ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自閉症 渡の宝箱 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-10-18

[]口頭でのお話が苦手な渡が盛り上がるお話とは? 22:13 口頭でのお話が苦手な渡が盛り上がるお話とは?を含むブックマーク

口頭でのお話が苦手な渡のスピーチセラピー(言語療法)。今日は同じ年齢くらいの同じ自閉症の人と会話をするというセッションでした。けど、どちらも超会話が苦手なので、そんな2人がどうやって会話を成立させるんだ?と思ったら、相手の人もディズニーのお姫様命で、渡が「僕は美女と野獣の美女と結婚するけど、君は?」と質問して、速攻で相手が「アリエル」とか言ったらしく、そこからずーっと2人で、お姫様談義だったそうだ。1時間弱、喋り捲ったらしい。いつもは10秒話せたらいいのにね。やっぱりモチベーションとかわいい女の子の力はすごいわ。けどね、言っておくが、お姫様は、結婚はしないからね。お姫様なんだからさ。だけど渡、とりあえず、がんばれ!何かの報いはあるかもしれない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171018

2017-10-15

[]自閉症の渡が、仕事を生み出す力が半端ない件 00:37 自閉症の渡が、仕事を生み出す力が半端ない件を含むブックマーク

渡が家の中でどんどん仕事を見つけて、仕事を作り出して、数セント(最初は$単位で交渉、母にマジギレされて、どんどん価格を下げる方法。)を要求してくる問題。渡の大福帳をこっそりチェックしたら、4ヶ月前と今月では、収入が40%も上がっている。すごい...。越後屋もびっくりだわー。けど、どうりでよく働くと思ったわ...。仕事を作り出す力があるって強いなぁ。

Noriyuki KimbaraNoriyuki Kimbara 2017/10/17 05:20 「仕事を作り出す力」、僕も欲しいですね。家族に言わせてみれば、どちらかというと、僕は「仕事を増やす存在」みたいです…、とほほ。僕は、姪っ子たちにお年玉をあげるために、年末に我が家の自家用車の車内清掃の仕事をして稼いでいます。(肝心の料金の交渉が難しくて、難しくて…。)…それは、さておき、障がいがある身で働き始めるのなら、まずは「家庭内アルバイト」が安心ですね。まず、一番の安心の要素は、ビジネスの相手が家族なので、障がいの特性などは、すでに知られていますし。渡さんのように、僕も家事の中に、いろいろ仕事を探せると我が家でも家族も喜んでくれるでしょうし、ついでに自分も懐が温まると思いました。あと、家族を相手にして、物事の交渉の仕方(「報酬、ハズんでちょ」とか「この仕事やりたい、僕やります!」とか。)の練習が出来ますよね。家庭内は、そういったことの良い練習場所だと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171015

2017-10-12

[]アメリカの人たちの緊急時の対応で、驚くことがよくあるという話 15:16 アメリカの人たちの緊急時の対応で、驚くことがよくあるという話を含むブックマーク

さて昨日の北カリフォルニアの大火事ですが、行方不明者が200人近くいるという話も流れてきています。160km離れているサンノゼも今日も空気は煙たくて、渡も朝から咳をしたりで大変でございます。どこに行っても火事の話です。うちの会社の前のオフィスには、Gymがあり、マッチョのお兄さんが忙しく働いております。そのお兄さんはきのう

僕さー、Napaのほうにボランティアに行ってくるから、よろしくねー。

というなんだか、まるで普通に学校に登校するような感じで、行くって言っております。毎日100kg超えのバーベルをあげてそうなマッチョのお兄さん。被災地にいけば、それは、それはお役に立つのでは?と思い、無理しないで頑張ってねー!!という感じで見送ります。

他には、マスクを被災地で無料配布する会社や、炊き出しをする人たち、様々は形で支援が行われ始めました。

私も何をするかなーと考えておりましたが、私のようなものが現地に行くわけにも行かず、まずは喘息の我が息子が周りに迷惑をかけないように、健康を維持することが一番の勤めなのかなと思ったり...。病院も満員でしょうし。

他には、一番早くできることは寄付ですので、どこに寄付するか?といろいろ見ていたのですが、東日本大震災の時のように、すぐに配布されないようなことが一部であったので、そんなところには寄付にしたくありません。

そうしたら、友達が

Yumi, これ、あんた興味あるんじゃね?

みたいなメールを転送してくれました。このリンクの事です。→K&L Wine

なにか?というと、このお店は様々な珍しいワインを取り揃えているお店で、そこの従業員の人たちがたくさんの人たちと話して、自分たちはなにができる?と考えたそです。それで自分たちのセラーから価値のあるワインやウィスキーを掘り出したので、それを抽選で当たった人に渡します。そのワインを当てたい人は、抽選券を$10で買ってください。抽選券は好きなだけ買えます。そうすれば、私たちが集まったお金を全額寄付します。とのこと。火曜日締め切りで水曜日に渡しますと。動きが早い!すごいわー。

今回の被災地は世界的に有名なワインの産地ですから、このお店にわたせば間違いなくすぐに被災した人たちの手に寄付したお金などは渡りそうです。渡すところも明確に記載されているし。

まぁ、よくこんなことを思いつくなぁ...すごいなぁ...ということを感じました。

きたメールはこんな感じの内容でした。

We, along with many others, have been thinking nonstop about family, friends, colleagues, and everyone else being hit unbelievably hard by the fires in North Bay. Sonoma and Napa have been the backbone of K&L for decades, so to see these lives upended so quickly has been heartbreaking. It will take years for families and businesses to rebuild and help is very much needed. After talking about ways to help, we thought it would be a great idea to dig into our cellars to find some treasures and set up a raffle for incredible and rare bottles with 100% of the proceeds to organizations directly helping the affected areas:

Napa Valley Community Disaster Relief Fund

Redwood Empire Food Bank Sonoma County Fire Relief

Redwood Credit Union Fire Relief Fund

All raffle proceeds will be split evenly between the orginizations. There are no limits on raffle tickets purchased. Raffle tickets can be purchased through midnight next Tuesday October 17th, and the winner will be drawn Wednesday morning.

さてさて、買うぞ!チケット。

Noriyuki KimbaraNoriyuki Kimbara 2017/10/13 18:37 被災地域と関わりが深い企業が募金の窓口となって、募金の取りまとめ役を担うということですね。
「なるほど!さすが、アメリカ、すごいなー!!」と思いました。
こういった大胆な発想は、とてもカッコいいですね!!
カッコいいだけではなく、とても理にかなっていて、寄付文化が根付いているアメリカならではの発想だと思いました。被災地域にブドウの一大産地が含まれているということなので、可能な限り早く葡萄農場の回復がなされることを祈ります。農場があっての農業、農業が有っての「食(しょく)」なので。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171012

2017-10-11

[]カリフォルニアの北西部の山火事 21:25 カリフォルニアの北西部の山火事を含むブックマーク

8日から起きたカリフォルニア州北部のナパやサンタロサ周辺の一体の山火事ですが、我が家から大体160km離れています。けど、我が家からも会社からも煙臭くて、近くの山々はもう見えなくなりました。

f:id:kuboyumi:20171012131354j:image

なるべく家から出ないようにというお達しもでました。

160kmというと、どれくらいの距離か?というと、新大阪駅から名古屋まで車で走ると170kmくらいです。大阪の火事の煙と匂いが名古屋にきて、名古屋の人たちが大阪の火事のおかげで山々が見えない感じでしょうか。東大阪から名古屋が大体160kmです。

今回のこの火災では、今朝で88000エーカーが燃えたということでしたが、エーカーで言われると、どれくらい燃えたかというこがわかりにくいと思いますが、大阪基準で甲子園球場9131個分が燃えました。まだ火は収まる感じではないようです。

喘息を持ちのお子さんを育ててる親御さんたちには、この空気の汚染度合いを観れるサイトがありますので、ご参照ください。

わがやも息子が喘息です。セラピーが中止になりました。明日が学校がお休みと言うとこも出てきました。

https://airnow.gov/index.cfm?action=airnow.local_city&zipcode=94105&submit=Go

とにかくこれ以上、被害が広がらないことを早く鎮火してくれることを祈るばかりでございます。

私たちの住む場所の周りの場所のお天気予報をみるとスタンフォード大学があるStanford.

f:id:kuboyumi:20171012131215p:image

天気は、煙です。天気「煙」ってどれだけ霞んでいるかよくわかるかと。金曜日までは続きそうです。

Noriyuki KimbaraNoriyuki Kimbara 2017/10/13 05:36 こんばんは。
山火事の件、記事を拝読して、規模の大きさに驚きました。
日本国内の距離で例えておられて、
「大阪と名古屋って、ほとんど目と鼻の先の距離じゃないか」
とヒヤリとしました(ちなみに、僕は愛知県民です)。
発達障がいがある身としては(プラス、服薬をしている身としては)、こういった不測の事態の時に
「もしも、身近で災害が起こったらお薬や治療を受けているどころではなくなる…」
などと、けっこう不安になります(なにせ、イレギュラーな出来事にめっぽう弱いので…。)

山火事の被害が広がらないことを祈りつつ、日本から一刻も早い鎮火を祈っております。

kuboyumikuboyumi 2017/10/13 07:21 あっ、そうですね。不安になりますよね。ここに住む身としては、どんどんと周りがものすごい勢いで、募金が集められています。個人レベルで集める人もいれば、ボランティアに行かれる人もいます。明日のブログにも書きますが、みなさん、いろいろな工夫をされて、助けようとしています。こういうところはアメリカの人の底力を感じます。それをみていると、悲しいことだけど、みんなで力で合わせればどうにか乗り切れれるんじゃないか、とまで思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171011

2017-10-05

[][]障がい者啓発デー 21:55 障がい者啓発デーを含むブックマーク

本日は障害者啓発デーということで、渡もバンドに参加。

f:id:kuboyumi:20171007125052j:image

多くの人が集まって、私が大好きなクラムチャウダーのお店も来ておりました。

f:id:kuboyumi:20171007135115j:image

なかなか歌はうまくならあい渡ですが、もうちょっと練習してほしいなと願う母でございました。

Noriyuki KimbaraNoriyuki Kimbara 2017/10/07 06:59 こんばんは。
障がい者啓発デーという日があることを初めて知りました。
「僕は、障がいがあるんです。」
と、カミングアウトするには、結構な勇気がいります。そして、自分自身の勇気と同じくらい大切だと思うのが、自分を受け入れてくださる場所がある(障がいへの理解の素地がある、という意味で)ということです。話は少し私事に変わりますが、最近、必要に迫られて、支援者の方々以外の一般の方に自らの発達障がいについてカミングアウトして、少々ツラい思いをしました。でも、障がいのある方がいるという啓発の日があるということは、ありがたいことだと思います。当事者だけが声を上げていてもなかなか変化しない部分も、国や世界といった規模で啓発活動に取り組んでいただけることで、何かを、どこかを変えていけるような気がします。少しずつでも、もちろん、発達障がいだけではなく、障がい者啓発デーなどの活動を通して、さまざまな障がいの啓発活動が進んでいけば、世界はより良い場所になっていくと思います。よりカミングアウトがしやすくなり、障がいに対する世の中の理解の素地が育まれていくことを願うばかりです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171005

2017-10-02

[][]お留守番中の渡 20:49 お留守番中の渡を含むブックマーク

お姉ちゃんの画材を運んでいる間、お留守番していた渡ですが、どうやってお留守番していたかというと、スケジュールが張り出され。我が家の合言葉

"Keep Busy"

で、どんどんとスケジュールがこなされていきます。とくにお仕事をした時はこの紙の中にあるお小遣いがもらえます。守銭奴渡としては、このお小遣いをもれなくひとつづづもらってお姉ちゃんと一緒にディズニーランドに行く時の資金にせねばいけないわけで。

f:id:kuboyumi:20171007123419j:image

仕事が終わるたびにメッセが送られてきて、送ってから開封していいことになっているので、マメにメッセがやってきます。時間通り。お友達が見てくれているのですが、

何もすることないよー。すごく自立してるよー。そこいらの学生よりよく働いているかも。

と報告が。贔屓目にみてくださっているのですが、問題はなさそうで、ほっとしております。

よかったー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171002

2017-10-01

[]香穂のお誕生日祝いと住んでいる街の観光 20:20 香穂のお誕生日祝いと住んでいる街の観光を含むブックマーク

さてさて、朝から香穂に連れて行ってもらって街の観光。映画の街だけあって、いろいろな映画にまつわるものがあります。

オズの魔法使いの撮影の時にジュディ・ガーランが泊まっていたホテルなどを見せてもらいます。他にも風とともに去ぬのヴィヴィアン・リーも泊まっていたそうです。

f:id:kuboyumi:20171005085619j:image

いまだに映画の撮影時には、俳優女優が泊まったり、このホテルは歴史的建造物に指定されているので、ここで撮影することもよくあるようです。ホテルの創業者と写真を撮ってみたり。

f:id:kuboyumi:20171005085536j:image

オズのまほうつかいの臆病なライオンと勇気を出して踊ってみたり。

f:id:kuboyumi:20171005085737j:image

f:id:kuboyumi:20171005085659j:image

たぶん、ここのコーヒーがここ10年の間に飲んだコーヒーの中で一番おいしいかと。

f:id:kuboyumi:20171005085640j:image

どれくらい味に開きがあるのかとスタバと飲み比べ。

f:id:kuboyumi:20171007114134j:image

全く違う飲み物だわー、というくらいでした。

午後からは、香穂の新居に必要なものを買い集めておりました。夕飯は、香穂の誕生日ということもあり、香穂のチョイスで、まだ開いて1週間目のイタリア料理のお店へ→Luciana Cucina Italiana

まずは、オードブルセット

f:id:kuboyumi:20171006045126j:image

今まで食べていたサラミと生ハムはなんだったの?という感じです、しっとり感すごい。ブルーチーズも青カビ部分が非常に味にインパクトがあって、頼んでしまったボトルの赤ワインのプリミティーヴォにむちゃくちゃ合う。

f:id:kuboyumi:20171006045134j:image

となりにあるバルサミコ酢は店長の親族がイタリアでバルサミコをつくっているそうで、その取り寄せだそうです。ここでしか手に入らないわけです。むちゃくちゃ美味しい。

もともとカリフォルニアのジンファンデル命の私としては、この組み合わせ大好きです。

手打ちのパスタも多すぎず、茹で方も完璧。

f:id:kuboyumi:20171006045139j:image

デザートもいただきました。

f:id:kuboyumi:20171007121812j:image

店長の奥さんは台湾からいらした若い女性でした。非常によく気がつく人で、食べていて、非常に心地がいいサービスでございました。

ただひとつ、この店の欠点は駐車場が非常に小さいこと。近くの止める場所をあらかじめ見つけておくか、近所に止めてUberで向かうのが吉。

あっ!忘れてた!!ちょっと早いけど、香穂、お誕生日おめでとう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171001

2017-09-30

[]お姉ちゃんの配慮と美味しいご飯 19:28 お姉ちゃんの配慮と美味しいご飯を含むブックマーク

さて、到着した日に香穂が連れて行ってくれたお店。

f:id:kuboyumi:20171005085416j:image

いやーこれ、Paso Roblesというサンフランシスコとロサンジェルスの真ん中くらいにある町のビール屋さんです。

見つけた頃はオンボロの小屋でビールのテースティングをやっていたのですが、私は大のお気に入りに。あれよあれよという間にレストランが開き、ビールはどんどん小売店でも近辺のバーでも飲めるようになりました。とりあえず、試飲して飲みまくるビールを決めます。

f:id:kuboyumi:20171005085437j:image

結構好きなものが多くて、迷いましたが、決定してどんどん飲み進めて行く私。帰りは娘が運転してくれるので、安心安心。しっかりとハンバーガーもいただきました。

f:id:kuboyumi:20171005085519j:image

明日は、町の観光に連れて言ってくれるそうです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170930

2017-09-29

[]お姉ちゃんの本格的な引っ越し 19:20 お姉ちゃんの本格的な引っ越しを含むブックマーク

香穂は、希望のアパートが満室で入居できる日まで仮住まいをしておりました。月曜日にやっと本格的に引っ越ししました。

私は今日は朝早くから起きて車で彼女の画材をロサンジェルスまで運びます。画材は日本の方がいいらしく、日本に行った時に購入したりネットで頼んだりしながら、少しづつ集めていたのが、引き出し一杯になりました。絵を描くのが苦手な私は、何が必要で何が必要じゃないのか?などは全然解らないので、とりあえず引き出しごと持って行くことを説明。

普通の女の子の部屋の引き出しっていうのは、一番上に着るものはおしゃれ関係の物が入っているのですが、娘は引き出しの一番上は、ペンや消しゴム、筆や色鉛筆等々の画材ばかり…..。それ以外には、新生活のスタートで全てが1から必要な娘のために日用雑貨やキッチンペーパーや洗剤等々、買うと意外にお金が必要だったりするので、どんどんと詰め込んで持参です。

母のことを見越していた娘。「あまり車に入れないでねー。」と言いながらも嬉しそうです。

我が家から娘の家まで大体、東京ー大阪よりもちょっと遠い感じの距離。

母は必死で運転していたのですが、ここのところカリフォルニアは、最近乾燥しすぎで、火事がおおいのですが、私が走っていた高速道路もどうも中央分離帯のところに誰かがタバコのポイ捨てをしたらしく、大量の草が燃えておりました。本来なら通行禁止にしていい感じですが、私が通る時は、まだ通過O.Kになっていて、煙だらけの中、火の中を潜るようになって走ったところもありました。怖すぎる…。

そんなこんなでなんとか到着。香穂が私のために、好きそうなお店をいろいろさがしてくれていました。この話はまた明日。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170929

2017-09-23

[] 渡と骨休めと自閉症の子育ての喜び。 14:21   渡と骨休めと自閉症の子育ての喜び。を含むブックマーク

お姉ちゃんが就職で旅立ち、夏休みもあまりどこにもいけなかった渡。ということで、近場のホテルで2人でまったり。泳ぎたかったけど、泳げなかったプールと暖かいジャグジー。貸切でございます。

f:id:kuboyumi:20170928055556j:image

どうみても顔がオヤジ。

f:id:kuboyumi:20170928055535j:image

夜は二人で、ご飯を食べてゆっくり。渡もプールでどっぷり疲れて、大好きなものをお腹いっぱい食べて、まったり状態です。

ちょっと嬉しかったのは、次の日の朝。ホテルのバフェでのことです。

渡は大好きな種類のシリアルがあったので、大喜び。私は、大好きなオートミールがあったので、二人でアメリカーンな朝ご飯。どちらもミルクをかけて食べるのだけど、ここのホテルの朝ご飯のミルクは、牛乳が180mlのパックに入っている。普通はおおきな入れ物にいれてあって必要なだけ注げばいいのだけど..。

渡は、牛乳を半分くらいシリアルにかけたのですが、私もオートミールに半分くらいの牛乳が欲しい。新しく開けるのはもったいないし。渡のミルクを半分分けてって、言おうかな。けど、渡は自分で飲むって言うかな?分けるのは嫌がるかな?と、ふと考えてたら、すぐに私の顔をみて、私もミルクが必要だとわかったらしく、自分のミルクの半分を私のところについで、にっこり笑ってくれました。これが、すごく自然で..。

普通の家庭で子育てをしているとこれはちょっと嬉しいことなのですが、渡の場合は違います。自閉症というのは、他者の困っていること自体もわかりにくいし、解決策を見つけるのもあまりうまくありません。”察する”ということが苦手なんですね。私もオートミールなんてホテルに泊まった時にしか食べないし。よくぞ気がついてくれた。

私がなにも言ってないし、なにもしてないのに、

あぁ。ママもミルクが欲しいんだな。

と察して、ミルクを分けて私のオートミールにかけてくれた。たったこれだけのことです。普通のお母さんだったら、

ありがとうで、終わるところですね。けど、

いやー成長したし、気がきくなぁ...と、こんなことでもむちゃくちゃ嬉しくて涙ぐめるのはやはり自閉症の子供を育てたから。

心のそこから親バカだけど、こんなことで涙ぐめて感動できるっていいなぁ....。朝からいい1日のスタートだなぁ。

Noriyuki KimbaraNoriyuki Kimbara 2017/09/28 01:54 記事を読んでいて、
「あぁ、そういえば…、ウチの場合は…」
と思うところがありました。
僕の場合は、食べ物のシェア(とくにポテトチップスなどのお菓子)が家族とさえ上手くできません。
「あなた、ちょっと食べ過ぎじゃない?」
家族にチクっと一言、たいてい言われちゃいます。
「どれくらいの分量を自分が食べていいのか?」
まず、僕にはわかりません。
そこで、解決策としては、自分の分をお皿に分けてもらうことにしています。
外出先で、人様とシェアする場合は、
「そこそこ割り勘負けして、そこそこ食い負ける」
ように気を付けています。(食べ物の恨みは怖い、と聞くので。)
わが家でも僕が食べ物のシェアが出来るようになれば、
家族が大喜びしてくれるかもしれないな、と思いました。

kuboyumikuboyumi 2017/09/28 06:56 あぁー。うちもそれは子供の頃からそうでした。なので、小さい一人用のチップスの袋で食べるとか。そうしてました。今もお皿はわけますし。渡の場合は重度の知的なおくれもありますので、常に「一人何個まで」と話します。ただ液体の飲み物のシェアって難しいですよね。だから余計に驚きました。そうですね、のりさんが、家族に食べ物をシェアして「お母さん、お腹減ってるでしょう?僕のも食べる?」とかいうと、喜ぶかもです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170923

2017-09-20

[][]お姉ちゃんの功績。自閉症の渡が覚えた家事。 18:49 お姉ちゃんの功績。自閉症の渡が覚えた家事。を含むブックマーク

渡はプログラムから帰ってくると少し時間があり、その時間と夜の時間で大量の家事をこなします。

なにもリマインドしなくても、どんどん出来る様になって来ました。

まずは我が家は全室板張りなので、スワーファーで丁寧に磨いて行く。それから、猫の砂を綺麗にして、水の入れ物を綺麗に洗って水を替えます。

他には、

郵便を取りに行ったり、洗濯機を回したり、乾燥機をかけたり、お風呂を磨いて、食器や鍋など食洗機や手で洗ったものを全て元の位置に戻す、庭の水やりとかもやってくれます。結構多忙な渡。

香穂が卒業後の間、必死で教えた家事でした。

渡はこの中でも大変な家事は、お小遣いをもらえるのですが、それも数セント。けど、お姉ちゃんが教えてくれた通りに、お金を貯めてお姉ちゃんに会いにいくらしい。母は随分楽させてもらっております。数セントでも侮るなかれ。もうおねえちゃんのところにいく片道の飛行機代は出そうです...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170920

2017-09-19

[]渡の自制心 07:05 渡の自制心を含むブックマーク

お姉ちゃんが月曜日から南の方に行ってしまったので、いろいろなメッセージを携帯から送りたい渡。勤務中の新人として働くお姉ちゃんの携帯の音がなるのはよろしくないので、私との約束で

朝7時から夜7時までは、お姉ちゃんにメッセを送ることは禁止。お仕事中だから。

としてあります。

そうなると夕方6時くらいから、そわそわし始める渡。6時50分には携帯を握りしめ、送りたいメッセージを打ち込む。どんなメッセージかというと、

僕は猫のトイレ用の砂を綺麗にした。床はスワイファーで全て磨いた。野菜を食べた。人参ジュースを飲んだ。庭の水やりをした。洗濯ものは綺麗にした。洗った食器は全て食器棚に片付けた。

などなど。褒めてもらえるであろうことを全て列挙。この中には、

コンサートで歌う歌の練習をあれだけいわれたけど、やっていない。くもんの英語はお姉ちゃんがいなくなったので、サボっている。昼休みに食べると決めている野菜は今日はスキップした。

などなど都合の悪いことは絶対に伝えない。

7時へと分針が動くと、一気に用意していたメッセを送り始める。

お姉ちゃんからたっぷり褒めてもらって、ディズニーランドでお姫様と写した写真をメッセで送ってもらって、大喜び。

香穂からは私に速攻で

渡からメッセ来たけど、今日できなかったことは何?

とのこと。

よくご存知で。しっかり私から今日サボッたことをチクられて、お姉ちゃんからも

よくできたけど、コンサートで歌う曲は練習しようね。英語もやってね。

などと言われて、慌てて歌い出す。私がちくってるとはおもわなくて、やっぱりお姉ちゃんにバレたとしか思っていない。お姉ちゃんの遠距離生活もなかなかいいかもと思う今日この頃。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170919

2017-09-18

[]お姉ちゃんの初出勤と渡のオヤジ化 00:10 お姉ちゃんの初出勤と渡のオヤジ化を含むブックマーク

香穂、ついに初出勤の日です。遅刻が大嫌いな彼女は、朝早くから会社に向かっているだろうなと思い、渡にも

「朝から夕方7時までは、おねえちゃんにテキストは禁止」と重々言いつけました。

私は帰宅後、早朝からどんどん新しい案件がメールで入りまくり、次々に対応していっておりました。夕方渡をバンドの練習につれていき、やっとご飯!と思っていたらHooter'sの前を通ったのが間違いだったかも。

どうしても行きたいという渡のリクエストに答えて、久しぶりに足を踏み入れた。

おりました、おりました。渡の好みの女の子が私たちのテーブル担当。なぜかこういう時だけ強運な渡。

注文を自分でいい、女の子が注文を書き留めて立ち去って行ったら渡が「にたっ」とオヤジ顔の笑み。注文終わった後にそんなににやけなくても...。さらに、写真を一緒に撮ってくださいとお願いする。

f:id:kuboyumi:20170919111815j:image

すっかりオヤジ化の渡。

嬉しいそうです。お姉ちゃんがいなくなった寂しさはまったくない感じの渡でした。

肝心の香穂のほうですが、仕事がおわって連絡が入って

すっごい面白い!!緊張するけど、最高!

とのこと。今日はアメリカの会社らしく、法的、事務的な手続きが終わり、建物を移動してチームに加わってきたそうです。数日後には、即戦力としてもうすぐに働き始めるるらしく、ウキウキの彼女。狙ったポジションにつけていいなー。配属がどこになるかわからないというのでなくて、最初から、「このポジションで働くために入ります!」と決めれるアメリカの働き方は彼女には、合うだろうなと思っておりました。

母はしっかり残業になりましたが、我が家はみんなが好きな仕事をできていて、ありがたいなーと思った夜でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170918

2017-09-17

[]無事帰宅。 23:54 無事帰宅。を含むブックマーク

香穂の車を送り届けて、私は飛行機に搭乗。チェックインした途端に、なんだか、いままでの子育ての疲れがどっと出ました。とりあえず、旅立ってくれたわけで...。機内に乗り込んだら、飛行機のエンジン音が苦手な私は、すぐにイヤフォンを装着。なんでもいいから、聞いてしまえと思ったらなんと、突然

「平井堅」

がかかった。なんだか、ホッとしすぎて、さらに疲れがどっとでた。けど、地元の空港に飛行機が降りる瞬間、

あぁ、そうだ、まだ家にもう一人いる!

と思ったら俄然、力が湧いて来た。明るく帰って来たら、床は綺麗に拭かれていて、猫も元気で猫の餌箱もお手洗いも綺麗。おぉぉー渡、頑張ったねー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170917

2017-09-16

[]自閉症の渡のお留守番とまずいワッフルと。 20:35 自閉症の渡のお留守番とまずいワッフルと。を含むブックマーク

さて、本日は、香穂の家探し。ホテルの朝ご飯をいただきます。

ホテルのコック見習いみたいな人がワッフルを焼いてくれました。

f:id:kuboyumi:20170917091058j:image

これ、機械で焼くのですが、穴があいてるし、中はふわっと外はカリっと焼いてほしいのですが、まったくダメダメです。実は、渡がこのワッフルを焼くのが非常にうまく、いつも自分でワッフルを焼けるホテルに泊まってほしいと頼まれます。そこで香穂や私の分を大量に焼いてくれるのですが、焼き加減がうまくて美味しい。

あぁ....。渡のワッフルが懐かしいねぇと香穂と二人で話しておりました。母の私が自閉症の息子のワッフルを懐かしむ日がくるとは思っていなかった...。普通は逆で、「おふくろの味」が懐かしくなると思うのですが...。

アパートは治安の検討が難しく、結局、会社まで車で10分くらいの渡が来ても十分楽しめそうな場所になりました。敷地内に大きなプールが3つもあって、室内ジャグジー、サウナもついて、庭と川があってと母としては安心です。彼女も庭で絵を書いたりできそうで、非常に気に入った模様。

それでも待ちリストが多くあり、審査が厳しく、通るか?とおもっていたのですが、大量の書類を提出してなんとか通りそうという感じでした。

家探しをしている間にも会社から書類がどんどん送られて来て、初日に会社の弁護士にあって、それからオリエンテーションがあってという感じです。

どんどんと事務仕事をこなして、家のほうも契約書の注意するところなどを分担して読み、契約を進めていきます。

LAの賃貸の中には、保証人を立てるところもあるので、一緒に行ったのですが、多くのところでは、もう香穂の顔をみて私の顔をみて、社名をきいてすぐに決定みたいな感じのところもありました。

私たちが家探しを奮闘している中、お留守番の渡からはこの仕事は終わった、あの仕事が終わったという家事終了のメッセと写真がきます。それを見ていておもいだしたのが、小学生の頃、担当してくださったカリフォルニア州でTeacher of the year を受賞したシンシア先生は

「とにかく忙しくさせておくこと」といつもおっしゃってましたが、本当にそうだとおもいました。

私と香穂のほうが、美味しいワッフルは食べれなくてなんだかがっかりしていますが、渡はお留守番しながら生き生きしているのがわかります。

私たちは、猫も恋しいし....で渡に

「猫の写真を送ってくれない?」とメールしてみました。

意外に猫の写真を撮影するというのは難しくて、犬みたいにこちらを向いてくれないので、撮影しにくいのですが、渡の撮影した写真はこれ。

f:id:kuboyumi:20170918173558j:image

3匹の中ではいつも渡が「アテナが教えてくれた」とか言って、どうも意思疎通ができているアテナの写真だけは正面から撮れている。

f:id:kuboyumi:20170918173538j:image

ということで、なんだかんだで、結構上手にお留守番できている渡でした。さて!私も明日は帰る準備です。

NoriyukiKimbaraNoriyukiKimbara 2017/10/03 06:20 猫ちゃん、かわいいですね(^ ^)
我が家も猫飼っていますが、真正面から向き合っても目線があいません(*_*)。いろいろ事情があって、今は、ほぼ外猫です(庭の小屋で飼っています)。人とのコミュニケーションにどうしようもないほど疲れた時は、我が家の猫を撫でて気持ちを落ち着かせるようにしてます。猫って、なんだか不思議な魅力がありますよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170916
Voice4u