ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自閉症 渡の宝箱 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-05-23

[][]常に疲れる自閉症の渡の書類とお姉ちゃんパワーのすごさ。 22:52 常に疲れる自閉症の渡の書類とお姉ちゃんパワーのすごさ。を含むブックマーク

今朝は、渡の書類手続きのために朝から政府機関にいってきました。お姉ちゃんも来るようにいわれたので、一緒にいって、

朝から列にならび、

やった提出だ!

と思ったのもつかの間。

窓口の人から、「コピーが要るんだけど。」というので、あわてて、車を飛ばしてコピーを取りにいき、戻って再度列に並ぶ。コピー必要なんて、どこにも書いてなかったよ。と、ちょっとぶーたれる私。

2回目は、一部の書類が

「これ、フォームが古くて、使えねーんだけど….これは無効です。」と言われる。

いやー。そのフォーム。正式サイトからダウンロードしてたんですが???みたいな…。フォームは正しいのがダウンロードできるようにして欲しい。

ところが!!うちの香穂は、なぜか日系のおじーちゃんに優しくされるのです。いろいろたらい回しにされた窓口のひとつに日系人のおじーちゃんが働いていた。その人が、香穂からいろいろ事情を聞いて、書類を丁寧にみてくれた。

そのおかげで、やっと提出にこぎつけることができました。提出だけで、3時間かかりました。

帰り道、私は娘と二人で、

疲れたねー。いやー、渡は手がかかるわー。

と、渡は1ミリも悪くないのに、本人もいないので八つ当たり状態の私。お姉ちゃんは、小さい時から、渡の書類や手続きは、こんなもんだと知っているので、感情的にならないらしい….。

まぁさぁー。渡の関係の書類が簡単にできた!なんてあまり聞いたことがないし、体験したこともないので、いつものことだから、提出できたことだけ喜んでいればいいんじゃないの?

と冷静。

話しながら運転してたら、帰り道で車の中から、子供博物館で機関車トーマスの展示があることを見つけた。

「帰ったら、渡をつれていこうかなー。」と言っておりました。いやー私だったら、今日はもう十分、渡のために時間を使ったから連れて行くという考えにはたどり着かない。疲れたし。

渡は帰ってくるなり、お姉ちゃんの車で電車の駅までつれていってもらって、わざわざ大好きな電車に乗せてもらって、博物館へ。

存分に遊んで帰ってきました。お姉ちゃんパワーすごいわ…。私はただひたすら、待たされ、たらい回しにされて、疲れただけだったのに..。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170523

2017-05-20

[]スプリングショーに向けてホテルに宿泊した娘に感想を聞いて見た。 12:02 スプリングショーに向けてホテルに宿泊した娘に感想を聞いて見た。を含むブックマーク

一昨日は、スプリングショーで深夜になるまで忙しかったので、久しぶりに娘とホテルに泊まった。早朝から、また大学に出かけて行ったのだけど、私と娘の朝の会話。

私:よく眠れた?

娘:あのさー。夜中も独り言を言っていて、よく喋ってたよ。

私:私、何喋ってたの?

娘:あのね、歌ってたんだけど、音痴だから、何を歌ってるか全然わからなかったので、独り言で喋ってた。と言っただけ。

<結論>

音痴は寝ても覚めても音痴。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170520

2017-05-19

[][]香穂の通う芸術大学のスプリングショーに行ってきた!アメリカの大学ってすごい。 18:52 香穂の通う芸術大学のスプリングショーに行ってきた!アメリカの大学ってすごい。を含むブックマーク

香穂の通う大学のスプリングショーに行ってきました。だいたい一つの学科で5名くらいが選ばれて、作品を出す模様。日中は、企業の人がやってきて面接などをしてくれるそう。

娘は3つの作品がでて、一つが大賞、のこる2つが2位でしたが、うち一つは大学の宣伝に使われるそう。

f:id:kuboyumi:20170520140828j:image

一つ目の作品です。これは、ナッツアレルギーの子供がアレルギーの悪者と戦う話。もっとアレルギーを子供たちが、身近に感じられたら.....というものです。アニメーションというのは、一人ではできませんが、このプロジェクト、大学や外部の企業が数年かけてやる大きなプロジェクトになったらしく、一番最初の部分をうけもつストーリーボード担当(ストーリーを関わる人たちに伝える役)の香穂は、大喜びです。こちらが大賞。

f:id:kuboyumi:20170520140909j:image

初期のチームみんなが頑張って力を合わせただけに、感慨ひとしおらしいです。

次の作品は、サンフランシスコジャイアンツの関連のもの。

f:id:kuboyumi:20170520140911j:image

サンフランシスコジャイアンツの野球をもっと小さい子供にも興味を持ってもらうために、野菜たちのキャラクターがくり広げるショート物語。こちらは2位。

最後が、日本に行った時に京都まで撮影&取材に行って仕上げた作品。日本語では、「さゆり」という本になっていますが、その本をベースにしたストーリーボードです。娘としては、これは1年以上前に描いたものなので、まだまだ下手くそだなーと思うらしく、書き直したいくらいだったそうだ。

f:id:kuboyumi:20170520141031j:image

f:id:kuboyumi:20170520141011j:image

まぁ、1年間大学院で学びながら描き続けていて、全く進歩がなければ、そりゃーダメだわな。

という感じでした。

けど、私が香穂の絵を見てる間も多くの人が、真横で香穂の絵を指差して評を話し合っているのですが、もうなんだか、横で聞いてる私のほうが口から心臓が出そうなくらいです。心臓バクバク。

ここの部分がねぇ...。

とか話し出すと、

えっ?あっ?すみません。すぐに娘に言って描き直すように言ってきます!!

と言って絵を取り外して、娘にもっていきたくなるくらい緊張です。

その方が

ここの部分がね.....よく表現できてるよね。僕はこれが好きだな。

と言ってくれた時には、思わず、「本当にありがとうございます」と横から言いそうになった...。親バカ。もうドキドキして、あまり香穂の絵をじっとみていられませんでした。絵よりも、他の人が指差しながら何を言うのだろう?と思うと、思わず、ちらっちらっと隣の人たちの顔を見てしまって...。

この会場は他の学部も一緒に体育館よりもはるかに広いところで展示しているのですが、いやーもうパワーに負けそう。

一つ一つの作品全てに、魂がこもっているので、会場がすごくパワーが溢れてて、押し倒されそうな雰囲気でした。

入り口もレッドカーペットみたいになっていたけど、完全にお遊び気分の私たちは、普段着で走れそうな格好でやってきました。

f:id:kuboyumi:20170520140849j:image

とりあえず、香穂はあと残りのプロジェクトの数個をひきつづき回して、企業と連絡を取り続ける模様です。

なんだか、あまりのパワーに圧倒されて、ヘロヘロになった今日でした。渡は作品よりも可愛いおねえちゃんがいっぱいいたので、すごく楽しかった模様です。←そこかい!!!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170519

2017-05-18

[][]香穂の大学のスプリングショーと渡の休暇 22:58 香穂の大学のスプリングショーと渡の休暇を含むブックマーク

お姉ちゃんの作品がスプリングショーに入った!ということで、見に行ってきました。だいたい学部で5名くらいが選ばれ、香穂は3点の作品が選ばれました。

朝早くサンフランシスコの現地集合で、日中は、いろいろなアニメーション関係の企業の人たちと会うことになっています。朝早くからショーの準備をする上に、夜は深夜に終わるというので、ちょっとそれではその日は帰ってこれないなーということで、ホテル泊まりが決定。ホテルと聞いて、突然耳がダンボになる渡は、僕も一緒にいくということで、朝、香穂を会場に落として、私と渡はホテルへ。

渡はホテルが大好きなので、大喜び。まずはホテルの周りの散策。

f:id:kuboyumi:20170520141218j:image

こんな感じです。遠くに、サンフランシスコのビル街がみえます。

f:id:kuboyumi:20170520141233j:image

お昼ご飯も、レストランから飛行機が見える場所へ。突然、JALが飛んできて、大興奮の渡。

f:id:kuboyumi:20170519075909j:image

ホテルのジャグジーでも遊び、

f:id:kuboyumi:20170520141314j:image

プールでも泳いで、超ご満悦。

ロビーでも泳ぐ鯉たちを見つけて、鯉に名前まで付ける始末。

f:id:kuboyumi:20170519075914j:image

ホテルの方が興奮する渡に配慮してか最上階のコーナー部屋を用意してくださったので、最高に景色がよく、飛行機の離発着が見えます。

f:id:kuboyumi:20170519075918j:image

彼はずっと窓を開けて外にいるので、部屋は、要らんやん!!状態。ベランダから落ちないか?も心配な母。渡は、子供の頃から転んだことも1回くらいしかないので、誰よりも安全ではあるのだけど。。。たぶん、渡の方が、「ママはせっかちだから、落ちないか?」と思っている模様で、私がベランダに出ようとすると、注意しろと言われる。いやー渡にだけは、言われたくない....。

私は部屋で仕事しながら、渡は離発着で楽しみ....

しばらくするとロビーでWelcome Snack&Drinkがあるよーというので、行ってみたら、この通り。

f:id:kuboyumi:20170520141358j:image

困ったなぁ。ここのホテル、これらが全て無料で飲み放題だ....。全部飲めないよ。(←誰も全部飲めとは言ってない。←自分で突っ込んでおきました。)

ところで、ホテルのロビーなどでも最近むちゃくちゃ多くなってきた「性別関係ありません」のトイレのマーク。渡は、初めてみた時はとまどってましたが、最近は普通に理解して自然に利用できるようになってきました。

f:id:kuboyumi:20170519075900j:image

と、遊んでる間に、お姉ちゃんが出ているスプリングショーの一般公開の時間が近づいてきました。ということで、スプリングショーのお話は、明日。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170518

2017-05-17

[]やっぱりアメリカのご飯って相変わらず、えらいことになっているという件。 16:32 やっぱりアメリカのご飯って相変わらず、えらいことになっているという件。を含むブックマーク

最近、カリフォルニアのレストランというか、アメリカ食というか、こちらではダイナーと言われるようなところで食べることが立て続けにありました。

まず、とある日。あまりに忙しくて、朝ごはん、昼ごはんが食べれなくて、お昼ご飯が夕方4時になった日のこと。

入れるところに入ろうと私が好きなチェーン店"Black Bear Diner"というお店に突撃。がっつりと頂きました。まずは、スープ。チキンヌードルスープですが、私はアメリカで体調を崩したり、熱をだして治りかけると、このスープを食べるイメージがあります。日本のうどんに近い感じか?

f:id:kuboyumi:20170519075728j:image

つぎにスコーンにちかいようなカップケーキ。これも美味しく完食。

f:id:kuboyumi:20170519075734j:image

日本で言う焼肉ミックスみたいな、ポークリブとステーキのセット。450g以上のお肉は頂きました。

f:id:kuboyumi:20170519075738j:image

大満足で帰宅。

それから、2時間後。

自宅に帰ったら、あまりに忙しくしている私を気遣って香穂が、私の大好物の魚介類のパスタを作ってくれました。さっき食べたのは、2時間前だったけど、とりあえず、こちらも完食。

f:id:kuboyumi:20170519075750j:image

で、全く関係ないですが、このお皿。私が欲しくて、欲しくてしょうがなかったのですが、数量限定で一番欲しかったドナルドダックが見当たらず買えなかったので残念に思っていたら、なんとひょんなことから見つけて完全な衝動買いで購入したセット。

f:id:kuboyumi:20170519075746j:image

もうクリスマス関係なく、使っている私。ここのお皿にいれると絶品パスタになります。

お腹いっぱいで寝たのですが、次の日は用事があって子供達と一緒に外で朝ごはん。

お店の名前が日本語訳で

「ティファニーで朝食を」というところなのですが...。

f:id:kuboyumi:20170519075754j:image

なんか、違う感じがするこの店構え

f:id:kuboyumi:20170519075758j:image

まずは渡が頼んだホットケーキセット。(アメリカではパンケーキセットですねー。)

日本ではホットケーキセットというと、コーヒーとホットケーキだけだけど..。

f:id:kuboyumi:20170519075810j:image

なぜ、一人前のホットケーキに卵が3つ付いてくるのか?謎。ベーコンも長くて大きい。

オレンジジュースは、しぼりたてのを入れてくださるお店なので、むちゃくちゃおいしい。

f:id:kuboyumi:20170519075802j:image

さらに、スクランブルエッグのセット。サイドについてきた、マフィンパンに挟んでたべると思われるのだけど、まずは挟む具材がマフィンサンドを10個くらい作れるくらいある。

f:id:kuboyumi:20170519075806j:image

私が大好きなエッグベネディクト。今回はマッシュルーム版。

f:id:kuboyumi:20170519075814j:image

いやーなぜ3個???さらに、オランデーズソースが多すぎて、肝心のエッグベネディクトが見えないし...。添えのハッシュブラウンは、じゃがいも何個ぶん?と聞きたくなるくらい入ってるし。

お店の人と一人前の定義について、正座してじっくり語り合いたいお店でした。

けど、私、アメリカに来た時から、この種類のアメリカ食が大好きなんです...。お腹いっぱい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170517

2017-05-16

[]予想しなかったことで、バタバタしておりましたが、収束へとむかっております。 14:43 予想しなかったことで、バタバタしておりましたが、収束へとむかっております。を含むブックマーク

なんだか、全く予想しなかった件がどんどん入ってきて、ばたばたしていたここ1ヶ月ほど。ぼちぼちと収束へ向かって、ほっとしております。

そんな少しづつ自分の時間を取り戻しに向かっている時に、もう10年以上いらしてくださっている三味線の松本 梅頌(ばいしょう)先生が日本からいらしてくださいました。いやー先生とお話するとすごいパワーをいただける。梅頌先生のサイトはこちら、→松本梅頌公式サイト

とにかく、元気でお若い。私の同級生より若いわー。という感じ。

お孫さんがいるとは思えない若さ。

一緒にベイエリアで一番古いワイナリーにいったり、ワインを買いに行ったりして(飲んでばっかじゃん!)楽しい時間を過ごさせていただきました。

子供達も久しぶりにお会いできたので、大はしゃぎです。

楽しかった!

で、別件ですが、娘が先生との食事の時にこんなものを見つけたと言って飲んでおりました。

f:id:kuboyumi:20170519063836j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170516

2017-05-14

[] NAPAのワインファンに朗報! 21:47  NAPAのワインファンに朗報!を含むブックマーク

ナパのワインが好きでよく行かれる方に朗報です。ピノ・ノワールで有名なEtude. リンクはこちらをクリック→Etude

日本での購入はここでできる模様です。こんなラベル。

このEtude。5月の第2週目の週末より、日本人の「さおり」さん、という方が、テースティングルームに入られました。金、土、日、曜日の週末と、月、火曜日勤務でございます。

ワインにも詳しく、日本語でも英語でもお話できます。日本食にあうようなワインなどの相談もできて、非常に嬉しい限り。肉じゃがに合うワインとか、ナパで話せるなんて、素敵。それでもって、私の大好きなワイナリーで働いていただけるなんて、最高。

Etudeは、私はかれこれ20年ほど前に、有名なワインメーカーの方が、ここでピノ・ノワールを作り始めたと聞いて買いに行ったのですが、5年後までのウェイティングリストは満杯....。と聞いて、がっくり。5年間は手に入らないということです。当時、多動だけど車に乗ると機嫌がいい渡をつれて、乳母車に乗せて事務所まで行ったために、現地で、お手洗いに行きたいと言い出しました。

当時のEtudeは、まだ白い掘っ建て小屋しかなくて、その掘っ建て小屋が事務所という感じでした。事務の係の人がフラフラと言葉もまともに話さない乳母車にのった息子にちょっと???が見えた感じだったので、

すみません。彼は、自閉症で、発達障害もあるので、きちんと挨拶ができないんです。この子がいるので、私は、家でしかワインは飲めないのです。なので、彼の友達のお母さんや大勢の友達と飲むのが私の楽しみで、ここまでEtudeを買いに来ました。ご迷惑をかけて、ごめんなさい。

と話したら、

ちょっと待ってて!!!

と、あわてて事務所の奥に戻って行って、私に1本買う権利をくださいました。

すごい、渡パワーだ!!

と思い、「なかなかやるじゃん、渡!」と言いながら、ワインのボトルを赤ちゃんを抱くように大事に持って帰って来て、みんなでいただきました。まー、そのワインが美味しかったこと.....。

それから数年したら、私にもメンバーになる順番も回って来て、無事にメンバーになれました。

現在は量産に変わっているのでメンバーにもなりやすく、Etudeのピノ・ノワールは市場でも割と手に入りやすいのですが、やはりワイーナリーのほうが種類は圧倒的に豊富。さらに、ここ数年は、カベルネソービニオンにも力をいれています。けど私はやっぱりここのは、ピノ・ノワールを1本目に飲むワインとして選んで飲むので、好きなだーと思っております。

どうぞみなさまお運びください。

Etudeの住所は下記です。

1250 Cuttings Wharf Rd, Napa, CA 94559

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170514

2017-05-10

[][]自閉症の渡のお姉ちゃんの香穂が、アメリカ芸術系大学院を無事に卒業いたしました。 09:51 自閉症の渡のお姉ちゃんの香穂が、アメリカ芸術系大学院を無事に卒業いたしました。を含むブックマーク

香穂が、アカデミー・オブ・アート・ユニバーシティ大学院のアニメーション学部を無事に卒業いたしました。

f:id:kuboyumi:20170511002056j:image

長い道のりでございました。

この学校に通うことになったきっかけは、高校の時にできました。日本語補習校の帰りに行なっていた「ワクワク土曜日」という、日本人がどのようにアメリカで活躍しているか?のお話しをご本人に来ていただいて、話していただく会をやっておりました。その中で、一度、アカデミー・オブ・アート・ユニバーシティで教鞭を取っておられた俣野努先生に来ていただいて、お話していただきました。Tom Matano と聞いて、えっ?と思われた方は、相当、車好き。そうです。初代ユーノスロードスターのデザインをされた方です。俣野さんのことはこちら。英語ですが。こちら→Tom Matano

香穂は高校の時に俣野さんの話に感動して、この大学部のほうを見学して、相当行きたがっていましたが、USCやUCLA,Pepperdineなどにも受かっており、いろいろ自分で考えた挙句、

とりあえずは、普通の総合大学にいき、大学をでてから、それでもまだ芸術だなと思ったら、芸術面の技術を専門的に教えてもらえる大学院に行こう!と考えた模様です。

大学の卒業がほぼ決まって大学院巡りをしましたが、高校の時にみたアカデミー・オブ・アート・ユニバーシティがむちゃくちゃ進化していて、おどろいて、やっぱ私はここで技術を学びたいとなり、進学が決定して俣野先生にも挨拶に伺いました。

奇しくも香穂の卒業式の日の午後からこの俣野先生の名誉博士号の授与式でした。すごい!午後の授与式には私たちは用事があって、参加できませんでしたが、我がことのように嬉しい限りです。俣野先生との出会いがなければ、娘はここまで意思硬く、前進できていたかどうか?です。リアルで人に会って、お話を伺うってものすごく大事。人生を変えるくらい大事です。

で、卒業式ですが、Reverend Monsignor Harry G. Schlitt 祭司のお話が感動。

彼はベルリンの壁が壊される時、CIAの知り合いに連れられて、夜にベルリンの壁の近くまで行ったそうだ。その時に友達と匍匐前進し、壁の近くで、友達がパチン、パチンという音を立てて、鉄条網の一部を切り取ったそう。今日はその切り取った鉄条網を見せながら、当時のその時の友達の言葉を話してくださいました。内容は、下記。

君(祭司)はアメリカで生きている。もしアメリカが今後、おかしな方向に向かうことがあれば、この鉄条網を思い出して欲しい。国と国は、壁を立てるのではなく、架け橋を作るべきだ。僕たちのすべきことは国々へ架け橋をかけ、世界がひとつになり、力を合わせて夢に向かって前進するということだ。と言われた。君たち卒業生は、この学校でアートを学んだ。これから世界に旅立って行くわけだけど、自分一人だけで夢を叶えようとするのではなく、みんなで力を合わせて夢をかなえれば、より夢が現実化される。アートには、国境がない。なので、学校を卒業したら君たちは、どんどん架け橋をかけ、共同で夢を現実化してほしい。

という話。私は、もううるうる...。どうしても渡にかぶさってしまう。

私のできることは、渡のような自閉症の人たちと健常といわれる普通の人たちとのパイプ役で、決して壁を立てる役ではないとずっと思っておりました。自閉症の人たちを少しでも知ってもらって、理解してもらえること共存できる方法があることを伝えること、考えることが自閉症と一緒に生活している私ができることかと。

国と国だって一緒ですよね。お互いの国が、いがみあったり壁をたてるのではなく、力を合わせた方がより強く優しくなれると思う。

と、感動。


さて卒業生の親として、個人的には、香穂の入場、退場をみていただけでも、涙、涙...。涙腺崩壊。

香穂は、家にいる間、保育園から小学生までの生活時から普通の子供とは違っていました。普通の子供は放課後の約束を普通にお教室でして、「XXちゃんの家に遊びに行ってくるー」といって遊べるわけですが、香穂の場合は、学校が終われば、すぐに渡と一緒にセラピー(療育)や病院に向かいます。言語療法であったり、作業療法であったり喘息の先生であったり、時には渡が入院して朝は病院から通ったり、本当にいろいろでした。

帰宅が夜中の10時前になることもありました。

学校から帰宅したら学校に持って行ったカバンを持ち、宿題は渡の待ち時間にこなします。

家にいたとしても、普通の子供のように机に向かって勉強できるわけではなく、24時間脱走癖がある渡をリビングでおもりをしながら、脱走しないか?を気をつけてみながら、宿題をします。せっかくできた宿題も渡に破られたり、無くされたり、落書きされたりして、コンピューター提出になってからは、提出前に全部消されたりして、めちゃくちゃになるのは日常のこと。理解のない香穂の担任の先生には、怒られるわけです。「しっかりあなたが見ていて、宿題を終えて、きちんと片付ければ、兄弟から宿題にイタヅラをされることはない。」と言われるわけですね。

そんな中でも彼女は先生に怒ることもなく、「わからない人にはわからないよ。」と言いながら、グレることもなく、懸命に生きておりました。

小学校高学年、中学になると宿題は休み時間に全て終わらせてしまうということも覚えて、宿題は学内で終らせてくるようになりました。

高校になると、渡のセラピーの空き時間などには、よく高校のイベントに一緒につれていってくれて、「ひとりでみるより、みんなで見た方がめんどくさくない。」とかいいながら、同級生の子達にも渡を紹介しておりました。

香穂が大学に進学して寮に入り、最後まで香穂が座らなかった、いえ、一度も座ることができなかった家に残った香穂の勉強机には今度は渡が座り、くもんや高校数学の勉強を必死で始めました。

香穂に対しては、勉強をまともにできる環境を与えられなかった、落ちこぼれの母親の私です。そんな香穂が学ぶことを諦めず、学びを得て、学位を習得するまでに至ったのは、母親としては、素直にすごいと思います。親バカだけどやっぱり頑張ったなーと思います。

学び続けるって難しい。いい環境を与えられても学びというのはくじけることがあります。けど、よくぞここまでやったなーと。

今回の卒業式に参列した渡は、自閉症独特のゆれるということもなく、2時間、普通の参列者よりもはるかにいい子で卒業式の参列を終えました。

おめでとう、香穂!!さてこれからは、どうぞ、好きなだけ、今度こそ自分のペースで、自分の好きなことをしたいだけ追求してください。できそこないのママから贈れる言葉は、

本当にありがとう。我が家に来てくれて、ありがとう。私の子供でいてくれてありがとう。私はあなたの頑張りを誇りに思います。

というのが、わたしからの卒業のお祝いの言葉です。

Kazuhito MurakamiKazuhito Murakami 2017/05/12 03:55 お嬢様の御卒業おめでとうございます🎊。何時もご兄弟の深い思いやりに励まされています。今後の一層のご活躍をお祈りしております。

キヨタンキヨタン 2017/05/13 02:43 心からこみ上げるものがありました。
かほさんからわたる君が学ぶことの意義を感じ取っていたのでしょうね。
壁のお話しは、ズッシリと重みがあります。
正に今現実の事。
先ず、目の前の夫との壁を取払います!
前回のブログに感動しまして、おめでとうをお伝えいたしました。
あらためまして、ここらからおめでとうございますをお伝えいたします。
これからの、ご活躍がとても楽しみです。

よっちゃんよっちゃん 2017/05/14 05:52 香穂さん、PhDご卒業おめでとうございます。

以前からもこちらのブログを読んでいて、
香穂さんの「人としての器の大きさ」が非常に大きい事や、
様々な才能に溢れていながらも謙虚で頑張り屋で、常に落ち着いた姿に、いつも感銘を受けておりました。

ここに至るまで、ご本人が言葉に出さなくても様々なご苦労を沢山経験されたのでしょうが、それらを全てばねにしてこんなに立派になられたこと、本当に心に響きました。

香穂さん、本当に心からおめでとうございます!
そして、スプリングショーのご成功をお祈りいたします!!

kuboyumikuboyumi 2017/05/16 19:31 みなさま。ありがとうございます。娘は、スプリングショーの準備とプロジェクトのためにてんやわんや。渡は渡で、なんだかお姉ちゃんが忙しくしていると自分もなんだかんだと指示されて、おねえちゃんを助けることができるので、(たとえ、ゴミ捨てとかでも)大喜びしております。母は、遅れている仕事のキャッチアップに必死という、なんだか、家の中がわさわさとしてきております。ありがとうございます!

reirinreirin 2017/05/22 05:24 ご卒業おめでとうございます。
ブログを拝見していていつも香穂さんの優しさや頑張りを感じていました。
香穂さんががんばれたのもお母さんの存在があったからこそ、だと思います。
本当におめでとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170510

2017-05-07

[]明日の娘の大学院卒業式に大事な人を招待するのを忘れた件 00:31 明日の娘の大学院卒業式に大事な人を招待するのを忘れた件を含むブックマーク

水曜日は、娘の大学院の卒業式だが、大事な人を招待するのを忘れていた事に今日気がついた娘と私の会話。

母:呼んだ?

香穂:いいや。

母:えっ?どうするの?

香穂:どうしよう....。

母:拗ねるよ。

香穂:大丈夫じゃね?今から呼べば...。

母:本当に大丈夫?また、ネクタイとか、スーツとか準備するよ。大変だよ。どうする?

小学校の時からお姉ちゃんのお式と呼ばれるものには、全て無欠席で出席している弟の渡を呼ぶのを、今回は忘れいていた私たち...。お姉ちゃん命なので、無遅刻無欠席でございます。たぶん、今回は、最後のお姉ちゃんの卒業式になるであろうものなので、呼ばないわけにはいかないので、呼ぶことにしました。

説明したら、さっきから、部屋からクローゼットからシャツをさがしたり、ネクタイを探している音が聞こえるのですが...とりあえず、ご機嫌はよろしく出席はできそうなのでほっ。

キヨタンキヨタン 2017/05/10 05:29 かほさんご卒業おめでとうございます。
才能を開花させ、努力を惜しまず、これからのご活躍がとても楽しみです。
ユニークなお母様、ゆみさんの優しさと溢れる愛情が、ブログを通して伝わってきました。
ゆみさんにも、おめでとうございますをお伝え致します。

kuboyumikuboyumi 2017/05/19 23:08 キヨタンさん。いつもありがとうございます。なかなか大変な母親で、娘も困ったことでしょうが、とにかく、大学院はこれで終わりでほっとしております。香穂もありがとうございます、と横で申しております。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170507

2017-05-06

[]自閉症の渡、無事に23歳のお誕生日です。 17:37 自閉症の渡、無事に23歳のお誕生日です。を含むブックマーク

渡が23歳になりました。

今年は、バタバタとしたため、渡のリクエストでご希望のイタリアレストランでの誕生会になりました。

その日のスケジュールはその日に決めるという傾向がある自閉症のために、朝、突然友達を呼ぶと言ってみたり大変でしたが、なんとかみなさんにお祝いしてもらっての誕生会にこぎつけました。

レストランでは、ケーキのプレゼントをいただき、大満足。

f:id:kuboyumi:20170508082845j:image

母は、この店の天井のワインが気になって仕方がない。

f:id:kuboyumi:20170508092613j:image

日本育ちの参加者は、

「このワインは、地震がきたら、どうなるのか?」

と一番に言い、アメリカ育ちの参加者は、

「うわぁぁぁ〜!すごーー。」

と驚くという...。

さて、やっと渡の新しいプログラムも落ち着いて来ました。

現在の渡の毎日は、朝は、5年目に突入する飢餓撲滅運動のボランティア活動や自立訓練に勤しみ、午後から夜遅くまでは、データ入力、整理、会計事務などの仕事をバンバンこなします。土日もお仕事をしたいという日はしています。なかなか公文ができない日も多くなってきましたが、数学は相変わらずやっています。

なんだか、他の23歳よりはるかに忙しい感じがする渡です。

充実の青春...っていう感じだけど、まだまだしなくてはいけないことは大量にあります。

母は、渡が小さい時に何度か緊急病棟に担ぎ込まれて「家族を集めてください」となった我が子が死なずに、元気に、笑顔が多く楽しんで23歳になってくれたことに感謝、感謝でございます。多くの人の支援を受けて、微力ですが社会の役にたち、社会の一員として努力している渡を見るのは感無量です。

多くの方々の支援のおかげでございます。

ありがとうございます。

さて!明日からも頑張ろうねー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170506

2017-05-01

[][]香穂のアメリカ芸術系大学院の卒業って大変だわ。 07:26 香穂のアメリカ芸術系大学院の卒業って大変だわ。を含むブックマーク

香穂が、アメリカの芸術系大学院を卒業します。卒業式は5月10日です。

彼らにはこの卒業式よりも大事な、「スプリングショー」というのがあり。ここに学部の生徒が数名作品を出せて、このショーに出せた人たちが、「インダストリアルディ」と呼ばれる別の日にプレゼンをするそうです。この日にプレゼンや発表をして、そこに来ている企業の人事部やいろいろな部署の人に会えるというシステムのようです。彼女は大学院入学時から、なんどか、スプリングショーの候補にはなっていたものの、いつもベンチ入り間際で、落とされるみたいな憂き目に合っていたので、遅咲きの香穂らしく、卒業間近かのスプリングショーの出店になりました。今回は、2点出展、1点は1年間、大学の宣伝に使われるそうです。


香穂が仲良くしている他の国からやってきた留学生の男子学生もスプリングショーを通過。

彼は、アニメーションなのですが、作品の一つをどうしても絵本にしたいということを先生と話して、きちんとした絵本スタイルにしました。

その英語の最後のプルーフリーディグ(文法の間違いや誤字脱字がないかを調べる)を担当したのが香穂で、なんとその子から、今日、その製本された絵本をいただいたそうです。

内容は、

障がいのある鳥がいろいろな助けやアイデアをもらって大空を飛ぶ

というもので、彼は、

弟や、お母さんにも見せて貰えたらすごく嬉しい。香穂の弟が理解してくれたら、僕はこの本を作った甲斐があるなぁ...。喜んでくれるかなぁ.....。

ということだそうです。

いやー泣ける...。すごい。いい友だち、いい弟がいてよかったね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170501

2017-04-30

[]自閉症の渡に適切な仕事の環境を与えたら、どうなるか? 12:24 自閉症の渡に適切な仕事の環境を与えたら、どうなるか?を含むブックマーク

渡。現在のデータ入力が、「難しい、ハードだ」と言い続ける。そんなに難しいわけでもないので、説明が悪かったのか?とか、目がみえにくいのか?とか、体調まで心配したけど、ひたすら、「Hard!ハード(←わざと日本語発音で)」と言い続ける。さっと横から開発リーダーが、

渡くんのマックは古すぎて、マックの作業処理の速度より、渡のくん入力速度のほうがはるかに早いんです。なので、思う様に進まないだけじゃないですか?

と言われたので、見ていたら、その通り。8年前のお姉ちゃんのお古のマックでは、現在のデータの仕事は、追いついていない。マックがすぐに固まる。あぁ。マックがすぐに固まってしまうから、ハードだったわけね....。

新しいマックを与えたら、すぐに、ご機嫌で集中し始めて、お仕事大好きモードへ突入。今朝の日曜日の朝は6時から起きて、データ入力の仕事がしたいと言い張る渡。言えば朝6時からでも会社に行けるということを覚えられては困るので、ひとまずは大好きなDenny'sで釣って、クールダウンをしてもらう。

けど、もう顔に「心ここにあらず.....。」と書いてある。

f:id:kuboyumi:20170501041904j:image

仕事は?早く会社に行こうという顔になっている。どんなけ仕事が好きやねん!!! ということで、母も7時出勤の今朝...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170430

2017-04-28

[][]アメリカの芸術系大学院に通う娘から吉報がきた! 21:27 アメリカの芸術系大学院に通う娘から吉報がきた!を含むブックマーク

アメリカの芸術系大学院に通う娘から吉報。彼女の学校は、卒業よりもスプリングショーに出るのが大事で、

なんと2つの作品が出ることが決まり、なおかつ、2つの作品が受賞したという。おめでとう!がんばったねー!!

残りの1つの作品は、1年間、大学の宣伝に使われるらしい。よかったね。

よっちゃんよっちゃん 2017/04/30 06:45 いつもブログを楽しく読ませていただいております。

ひそかに香穂さんのファンでしたので、どうしても香穂さんにおめでとうございますとお伝えしたくコメントさせて頂きました。

香穂さん、本当におめでとうございます!
今後の益々のご活躍を心から楽しみにしております。(^O^)

kuboyumikuboyumi 2017/05/07 18:15 ありがとうございます。娘は大喜びです。いつもなにかと渡のほうが目立ってしまって、影がうすいので、こういうお祝いをいただくと、とても嬉しい模様です。本当に、ありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170428

2017-04-27

[]娘の大学院卒業式が迫ってきた。 17:56 娘の大学院卒業式が迫ってきた。を含むブックマーク

アメリカの芸術大学院を来月卒業する娘。今は、プロジェクトを3つくらい回していて、さらにこれから就職活動が始まります。家に居ながら描きまくって働きまくっているので、弟の世話を見ながら、就職活動をしています。会社にコンタクトをとって、採用されて働くまで最低でも半年くらいかかるそうだ。長い!

さらに芸術大学では卒業できるか?ということよりも大事といっても過言では無いことがあるらしい。それは、この大学のSPRING SHOWに出れるかどうか?らしい。自分の作品がこのショーに出れると、企業の人が直接的にコンタクトをとってきて、面接をしてもらえるかららしい。

本日、そのショーに出れるかどうか?発表があるらしく、ちょうどMeetingもあるので、いそいそと大学にでけて行きました。

きのう私は大阪大学の遠隔授業の日だったので、サンフランシスコに行ったら、街のあちこちで、娘が話すスプリングショーのポスターを見かけました。

f:id:kuboyumi:20170429094434j:image

おぉぉー。そんなに大ごとなのね。と芸術系に全く興味がない母は、驚くばかりの毎日です。

あまりに進む道が違うので、

「もしかしたら、私が産んだ子供ではないかもしれない」

と思うこともよくあるのだけど、産んだ当日、病院では、私と同日に産んだ11人のお母さんがいて、全員白人だったので、間違いなくうちの子供でしょう...。娘も逆によく、

「この人、本当に私の母親か?」

と思うそうだけど、二人で戸籍抄本のコピーと病院での生まれた時の写真を見ながら、お互い自分に「家族だ」と言い聞かせています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170427

2017-04-26

[]お誕生日に健康診断を入れてはいけない理由と明日の大学での遠隔授業 22:27 お誕生日に健康診断を入れてはいけない理由と明日の大学での遠隔授業を含むブックマーク

お誕生日に健康診断をいれておくと、忘れなくてもいいし、いいわよーとアメリカではよく言われるのですが、私の場合、それをすると非常に都合の悪いことが出てくるということがわかりました。

健康診断は、日本の人間ドックのように1日で終わることはなく、担当医のところにいって、次の日にラボで検査するということになります。そうなるとその前後は食事制限が何時から何時まではダメだとか、日中は問診だとかで、誕生日のご飯に誘っていただいていてもいけないという不都合が発することがわかりました。いやー参った。

ということで、明日は、大学の遠隔授業を担当いたします!大阪の学生のみなさん、よろしくです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20170426
Voice4u