Hatena::ブログ(Diary)

振動工学研究室の便利ノート

2010-05-13

フッターなどを通常状態でいじれないようにする方法

| 02:40

  緒言

 Power Pointが2007になって不便になったことが1つある.スライドを作成している際に,フッター等がマスタ表示の状態でなくても,通常のテキストボックスと同じように位置を変更できるような仕様になったことである.ページ毎に細かく設定したい場合には便利なのかもしれないが,でっかく範囲選択したときにも選択されてしまうという問題がある.そこでusuiが2007でマスタを表示した状態じゃないとフッターなどを選択状態にできないようにする手法を提案する.

  提案する手法

 本手法は,スライドマスタに挿入されたテキストボックスが,それがフッターをコピペしたものであっても,フッターとして認識されないことを利用する.まずは,スライドマスタを表示し,フッターの位置にある「日付」「フッター」「ページ番号」をすべて選んでコピー(Ctrl+C)する.次に,それをその場に貼り付ける(Ctrl+V).すると「日付」「フッター」「ページ番号」があろうことかもう1セット登場する(当たり前).新しく登場したセットを元のセットに矢印キー及びCtrl+矢印キーを用いて重ね合わせる.実はもうこれで完成なのだ.ここで注意すべき点は[挿入]タブ-[ヘッダーとフッター]ボタン-[スライド]タブにてすべてのチェックを外しておくことだ.

  結言

 さあここまで確認が進んだらマスタ表示をやめて元の通常画面に戻ってみよう.

きっと望み通りの効果が得られているはずだ!!!君も今日から快適パワポLIFE!!


f:id:ku_vel:20100514022337p:image

  2個あると気持ち悪いけど,こんな感じです.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ku_vel/20100513/1273772407