ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自閉症 渡の宝箱 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-09-19

[]渡の自制心 07:05 渡の自制心を含むブックマーク

お姉ちゃんが月曜日から南の方に行ってしまったので、いろいろなメッセージを携帯から送りたい渡。勤務中の新人として働くお姉ちゃんの携帯の音がなるのはよろしくないので、私との約束で

朝7時から夜7時までは、お姉ちゃんにメッセを送ることは禁止。お仕事中だから。

としてあります。

そうなると夕方6時くらいから、そわそわし始める渡。6時50分には携帯を握りしめ、送りたいメッセージを打ち込む。どんなメッセージかというと、

僕は猫のトイレ用の砂を綺麗にした。床はスワイファーで全て磨いた。野菜を食べた。人参ジュースを飲んだ。庭の水やりをした。洗濯ものは綺麗にした。洗った食器は全て食器棚に片付けた。

などなど。褒めてもらえるであろうことを全て列挙。この中には、

コンサートで歌う歌の練習をあれだけいわれたけど、やっていない。くもんの英語はお姉ちゃんがいなくなったので、サボっている。昼休みに食べると決めている野菜は今日はスキップした。

などなど都合の悪いことは絶対に伝えない。

7時へと分針が動くと、一気に用意していたメッセを送り始める。

お姉ちゃんからたっぷり褒めてもらって、ディズニーランドでお姫様と写した写真をメッセで送ってもらって、大喜び。

香穂からは私に速攻で

渡からメッセ来たけど、今日できなかったことは何?

とのこと。

よくご存知で。しっかり私から今日サボッたことをチクられて、お姉ちゃんからも

よくできたけど、コンサートで歌う曲は練習しようね。英語もやってね。

などと言われて、慌てて歌い出す。私がちくってるとはおもわなくて、やっぱりお姉ちゃんにバレたとしか思っていない。お姉ちゃんの遠距離生活もなかなかいいかもと思う今日この頃。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170919

2017-09-18

[]お姉ちゃんの初出勤と渡のオヤジ化 00:10 お姉ちゃんの初出勤と渡のオヤジ化を含むブックマーク

香穂、ついに初出勤の日です。遅刻が大嫌いな彼女は、朝早くから会社に向かっているだろうなと思い、渡にも

「朝から夕方7時までは、おねえちゃんにテキストは禁止」と重々言いつけました。

私は帰宅後、早朝からどんどん新しい案件がメールで入りまくり、次々に対応していっておりました。夕方渡をバンドの練習につれていき、やっとご飯!と思っていたらHooter'sの前を通ったのが間違いだったかも。

どうしても行きたいという渡のリクエストに答えて、久しぶりに足を踏み入れた。

おりました、おりました。渡の好みの女の子が私たちのテーブル担当。なぜかこういう時だけ強運な渡。

注文を自分でいい、女の子が注文を書き留めて立ち去って行ったら渡が「にたっ」とオヤジ顔の笑み。注文終わった後にそんなににやけなくても...。さらに、写真を一緒に撮ってくださいとお願いする。

f:id:kuboyumi:20170919111815j:image

すっかりオヤジ化の渡。

嬉しいそうです。お姉ちゃんがいなくなった寂しさはまったくない感じの渡でした。

肝心の香穂のほうですが、仕事がおわって連絡が入って

すっごい面白い!!緊張するけど、最高!

とのこと。今日はアメリカの会社らしく、法的、事務的な手続きが終わり、建物を移動してチームに加わってきたそうです。数日後には、即戦力としてもうすぐに働き始めるるらしく、ウキウキの彼女。狙ったポジションにつけていいなー。配属がどこになるかわからないというのでなくて、最初から、「このポジションで働くために入ります!」と決めれるアメリカの働き方は彼女には、合うだろうなと思っておりました。

母はしっかり残業になりましたが、我が家はみんなが好きな仕事をできていて、ありがたいなーと思った夜でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170918

2017-09-17

[]無事帰宅。 23:54 無事帰宅。を含むブックマーク

香穂の車を送り届けて、私は飛行機に搭乗。チェックインした途端に、なんだか、いままでの子育ての疲れがどっと出ました。とりあえず、旅立ってくれたわけで...。機内に乗り込んだら、飛行機のエンジン音が苦手な私は、すぐにイヤフォンを装着。なんでもいいから、聞いてしまえと思ったらなんと、突然

「平井堅」

がかかった。なんだか、ホッとしすぎて、さらに疲れがどっとでた。けど、地元の空港に飛行機が降りる瞬間、

あぁ、そうだ、まだ家にもう一人いる!

と思ったら俄然、力が湧いて来た。明るく帰って来たら、床は綺麗に拭かれていて、猫も元気で猫の餌箱もお手洗いも綺麗。おぉぉー渡、頑張ったねー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170917

2017-09-16

[]自閉症の渡のお留守番とまずいワッフルと。 20:35 自閉症の渡のお留守番とまずいワッフルと。を含むブックマーク

さて、本日は、香穂の家探し。ホテルの朝ご飯をいただきます。

ホテルのコック見習いみたいな人がワッフルを焼いてくれました。

f:id:kuboyumi:20170917091058j:image

これ、機械で焼くのですが、穴があいてるし、中はふわっと外はカリっと焼いてほしいのですが、まったくダメダメです。実は、渡がこのワッフルを焼くのが非常にうまく、いつも自分でワッフルを焼けるホテルに泊まってほしいと頼まれます。そこで香穂や私の分を大量に焼いてくれるのですが、焼き加減がうまくて美味しい。

あぁ....。渡のワッフルが懐かしいねぇと香穂と二人で話しておりました。母の私が自閉症の息子のワッフルを懐かしむ日がくるとは思っていなかった...。普通は逆で、「おふくろの味」が懐かしくなると思うのですが...。

アパートは治安の検討が難しく、結局、会社まで車で10分くらいの渡が来ても十分楽しめそうな場所になりました。敷地内に大きなプールが3つもあって、室内ジャグジー、サウナもついて、庭と川があってと母としては安心です。彼女も庭で絵を書いたりできそうで、非常に気に入った模様。

それでも待ちリストが多くあり、審査が厳しく、通るか?とおもっていたのですが、大量の書類を提出してなんとか通りそうという感じでした。

家探しをしている間にも会社から書類がどんどん送られて来て、初日に会社の弁護士にあって、それからオリエンテーションがあってという感じです。

どんどんと事務仕事をこなして、家のほうも契約書の注意するところなどを分担して読み、契約を進めていきます。

LAの賃貸の中には、保証人を立てるところもあるので、一緒に行ったのですが、多くのところでは、もう香穂の顔をみて私の顔をみて、社名をきいてすぐに決定みたいな感じのところもありました。

私たちが家探しを奮闘している中、お留守番の渡からはこの仕事は終わった、あの仕事が終わったという家事終了のメッセと写真がきます。それを見ていておもいだしたのが、小学生の頃、担当してくださったカリフォルニア州でTeacher of the year を受賞したシンシア先生は

「とにかく忙しくさせておくこと」といつもおっしゃってましたが、本当にそうだとおもいました。

私と香穂のほうが、美味しいワッフルは食べれなくてなんだかがっかりしていますが、渡はお留守番しながら生き生きしているのがわかります。

私たちは、猫も恋しいし....で渡に

「猫の写真を送ってくれない?」とメールしてみました。

意外に猫の写真を撮影するというのは難しくて、犬みたいにこちらを向いてくれないので、撮影しにくいのですが、渡の撮影した写真はこれ。

f:id:kuboyumi:20170918173558j:image

3匹の中ではいつも渡が「アテナが教えてくれた」とか言って、どうも意思疎通ができているアテナの写真だけは正面から撮れている。

f:id:kuboyumi:20170918173538j:image

ということで、なんだかんだで、結構上手にお留守番できている渡でした。さて!私も明日は帰る準備です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170916

2017-09-15

[]おねえちゃんの引っ越しと渡のお留守番 23:40 おねえちゃんの引っ越しと渡のお留守番を含むブックマーク

香穂が南に向かう日がやってきました。車と引っ越しの荷物をもって、アパート探しから開始です。前回の会社への挨拶回りの時に、ある程度目星はつけているので1日でみつかるのでは?と言っておりました。ただ治安のいいところにせねば、アメリカは安全をお金で買うところですので、大変です。まずは南に車を飛ばし、サラダに欠かせないバルサミコとオリーブオイルのお店で香穂が一人暮らしで使う分を購入。

f:id:kuboyumi:20170917091220j:image

さらに、車を南に進めて、有名なクラムチャウダーのお店で休憩。

f:id:kuboyumi:20170917090916j:image

いつもは、大行列のお店ですが、まだ朝早かったので、列もなくすっと食べれました。

さらにどんどん南下して彼女の出身大学に立ち寄りました。夕方だったので、指導教官は居るだろうということで、突然の訪問になりました。時間も読めないので、えいやで、訪れる香穂。

懐かしのキャンパス。

f:id:kuboyumi:20170917084445j:image

さて、舞台芸術の学部長に会いに行く香穂。

なんと4年前に香穂が模造紙に描いた教授の似顔絵がまだ貼られています。香穂が「えっ!これまだ貼ってるの?描き直すよ」と言ってましたが、教授は、「これがいいのよ。これをみると学生がみんなほっとするのよ。教授の部屋ってくると緊張する学生が結構いるからこれで、ほっとするのよ」とのこと。

f:id:kuboyumi:20170917090935j:image

どれくらい似てるかということ、

f:id:kuboyumi:20170917084146j:image

こんな感じです。いやー学部長とHugなんてありえないなぁ。日本の大学に通っていた私としては、やはりありえないわ。香穂はここの大学を出てから通ったサンフランシスコにある大学院は、3年制だったために、3年分の情報交換。Facebookなどでは様子を知ってはいるのですが、詳しいことはわからず。香穂が学部の時にやっていた舞台の担当部分は、2つに分割されて、2人でやっているそうな。ということは、香穂は2人分勉強してたわけ?先生に聞くと、

香穂は、ハードに勉強する子だったので、できたのよ。できる子にはどんどんやってもらわないと。

とおっしゃってました。そんな無茶な。けど、たしかに学びたいだけ学べるのがアメリカの大学の良さです。だから元旦から寮に戻るような話が毎年出たわけだ...。とにかくいつもほぼ真夜中12時に寮に帰り、朝は7時には起きていたので、舞台にかけた大学生活でした。

香穂の在学中にエジンバラ国際フェスでフリンジファーストを受賞したために、そこから入学希望者は殺到していて、先生はイギリスでも評判がよくなって大忙しだそうな。その受賞した劇の凱旋公演の監督は香穂がしたのですが、その時に彼女はアニメーションの方面に進むと、教授へもはっきり宣言したのでした。教授はちょっとがっかりした模様ですが、

香穂はもう舞台でも十分やっていけると思うけど、アニメーションでも成功するだろうから頑張れ!

と応援してくれたそうだ。今回の内定は教授も大喜びで、お世話になった教授たちのところに引き連れて行ってくれて、みんなに我がことのように香穂が内定したと話しておりました。

校舎内には、香穂の卒業テーマの舞台の写真が飾られており。懐かしい、この舞台を作った時のことをまだ覚えています。

f:id:kuboyumi:20170917090957j:image

感動の私。

ところで、この大学。この9月の時期は報道陣が殺到します。というのは、2001年9月11日の同時多発テロで亡くくなった方達の国旗を大学2008年から前庭に立てています。お弔いのために学生が始めたこの企画。

2997本のアメリカの国旗。90本の外国の国旗が立てられています。コミュニティの人たちも旗を立てることに参加することができて、みんなで旗を立てます。

f:id:kuboyumi:20170917091037j:image

日本の旗もあります。

香穂はこの出身大学にも近い街に住むので、来年は、手伝えるかな?と話しておりました。

このように、いろいろ立ち寄ってやっとホテルに無事に到着。到着するまでの間、渡からは、香穂が出した指示書通りに自宅に戻った。ねこの世話はした。床はスワイファーで全部ふいた。庭に水はやった。お風呂は磨いたetc....の仕事が終わるたびに、報告が入ります。

お友達にもチェックをお願いして居るのですが、家に来ても

ものすごく自立していて、完璧に仕事しているので入る隙間がない。

とのこと。

規則正しい生活を送って居る模様です。さてさて、明日から、家の書類や契約、会社との書類や契約書の交換等々山のような仕事が香穂を待っております。頑張れ!香穂!!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170915

2017-09-14

[][]お姉ちゃんの旅立ちを自閉症の渡はどのように受け止めたか? 22:38 お姉ちゃんの旅立ちを自閉症の渡はどのように受け止めたか?を含むブックマーク

お姉ちゃんの旅立ちを控え、このことをどのように渡に伝えるか?というのが大きな問題でございました。

すでに香穂が個人的にコンピューターなどを教えている自閉症の人は、毎日悲しみのどん底にいるようで、香穂が電話したら、泣き出したりしてとっても不安定。さてさて、すごく仲のいい香穂と渡。どうやってお別れするのか?が大きな問題です。周りのお友達からもどうするの?どうするの?と言われておりました。

香穂に相談したら

とりあえず、私が話してみるわ。

とのこと。香穂の話は、こうでした。

渡。私が大学に行った時のこと覚えている?あの時と同じように、私は、家から離れて、今度はお仕事をするの。だけどね、いつでも会えるし、時々は家に帰ってくるし。

と話したところで、顔がすっと暗くなる。けど、香穂が引き続き、

それでね。私のお仕事なんだけど、アニメーションの映画を作るメンバーになるので、4-5年後に渡がいつも見ているアニメーションの映画の最後のクレジットのところで、香穂の名前がでるよ。

というので、大興奮。渡は大学の時も、映画の感想をニュースレターに書いていたくらい映画が好きで、見逃しているアニメーション映画は、ほぼありません。

Yay!! Hooray!!!

と絶叫すると、早くでていけ、早くクレジットに名前を載せろ、明日でもいいぞ。という感じ。もう笑いが止まらない。いやー香穂の就職を落ち版喜んでいるのは、渡かも。とりあえず、ニコニコは止まらず。ほっとしました。さて、明日から南に向かう娘。出身大学にもご挨拶をするということで、私も一緒にいくことになりました。いそがしいぞー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170914

2017-09-13

[]あぁぁー、裁判所に行ってこんなことになるなんて...。 21:31 あぁぁー、裁判所に行ってこんなことになるなんて...。を含むブックマーク

渡が「まだ自閉症ですよ」みたいな書類を出すために、裁判所に行かねばならず...。

けど娘の出発の日まで日にちがないので、時間もない。なんとかやりくりして出かけたらなんと、裁判所前にすごい人だかりが..。

けど、私は書類提出だけなので、慌てて中に入ろうとしたら、警察に怒られた。外で待てと。警察の人に

「どうしたんですか?」とか聞くと空気を読めない人になって、また怒られそうなので、外で待っているおにーちゃんに

「どうしたの?なにがあったの?」と聞いたら、

避難訓練なんだってさ。」

とのこと。いやーこんなに私が慌ただしい時に、避難訓練せんでも...。と思ったけど、しょうがないよねー。

けどこの書類、わざわざ持ってこなくても、オンラインとかでもっと簡単にできると思うんだけどなー。今時、銀行口座もオンラインで全てできるのに..。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170913

2017-09-12

[]娘の送別会 20:01 娘の送別会を含むブックマーク

先日行われた香穂の送別会のお話。

私のお友達が来週いなくなる香穂のために送別会をしてくれました。

母娘でお世話になっているので、ありがたい限り。急な引っ越しなのに、皆さん、集まっていただいきました。恵まれている娘。

お祝いのケーキが3台も。一番高さのあるケーキの奥にコーラの350ml缶があるのですが、それと比べて、高さがどれだけ高いかわかるかも。すごー。

f:id:kuboyumi:20170917015850j:image

さらにわかりやすく。このケーキのことです。

f:id:kuboyumi:20170917015904j:image

日本では食べれなさそう…。

さらに、空いたワインたち。

f:id:kuboyumi:20170917090634j:image

どんなけ呑むねん!という感じですが…。

香穂は、最後にみんなに会えて、元気をもらえた!さて頑張るぞー!!だそうです。

よかったねー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170912

2017-09-11

[]香穂の学生最後のボランティア。日本の大学生に作ったもの。 10:20 香穂の学生最後のボランティア。日本の大学生に作ったもの。を含むブックマーク

娘が社会人になる前の最後のボランティアでございます。九州大学の学生さんがシリコンバレーにいらしているのでの裁判所ツアーを企画しました。

ツアーに行く前に時間がなく、各自でお昼となると時間がかかって大変なので、ひとところに集めて、お弁当を作くりました。もともと私がこのようなボランティアを昔からやっていて、娘が手伝うようになり、今回は娘主導で、お弁当作りです。作ったお弁当はこれ。

f:id:kuboyumi:20170917015811j:image

日本食を食べる機会も少ないと思い、完全日本のお弁当。

裁判所では、いろいろ話もできて、裁判内容も興味深いものだった模様です。さて、来週から社会人だねー。頑張ってねー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170911

2017-09-09

[]香穂の就職の不思議話。こんなことが本当に起こるんだ!と感じて、これで映画が1本できるんじゃないか?と思った。 09:18 香穂の就職の不思議話。こんなことが本当に起こるんだ!と感じて、これで映画が1本できるんじゃないか?と思った。を含むブックマーク

数年前から香穂は、大好きな映画を1本、制作発表前から追っかけておりました。その映画のスタッフや、メンバーの動向や制作過程等々、まるでスタッフの一員であるかのように追いかけておりました。チームワークが大好きだったようです。

制作過程での実質的な監督(Aさん)が、彼女と同じストーリーボード出身あることも大きかったです。さらにこの映画のストーリーボードの担当の方(Bさん)も大好きでした。この映画の作成が終わり、劇場公開されるころ、このストーリーボード担当の方にアポイントメントを取れないか?というで、ネット経由でアポイントメントをとって、自分のポートフォリオを見てくださいと頼むほど。相手のBさんも非常にいい方で、

「LAに来る用事がある時は、言ってください。今、僕XXX会社(有名アニメ会社)で働いているので、LA(ロス)なんだよね」ということで、香穂はすぐに飛行機にのって、自分のポートフォリオ(絵の履歴書みたいなもの)を見てもらいました。

30分だけといっていたポートフォリオのレビューが2時間になり。いろいろ教えていただいて、大感動の香穂。

Bさんからは、

香穂、この世界はなかなか大変だけど、絶対にやめないでね。必ずいつか僕と一緒に働こう。大変なこともあるけど、へこたれないでね。

といわれて、

絶対にやめないです。10年後にでもぜひ一緒に働かせてください。

と言いながら握手して別れたそうな。

そんなことが1年半前があり、この大好きな映画を作った会社を受けようとしたのですが、なにぶん大きくないところなので、「新人は雇いません」ということで、受けることもできず、みごとに玉砕。随分がっかりしていました。それで新人でも最初のうちは、師匠がついてくれるようなプログラムのある会社に行きたいとおもっていたそう。そこから就職内定をもらった彼女。喜んでおりました。まずは、会社のリクルーターの方にどのような仕事をするのか?の説明がありました。

そうすると

Aさんが監督として新しく作る映画のスタッフの一員として働いてもらいます。

とのこと。涙ぐんでおりました。そんなチャンスがこんなに早く巡って来るとは思っていなかった香穂。

それで、お世話になった方にお礼状を書いておりました。もちろん、LAでポートフォリオを見てもらったB さんにもメールでお知らせ。そうしたら。

えっ!えっ!!!!香穂、そこで働くの?ぼくもXXX会社はプロジェクトが終わったので、今は、僕も香穂が入る会社で働いているんだよね。会社でおちついたら、挨拶にきて!

と言われて、いやー、この巨大会社でBさんをみつけるのは大変だと思っていたみたいだけど、入社したら、早めに見つけてご挨拶にいこうと思っていたそうだ。

さて、挨拶回りの日。

どのようなことが行われるかというと、香穂には師匠が特別に2名つき、その代わり普通の人の半分の時間で仕事をおぼえることを言われたそうです。飛び上がって喜ぶ彼女。(私だったらすごくプレッシャーで落ち込みそう)さらに、定期的にA監督も入ってきて、香穂の指導にも当たってくれるそうだ。香穂、手が震えるくらい嬉しかったそうです。監督に直々になにかを教えてもらえるなんて、こんなにありがたいことはないと思ったそうだ。

リクルーターの人が、社内をまわってツアーをしてくれて、途中から同じ制作チームの1人も一緒にまわってくれて、チーム全員に会えたそう。みんな忙しいのに、申し訳ない。

それで、最後に、制作チーム1名の人とリクルーターの人が

あなたのボスを紹介するわ。会ったら驚くわよ。すごい人よ。さて、行くわよ。

と言われて、個室の大きな扉を押してあけたら、なんと中でBさんが立っていた。Bさんが

香穂、おめでとう。よくここまで上り詰めたね。頑張ったね。

と言われた途端、涙がでるかと思うくらい震えたそうだ。人間って感動すると本当に震えるんだね。と言っておりました。香穂は

ありがとうございます。頑張ります。

というのが精一杯だったそう。

リクルーターも制作メンバーもすごくびっくりして、

えっ??なんで??なんで??どうして香穂は彼を知ってるの?

と大騒ぎ。いろいろ話して

へっーーー!!そんなことってあるのね。

とみんな感動していたそうです。すごいわねー、ご縁だわねー。ということで、挨拶回りは終了。

さて、今から家探し、引っ越しなどが行われますが、渡のほうの事務仕事もお姉ちゃんがいなくなるので、いろいろな煩雑な手続きが必要になります。これはこれで大変で、寝る時間もないくらい忙しくなる彼女です。いろいろ引っ越しとかも手伝うねー。頑張ってねー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170909

2017-09-08

[]香穂の内定報告に大学院の指導教官の嬉しい反応 00:29 香穂の内定報告に大学院の指導教官の嬉しい反応を含むブックマーク

香穂が第一希望の映画製作会社から内定がきたので、大学院の指導教官に報告してきました。

この指導教官はむちゃくちゃ厳しいことで有名で、他の学生は結構怖がっています。バシバシと物事を言ってくるし、ダメな時はボロカスに言ってきます。香穂はこの指導教官が大好きで、ひとつのプロジェクトではまだ一緒にやっておりました。

確かにあの先生は、すごく厳しいけど、言うことはいつも的を得ているし、的確なんだよね。自分で伸びる感じがして大好きだわ。

と話しておりました。

香穂はメールでも連絡はしたのですが、今回は、プロジェクトから抜けてしまうこともあり、直々に御あいさつ。

香穂が来ることは知っていたので、彼女が大好きなドーナツを大量に買い込んでプロジェクトのみんなとお祝いしてくれたそうです。

最後に先生と二人になって、香穂が挨拶をしたら、いつも厳しく絶対に泣かないと思われたこの男性教授が泣いたそうです。

香穂のほうが驚いたみたいだけど、やっと彼女の中で

あぁ、受かったんだな。

と実感したそうです。いい先生に会えてよかったと言っておりました。よかったねー。

よっちゃんよっちゃん 2017/09/10 00:21 香穂さん、就職内定おめでとうございます!!

厳しい指導教官の先生が感極まるほど素晴らしい学生さんだったのですね。

香穂さんなら、人の心を動かすような素敵な映画を、きっと沢山作っていくことでしょう。

これから映画を見るときにエンドロールをチェックするのが楽しみです。

kuboyumikuboyumi 2017/09/10 06:39 よっちゃんさん。ありがとうございます。香穂は素晴らしい生徒というより、ずば抜けてうまいわけでもなく、とりあえずがんばる...みたいな生徒だったので、先生もどうなるのだろうか?と心配していたのだと思います。1本の映画を作るのに、4−5年かかるそうです。あと4年後くらいに、香穂の名前がでるかと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170908

2017-09-06

[]ロサンジェルスに向かう私たち。 00:00 ロサンジェルスに向かう私たち。を含むブックマーク

香穂とロサンジェルスに行ってきました。女二人旅というのは、やはり、遠足みたいで楽しい。こんなにゆっくり娘と話したことってあるだろうか??いつも渡のことばかりで、今回はしっかりと香穂自身のことなどを話せました。二人で遠足みたいだねーと笑っておりました。香穂の案内で、彼女が働く街を見せてもらいました。

もう街全体が映画の街で、古くは「風と共にさりぬ」「グリース」などが撮影された街です。あちこちに映画の撮影用のカメラのマークがあります。ここ数年の映画では、

マネーゲーム」などが撮影されていて、枚挙にいとまがないくらいの映画撮影量です。どうも街の半分はロサンジェルス群に含まれていないので、撮影許可が簡単な模様。私がこの街のホテルを通りががった時も大掛かりな撮影セットが。

f:id:kuboyumi:20170909141738j:image

市役所はこんなにおしゃれ。

f:id:kuboyumi:20170909153328j:image

入ると正面には、大阪にある都市から贈呈された神輿という説明のあるものが..。

f:id:kuboyumi:20170909142057j:image

いや、これ、太鼓台では?

お昼はイタリアンになり、

f:id:kuboyumi:20170909153251j:image

あまりにおいしさに、感動。さらに30種類くらいあるジェラードからデーザートを選ぶ。

f:id:kuboyumi:20170909153309j:image

至福...。

娘が会社へ挨拶回りをしている間、母はどんどん街を探索しまくる。俳優たちが撮影中に泊まるマンションを見学したり、風と共にさりぬやオズの魔法使いの俳優たちが泊まったホテルを見学したり。ロスのトレジョにしか売ってないエコバックを買ったり。

f:id:kuboyumi:20170909153730j:image

香穂は挨拶回りが終わったら、事務手続きで提出書類があるので早めにホテルに帰ってMacに向かいたいということでしたので、夜は、絶対に渡を連れてはいけない韓国の石焼ビビンバのお店でさっさと済ませる私たち。

f:id:kuboyumi:20170909152625j:image

ホテルのアメニティがロキシタンだったので、喜ぶ私たち。

f:id:kuboyumi:20170909141937j:image

行きたかったCirca55にもいけて。大満足。

けど、やはり渡が気になる私たち。1本の電話も入りません。心配になってメッセをしたら、

僕は忙しく懸命に働いていて、さらに猫の世話もして、すごくお金も稼いで、(たがが25セントを数枚)なので、ディズニーのお姫様は僕のことが好き。

と超ご機嫌な返事が...。大量に仕事を任せてきたので、それがよかった模様です。とにかく暇になるとろくなことにならないので。超特急の旅行でしたが、香穂とはゆっくり話せました。

さてあと何年後にこんなにゆっくり話すことができるのでしょうか?10年後くらいかな?

遠足みたいだったねーと帰りの飛行機で話ながら地元空港に降り立ったら、謎の猿。

f:id:kuboyumi:20170909142117j:image

お決まりで、撮影。

あー。楽しかった。さて、残る大きな仕事は、渡にお姉ちゃんがいなくなることをどのように、いつ言うか?を考えないといけません。

たぶん、パニックになるか?無言になって一言も音も発さなくなるかどちらかかな....。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170906

2017-09-04

[]香穂の入社の挨拶回り 22:46 香穂の入社の挨拶回りを含むブックマーク

香穂が明日から入社の挨拶回りでございます。ロサンジェルス方面に行くのですが、香穂の勧めもあって、二人で行こうとなりました。母娘水入らずでホテルに泊まって、旅立ちの前にゆっくりしましょうとのこと。香穂に連れて言ってもらう旅ですね。渡は、プログラムがあるので、お留守番したいというので、そうなりました。香穂が、留守中のスケジュールを作成。家事をするごとに、この袋を開けていいことになっております。

f:id:kuboyumi:20170909144349j:image

中は25セント玉。守銭奴渡は、これがいいらしい。

もしもの時にいただける周りのお友達の支援を万全にして、留守中に猫の面倒も渡がみることになりました!チャレンジな渡。頑張れ!!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170904

2017-09-03

[]香穂に吉報! 22:36 香穂に吉報!を含むブックマーク

9月1日に香穂へEmailで連絡があって、一番行きたかった映画の作成会社から採用のお知らせが。

それから一気に電話で打ち合わせがあり、どんどんことが前に進みました。

さて、これからが大変です。

渡にお姉ちゃんが居なくなることをどのように話すか?香穂と渡は、あまりにも仲良しで、渡はお姉ちゃんがいなくなると一気に凹みそうだからです。さらに香穂の挨拶回りはどうするのか?引っ越しは?家探しは?等々、しないといけないことが山積みです。勤務は9月中旬から。時間がない!!

さてさて一気にバタバタとしそうです!香穂もお世話になった人に一気にお礼状を書き始めています。みなさん、喜んでいただけて嬉しいかぎり。まだまだ絵も未熟だし、人間的にも未熟なのだけど、周りの人たちのサポートでここまで来れたという感じです。面接の時も絵が一番うまいとかではないので、

もし、絵は他の人たちの方がうまいみたいなことを言われたら、「ということは、私が一番伸び代が大きわけですね!」と言えばいい。

とどこまでも楽観主義の私は、香穂にそのように話しておりましたが、なんとか、大きな伸び代を認めていただけた模様です。

さて、母も旅立ちの準備を頑張るぞー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170903

2017-09-02

[]停電になった時の自閉症の渡を描いた絵が笑った。 22:24 停電になった時の自閉症の渡を描いた絵が笑った。を含むブックマーク

ここのところの熱波で、停電になったのですが、停電になった時の渡の顔があまりに笑えたので、お姉ちゃんがさささっーと絵にしてしまった。

f:id:kuboyumi:20170909141638j:image

笑う....。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170902
Voice4u