレッジの測定を可能にする予定で、そのために現在検討中の coverage.so の仕様を紹介します。他言語のカバレッジ管理ツールとの連携のために必要な情報を提供するように設計していて、実際に LCOV や Cobertura で可視化できることをデモする予定です。

解説

Ruby3x3 で導入される(とされている)型システムに注目が集まっていますが、プログラム堅牢性を高める手段は、なにも型だけではありません。コードレビューだって立派な品質保証手段ですし、普通の型よりも強力に検証する手段もあります。しかし、現時点で一番普及している手段は明らかに、テストです。そこでテストの度合いのヒントとなるカバレッジは重要なはずですが、テストに比べると普及度が低いように感じています。

カバレッジが十分に活用されていない理由はいろいろ考えられますが、「カバレッジの(うまい)活用方法があまり知られていない」「Rubyカバレッジ測定ライブラリが貧弱」という 2 つの問題を緩和するために、今回発表してみることにしました。

2008 年にコミッタになって最初にやった仕事が、Ruby 本体のテストカバレッジ向上でした。主にそのころに得た知見と反省などを元に、漠然と考えていた「カバレッジのうまい活用方法」を明文化してみたので、共有したいと思います。

そのころに作った Ruby カバレッジ測定ライブラリ coverage.so は、便利なラッパ SimpleCov が登場したおかげでそこそこ使われているようです。しかし、当時 coverage.so の仕様を適当に決めてしまったために、行カバレッジ以外をサポートしづらく、放置していました(すみません)。今回一念発起し、関数カバレッジと分岐カバレッジをサポートする方向で仕様の検討と実装の試作をし、昨日コミットしました。まだ細かいところが詰めきれていないのですが、2.5 のリリースまでには決めたいと思っています。

なお、超絶技巧みたいな話は今回はありません。ない予定です。ないんじゃないかな。期待しないでください。

宣伝

拙著『Ruby でつくる Ruby』が、ジュンク堂書店の RubyKaigi 出張店で販売される予定です。サイン会もあるみたいなので、ぜひお買上げを!なお、RubyKaigi 出張店は RubyKaigi 1 日め(9/18(月・祝))だけなので要注意です。サイン会も 1 日めですが、本さえあればいつでもサインするので適当に捕まえてください。

さらに、ラムダノートがRubyKaigi 2017 便乗、サイン入り書籍プレゼント企画!(connpass)をしています。RubyKaigi に参加できない方はこっちに応募してみてください!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ku-ma-me/20170915/p1