Hatena::ブログ(Diary)

sorane

2014-07-30 はんぱもの - 7月− 

青い空、セミの声、まぶしい太陽

夏ですね。



大学夏休みになり、街全体が少し落ち着ついた雰囲気早稲田です。

この街で週末は器を眺め、囲まれ、電線に止まるスズメと戯れ、

空音は静かで気持ちのよい夏を迎えています。



そんな中、ブログで敢えて紹介したいと思ったものがありました。

はんぱもの、です。

お店に残っている、最後の1点の器のことです。



どうしても最後の1点は、

2点以上揃えて欲しい、というご希望には添う事ができませんでした。

でも、仕上がりは他の器と同じように悪くなく、

1つの大切な器に変わりありません。

むしろ最後の1点は、どんな方に使って頂けるかなと思い入れが強くなっていきます。



そんな今日のはんぱのは、

石田誠さんの紅毛手のリム皿(税込3,888円)です。

f:id:ku-ne:20140727215115j:image

艶がありながら、とろみも感じるような白い磁器は、

直径15cmほどの大きさ。

何でも美味しそうに盛ってくれる余白のある器は、

使う程くせになっていきます。

取り皿に使い勝手の良さそうなサイズですが、

少しおやつををのせてみました。

2人分ぐらいのお茶のお供に、意外とちょうどよい。

今の季節は、桃やぶどうプラムなど、

色のきれいな果物もきっときれいです。



はんぱものについて、また時々のせてみたいと思っています。

器たちは、いつでも皆さまに見出して頂ける事を楽しみにしています。

f:id:ku-ne:20140726031829j:image

Connection: close