ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自閉症 渡の宝箱 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-02-03

[]お勧めコミックをみつけた。ゲイのカップルのお話です。 #きのう何食べた? 08:54 お勧めコミックをみつけた。ゲイのカップルのお話です。 #きのう何食べた?を含むブックマーク

最近、図書館でみつけたコミック。

弁護士と美容師のゲイ(このゲイという言葉もあまり好きじゃない私...。)のカップルのお食事のことや、生活にまつわる話。とてもかわいいというか、感じのいいカップルです。我が家は住んでいるところがシリコンバレーだからか、LGBTQの人たちが多くいますし、子供たちの友達にも多くいます。我が家は、子供たちの友達はみんなWelcome. 男の子が彼氏を連れてくる時もあるし、女の子が彼女をつれてくることもある。新しいパートナーができれば、報告でつれてきてくれる人もいます。嬉しい限り。そのほか、いろいろな組み合わせの人たちがやってきます。いろんな人たちがやってきては、みんなでワイワイガヤガヤとご飯を食べます。多くの人が家に来てくれるってそれは、それはとても嬉しいことです。ありがたい限り。そのときに多く語られるのが、「親への告白」をどうするか?の話です。宗教が絡む場合も多々あります。

大変なんだろうし、ものすごく勇気がいることだ....と思うのだけど、「好きな人や大事な人を家に連れて来てくれた。紹介してくれた」っていうのがうれしい母の私としては、いまいちピンとこないのです。人間として生まれたからには、他人をリスペクトできない、大事にできない、人を好きだなーと思えない方が悲しい私にとっては、たぶん我が家に来た人たちの悩みである親への告白の話は、どこまで理解していたかは謎です。

この漫画。コミックなので、誇張もあるんだろうけど、そういうところも記述があって、

「あぁー。こういうことで困っていたんだなぁ。」

ということの一部だけど、理解できて目から鱗

最終的には、LGBTQなんていう単語がなくなればいいと思っています。誰が誰を好きになろうが、自分がどういう感情をもとうが、成人の大人が対等に恋愛できて幸せになるべきだからです。わざわざその相手がだれか?というので、差別があるというのは、おかしな話。

2巻からは、ここです。

まとめ買いはこちら。

試し読みはこちらでもできます。

きのう何食べた?→http://www.moae.jp/comic/nanitabe

ということで、かわいいコミックで楽しかったよ。

Noriyuki KimbaraNoriyuki Kimbara 2018/02/21 16:37 ”きのう何食べた?”の試し読みを読んで、LGBTQについての知識が欲しいと思い調べてみました。性の課題は、もともと非常にデリケートな話題ですが、調べてみてこれからの時代を生きていく上では、必要不可欠な知識だということが分かりました。LGBTQの方々が、少数派とされているがゆえにあらぬ誤解を受けたり、とくに近しい人に対してなかなか相談しづらい独特の生きづらさを抱えているということが、精神の障がいのある生きづらさとどこか重なる部分があるように思いました。「一見して、その人の嗜好(あるいは思考)がほとんどわからない」という点が共通しているところですね。話は少し逸れますが、今、性の課題で僕が注目しているのは、「ジェンダー」です。「男らしいですね」、「女の子みたいだね」と普段暮らしている中でも、こういった言葉をしばしば耳にします。世に言う「男らしい」「女らしい」というこれらの価値観はいったい何を基準にして誰が決めたのか、ということに僕は興味があります。僕は、パソコン作業の息抜きにインターネットの無料の占いを日ごろよく読みますし、好きなアーティストのMVを見て涙することもあり、それを知った僕の家族から「女の子みたいだね」と言われることが有ります。昨年だったか、国連の活動の一つであるHeForSheという活動を知り、その動向に注目しております。「ジェンダー」を含めて性の課題は、個人個人が人間らしく文化的に生きていくうえで、避けて通れない課題なので、この世界が少数派とされている方たちにも優しい世界になるようにと願うばかりです。棲み分けるというよりかは、積極的な啓蒙活動によって心理的な垣根を低くしていくことこそが、平等にたどり着く道のりなのではないかと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20180203

2018-02-02

[] 自閉症の渡を助けてたら、私が困ってしまった件の続報。さらなる被害に合っている人が...。 20:43  自閉症の渡を助けてたら、私が困ってしまった件の続報。さらなる被害に合っている人が...。を含むブックマーク

きのう自閉症の息子が苦手な下着の買い物を私がネットでしたら、宣伝で常に検索画面の右側や、下に男性のパンツ一枚の股間の写真が出てきて困るという件。詳しくはこちらをクリック→自閉症の渡を助けて私が困ったこと。

この件を超真面目な開発リーダーに話しました。すると開発リーダーがちょっと怒ったような顔に。

「えっ?私、何かしました?なにか悪いこと言いました?もしかして、こんな愚痴を会社で言うのもセクハラ?やっぱりアメリカ厳しいの?」と思ったら、なんと彼も被害に合っていました。彼の被害は、なんと女性下着のビクトリア・シークレットの宣伝が出てくるというもの。1日中検索とかすると、ランダムで出てくるそうだ。

僕、ゆみさんと違って、購入もしていないし、検索もしていないのですが、宣伝で女性の下着姿が出てくるんです。もう、イラっとするんですよ。プレゼンで僕もコンピュータを使いますし、お客様の前で検索もします。こんなの他の人に見られたら、どうしようかと思いますよ。

と随分お怒りの様子。なぜ、女性下着の検索もしていないし購入もしていない独身の開発リーダーのところにビクトリアシークレットの宣伝が出てくるのか?

今、気がつきました!バレンタインデーに向けての宣伝です。こちらは男性から女性にプレゼントするわけで、ちょうど開発リーダーの年齢層をターゲットにプレゼント用の宣伝でした。

いやーこの宣伝、逆に嫌われるじゃないかな?と思いました。

どうしても広告を出したいのだったら、出る時間を夜にするとか、そういうふうにすればいいのに..。

いろいろ下着業界も大変なのね、と思った今日でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20180202

2018-02-01

[]自閉症の渡を助けて私が困ってしまったこと 21:24 自閉症の渡を助けて私が困ってしまったことを含むブックマーク

渡は、下着など自分が好きなブランドのものを探して安く買うというのが苦手。なので、先日のセールの時に、私が代わりにオンラインで彼のお気に入りのブランドの下着を購入しました。それからというのも、宣伝で常に下着姿でパンツ一枚の股間アップの写真の男性が、サイトの右側や下に出てくるようになってしまった。なので、お客さんのところで、自分のコンピューターでグーグル検索をして、何かを見せるというのが恥ずかしくてできない....困った...。

2018-01-30

[]スタンフォード大学で講演会をして来ました。 14:53 スタンフォード大学で講演会をして来ました。を含むブックマーク

スタンフォード大学からの依頼があり、講演会をしてきました。

こちらが案内状。

f:id:kuboyumi:20180131130248p:image

講演会場に到着です。

f:id:kuboyumi:20180131160049j:image

この会場は、Encina Hall(エンシナ ホール)という場所でした。この場所は、100年前は学生寮だった場所で、非常に歴史がある場所です。そんなところで講演会するなんて渡を産んだ頃は考えてもいなかったなーとしみじみ思う私。

f:id:kuboyumi:20180131160100j:image

とりあえず、私が主にVoice4uを作った経緯などを話させて頂き、技術的なことや今後のVoice4uのAIが絡んでくるようなことまで多岐にわたる講演を開発チーダーが行いました。

f:id:kuboyumi:20180204074655j:image

感想などもいろいろ頂きました。

  • 自分の仕事の着地地点もこうありたい。
  • このような仕事をしたい。
  • いままでなんとなく仕事をしていたけど、仕事のというものの意味が見えてきた。

等々...。

今は、講演会の問い合わせが多くきておりますが、なるべくいろいろな場所でお話ししたいと思いますので、お問い合わせ頂く時は、複数の希望日時と場所を記載の上、

info@sv4u.net

までお知らせくださいませ。

あー緊張したけど、終わった後の夕飯は超美味しかったです。

Noriyuki KimbaraNoriyuki Kimbara 2018/02/04 04:02 講演会、お疲れ様でした。kuboyumiさんが、Voice4uを作った経緯などのお話、僕も聴いてみたかったですね。世界有数の革新的な研究機関でもあるスタンフォード大学で講演会をされたことは、これからの社会をより良いものに変えていく新たな時流作りへの第一歩になる素晴らしいことだと思います。社会がだんだんと、ASDに対する理解を深めていこうとしてくれていることを、僕は、発達障がいの当事者の一人として素直に嬉しく思います。いつか、支援のスタッフさん以外の人達に、「アスペルガー症候群ってね、…」とわざわざ説明せずに済む時代が来るのかなー、と楽しみにしています。もちろん、すべて人任せではなく、僕も、今日から、今の自分に出来ることを頑張っていこうと思います。話は変わりますが、頑張って成果が出た日は、晩ご飯がいつも以上に美味しいですよね(^-^)

kuboyumikuboyumi 2018/02/12 21:29 そうなんですよね。もっと自閉症が知れ渡ればいいと思っています。障がいのある人がその障害について、いちいち人に説明するっていうのもなんだか、おかしな話ですよね。なんていうか、骨折してギブスした時に、「えっー!!どうしたの??」とみんなから聞かれて、その度に説明するみたいな。これって結構面倒ですよね。骨折は数ヶ月で治り説明もしなくてよくなりますが、うちの息子のように、常に支援が必要な人たちが、常に説明をし続けるっていうのもなんだか、変だなーと。

kuboyumikuboyumi 2018/02/12 21:30 あっ。忘れてました。Voice4uができた経緯はこちらにあります。https://voice4uaac.com/ja/company/story/

Noriyuki KimbaraNoriyuki Kimbara 2018/02/14 13:51 Voice4uの開発秘話を拝読致しました。自分の両親にはなんだか照れ臭くてなかなか言えませんが、親業はすごく偉大です。渡さん、香穂さんともに、生まれ出るまでも、生まれ出たあとも、生命に危機の迫る事態があり、本当に大変だったのですね。kuboyumiさんが、お腹を痛めてお二人を産んだこと以上に、お二人が生まれ出たあともありとあらゆる手を尽くしてこられており、我が子を思う強い気持ちがとても印象に残りました。そして、今日もいつもどおり朝目覚めて、起き上がれて、そして生きていることが、どんなに素晴らしいことなのか、有り難いことなのかの気づきを与えてくださったお話でもありました。僕自身は、生まれ出る数週間前まで逆子で、生まれたときには左肩が軽い奇形の赤ん坊でした。幼稚園に上がる前までは左腕を耳につくようにあげられず少々不自由でしたが、幸いにも素晴らしい執刀医に恵まれて、今では「奇形だった」と言っても驚かれるくらいに肩が治りました。素晴らしい医師や支援者の方たちとの巡り合わせは、ときに目覚ましいほどの成果を生みますね。もしも、人それぞれに、なにかのミッションがあるとするならば、渡さんは、自閉症を生きて、知れ「渡」らせる方なのかもしれないと思いました。渡さんの美人へのアプローチの話は、同性として少々共感出来るところがあって、好きな話です。(僕は、口説く勇気はないけれど美人に弱いので…。)話が逸れちゃいましたが、渡さんには渡さんの、僕には僕のミッションがあると思います。僕の名前は、人の模範になって幸せに生きられますように、という考え方が由来なのだそうです。発達障がいを生きて、人の模範になる…。うーん…、僕の頭では、ちょっとイメージが思い浮かびません。でも、僕は、両親から生まれて初めて貰ったプレゼントである自分の名前が好きです。名前負けしないように、僕も着実に一歩一歩歩いていきます。kuboyumiさんのように、周りの支援してくださる色々な方々との巡り合わせの成果を同じような困難や境遇を抱えた多くの人たちに向けて広めていくために、です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20180130

2018-01-18

[]縄飛びって、どうよ。と思った私。 17:18 縄飛びって、どうよ。と思った私。を含むブックマーク

なわとびを10分したら健康にいいし、痩せる。と書いてあったので、簡単だーー!!と思い、3分200回を飛んだら、ふくらはぎが痛くて息があがって、もう飛べなくなった。これ3セットなんて無理だし...。痩せる前に死にそう...。私、子供の頃ってバカだったの?なんであんなに際限なく飛べたんだろう??謎...。

Noriyuki KimbaraNoriyuki Kimbara 2018/01/29 03:47 なるほど。なわとびは、健康にいいんですね。3分で200回はすごいですよ。僕は太っていて痛風予備軍なために今、栄養指導を受けています。なので、「痩せる」という言葉が、理想の味が混ざった少々美味な言葉に聞こえます。僕が最後になわとびを飛んだのは去年ですが、小学生の時に出来た連続での“二重とび”が出来なくなっていて軽くショックを受けました…(笑)冬場の放課に、校庭でひゅんひゅんと飛んでいた、あの頃の情熱がとっても眩しい…(遠い目)!!今じゃあ、体力的に、普通の飛び方でも、もう100回も飛べないですね、たぶん。…、たしかに、いろいろと謎ですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20180118

2018-01-17

[]アメリカでの新年会 22:57 アメリカでの新年会を含むブックマーク

新年会に行ってまいりました。久しぶりの訪問着でした。

f:id:kuboyumi:20180125154241j:image

絵は娘が大学時代に描いたもの。結構気に入っている私。

お正月なので、今回は着付けの先生にきつけてもらい、変わり結びで扇をリクエスト。綺麗に着付けていただきました。

f:id:kuboyumi:20180125134420j:image

この先生は、ベイエリアでもサンフランシスコでも出張して着付けてくださいます。会場でも聞かれたので、とりあえず、こちらにあげておきます。→https://kkitsuke.wixsite.com/kimonowithkaoru

髪の毛は、自分でアップにしましたが、やはり髪の毛多すぎて頭重し...。なんだかんだで着付けができたので、会場に向かいました。

会場に金屏風があったので、とりあえずその前でも撮影。

f:id:kuboyumi:20180125154301j:image

金屏風、似合わない私。自分で笑った。

寒いのに、パーティ会場は、すごい人で汗ぐっしょりになってしまいましたが、出会いもあって、楽しいひと時でございました。

さて、家に帰って着物を脱いでみると、えりのあたりに汚れが...。汗をかきすぎました日本だと着物のえりの汚れは、ベンジンで落とすのですが、アメリカでは、危険物扱いで購入が結構面倒。なので、ソーシャルメディアで聞いてみたら、なんと英語で、ベンジンと除光液は成分が同じなので、えりの汚れは落ちるはずと教えていただきました。やってみると見事に落ちた!すごい!!

帰宅後、着物の刺繍の半襟とか手で洗って干したりしてると、ものすごく幸せな気分になるし楽しいのだけど、洋服のえりの汚れを手で洗っても全く楽しくもなんともない。ただ苦痛なだけ..。この差はどこから来るんだろう。なぞ...。ということで、久しぶりにお着物で楽しい1日を過ごしました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20180117

2018-01-12

[]娘、Great Job! 09:40 娘、Great Job!を含むブックマーク

ここ数日、あまりに忙しくて、ヘロヘロで迎えた週末。「あー。ご飯も作るのめんどうだな」と思っていたら、娘が帰省時に、渡の書類やミーティングなどをラッセル車のように片付け、空いた時間でお肉4kgを使って、2日かけて大量に餃子とサンノゼ豆腐のおからで作ったおからクッキーを冷凍してくれてありました。作っている時は、「ラーメン屋でも開業するのか?」と思って私は見ていたのだった。餃子は私が常日頃お世話になっている私のお友達にお礼をいいつつ、(母が世話になってすみません、と。)クリスマスプレゼントがわりに配ってから、ロサンジェルスに帰っていった。

どうもその時に私の分も大量に作ってくれていた。娘。Great Job!だわ。けど、これってお母さんが一人暮らしの男の子の家に行って、いろいろ作って冷凍して帰っていくのに似てる…。どっちが親なんだか…。ふくざつ....だけど、餃子は死ぬほど美味しかったので、ふくざつ...なことは考えない。娘、ありがとう!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20180112

2018-01-01

[]あけましておめでとうございます。 16:50 あけましておめでとうございます。を含むブックマーク

みなさまあけましておめでとうございます。本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

西海岸は、日本より17時間遅れてのあけましおめでとうでございました。

娘が1月2日から仕事にもどるために、12月31日からおせちを食べ始めてずっと食べ続けた年明けでございました。

f:id:kuboyumi:20180102091859j:image

こんな料理や、

f:id:kuboyumi:20180102091903j:image

こんな料理もならび、しこたま、日本酒もワインも飲んで、ヘベレレになり。無事に新年を迎えました。

さて元旦は、香穂を空港に送らねばならず、空港に向かいます。その前に地元の美味しいハンバーガーでも....。ということで、

f:id:kuboyumi:20180102091909j:image

行ってきました。これは、2AM Burger

目玉焼きが入るおいしいハンバーガーです。がっつり食べてから、空港にお姉ちゃんを落としに行きます。

渡は寂しそうですが、

またお金を貯めて、ロサンジェルスに向かうからね。また一緒にディズニーランドに行こうね。お姫様に会おうね。

と必死でお願いしておりました。

f:id:kuboyumi:20180102091915j:image

いやー。食べまくった年末で、渡もすっかり横幅が大きくなりました。

f:id:kuboyumi:20180102091923j:image

いい時間を過ごせました。みなさま、ありがとうございます!今年もよろしくお願いいたします。

さて、私は明日から仕事始めですが、ブログを読み返していて、驚いたことに、私は2年前にあった医療ミスの話をブログにきちんとあげていない!ということがわかりましたので、新年早々なんですが、医療ミスで死にかけた話を明日から少しあげていきます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20180101

2017-12-29

[]サンノゼ豆腐の閉店。西海岸の昭和史がなくなってしまう...。 16:39 サンノゼ豆腐の閉店。西海岸の昭和史がなくなってしまう...。を含むブックマーク

私の住むシリコンバレーには、サンノゼ豆腐という日本でも珍しい昔ながらの製法で作っていた豆腐がありました。

戦前から続く3世代のこのお店は、一時期、1代目の借金でお店の経営が危なくなったこともあったのですが、当時の大手日系銀行の店長が、

この豆腐がなくなったら、日系のコミュニティが破綻する。この豆腐はなくてはならない。

ということで、豆腐を担保にお金を貸し、盛り返したというストーリーがあります。

昔は、遠くはサクラメントから当番制で片道2時間かけて、みなさんがやってきて買いに並んだそう。

私がここにきた頃からも、よくいただいていて、お昼過ぎには売りきれということもありました。

けど、だんだん時間が経つにつれ、町には

「本当に美味しい手作り豆腐」

を食べたことがない世代がどんどん増え....。

豆腐もどきの大量生産の豆腐が「豆腐です」という顔をして出てきました。人間の味覚なんていうものは、その豆腐に慣れてしまうとそれが正しい豆腐になってしまいます。

うちの娘は生まれた時から離乳食もサンノゼ豆腐で育ったもので、大学受験が終了し、希望大学に全て合格した時も、お祝いの食卓には、サンノゼ豆腐がリクエストでした。期末試験が終わって、卒業試験が終わった時も、いつも食べ物のリクエストはサンノゼ豆腐でした。大学院の卒業の時もリクエストはサンノゼ豆腐。

今回も行きたい会社に就職が決まり、9月にはバタバタと家を出て行き、12月の帰省時は、好きなものを家で食べようね、と話していたのですが、やはり返事は「サンノゼ豆腐が食べたい」でした。

11月に、サンノゼ豆腐の方に

「そろそろ年末の予定って出ていますか?娘が帰って来るんですが、どうしても豆腐が食べたいらしくて」と話すと、クリスマスの次の日から、大晦日前の金曜日も開いているよ、とのことでしたので、ほっとしていたら、サンノゼ豆腐が閉店するというニュースが。

今年の一番悲しいニュースでした。

San Jose Tofu Co. to close, ‘a gem, a landmark’ in Japantown

最後の日が近づいてきたので、香穂と一緒に1時間半の列に並んで、おばさんにしっかりと挨拶をしてきました。

買わせていただいた豆腐とおから。もうこのおからは食べれないだねと香穂と話しながら、おからのクッキーを大量に焼きました。

f:id:kuboyumi:20180102092022j:image

これを冷凍にして少しづつ食べようと思います。

サンノゼ豆腐の方達、長い間この北カリフォルニアの日系社会を支えてくれて、ありがとうございました。

Noriyuki KimbaraNoriyuki Kimbara 2018/01/09 04:33 このサンノゼ豆腐に関する記事を拝読して、食文化の大切さを自分なりに
考え直してみました。「もどき」の食品は、日ごろ「なんちゃって系」
のお手軽メニューなどで口にすることが多いですが、何かの節目や記念日には、やはり本物を食べたいものです。サンノゼ豆腐が会社をたたんでしまったのは、本物を失ったという意味で、そして食文化の損失として、とても残念なことですが、「本物の食べ物は、食べたことのある人の心をいつまでも温め続けるんだな」ということが分かりました。僕は、農作業員の一人として、「食」にかかわる仕事をさせていただいているので、「食べたことのある人の心をいつまでも温め続ける」ような野菜作りが出来たらいいな、と思いました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171229

2017-12-28

[][]社会貢献が少しでもできれば、自分を自分で追いやることもなくなるのではないか?ということを自閉症の息子から学んだ今年でした。 23:19 社会貢献が少しでもできれば、自分を自分で追いやることもなくなるのではないか?ということを自閉症の息子から学んだ今年でした。を含むブックマーク

そろそろ今年も終わり。今年、自閉症の息子から学んだこと。人間、助けられてばかりだと、ちょっとせつなくなくなるんじゃないかな?ということ。

渡は重度の自閉症で、親としては、親なき後、どうやって彼が社会の人たちの支援を得ながら行きていくか?ということに重点をおいてしまうのだけど、今年は息子が長年続けているボランティアに力を入れたがっていたことから、いろいろ学びました。

人間としてうまれてきたからには、100%他人様から支援を受けるばかりでは、自分の人生を生きている、自分の人生を楽しいと感じることが難しいんだなということ。助けていただいたら、その100%を返すことは無理だとしても、たとえ1%でもいえ、たった0.01%でも、少しでもいいから、社会に返したいと思うんだろうな、ということ。

そのことによって、自分の生きがいというか、社会に存在していい、というか、喜びを感じるんじゃないかということ。そういうことを自分の中で考えることができるんじゃないかと。

どうしても障害者支援というと、必要な支援ができているか?に、周りの大人は目がいってしまうのだけど、渡だって社会のためにお役に立てることがあるのなら、頑張りたい、と思うことで、社会での居場所を感じることもあるんじゃないかな?ということを学びました。いやー、小さい時から、このことは私の課題で、息子ができるボランティアをさがしてきて、できるものからやっていたのだけど、今年の息子をみていて、一本筋の通った社会貢献を彼なりに、必死でやっているということを認めることができた年でした。これは数年間息子が1日たりとも休まず、雨の日も気温が40度の日も片道2時間半かけて通ったボランティアを続けきた彼の信念から学びました。親バカなんだろうけど、これはこれで母なりに嬉しく学びました。

実は、どんな人でも社会貢献ってやってるんですよね。「あなたの笑顔をみてるだけでホッとする」という人がいれば、それだってその笑顔が人様にたいする社会貢献。息子は飢餓撲滅ということに重点を置いていたけど、これはこれで彼のライフワークの一部なんだろうなぁということは、なんとなくわかった母でした。けど、たぶん、完璧には彼の気持ちは理解できていないんだろうな。だから、どんな男の子でも思春期になって「母、うぜー」って思うことがあるんだろうな、と思うわー。

これって、なんか、思春期の息子をもったみたいで、それはそれで楽しいじゃない?いやーこれをブログに書き込んでいることで、「かーちゃん、うぜー」と思ってるだろうな。まぁ、それも会話ができない知的障害をもった子供を授かったから、遅ればせながらでも体感できて、いいかなーと。思春期なんてこないんじゃないかな?と思ってたし。

さて、今年もそりゃーいろいろあった年でしたが、とてもいい年でした。来年も頑張っていい年にしたいな。みなさま、今年もお世話になりました、来年もよろしくでございます。

Noriyuki KimbaraNoriyuki Kimbara 2018/01/01 13:30 kuboyumiさん、渡さん、香穂さん、あけましておめでとうございます。昨年は、大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。今年も、良い一年を過ごされますことを、日本からお祈り申し上げます。

kuboyumikuboyumi 2018/01/03 07:24 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171228

2017-12-27

[]渡のお姉ちゃんの帰省の成果 22:25 渡のお姉ちゃんの帰省の成果を含むブックマーク

香穂の帰省。我が家にワイヤレスのプリンターが装着され、見れなかったケーブルテレビが見れるようになりました。モデムというか、ケーブルボックスが機種変更されていたらしいので店まで行ってくれて交換して装着。けど、この交換がクセもので、やはりうまくいかず、数時間、ケーブル会社に文句を言い続け、無事にテレビが見れるようになった。アメリカあるある...。なので、母は、放置しておいたわけだ。けど、香穂は

朝のニュースが見れなかったら、テロが起こっていても、ゆみちゃん(娘は私を母と呼ばない。詳細はわからないが、どうも母と呼ぶほどきちんとしていないからみたいだ)は、わからないから、家で待機させず、そのまま渡をプログラムへと出してしまうんだよね?それ、危ないだろうが!!

ということで、受信料を払っているんだからと、テレビがみれるように、交渉開始をしたようです。アメリカあるあるで、テレビがみれるようになるまでたっぷり4時間かかりました。

さらに、渡の進路が決まり、香穂の帰宅後から渡の着る服が少しかっこよくなって、髪の毛もカットされ、バッチリと朝にグリスで固めてセットされるようになった。で、母のお財布は少し軽くなってしまった、という話。帰省終了まで後5日。働きまくる娘でした。彼女に休みは来るのか??

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171227

2017-12-26

[]さて今回のお姉ちゃんの帰省のメインイベント。渡の来期の打ち合わせでございます。 22:47 さて今回のお姉ちゃんの帰省のメインイベント。渡の来期の打ち合わせでございます。を含むブックマーク

自閉症の渡の打ち合わせ会議。本来は11月に行われるのだけど、香穂が参加したいということで、成人として渡を支援することが決まった香穂の参加。

来期の渡のスケジュールなどを話し合うのだけど、ほぼほぼ渡の希望が通った。母は、母亡き後の渡のことを考えて、遠慮がちに意見を言っていたのだけど、帰省して会議に参加する娘の鶴の一声。

そんなの今、心配してても意味がない。20年後のアメリカなんて、バカな大統領になってしまっていたら、渡の未来なんてどうなるかわからない。その時々に、臨機応変に渡の意見を聞きながら考えた方が有効。それよりも、今、渡が渡らしく生きる日々を考えるべき。

ということで、納得。私の望むところです。

たしかに私が死んだ20年後の渡のことを、今、私がいくら準備しても、それは時代遅れだったりするわけだし、渡の気持ちも変るかもしれないし、アメリカの制度も変わるわけだ。ということで、遠慮がちに意見していた私は、渡の意見をはっきりと通すことに決定。たぶん、「チーム渡」から一名脱離していただくことになる模様。ねーちゃん、ずばっと切り込んで、強し。渡は、希望通り、社会の一員として、活動する時間が増えそうで、個人でできる勉強の部分は、自分で責任もってやる時間が増えるようだ。成長の一歩です。これも、渡の数学を教えられる人が少なくなっていることもあるので、納得な私。数学を教えられる人に渡が

自分で聞いて、時間のロスなく、こころゆくまで学びたい。

という渡の希望も満たせて、嬉しい結果に頬ゆるむ母でした。

Noriyuki KimbaraNoriyuki Kimbara 2017/12/28 14:31  記事を両親にも読んで貰いました。香穂さんの言葉が、とても印象に残りました。我が家でも、「両親亡き後、僕を誰が補助するのか?」ということが家族ミーティングの時の話題になります。我が家でも、基本的に僕の主体性を重んじてくれているので、その時々でチャレンジしてみたいことは、大抵のことをさせて貰ってきました。ありがたい限りです。「あなたたちの死後のことは、その時になってみないと分からない部分もあるから、たまには考えてくれなくてもいいよ」と両親には伝えます。さて、ブログを拝読させていただく中で、いろいろと学ぶことが多かったです。ありがとうございます。今年も残すところわずかですが、kuboyumiさん、渡さん、香穂さん、良いお年をお迎えください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171226

2017-12-25

[]クリスマスに何をしたか?というお話。アメリカ人のお宅のクリスマスはこんな感じでございました。 22:42 クリスマスに何をしたか?というお話。アメリカ人のお宅のクリスマスはこんな感じでございました。を含むブックマーク

クリスマス当日でございます。アメリカは日本の元旦のように道路も空いて、お店もほぼほぼしまって、街が静まりかえります。こうなると、昔のシリコンバレーを思い出して車を出したくなる私。道がガラガラで、どこでもいけます。本日選んだところは、サンタクルーズ。海が大好きな渡に海を見せてあげて、香穂が釣りをしたいというので、釣りもできるところ、まずは、元旦であろう、クリスマスであろうが空いているデニーズで朝ご飯。

昔はおおきなマグカップになみなみとコーヒーをついでくれたのだけど、そういうこともすっかりなくなって、カップが小さくなってしまって、取っ手のところの大きさだけは同じで、アンバランスなマグカップになったデニーズ。

f:id:kuboyumi:20171228153144j:image

世知辛い...。

なんともいえない、出来損ないの野菜の炒め物が鉄板の上にのってくるこの料理が大好きな私。

f:id:kuboyumi:20171228153150j:image

全然クリスマスっぽくない。

デニーズでお日様がでてきて、周りが暖かくなり、水温が上がってイワシが出てきそうな時間まで時間つぶしをしながら、香穂とどうでもいいような話しをして笑い転げる私たち。

読みはしっかり当たって、つれまくるイワシ。渡も大量でございました。

f:id:kuboyumi:20171228153154j:image

家にもどって、このイワシで南蛮漬けをつくり、次の日の朝ご飯の準備をする私たち。夕飯は、お呼ばれしたので、そのお宅にも持参。

さて、クリスマスのご飯でございます。お呼ばれしたお宅でいただいたものは、これ。

f:id:kuboyumi:20171228153949j:image

何キロあるんだよーー、と言いたくなるお肉でございました。あー幸せ、幸せ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171225

2017-12-24

[][]クリスマスイブに悪い子にお仕置きをするサンタがやって来ないようにと祈る渡 22:27 クリスマスイブに悪い子にお仕置きをするサンタがやって来ないようにと祈る渡を含むブックマーク

クリスマスイブですが、私とお姉ちゃんは、渡の会議の話で盛り上がり。本当は11月に渡の来期の打ち合わせをする予定でしたが、お姉ちゃんが帰省して出席するということで、延期が決定。

私とお姉ちゃんは、ほぼほぼ意見が合いました。

さて、渡へのクリスマスプレゼントも用意して、あとはKrampus(クランプス:赤いサンタのあとについてやってくる悪い子供にお仕置きをする怖いサンタ)が来ないように祈るばかりの渡です。このサンタです

D

Merry Christmas!

渡は、イブというのに、会社のカーペットクリーンをしてくれました。ありがたい!

f:id:kuboyumi:20171228161950j:image

丁寧なお仕事なので、大変助かります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171224

2017-12-23

[]開発リーダの髪の毛に白髪が1本あったために、婚期が遅くなるという話 19:57 開発リーダの髪の毛に白髪が1本あったために、婚期が遅くなるという話を含むブックマーク

先日、ひとつ大きな仕事が終わったので、ワインを会社でみんなでワイワイ飲んでいたら開発リーダーが

すみません。後頭部に1本だけ白髪があって気になるので、切ってもらえませんか?

とハサミを持ってきた。

今の時代、結婚しなくても家族がいなくても、困ることはそんなにないけど、こういうのは、たしかに一人暮らしだと困るなと思った。

ふと、白髪を切ってあげて開発リーダーに

やっぱりさー。一緒に住むパートナーがいたらさ、こういうのもしてもらえるよんだよ。考えたら?

ということを説得してあげようと思った。立候補者もいるので、紹介もできるし…と思い…..。

なので張り切ってハサミを持って、切ってあげたら、なんと、ワインを飲んで少し酔っていたので、全然違う場所の黒い髪の毛を200本以上切ってしまって、肝心の白髪は切れずじまい…。リーダーは、

えっ?どうしてこんなに黒い髪の毛を切っちゃったんですか?えっ?結局、これだけ切ってもたった1本の白髪は切れてないわけですか?あぁ...僕のセーターが毛だらけになってしまっている!あっ、もういいです。自分でやります。ありがとうございます。

と器用に自分で後頭部の白髪を切っていた。

このままだと、どんどん一人暮らしの期間が伸びそう…そうなったら、原因の一旦は、私のヘアーカットかも…。と思った。まーどれだけ切っても、リーダーの毛は剛毛で多いので、間違ってたくさん切ってもバレないだろうから、

私のうまいヘアーカットでよかったでしょう?

と言えたので、よかったよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171223
Voice4u