ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自閉症 渡の宝箱 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-08-19

[]本当においしいものを食べると自閉症の渡はどうなるか? 12:03 本当においしいものを食べると自閉症の渡はどうなるか?を含むブックマーク

うどんの本場、香川県からおいしいお饂飩を頂きました。

渡はもともと偏食で、味の濃いものや体に悪いものが好きなので、どうしてもそちらを優先にするのだけど、日本に行った時だけ丸亀製麺の饂飩を食べます。システムがわかりやすいのもありますし、待ち時間がないのもあります。さらにおいしいそうだ。今夜は、この香川県のおいしい饂飩だったので、渡に

饂飩食べる?

と聞くと

No,Thank you.

との返事。普通のレストランの饂飩だと思ったらしい。

今日は、本場のいいお饂飩なので、鹿児島のかつお節と北海道の利尻昆布を使って出しを取り、饂飩をつくりました。出しを取ってる段階で、匂いがするので、渡が慌ててチェック。

僕も食べる!と言い始めました。筋金入りの自閉症なのに、すぐに自分の意見を変えるのねーと香穂と笑い転げて、できた饂飩はこちら。

f:id:kuboyumi:20160819123348j:image

関西風のお出しで食べる饂飩。大興奮。あっという間に食べて、お姉ちゃんにまで分けてもらって、さらに食べる渡。

いやーこの饂飩しか食べれないってなったら、困るぅぅぅ。妙なところだけ口が肥える渡です...。いやーこれ、たしかにただの饂飩なんだけど、アメリカでこういう本格的なものを食べるっていうのは、日本で高級フランス料理を食べる事に、ほぼ近いんだよ。外国の食べものになるわけだからさー。けど、昔よりもずいぶん簡単に日本のおいしい高級食材が手にはいるようになりました。ありがたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160819

2016-08-18

[][]新しい仕事に挑戦する渡 23:50 新しい仕事に挑戦する渡を含むブックマーク

夏休みに入った渡。仕事と勉強をすると決めているらしく、朝から勉強、午後から仕事のパターンを維持しています。

今日は、新しいお仕事を教えてもらって、真剣勝負な感じ。

f:id:kuboyumi:20160819175752j:image

知的な遅れもある渡ですので、最初は仕事の説明。このやり方は、非常に彼に向いている。小学校の時に、渡を担当していたシンシア先生は、渡に教える時には、最初は鉛筆を持たせない。説明して、質問して、さらに説明して質問してをくりかえします。やっとできたところで、初めて鉛筆で書いていいわけです。

すぐに鉛筆では書かせない。渡のような重度の知的な遅れもある場合は、書くことと考えること2つやると、体に入ってこないそうで、いつも最初は鉛筆を持ってはいけないわけです。

けど、わからないことを学ぶのは、間違ったらどうしよう、わからなかったら嫌だ、できないのは苦痛、というのは人間の本能としてあるので、すぐに鉛筆をもって、とっとと終わらせようとする渡。このあたりのコントロールが非常に難しかったです。シンシア先生は簡単にやってのけていたけど。

これを10年以上続けたわけで、最近は仕事をする前には、きっちりと作業工程を聞くというのができます。

図にかいて、文字にかいて、手順を説明してもらう。

理解したところでやり始めたら、進む進む。早い...。

今日やったことは、音の編集。視覚と聴覚の強みとコンピューター好きを利用して、音を整理します。雑音を除去したりする技術を習得しながらファイルを整理し、保存していく。綺麗にできました。

よく学び、よく働いたので、あっという間に夜になったので、夕飯は渡の希望の場所へ。母はビールのグラスのサイズが気に食わない。

f:id:kuboyumi:20160820154649j:image

けど大人なので、ポテトを食べて、なんとか頑張って溜飲下げる。グラスの大きさは大事。やっぱりビールはジョッキで飲まねば、、。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160818

2016-08-16

[][]渡のボランティア活動 11:17 渡のボランティア活動を含むブックマーク

本日私は、遅くに出勤することにして、早朝から渡のお手伝い。朝6時前からおきて、自閉症の渡のボランティア活動のための通勤(どう考えてもあれは通勤じゃなくて、小旅行。)に付き合ってみた。夏休みなので、休んでよーと思うのだけど、どうしても行きたいという彼の意思を汲みました。今日は乗り換えのないバスの経路をみつけたので勧めてみたけど、彼は、やはりいつもの行き方が、バスが遅れないという理由で好きらしい。

私は、今まで「渡って、ボランティア行ってるんだー.....。」くらいにしか思っていなかった彼のボランティア活動。過酷。片道2時間半かけてボランティア先に行って一生懸命働いて、また2時間半かかけて炎天下の中でも、土砂降りの雨の中も一度も休まずサボらず、決められた日はきっちり通っておりました。現地のスタッフの中で、渡のことをよく知っている人たちは、ハードに働く渡でよく知ってくれているが、どうも事務室に籠っているような人は2年も通う渡のことを知りもしない。なのに、私が「自閉症」といっただけで、

そういう人がここにくるのは、誰かサポートする人がついてもらえないとだし、面接云々.....

と、私が渡の母だと知らずに、眉間にしわを寄せてくどくどと拒否する話を言い始めた。ほかのスタッフはもう2年も通っている渡のことを知っているので、笑って「何、話してるんだろう?」というので、流してくれていたが....。

そうか、社会というのは、障がいがあるというだけで、こうやってまだ面接を受ける前から、どんな人か、誰なのか?まったくなにも知りもしないのに、完全に拒絶する人もいるわけだ。なんの情報もないのに、会ってもいない人のことを否定する、拒否するということになるのねー。履歴書もなにも見ていなくても拒否する。これは無知からくる恐怖なので、やはり啓蒙活動は必要な訳ねー。けど、この拒否って損だなぁ....。相手にとっては、超お得!と思うくらい良く働いてると思う親馬鹿な私。ほかのスタッフからの渡の働きについての褒め具合からも、よくわかるんだけど。

それにしても母は、片道付き合っただけで、もうヘロヘロ...。アメリカの公共交通機関は待ち時間が長いし、正しい時間に公共交通機関がやってくるなんて、カリフォルニアの宝くじに当選するくらい起こらならいことだし、(時間通りにきたら、ビンゴだよ!)路面が悪いのですごく揺れるので疲れる...。

この過酷な通勤をして、待つのが大の苦手の彼が公共交通機関を待ち、ハードに働き、ニコニコと嬉しそうに帰ってくる渡ってなんだかすごいわ....と思った今日でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160816

2016-08-15

[] Kubo and the Two Strings #久保と二弦 の映画。 22:21  Kubo and the Two Strings #久保と二弦 の映画。を含むブックマーク

香穂の招待で、封切り前にKubo and the Two Strings(久保と二弦)をVIP席で見てきました。

映画館は渡が一緒に行くと、怖いシーンや喧嘩のシーン、人が殺されるシーンなどは、彼は怖くて、すぐにトイレに行ってしまうので、映画館の人様のお邪魔にならない座席に座らないといけないのだけど、今回は、渡はお留守番するということなので、香穂と2人で行ってきました。ど真ん中の特等席での鑑賞。映画の詳しいことはこちら⇨http://beagle-voyage.com/movie-kubo-and-the-two-strings-trailer-posters-2016.html

たぶん、日本では上映されないのでは?と思われますが、とにかく画像が綺麗。画面が綺麗。日本人から見ると「いやー。ここ違うだろう」とか、三味線の演奏は、やっぱり、松本梅頌先生じゃないとダメだろうとか、いろいろありますが、映画は正確だったら人を惹きつけられるわけではないので…。私としては、すごいと思ったことが、結構ある。

1.キャラがちゃんとアメリカ人にウケルるようになっている。

2.製作に携わる人の中に、生粋の日本人が1−2人くらいしかいないのいに、よくぞここまで日本を表現した。

3.日本の文化を表現しつつも、全てを正しい日本を映画内で表現すると、他の国の人からみると??????だらけになってしまって、集中できなくなるのだけど、この違いの部分をキャラクターと風景、文化などを全て上手くアメリカ風にアレンジすることによって、観客を100分間画像に釘付けにさせた。

などなど思います。

いや、すごかった。日本人がアメリカ風に映画を作るというのは、頑張ればできると思う。というのは、英語で検索すれば、資料がガンガンでてくるだろうし。けど、日本には数千年という歴史があり、深い文化があり、独特のマナーやルールがあります。これを英語圏の人が検索するとか、理解するというは、英語ではあまりにも文献や参考資料が少ないので調べるのは大変です。そんな大変なことをお金と時間をかけて、あそこまでできたら、すごいと思う。日本人的には、ほんと、よくやってくれましたと思います。これで少しでも日本や日本文化に興味を持つ人が増えてくれると嬉しいです。そうなるともっといろいろ正しい文化や理解が深まっていきます。違うということをどんどん指摘するだけだと誰も、その国のことに興味を持たなくなるし、話したくなくなるでしょう。そういう意味でもすごい映画でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160815

2016-08-13

[]八神純子さんのトランスパシフィックキャンペーンと息子が自閉症じゃなくて普通だったら?の話し 14:22 八神純子さんのトランスパシフィックキャンペーンと息子が自閉症じゃなくて普通だったら?の話しを含むブックマーク

歌手の八神純子さんがシリコンバレーにいらしてくださいました。東日本大震災で被災した東北の支援のために、震災後ずっとチャリティ活動をなさっている純子さん。トランスパシフィックキャンペーンといいます。こちらがリンク⇨八神純子のトランスパシフィックキャンペーン

お歌も聞かせていただきましたが、ベストテンに出ていらした頃より、さらにものすごく清涼感と透明感のあるお声になってらして、日本に住んでいたら、絶対にコンサートに行っていたと思う。

コンサートスケジュールはこちらにありますので、お近くにいらっしゃる時はぜひみなさんお運びください、いやーこんなに綺麗で声量感のある歌手の方っていないと思う。⇨2016年コンサートツアーの予定

今回は日本の学生さんを連れて、東北の復興を考えていくというのが主な目的。八神さんとのおつきあいは、震災後です。お友達から、「八神さんがツイッター始めたの知ってる?」という話しから、いろいろ調べ始めて、彼女が東北の復興に心血注いでらっしゃることがかりました。私もなにかしたいと常々おもっておりましたので、TWITTERで八神さんと繋がり、そこからのご縁です。

f:id:kuboyumi:20160813153550j:image

今回は学生さんたちにアメリカで起業をした経緯や、現在の活動などの体験談をはなしました。Voice4uの性質上、どうしても自閉症の渡の話になります。

学生さんからの質問で、

自閉症の渡くんが普通の人だったらと考える時はありませんか?どういう人生になっていましたか?

というのがあったのだけど、私にとっては、自閉症を持って生まれてきた渡が普通であって、普通の渡というのがイメージしにくい。ようするに、障害がない渡だったら、どうなっていたか?という事だろうなーと思う。そんなのやったこともないし、考えたこともないので、すぐに思いつかなかったけど常日ごろから思っていた、

渡が普通にお話ししてたら、女の子のナンパはいま以上だったので、たぶん、今頃、孫が10人ぐらいいただろうな。

と話したら、学生の方たちポカン。どうも私はなにか違う回答をしてしまったらしい...。けど一番に思った事なんだもん。

それで、開発リーダーにもこんな質問が出たので、どう思う?と聞いてみたら、

いやーゆみさん、たぶん、学生さんの質問は、どういう進路だったか?とかいう事じゃないですか?

と言われたので、

そんなに違いがあるかな?

ということを話しておりました。

じゃ、リーダーはどうなっていたと思う?

と聞くと、

たぶん、総合大学には行ってますね。彼は、数学は好きですし。専攻は計算機科学とか、そんな感じですかね?

という回答。

それ普通の専攻だけの話だよ。大学の生活とかさ、余暇の時間とか、授業以外の時間のことを聞いているんだと思う。

と言ったらリーダーは、

そうですねーやっぱり可愛い子が好きですし、いまでもかわいい子には、必死で話しかけてますから、たぶん、ナンパはすごかったでしょうね。

なーんだ!!じゃ私と同じ回答だよ! やっぱり私の回答間違ってないかも....(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160813

2016-08-09

[]発作的に飲みたくなったワイン 19:17 発作的に飲みたくなったワインを含むブックマーク

夕方、お腹が減ってきたので、鶏肉とワインを飲みたくなった。なので、突然B.B.Qになりました。

どうしても飲みたかったワインはこちら。安価でおいしい。トレジョにあります。

f:id:kuboyumi:20160809190454j:image

バリ島のクサンバの塩で焼く手羽塩。

f:id:kuboyumi:20160809190444j:image

とりあえず、ステーキも。

f:id:kuboyumi:20160809190401j:image

ということで、美味しかった!!

こういうワイルドなご飯を突然たべれるカリフォルニアはいいなぁ...。

渡は手羽塩が大好きで、焼きおにぎりも好きなのでどちらも大満足で食べておりました。なんだかのんびりした夏休みです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160809

2016-08-07

[]開発リーダーのお誕生日 11:33 開発リーダーのお誕生日を含むブックマーク

開発リーダーのお誕生日です。

ジンファンデルが飲みたいので、僕がお肉を焼いて、時間がある方が食べに来るという会はいかがでしょう?

と言っておりましたので、皆さんにメールしました。けど、みんな忙しくて時間があるというより、時間を作るという感じ。お友達のベイエリアのB.B.Q キングは、

誕生日に本人がお肉を焼く必要はないよ。僕が焼く。

と名乗りをあげてくれました。さらに同じお誕生日のお子さんも参加。

ケーキが2台になりました。総勢13名が集まるという超豪華で賑やかな誕生日になりました。

f:id:kuboyumi:20160807213259j:image

独身のリーダー。誕生日に一人だったら、さみしいなぁと思っておりましたが、多くのご家族がいらしてくれたので、本当に賑やかな誕生日になりました。皆様、お忙しい中、ありがとうございます!

渡は何も役にたたず、ちょっとしんみりしていたら、コーラの在庫が切れていることを発見。お姉ちゃんに運転してもらってお使いに。

帰ってくるなり

僕はみんなの命をセーブした。

と自慢げ。いやー。違うだろう...と思ったけど、とにかく人様の役に立ちたい渡。人の役に立てるということは本当に嬉しいことの模様。人間の本質なんだろうなぁ....。ということで、渡も超ご機嫌で、大パーティに参加でした。

本日空いたワインはこれら。

f:id:kuboyumi:20160809032217j:image

ついでに先日空いたワインはこれら。

f:id:kuboyumi:20160807223239j:image

いやー楽しかった!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160807

2016-08-01

[]自閉症の渡の新たなお仕事 16:07 自閉症の渡の新たなお仕事を含むブックマーク

渡の今のお仕事はデータ入力なのですが、あらたに最近新しいお仕事を開始しました。これがグラフィックエディターのアシスタント的なお仕事です。どのようなことか?というと、たとえば、アイコンや絵や写真など、サイズの変更ということはあることですが、コンピューターだけで自動変更すると絵があらくなったり、バランスが悪くなったりします。これを手動で、背景を伸ばしたり、バランスをとりながら形を変えたりする仕事です。意外に、これはニーズがあるらしく、結構な量があります。

「地道で地味。」大事です。

少しの間違いがあると、かすかに白い線がはいったり歪んでしまったりになります。これを正確に訂正していってサイズを直したりします。

もう地道だしすごーーく地味。行う量も大量。こういうのは大好き。ずっとやっております。

よく

「自閉症児・者になにか教えるのが大変。手間がかかる。」というのを聞きますが、これ、逆です。しっかり彼らがわかるように教えたら、あとあと手間がかかりません。何年も手間がかからなくなります。暇だとどうしていいかわからないので、いろいろな行動の問題を起こしますが、何かしている時は集中しているので、問題をほとんど起こさないのが自閉症。さらに好きなことは集中してやるので、周りは手間がかかりません。

好きなことを観察して、周りの人ができることを考える。

各いろいろな専門分野の人に考えてもらう、ということは非常に大事なことです。やってはいけないことは、

障害児教育に携わる大人だけ(家族など)でその子の職業を考える。」ということ。先生などの仕事の方は障がいを持つ人の行動や生き方、教育などをみてくださって、もうそれはそれはすごい仕事の方たちです。これだけでももう眠れなくなるほど大変なお仕事です。なので、お忙しい先生が、グラフィックデサインの仕事をしていたり、コードを書いたりして食べて行っているわけではないのです。教職員なのです。ゆえに、教職員と親だけで障がいのある子の職業をきめてはいけない理由は、専門職と言われるお仕事のほうが、隙間的な仕事が発生しやすく、緻密で他の人がやると飽きてしまうような仕事を現場の人たちがよく知っているからです。

自閉症ってなに?がもっともっと社会に理解されて、

「あぁぁ!自分の会社にもそういう緻密なんだけど、みんなは集中できないから、嫌がる仕事があるんだよね」というようなアイデアがどんどんでれば、彼らの集中力ってもっと社会の役に立つ気がします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160801

2016-07-28

[]開発リーダーの髪の毛がすごく綺麗になった、ロクシタンすごすぎ。 00:10 開発リーダーの髪の毛がすごく綺麗になった、ロクシタンすごすぎ。を含むブックマーク

ロクシタンにハマっている私。とにかくカリフォルニアはシャワーは水が結構肌に厳しく、さらに乾燥していることもあって、とにかくカサカサになる。日本で長く冷房や暖房にあたるとなる感じというか...。それでBody Creamをつかったら、もう皮膚の調子が全く違った。

これですごいと感じた私は、さらにハンドクリームへと移りました。

手の皮がつるようなひっぱるようなガサガサした感覚もなくなり、喜んでおりましたが、夏に近くなり、今度やってきたのは、髪の毛のバサバサ感。

どんどん夏になxって乾燥&強い日差しで髪の毛が全くまとまらなくなってきた。

なので、シャンプー&コンディショナーもこれを利用。

いやーしっとりしたと会社で話していたら、開発リーダーが、いや、シャンプーでそんなにかわらないんじゃないですか?食べ物とか変えたんじゃないですか?とかいろいろ言われた。ロキシタンをあんまり信じてないようなので、スタンフォードショッピングセンターのロキシタンをオススメしてみた。

もともとこんな髪の毛だった開発リーダー。

f:id:kuboyumi:20160729155810j:image

髪の毛が90度横に生える感じです。硬いのですねー。

それでロキシタンを使い始めたら、会社にくるなり

いやー驚きました。数日で、朝の髪の毛のセットが全く違います。自分の頭から髪の毛がきちんと正しく生えている感じがします。こんなに変わるんですね!

と驚いておる模様。たしかに、いままで、なんだか雑草みたいにあちこちに生えていた髪の毛が、しっとりまとまって、たしかにリーダーの髪の毛だなっていうくらいおちついてきた。

スタンフォードショップングセンターに、あきえさんという日本人の方が、日本人の髪質に合わせてシャンプーを選んでくださったそうです。

よかったねぇ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160728

2016-07-20

[]最近読んだ本 13:42 最近読んだ本を含むブックマーク

小説は読まないようにしようと心がけているので、(読むと中毒症状がでるので)ざっと読める本2冊紹介。

最近読んだ本。

1冊目

カリフォルニアでは、いまだに絶大な人気がある国宝ローズのKoda米。その原点がわかりました。彼らがどのような苦労をしたのか?戦争は彼らの稲作にどのような影を落としたのか。

オーガニック・アメリカンズ

オーガニック・アメリカンズ

全く知らずに「おいしい、おいしい」と食べていたカリフォルニア米。こんな苦労の上にできたお米なんだ!と驚いた、感謝しながら食べねば...。

2冊目

大阪出身の私にはもう読んでて耐えれない。夜なきうどんの作り方。また一からだしとってつくりたい。我が家では、うどんは香川のうどんで、ネギは父が趣味で裏庭でつくっていた九条ネギ。出だし汁は、父が削ってくれたカツヲでとって食べてました。あのうどんはおいしい。再度作ろうとおもいました。

ハモ料理。働いてるときによく上司がつれていってくれました。

いやー大阪、おいしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160720

2016-07-17

[][]周りから反対されたけど、自閉症の息子に教えておいて良かったなと思う3つの事 16:25 周りから反対されたけど、自閉症の息子に教えておいて良かったなと思う3つの事を含むブックマーク

アメリカには、発達の遅れがわかると、504Planか、IEP(個別教育計画)で教育に対するサポートを受けることができます。これらの違いは、別の機会に述べるとして…。

我が家の渡はIEPだったのだけど、私以外の全員一致で反対された事がいろいろあります。その中で、息子が成人になった今、反対する人たちを必死で説得して、やって良かったなーと思った3つ。

1.日本語を学ぶこと

賛否両論ありますが、渡は小さい時に言語をひとつに絞ることと言われましたが、我が家はバイリンガルです。

それは、日本語話せれば便利だし、祖父母の限りない愛情を日本語というものを通して受けれれば、祖父母も楽だし、伝わりやすいだろうなというのがありました。

結果、やはり、息子は、嬉しいことがあれば、祖父母に日本語で手紙を書くし、日本にいっても日本語で伝わるし、なにより、仕事を受けやすいです。日本語ができ、英語も出来るデータ好きというのは、多くはないのでニッチな部門を狙いやすい。これはやらせて良かったと思います。人が集まって日本語でみんなが話していても、疎外感はゼロです。

渡はいまは漢字の練習が大好きで、練習して読んでは大喜びしています。漫画もみれるしねー。

2.数学を諦めず学び続けた事

数学をやらせたことはよかったなーと。途中で学校のほうから何度も「行動が悪いので、数学のクラスに入れないから、数学はやめるように。」といわれましたが、それはおかしい。数学ができていないので、もうここで終わりのほうがまだ通る。行動を直せば学べるということなのに行動を治す努力をせずにできていることをやめさせるというのは、教育とは言えないのでは?と思いました。ということは、普通の行動ができるようにすれば、数学の勉強は続けていいんだなと思い、いろいろな工夫をして周りの生徒に迷惑をかからないように数学を受け続けました。これが仕事にもつながったし、自分の自信にもつながりました。大学の時に高校のかわいい同窓生が教室の外で待っていてくれるようなお友達も出来ました。いまだに計算だけは早いので、嬉しそうにドヤ顔する渡です。

3.自転車に乗る事を教える事。

IEPチーム、IPPチームとも、渡には脱走壁があった事から、自転車の乗り方などを教えたら、どこまででも逃げてしまい危ないので、教える事はしない。という意見。私は男の子として生まれたのなら、思春期になれば、母親と一緒じゃないと、どこにも行けないというのは嫌だろうと思っていました。一人で風を切って好きなところには行きたいでしょうということを考えておりました。さらに母の私はもともと自転車で信州の山に登ったり、九州を縦断していたり、日本海を走ったり、四国をVの字に走ったりしていたため、自転車に乗せないという選択肢がなかった。

渡といろいろなルールを決めて自転車の練習をして乗れるようになりました。お姉ちゃんより乗れるようになるのは早かった気がします。自転車に乗れるようになると、わざわざ足で逃げなくてもと思うのか、脱走壁がぐんと減りました。

で、大人になった現在。この自転車のおかげでまた嬉しいことが一つ。

いまの夏のプログラムは、6km家から離れていて、さらに交通の便があまりよくない。2kmだけ途中でバスに乗れます。障害者用のタクシーを使うという選択肢もあったのですが、やっと公共交通機関の乗り方を学んできている渡はこのタクシーに乗るのは嫌がりました。待ち時間も長いしね。自力で通うことに喜びも感じているみたいなので、ここで元の介護タクシーに戻すのは、渡も嫌だろうなぁと私でもわかりました。なので、2kmだけバスにのり、4km歩くという提案を渡にしてみました。ところが、彼のチョイスは、「全行程、自転車で通うこと。」でした。

えっ?6kmって、往復12kmだよ。結構遠いよぉぉと思ったのですが、私も学生時代に片道50km弱ほど離れていた大学に自転車で通っていた時期があるので、あまり反対できない。とりあえずやってみましょうとなりました。

まずは約束ごとから。渡がどのような運転で通うか私がわからないので、最初の1週間は母と一緒にいくという条件を飲む事で渡の希望を受け入れました。

私は渡の朝とお昼のお迎えの2回往復するので、1日24km自転車に乗らねばなりません。

けど、やってみると頭もすっきりするし、背中は痛くならないし、早く出勤できるし。いいことづくめでした。

渡も自力で通えることが相当うれしい模様。こんな笑顔でニコニコしながら自転車をこいでおります。

f:id:kuboyumi:20160718141208j:image

やっぱり男の子だもん。行きたい時に行ける所に自分の力で行けるというのは、嬉しいよね。

けど、母は久しぶりの自転車でお尻が痛いよぉ。昔は琵琶湖一周180km runとか出ていたのにね。昔取った杵柄とはなりませんでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160717

2016-07-16

[] 5km マラソンで女性総合で優勝した私。純粋に嬉しかったりする...。 14:38  5km マラソンで女性総合で優勝した私。純粋に嬉しかったりする...。を含むブックマーク

Light The Way 5km Runというマラソンの大会に出てきました。地元のLos Gatosでの開催ということで、コースもわかりやすく、走りやすかったですが、暑かった。

スタートラインについて走り始めたら、いつもより体が軽かった。夜食にお友達が差し入れしてくれたキヌアがいつもみたいにお腹ヘリヘリで走らないで済んだのも功を奏した。

私の前に女性が3名くらい走っておりました。高校生くらいの子と大学くらいの子。あとは成人女性ですね。あれーなんか抜けると思ってどんどん抜いて走ったら、前に女性がいなくなって男性しかいない。そのままゴールしたので、もしかしたら、1位かもと思って....。表彰式は1時間後ということでした。ゴールのところで短いなんか色のついたひもみたいな物を渡されたので、とりあえずそれを持って、1時間あったら、主婦がすることは買い物。そのままゼッケンつけたまま、夕飯の買い物です。

さて会場にもどったら、お楽しみの抽選会があって、授賞式。

5km女子の総合一位ということで名前を呼ばれました。私の名前だ。ちょっと驚く私。

f:id:kuboyumi:20160716112522j:image

とりあえず、笑顔で、Thumbs up

で表彰の方へ向かいます。トロフィーを渡してくださったので、やっぱ私で合ってるんだ!

f:id:kuboyumi:20160716112533j:image

トロフィーはこんな感じ。

f:id:kuboyumi:20160716112604j:image

帰る間際も撮影しました!

f:id:kuboyumi:20160716112711j:image

娘が大学院に通う年齢になった私。それでも高校生や大学生と走って1位になれたことは純粋に嬉しい。昨年11月に健康だった私が健康診断にいって医療ミスにあい、生死をさまよったけど、後遺症もなにもなく、1年経たずにここまで来れたことは嬉しいです。健康に感謝です。この健康の維持が今後の課題です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160716

2016-07-09

[]サンドイッチの解体作業をして12人分のサンドイッチを作る私。 11:16 サンドイッチの解体作業をして12人分のサンドイッチを作る私。を含むブックマーク

うちの家の近くには、Gene'sというちょっと高級なスーパーマーケットがあります。とにかくチーズやハムなどが非常においしい。けど、お値段もそれなりにします。そのスーパーで、昔は、冷蔵庫に、こんなものを売っていました。

f:id:kuboyumi:20130416164822j:image

サンドイッチです。これは3年前の写真で私も最初見た時に、何かわからず....。しばらく見つめて、

「もしかして、サンドイッチかも...」

という感じ。発売当時は$2.99でした。それがしばらくしたら、$3.99になりました。

これが1人前のサンドイッチということらしいです。こんなの塩のかたまり。これをサンドイッチとして食べたら、胸焼けを起こしそうです。1kgは軽くありますから。野菜は一切挟まっていません。

なぜこんなものを売っているのか?

それは、このお店は、お客さんの注文ごとにハムやお肉やチーズを切ってくれるので、どうしても切れ端ができてしまう。それをこのようにして販売しているわけです。

子供達がここのハムが好きなのですが、切れ端なので、分厚かったりして、私はチャーハンや炒め物にも使っていました。これくらいの値段だと惜しみなく炒め物に使えます。

ところがここのところの物価上昇にともない、サイズもこんなに小さくなりました。現在は、値段も$4.99に。手前の2つが、上記のサンドイッチです。

f:id:kuboyumi:20160710091327j:image

後ろの2つはパン屋さんで買った焼きたてパン。これで何をするか?というと、焼きたてパンとレタスとトマト、もっと必要だったらチーズも買ってきて、これを再度挟み直すわけです。もともと挟んであるパンは、数年前のように、おいしくもないし。(昔はパンも美味しかった)サンドイッチも購入時に「いろいろな種類が入っているサンドイッチ」というのを買ってくれば、渡はハム。香穂はローストビーフ。私はサラミ、といういろいろな種類のサンドイッチの作成も可能。

さて、解体。

これだけのハムやお肉やチーズが出てきます。

f:id:kuboyumi:20160710092859j:image

ライオンじゃないんだから、こんなに肉ばっかりのサンドイッチを食べれない。なので解体しております。

今日はこちらのお友達が、大きなイベントに自分の作品を出展されているので、そこの会場に差し入れです。食べ物を買いに行ってる時間もないかと思い。こんなのが出来上がります。

f:id:kuboyumi:20160710101827j:image

12人分くらいあります。

だいたい、1つのサンドイッチから6-8人分のサンドイッチができます。焼きたてパンで挟み、野菜はファーマーズマーケットで購入すれば、もう外食でサンドイッチが食べれなくなるくらい美味しいサンドイッチが出来上がります。喜んでもらえればいいのだけど...。

追記...このブログを上げてからすぐに、全くこのサインドイッチを見なくなりました。お店の人に聞いたら、日本人が好きだよと勧められた...。(←日本人がたくさんきた模様)で、今日久しぶりに店でみつけてご対面したら、なんと、一番上の写真の4分の1になっていた。祭りは終わった...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160709

2016-07-06

[]自閉症の息子を22年育てて、理解した教育に関すること 00:03 自閉症の息子を22年育てて、理解した教育に関することを含むブックマーク

明日で息子はアメリカの義務教育を修了します。自閉症の息子を育てててわかったこと。

1.自閉症が、あっという間によくなる様なことはない。←断言。

2.障がいがあってもなくても、子供の教育というのは日々の積み重ね。

ということ。例えば、なんらかのマジックがあったとして、障がいが突然なくなったとする。それでもやはり教育というものは、毎日の積み重ねからきます。けど学びというのは、各自違うということ。学校での学び方が学校に通う生徒全員が一致することは将来ないも無いと思います。なにを言いたいか?というと、40人のクラスだったとして同じ授業をうけたとしても、その授業での理解度が全員一致ということはないわけです。障害があるからというので、一番に政府がすることが、「教育を諦めさせること」であってはなりません。その子供が学ぶために専門家や周りの大人などがどこまでできることがあるか?できない場合はどのように対処するのか?を明確にすることが大事かと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160706

2016-07-01

[][]口頭ですぐに返事をしないことは、失礼なことといい放たれる自閉症の渡 21:58 口頭ですぐに返事をしないことは、失礼なことといい放たれる自閉症の渡を含むブックマーク

香穂と自閉症の渡(どちらも成人)は、夏休みに入って、近くのシェルター保健所のようなところ)の分室に通っています。いまは、子猫が増えるシーズンです。捨て猫や飼えなくなった猫がいっぱいいます。ただ猫を眺めたり、さわっていい猫をさわったりしているのですが、いい子(猫)がいたらママにお願いしようという隠れた魂胆は知っている母www。

ところが、今日はちょっと違うことが起こったらしい。入るなり、一人のおばあさんのボランティアの人に、渡が話しかけられた。

「何しに来たの?」

つよい語調で嫌な予感がした娘は飛んでいったらしい。

「何しに来たのって聞いてるのに、なんで答えないの?」と言われたそうだ。いや、答えられないんだってば....。娘はすぐに

「弟は自閉症で、口頭での会話が不自由で答えられない。」というと、相手の人から

「答えられないの?なんて失礼なの!!」と怒られたらしい。しばらくしたら、

「子猫の里親の人がこの部屋で会いたがっているので、あなたたちは出て行って。」と言われたらしい。娘はすぐに出てきたらしい。仕事中の私にメッセで報告してきたのだが、私は

「すぐにシェルターにもどって、失礼だと言った人の名前を聞いて、なぜ障害があって話せないことが失礼なのか?と、聞いてきなさい。」と伝えた。

そしたら、

「今昼休みだから、しまっている。」とのこと。昼休みがおわって、再度シェルターに向かった子供達。ところが、おばあちゃんボランティアはいなくなっていたそう。午前中も来ているので、他のボランティアのスタッフたちが、にこやかに話しかけてきてくれたらしい。

「ねぇ。この子(渡のこと)は、すごいよね。」と突然、渡のことを褒め始めたらしい。

理由は、子猫を触るためには、いろいろなルールがあるからということらしい。具体的には、

1.同じケージの子猫はそのままでいいけど、違うケージの子猫を触るときは、万が一、感染症が移ってはいけないので、ケージが変われば、必ずケージがかわるごとに手を消毒すること。(子猫まだ小さくて抵抗力がないので)

2.まだ予防接種をうけてない子猫は床においてはいけない。

3.出していい子猫と出してはいけない子猫があって、マークでわけられていること。

4.扉を叩いたり、驚かしたり、無理に起こさないこと。

などがあります。スタッフの話によると、子猫を見たり触ったりしているうちに、人間のほうが興奮してきて、この単純なルールを守れないことが多いらしい。けど、スタッフの人たちは、よく来る娘たちを覚えていて、(渡は目立つし)渡がそのことを一度も間違ったことがないことまでしっかり観察しています。将来、里親になるかもしれない人たちのことは、スタッフもよく観察している模様です。娘は、

渡が自閉症で、12年猫を育て上げたこと。

今の猫もすごく大事にしていること。

猫のしつけも頑張ってしていること

を話していたらしい。スタッフの人たちは、「あぁ。わかるわー」となったらしい。

で、なんでまた戻ってきたの?というので、こういうことがあって、母が、

「なぜ、話せない渡が失礼なのか理由を聞いてきてくれ。」

って言われた。と話したそうだ。

スタッフ唖然。その他のスタッフも大勢つれてきて、こんなことが今日あったと説明。みんな驚いて、

「なんで!ありえない!!」と言われたらしい。スタッフの人たちは、

「渡は一番猫にきちんと接してる。すごく紳士だ。」となったそうだ。そうだそうだ!!となり渡は一気に幸せに。

スタッフの人から

「今日のことは、帰ってしまったおばあちゃんスタッフにもきちんと話しておくから安心してまた来てね。」と言われたらしい。なんやかやと、結局はシェルターのスタッフの人たちとお友達のように仲良くなった子供達。

香穂は、みんなが渡のことを知っていることのほうがびびったそうだけど。

とりあえず、一番傷ついてちょっとむかついている香穂と、なんだか拒否された感はある渡は、楽しんでもどってきた。

ただ、悲しむだけでけではダメだなぁ。冷静になって再度、話してみるというのも手だなぁ。けど、大概、もう一度、不愉快なことをした場所にもどるといいかも。不愉快な対応をした人が一人だった場合は、再度戻って話し合えば、うまく行くことが多い。不愉快な態度の人が、複数いて、みんなが同じ対応をした時が一番問題。たった一人の対応が悪いときは、その個人にもなにか問題がある可能性だってあるわけだよね。みんながみんな渡の相手を平等にできるほと毎日精神が穏やかで、平和主義であるわけじゃないから、社会は問題があるんだし。

おっかけっこおっかけっこ 2016/07/09 17:59 こんにちは〜いつも楽しく読ませていただいてます。シェアさせていただきました。学童保育のアルバイトをしていて、自閉症のお子さんへの対応の参考にさせていただいています。以前香穂さんが「私達がしっかり叱らなくて、社会に出て困るのは、渡だよ」と言ったことばをよく指導員さんに伝えています。(友達同士でトラブルをおこしたときに、この子は仕方がないからと叱らない時があるので〕これからもブログ楽しみにしています。

kuboyumikuboyumi 2016/07/09 18:22 そうですねー。しかるというより、彼らのわかる形でしっかりと説明して伝えるという感じですねー。なぜ周りが怒っているのか?なぜ不愉快なのか?ということですね。コミュニケーションって自閉症でもなんらかの形で取れるので、どの方法でコミュニケーションをとるのか?というのを5歳までに家族や接する大人が確立しておくことというのは、高機能自閉症のテンプル・グランディン博士もおっしゃってましたねー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160701
Voice4u