Hatena::ブログ(Diary)

sorane

2013-12-29 新しい芽と新しい年

f:id:ku-ne:20131210205004j:image

この冬、エバーフレッシュという観葉植物が家にやってきました。



お花屋さんで、夜になると葉っぱを閉じるのだと教えてもらい、

生きているみたいでいいなと急に愛着が生まれ、

ほとんど衝動買いをしたものです。



この寒い中でも、どんどん芽が出てすくすく育っています。

夜には朝と違った姿に変わる程に成長し続ける小さな芽を見ると、

自然も人も絶えず形を変えて存在しているのだと思えます。

二度と出会う事のないその時その時に感じた違和感やたのしさ、

自分で思った事、自分では捉えきれないもの。

そういうものを流し切らずに、

来年はいちいちたくさんの場所でつまづいてみたいと思います。



2013年も、ありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

新しい年も皆様にとってたくさんの幸せな瞬間がありますように。

2013-12-11 14 & 15

先週末はお天気にも恵まれ、travel on the table を無事に終える事ができました。

オープンから毎冬開催してきたこのイベントもたくさんの方に愛して頂き、

気付けば当店では今回が8回目となりました。

東中野時代には廊下梱包をしておりお客様とお話できる時間も限られてしまっていましたが、

今回は甘い香りの部屋で皆様が大西さんや吉田さんとおしゃべりを楽しまれている様子を感じながら、

私も楽しい時間を過ごさせてもらいました。

年末の貴重なお時間の中ふわふわを楽しんでくださった皆様、ありがとうございました。

このイベントが終わると、1年の終わる実感が湧いてきます。




今日は、次の週末の楽しいお知らせがあります。

12月15日(日)、今年最後の雑司ヶ谷手創り市が開催されます。

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=933

今回はなんと、朝からシュトーレン祭りもあるようです!




当店では14日以降も引き続き、

吉田直嗣さんの黒いコーヒーカップ白磁の小皿、こちらの小鉢などがご覧頂けます。

f:id:ku-ne:20131207014511j:image

teteria大西さんのミルクティー・カモマイルミルク、ミントミルク、ctc-milkも並びます。

大西さんほどおいしくおいれできませんが、しばらく店頭でもteteriaさんのお茶を試飲頂けます。

先週末のイベントにご予定が合わなかったという方も、どうぞ見にいらしてくださいね。

至らぬ点はございますが、できる限り贈り物のご対応もさせて頂きます。

お声をかけてください。




おしゃれなイルミネーションも何もありませんが、

ぜひ早稲田雑司ヶ谷で他にないクリスマス前の楽しみを。

2013-12-08 travel on the table at ku-ne 2013

2日間のイベントが始まりました。



今年初のお目見えとなる、吉田直嗣さんのこちらのカップ。

f:id:ku-ne:20131207014242j:image

チャイ用に作られた小さな器です。

2日間、このカップでteteria大西さんのミルクティーを飲んで頂いています。



コーヒーカップなどの小さい器。

大きな器もぜひご覧になっていってください。

f:id:ku-ne:20131207014436j:image

f:id:ku-ne:20131207014444j:image

f:id:ku-ne:20131207014511j:image

f:id:ku-ne:20131207014132j:image

f:id:ku-ne:20131207014036j:image

こちらは漆を使った、とてもかっこいい陶胎漆器

手間をかけ、偶然性をよびよせるような作品です。

f:id:ku-ne:20131207014408j:image




teteriaさんのお茶もいろいろ。

f:id:ku-ne:20131207013921j:image

ドアを開ける前の期待を高めてくれるようなミルクティーの甘い香りが、

ビルの階段まで広がっています。


大西さんがいれてくれるお茶は、そんな期待を裏切りません。

ぜひ数種、たのしんでいかれてくださいね。

今回大西さんが提案されているミルクティーは、

ご自宅で作る過程やアレンジの楽しさが広がると思います。



毎年お待ちくださっている方の多い、

クリスマス限定の赤いお茶ノエルルージュもありますよ。




お茶を皆さまにふるまっているteteria大西進さんの道具。

f:id:ku-ne:20131207014533j:image

1日中お茶をいれているので、外は寒くとも店内は暖房がいらない程に暖かでした。

今日も暖かく甘い空間で、大西さん、吉田さんと共に皆様をお待ちしております。

2013-12-04 今年最後の12分の1

ご無沙汰している間に、すっかり季節が変化してしまいました。

ビルの窓から見える秋色東京がこんなにきれいだったとは。

長く東京にいますが今年初めて、この街の紅葉の良さに気付かされています。

f:id:ku-ne:20131203210521j:image



先週はお休みを頂き、ずっと楽しみにしていた根津美術館の井戸茶碗展へ足を運んできました。

陶器の茶碗は派手なバリエーションはありませんが、

1つの器の中に釉の流れや色、高台ろくろに、

金継の跡といった使われてきた過程の要素までが絶妙に絡まり合っていました。

戦国武将たちがこのような器を前にどう感じていたのかはわかりませんが、

これらの器を愛でるとき自身の地位や権力から離れ、

一個人としての生活機微と向き合っていたような気がします。

どれも溜め息もので、ガラスケースに幾度も鼻の頭をぶつけてしまいましたが、

すでにたくさんの鼻の形跡が残っていました。

目の前のひとつの器を思い思いに鑑賞する時間はいいものですね。




そして、SHIZENさんでの田谷直子さんの個展へも伺ってきました。

新しく取り組まれている線刻の器は、

釉が流れるルリ色のキャンバスに、のびやかな絵が浮かび上がるようでした。



器っていいですね。とても充実した時間を過ごすことができました。

今度は器をめぐる素敵な時間を皆様にお届けすべく、

今週末のtravel on the tableに向けて準備をしています。



年に1度のこのイベントは、始まったと思ったらもう終わり。

楽しい旅行のように、あっという間に過ぎてしまいます。

今年は早稲田でたくさんの方に、

素敵な器とおいしいお茶で、

忙しい年末のひと時をゆっくりと過ごして頂けたらよいなと想像しております。



中央線沿線でお世話になっていました皆様、

早稲田近隣の初めましての皆様、

毎年楽しみにしてくださっている皆様、

今週末、早稲田で皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちしております。