ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自閉症児 渡の宝箱 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-07-20

[]最近読んだ本 13:42 最近読んだ本を含むブックマーク

小説は読まないようにしようと心がけているので、(読むと中毒症状がでるので)ざっと読める本2冊紹介。

最近読んだ本。

1冊目

カリフォルニアでは、いまだに絶大な人気がある国宝ローズのKoda米。その原点がわかりました。彼らがどのような苦労をしたのか?戦争は彼らの稲作にどのような影を落としたのか。

オーガニック・アメリカンズ

オーガニック・アメリカンズ

全く知らずに「おいしい、おいしい」と食べていたカリフォルニア米。こんな苦労の上にできたお米なんだ!と驚いた、感謝しながら食べねば...。

2冊目

大阪出身の私にはもう読んでて耐えれない。夜なきうどんの作り方。また一からだしとってつくりたい。我が家では、うどんは香川のうどんで、ネギは父が趣味で裏庭でつくっていた九条ネギ。出だし汁は、父が削ってくれたカツヲでとって食べてました。あのうどんはおいしい。再度作ろうとおもいました。

ハモ料理。働いてるときによく上司がつれていってくれました。

いやー大阪、おいしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160720

2016-07-17

[][]周りから反対されたけど、自閉症の息子に教えておいて良かったなと思う3つの事 16:25 周りから反対されたけど、自閉症の息子に教えておいて良かったなと思う3つの事を含むブックマーク

アメリカには、発達の遅れがわかると、504Planか、IEP(個別教育計画)で教育に対するサポートを受けることができます。これらの違いは、別の機会に述べるとして…。

我が家の渡はIEPだったのだけど、私以外の全員一致で反対された事がいろいろあります。その中で、息子が成人になった今、反対する人たちを必死で説得して、やって良かったなーと思った3つ。

1.日本語を学ぶこと

賛否両論ありますが、渡は小さい時に言語をひとつに絞ることと言われましたが、我が家はバイリンガルです。

それは、日本語話せれば便利だし、祖父母の限りない愛情を日本語というものを通して受けれれば、祖父母も楽だし、伝わりやすいだろうなというのがありました。

結果、やはり、息子は、嬉しいことがあれば、祖父母に日本語で手紙を書くし、日本にいっても日本語で伝わるし、なにより、仕事を受けやすいです。日本語ができ、英語も出来るデータ好きというのは、多くはないのでニッチな部門を狙いやすい。これはやらせて良かったと思います。人が集まって日本語でみんなが話していても、疎外感はゼロです。

渡はいまは漢字の練習が大好きで、練習して読んでは大喜びしています。漫画もみれるしねー。

2.数学を諦めず学び続けた事

数学をやらせたことはよかったなーと。途中で学校のほうから何度も「行動が悪いので、数学のクラスに入れないから、数学はやめるように。」といわれましたが、それはおかしい。数学ができていないので、もうここで終わりのほうがまだ通る。行動を直せば学べるということなのに行動を治す努力をせずにできていることをやめさせるというのは、教育とは言えないのでは?と思いました。ということは、普通の行動ができるようにすれば、数学の勉強は続けていいんだなと思い、いろいろな工夫をして周りの生徒に迷惑をかからないように数学を受け続けました。これが仕事にもつながったし、自分の自信にもつながりました。大学の時に高校のかわいい同窓生が教室の外で待っていてくれるようなお友達も出来ました。いまだに計算だけは早いので、嬉しそうにドヤ顔する渡です。

3.自転車に乗る事を教える事。

IEPチーム、IPPチームとも、渡には脱走壁があった事から、自転車の乗り方などを教えたら、どこまででも逃げてしまい危ないので、教える事はしない。という意見。私は男の子として生まれたのなら、思春期になれば、母親と一緒じゃないと、どこにも行けないというのは嫌だろうと思っていました。一人で風を切って好きなところには行きたいでしょうということを考えておりました。さらに母の私はもともと自転車で信州の山に登ったり、九州を縦断していたり、日本海を走ったり、四国をVの字に走ったりしていたため、自転車に乗せないという選択肢がなかった。

渡といろいろなルールを決めて自転車の練習をして乗れるようになりました。お姉ちゃんより乗れるようになるのは早かった気がします。自転車に乗れるようになると、わざわざ足で逃げなくてもと思うのか、脱走壁がぐんと減りました。

で、大人になった現在。この自転車のおかげでまた嬉しいことが一つ。

いまの夏のプログラムは、6km家から離れていて、さらに交通の便があまりよくない。2kmだけ途中でバスに乗れます。障害者用のタクシーを使うという選択肢もあったのですが、やっと公共交通機関の乗り方を学んできている渡はこのタクシーに乗るのは嫌がりました。待ち時間も長いしね。自力で通うことに喜びも感じているみたいなので、ここで元の介護タクシーに戻すのは、渡も嫌だろうなぁと私でもわかりました。なので、2kmだけバスにのり、4km歩くという提案を渡にしてみました。ところが、彼のチョイスは、「全行程、自転車で通うこと。」でした。

えっ?6kmって、往復12kmだよ。結構遠いよぉぉと思ったのですが、私も学生時代に片道50km弱ほど離れていた大学に自転車で通っていた時期があるので、あまり反対できない。とりあえずやってみましょうとなりました。

まずは約束ごとから。渡がどのような運転で通うか私がわからないので、最初の1週間は母と一緒にいくという条件を飲む事で渡の希望を受け入れました。

私は渡の朝とお昼のお迎えの2回往復するので、1日24km自転車に乗らねばなりません。

けど、やってみると頭もすっきりするし、背中は痛くならないし、早く出勤できるし。いいことづくめでした。

渡も自力で通えることが相当うれしい模様。こんな笑顔でニコニコしながら自転車をこいでおります。

f:id:kuboyumi:20160718141208j:image

やっぱり男の子だもん。行きたい時に行ける所に自分の力で行けるというのは、嬉しいよね。

けど、母は久しぶりの自転車でお尻が痛いよぉ。昔は琵琶湖一周180km runとか出ていたのにね。昔取った杵柄とはなりませんでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160717

2016-07-16

[] 5km マラソンで女性総合で優勝した私。純粋に嬉しかったりする...。 14:38  5km マラソンで女性総合で優勝した私。純粋に嬉しかったりする...。を含むブックマーク

Light The Way 5km Runというマラソンの大会に出てきました。地元のLos Gatosでの開催ということで、コースもわかりやすく、走りやすかったですが、暑かった。

スタートラインについて走り始めたら、いつもより体が軽かった。夜食にお友達が差し入れしてくれたキヌアがいつもみたいにお腹ヘリヘリで走らないで済んだのも功を奏した。

私の前に女性が3名くらい走っておりました。高校生くらいの子と大学くらいの子。あとは成人女性ですね。あれーなんか抜けると思ってどんどん抜いて走ったら、前に女性がいなくなって男性しかいない。そのままゴールしたので、もしかしたら、1位かもと思って....。表彰式は1時間後ということでした。ゴールのところで短いなんか色のついたひもみたいな物を渡されたので、とりあえずそれを持って、1時間あったら、主婦がすることは買い物。そのままゼッケンつけたまま、夕飯の買い物です。

さて会場にもどったら、お楽しみの抽選会があって、授賞式。

5km女子の総合一位ということで名前を呼ばれました。私の名前だ。ちょっと驚く私。

f:id:kuboyumi:20160716112522j:image

とりあえず、笑顔で、Thumbs up

で表彰の方へ向かいます。トロフィーを渡してくださったので、やっぱ私で合ってるんだ!

f:id:kuboyumi:20160716112533j:image

トロフィーはこんな感じ。

f:id:kuboyumi:20160716112604j:image

帰る間際も撮影しました!

f:id:kuboyumi:20160716112711j:image

娘が大学院に通う年齢になった私。それでも高校生や大学生と走って1位になれたことは純粋に嬉しい。昨年11月に健康だった私が健康診断にいって医療ミスにあい、生死をさまよったけど、後遺症もなにもなく、1年経たずにここまで来れたことは嬉しいです。健康に感謝です。この健康の維持が今後の課題です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160716

2016-07-09

[]サンドイッチの解体作業をして12人分のサンドイッチを作る私。 11:16 サンドイッチの解体作業をして12人分のサンドイッチを作る私。を含むブックマーク

うちの家の近くには、Gene'sというちょっと高級なスーパーマーケットがあります。とにかくチーズやハムなどが非常においしい。けど、お値段もそれなりにします。そのスーパーで、昔は、冷蔵庫に、こんなものを売っていました。

f:id:kuboyumi:20130416164822j:image

サンドイッチです。これは3年前の写真で私も最初見た時に、何かわからず....。しばらく見つめて、

「もしかして、サンドイッチかも...」

という感じ。発売当時は$2.99でした。それがしばらくしたら、$3.99になりました。

これが1人前のサンドイッチということらしいです。こんなの塩のかたまり。これをサンドイッチとして食べたら、胸焼けを起こしそうです。1kgは軽くありますから。野菜は一切挟まっていません。

なぜこんなものを売っているのか?

それは、このお店は、お客さんの注文ごとにハムやお肉やチーズを切ってくれるので、どうしても切れ端ができてしまう。それをこのようにして販売しているわけです。

子供達がここのハムが好きなのですが、切れ端なので、分厚かったりして、私はチャーハンや炒め物にも使っていました。これくらいの値段だと惜しみなく炒め物に使えます。

ところがここのところの物価上昇にともない、サイズもこんなに小さくなりました。現在は、値段も$4.99に。手前の2つが、上記のサンドイッチです。

f:id:kuboyumi:20160710091327j:image

後ろの2つはパン屋さんで買った焼きたてパン。これで何をするか?というと、焼きたてパンとレタスとトマト、もっと必要だったらチーズも買ってきて、これを再度挟み直すわけです。もともと挟んであるパンは、数年前のように、おいしくもないし。(昔はパンも美味しかった)サンドイッチも購入時に「いろいろな種類が入っているサンドイッチ」というのを買ってくれば、渡はハム。香穂はローストビーフ。私はサラミ、といういろいろな種類のサンドイッチの作成も可能。

さて、解体。

これだけのハムやお肉やチーズが出てきます。

f:id:kuboyumi:20160710092859j:image

ライオンじゃないんだから、こんなに肉ばっかりのサンドイッチを食べれない。なので解体しております。

今日はこちらのお友達が、大きなイベントに自分の作品を出展されているので、そこの会場に差し入れです。食べ物を買いに行ってる時間もないかと思い。こんなのが出来上がります。

f:id:kuboyumi:20160710101827j:image

12人分くらいあります。

だいたい、1つのサンドイッチから6-8人分のサンドイッチができます。焼きたてパンで挟み、野菜はファーマーズマーケットで購入すれば、もう外食でサンドイッチが食べれなくなるくらい美味しいサンドイッチが出来上がります。喜んでもらえればいいのだけど...。

追記...このブログを上げてからすぐに、全くこのサインドイッチを見なくなりました。お店の人に聞いたら、日本人が好きだよと勧められた...。(←日本人がたくさんきた模様)で、今日久しぶりに店でみつけてご対面したら、なんと、一番上の写真の4分の1になっていた。祭りは終わった...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160709

2016-07-06

[]自閉症の息子を22年育てて、理解した教育に関すること 00:03 自閉症の息子を22年育てて、理解した教育に関することを含むブックマーク

明日で息子はアメリカの義務教育を修了します。自閉症の息子を育てててわかったこと。

1.自閉症が、あっという間によくなる様なことはない。←断言。

2.障がいがあってもなくても、子供の教育というのは日々の積み重ね。

ということ。例えば、なんらかのマジックがあったとして、障がいが突然なくなったとする。それでもやはり教育というものは、毎日の積み重ねからきます。けど学びというのは、各自違うということ。学校での学び方が学校に通う生徒全員が一致することは将来ないも無いと思います。なにを言いたいか?というと、40人のクラスだったとして同じ授業をうけたとしても、その授業での理解度が全員一致ということはないわけです。障害があるからというので、一番に政府がすることが、「教育を諦めさせること」であってはなりません。その子供が学ぶために専門家や周りの大人などがどこまでできることがあるか?できない場合はどのように対処するのか?を明確にすることが大事かと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160706

2016-07-01

[][]口頭ですぐに返事をしないことは、失礼なことといい放たれる自閉症の渡 21:58 口頭ですぐに返事をしないことは、失礼なことといい放たれる自閉症の渡を含むブックマーク

香穂と自閉症の渡(どちらも成人)は、夏休みに入って、近くのシェルター保健所のようなところ)の分室に通っています。いまは、子猫が増えるシーズンです。捨て猫や飼えなくなった猫がいっぱいいます。ただ猫を眺めたり、さわっていい猫をさわったりしているのですが、いい子(猫)がいたらママにお願いしようという隠れた魂胆は知っている母www。

ところが、今日はちょっと違うことが起こったらしい。入るなり、一人のおばあさんのボランティアの人に、渡が話しかけられた。

「何しに来たの?」

つよい語調で嫌な予感がした娘は飛んでいったらしい。

「何しに来たのって聞いてるのに、なんで答えないの?」と言われたそうだ。いや、答えられないんだってば....。娘はすぐに

「弟は自閉症で、口頭での会話が不自由で答えられない。」というと、相手の人から

「答えられないの?なんて失礼なの!!」と怒られたらしい。しばらくしたら、

「子猫の里親の人がこの部屋で会いたがっているので、あなたたちは出て行って。」と言われたらしい。娘はすぐに出てきたらしい。仕事中の私にメッセで報告してきたのだが、私は

「すぐにシェルターにもどって、失礼だと言った人の名前を聞いて、なぜ障害があって話せないことが失礼なのか?と、聞いてきなさい。」と伝えた。

そしたら、

「今昼休みだから、しまっている。」とのこと。昼休みがおわって、再度シェルターに向かった子供達。ところが、おばあちゃんボランティアはいなくなっていたそう。午前中も来ているので、他のボランティアのスタッフたちが、にこやかに話しかけてきてくれたらしい。

「ねぇ。この子(渡のこと)は、すごいよね。」と突然、渡のことを褒め始めたらしい。

理由は、子猫を触るためには、いろいろなルールがあるからということらしい。具体的には、

1.同じケージの子猫はそのままでいいけど、違うケージの子猫を触るときは、万が一、感染症が移ってはいけないので、ケージが変われば、必ずケージがかわるごとに手を消毒すること。(子猫まだ小さくて抵抗力がないので)

2.まだ予防接種をうけてない子猫は床においてはいけない。

3.出していい子猫と出してはいけない子猫があって、マークでわけられていること。

4.扉を叩いたり、驚かしたり、無理に起こさないこと。

などがあります。スタッフの話によると、子猫を見たり触ったりしているうちに、人間のほうが興奮してきて、この単純なルールを守れないことが多いらしい。けど、スタッフの人たちは、よく来る娘たちを覚えていて、(渡は目立つし)渡がそのことを一度も間違ったことがないことまでしっかり観察しています。将来、里親になるかもしれない人たちのことは、スタッフもよく観察している模様です。娘は、

渡が自閉症で、12年猫を育て上げたこと。

今の猫もすごく大事にしていること。

猫のしつけも頑張ってしていること

を話していたらしい。スタッフの人たちは、「あぁ。わかるわー」となったらしい。

で、なんでまた戻ってきたの?というので、こういうことがあって、母が、

「なぜ、話せない渡が失礼なのか理由を聞いてきてくれ。」

って言われた。と話したそうだ。

スタッフ唖然。その他のスタッフも大勢つれてきて、こんなことが今日あったと説明。みんな驚いて、

「なんで!ありえない!!」と言われたらしい。スタッフの人たちは、

「渡は一番猫にきちんと接してる。すごく紳士だ。」となったそうだ。そうだそうだ!!となり渡は一気に幸せに。

スタッフの人から

「今日のことは、帰ってしまったおばあちゃんスタッフにもきちんと話しておくから安心してまた来てね。」と言われたらしい。なんやかやと、結局はシェルターのスタッフの人たちとお友達のように仲良くなった子供達。

香穂は、みんなが渡のことを知っていることのほうがびびったそうだけど。

とりあえず、一番傷ついてちょっとむかついている香穂と、なんだか拒否された感はある渡は、楽しんでもどってきた。

ただ、悲しむだけでけではダメだなぁ。冷静になって再度、話してみるというのも手だなぁ。けど、大概、もう一度、不愉快なことをした場所にもどるといいかも。不愉快な対応をした人が一人だった場合は、再度戻って話し合えば、うまく行くことが多い。不愉快な態度の人が、複数いて、みんなが同じ対応をした時が一番問題。たった一人の対応が悪いときは、その個人にもなにか問題がある可能性だってあるわけだよね。みんながみんな渡の相手を平等にできるほと毎日精神が穏やかで、平和主義であるわけじゃないから、社会は問題があるんだし。

おっかけっこおっかけっこ 2016/07/09 17:59 こんにちは〜いつも楽しく読ませていただいてます。シェアさせていただきました。学童保育のアルバイトをしていて、自閉症のお子さんへの対応の参考にさせていただいています。以前香穂さんが「私達がしっかり叱らなくて、社会に出て困るのは、渡だよ」と言ったことばをよく指導員さんに伝えています。(友達同士でトラブルをおこしたときに、この子は仕方がないからと叱らない時があるので〕これからもブログ楽しみにしています。

kuboyumikuboyumi 2016/07/09 18:22 そうですねー。しかるというより、彼らのわかる形でしっかりと説明して伝えるという感じですねー。なぜ周りが怒っているのか?なぜ不愉快なのか?ということですね。コミュニケーションって自閉症でもなんらかの形で取れるので、どの方法でコミュニケーションをとるのか?というのを5歳までに家族や接する大人が確立しておくことというのは、高機能自閉症のテンプル・グランディン博士もおっしゃってましたねー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160701

2016-06-27

[][]自閉症の渡が遊園地へ友達と行った 21:45 自閉症の渡が遊園地へ友達と行ったを含むブックマーク

渡が、お友達とみんなでGreat America(遊園地)に行った。

可愛い子をナンパしていないか?みんなとはぐれて一人ぼっちになってないか?と心配な母。

お姉ちゃんはそんな私を横目に、

心配だったら渡にメッセで”楽しんでる写真を送って!”ってお願いして、送って貰えばいいじゃない!

というので、さっそく渡にメッセで

グレートアメリカを楽しんでいる写真を送って!

と言ってみた。お友達とワイワイと騒いでいる写真が送ってこられると信じていた私。しばらくしたら、こんな写真が送られてきた。

f:id:kuboyumi:20160629130340j:image

いや、立て看板は、別に楽しくないし...。

けっこう笑わせてくれる。ここら辺の笑いのセンスは渡レベルの大阪だけど、間違いなく必死で可愛い子をキョロキョロと探してるなあ.....。とわかった母。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160627

2016-06-25

[]今日我が家で起こった怖いこと。 21:47 今日我が家で起こった怖いこと。を含むブックマーク

今日は怖いことが起こった。昼間に家で、車から荷物を降ろしていたら、突然後ろから

「久保由美さんですよね?」と日本語で言われて、ここはアメリカなので、私が「えっ?」と驚いていると、

「渡くんのお母さんですよね?」

「補習校で一時期、一緒になったことがあるXXXです。」と名前を言われてた。渡は障がいがあるので、補習校には行っていない。私は全く覚えてないし、補習校に行った娘が同じクラスになったこともない名前。そんな人のことを私が覚えているわけもない。けど突然やってきた相手が、私を覚えているから、住所を調べて突然訪問してもいいと思う方が、もっと怖い。

「怖い」と言ったのだけど、

「私たちは別に違法なことをしてるわけじゃなくて、ネットで調べたら、住所がわかったので、来ました。XXXを信仰してるのですが...」と言われた。怖すぎる....。これだけ怖い思いをさせておけば、私がこの宗教に入ると思ったのだろうか?で、さらにすごく怖かったことは、この声をかけてきた人が大きな黒い帽子をかぶって上から下まで真っ黒だったこと。渡がなによりも怖がっているブラックサンタみたいでした。ブラックサンタはこちら。

D

渡が会っていたら、泣いてたと思う...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160625

2016-06-23

[]娘が一緒に学んだ友達がハリウッド映画に出てる! 22:13 娘が一緒に学んだ友達がハリウッド映画に出てる!を含むブックマーク

香穂は大学で、舞台芸術学部にいたのだけど、1学年上ですごく仲良くしていたお友達がいて、その子は俳優学科にいました。彼女がなんと映画に出ている。1分37秒のところにでている赤いドレスを着ている女性がそう。Kellyが予告編にでてる!というので、もう香穂と盛り上がりました。

TRADEDっていう映画はなんか撃ち合いが多くて怖そうだけど、香穂と見に行こうっと。

D

Kelly Kristofferson 頑張ってねー。いつも大学に迎えに行ったときに会っていた子が、こういう風に映画にでるとなんか、新鮮。真剣にハリウッドデビューだなぁ。現在歌手をやっている同級生もいるし、(←たまに挿絵とか香穂が頼まれて描いています。)どんどんデビューしていく。すごいなぁ。みんながんばれ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160623

2016-06-16

[][]全力で感動するファインディング・ドリー。今年の観るべき映画ナンバーワンです。 23:20 全力で感動するファインディング・ドリー。今年の観るべき映画ナンバーワンです。を含むブックマーク

ディズニー映画は封切りの日に観に行くという我が家の暗黙の了解があるので、本日も私の仕事上がりに子供達をつれて、「ファインディング・ドリー」を見に行きました。ファインディング・ニモも続編なので、私もあまり期待せず、すっかり気を許してみたのがいけなかった。いやー、号泣。

ドリーはショートメモリ(短期記憶力)がないニモのお友達。この辺りもほぼ我が家の渡と同じ。好きなことの記憶力はすごいけど、興味がないことはすぐに忘れる。英語の単語を忘れるなんて、もう呼吸することよりも簡単な渡..。同じだ...。

このドリーと記憶が普通にある嫌われ者のタコの友情と家族愛についての映画です。タコってアメリカでは悪魔の手下のように思われていて、いつも食らわれ者なんだよね....。

ディズニーとピクサーの今回の映画ですごいのことは、まだあります。こういう障がいがあるキャラを主人公にするドラマとか映画って日本でもあるけど、しょうがいを軸におきすぎるので、見ていてなんだか疲れるし、爽快感というのは少ないのですが、ドリーの場合、それよりも友情や家族愛を軸においているので、見ていてすごい感情移入しやすい。見ている最中、映画館で子供も大人もみんながドリーに向かって観客全員で声高らかに応援するし、観ているほぼ全員がドリーの気持ちを理解してドリーの最強の味方になろうとするというすごい映画。

D

いやーこれ、自閉症のお母さんやお父さんにも是非見ていただきたいです。自分たちが子供達にやっていることって、無力なような気何することがありますが、そんなことってないです。

私と娘はいままで、自閉症の症状と長い間、戦い続けてきたので、泣く場面がほぼ同じ。タオルをもっていかなかったのを後悔してお互いに着ている服の袖で涙を同時に拭うという感じでした。

アニメの世界に住む娘としては、あまりの技術の進歩に驚き。娘は

タコを描くのがすごく難しかったらしい。あれだけの吸盤があって、シワがあって、動きが滑るようなものっていうのは表現が難しい(ましてや口も鼻もない)のだけど、これをすごくしっかり作ったというのが前評判なんだよ

と言っていて、確かに観ていて、タコのハンクの体重というかそういう重さが伝わってくるし、すごいわかる。いやーすごい映画を見ました。子供がいない人でもいる人でも大人でも子供でも見事に楽しめる映画を作ったピクサーとディズニーはやっぱすごいわ。とおもいました。日本の皆様は、7月16日が公開日です。是非みなさま見てくださいませ、映画館でみる価値のあるすごい映画でした。あの海の中のシーンは家のテレビで見るだけではもったいないです。映画館で見ないと...

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160616

2016-06-08

[]アメリカ生活で靴を絶対に外で脱いではいけない理由 21:23 アメリカ生活で靴を絶対に外で脱いではいけない理由を含むブックマーク

私はシリコンバレーに長く住んでいるのだけど、最近本当に良く見かけて気になることは、日本人のご家庭で玄関の外で靴を脱ぐご家庭。靴がそのまま外にあります。いつもの私の出勤経路でも複数軒おられます。毎日ドキドキしています.....。

たしかに、アメリカは土足生活が基本になっているので、家の中に玄関がないので、靴を外に脱がないと家の中に泥が入ってしまうので、いやなのはわかりますが......。けど、これをすると今、誰が家にいて、誰がいないのか?すぐにわかってしまう。遠目にみても、靴のサイズや同じ靴があるかどうか?留守なのか?旦那さんはいないのか?一目瞭然で、泥棒に

どうぞ、どうぞ。いま、家にいませんから、入ってください。

といっているようなものです。泥棒は必ず夜に下見をするそうです(警察談)カモフラージュにたくさん並べても、並べられてる靴、いつも脱いでる靴なんて、プロの泥棒にはすぐにわかることでしょう。サンノゼは窃盗科がないので、泥棒に入られると目も当てらなくて、とっても怖いことになる例がこちら。その1から読むと怖いです。タイトルをクリックしたら、全文読めます。→アメリカの想像を絶する泥棒。

警察は犯人の指紋なども取ってはくれません。泥棒が捕まることは非常に少ないわけです。一度目をつけられたら大変です。

泥棒は会社の場合は夜に入りますが、一戸建てやアパートの場合は、9割は昼間に入るそうです。(おまわりさんにそう言われた)鉢合わせすることほど怖いものはないのですので、どうぞみなさま、靴は家の中に置いてください...。お友達で家の外に置いている方がいたら、そっと注意してあげてくださいませ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160608

2016-06-07

[][]自閉症の渡。カリフォルニア州大統領予備選挙の投票してきました! 09:18 自閉症の渡。カリフォルニア州大統領予備選挙の投票してきました!を含むブックマーク

渡、カリフォルニア州大統領予備選の投票をしてきました。いつもは学校が終わってから投票にいくのですが、今日は学校に行く前に投票するといいはり、朝の7時半から投票所に向かいました。今回は、いろいろ考えるとこともあったらしく、さらに渡も投票したい立候補者もいたので、思い入れが違いました。

アメリカは投票すると、このステッカーをもらえます。

f:id:kuboyumi:20160607074643j:image

無事投票終了して、記念撮影。

f:id:kuboyumi:20160607074917j:image

ご本人もほっとした模様。

今日は投票があったため、バス通学は諦めて、お姉ちゃんに学校まで送ってもらっておりました。よかったねー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160607

2016-06-05

[][]本日、障害のある人たちのタレントショーが行われます。 10:32 本日、障害のある人たちのタレントショーが行われます。を含むブックマーク


サンタクララでタレントショーが行われます。

どなたでも見学Welcomeですので、ぜひふらりとお立ち寄りください。

f:id:kuboyumi:20160601162759j:image

いろいろなすばらしい才能を持った人たちが出場しますので、大変楽しい会になると思います。

どなたでも見にこれますので、皆様お越しください、ふらっときて、ふらっと帰れるラフな感じのものです。

日時:6月5日(日曜日)夕方5時30分〜8時30分

場所: Mariani's

2500 El Camino Real, Santa Clara, CA 95051

飲食代金: $13 (現金のみの受付になります)

では、皆様、当日現地でお会いしましょう!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160605

2016-06-02

[]自閉症の渡のカリフォルニア州大統領予備選挙 17:39 自閉症の渡のカリフォルニア州大統領予備選挙を含むブックマーク

自閉症の渡のアメリカ・カリフォルニア州大統領予備選挙。大統領への投票は究極の選択の模様で、誰に投票するか?というので、ニタッと笑いながら「ぼく」といったのには、笑った。けど、もう自分で決めていたらしく、どんどん投票が行われている。結構すごいなと思ったのは、条例に対してYes かNoかで投票できるのですが、ほぼ理解して、きっちりと自分の意見言ってくる。後見人裁判の時に審査官の人が「彼は選挙できますよ。選挙権は取っておいた方がいいと思います。」と言ってくださったのに感謝です。本当だ。ちゃんとできている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160602

2016-06-01

[]自閉症とSNSの問題 01:56 自閉症とSNSの問題を含むブックマーク

我が家の自閉症の渡はSNSを使います。 FACEBOOKが主ですが、ヘビーユーザーじゃないけど、使います。きっぱり。ただし、お友達限定ですが…。

高校の時にSNS問題は勃発していて、多くの渡の教育に携わる人が、「使わせるべきではない」という主張をしておりました。娘と私はまったく意見が異なり、

正しい使い方を教えるべき。

ということを主張しておりました。IEPのゴールにしていたほど。

理由は、

必ずこの問題は成長するにしたがって、突き当たるから。

です。

たとえば、普通のクラスの授業を取っていてもアメリカではグループで勉強することがあり、それが成績に直結することもあります。その時にFACAEBOOK上で、意見を言ったり、勉強の情報をシェアしたり、まとめたりします。勉強するのに欠かせないツールでもありました。「使わせるべきではない」という主張する人たちには、

じゃ、あなたたちは、渡には、グループでする勉強は参加させるべきではないということ?

という主張をしておりました。けど、なかなか理解してくれない人たちもいたのも事実です。たしかに使わせるのには、周りは本当に手間暇かけて教えねばなりません。

これって、渡が小さい時に水遊びが好きで、どんどんと水を撒いてしまうので、

水を撒かないように水道の近くに渡が行けないようにしましょう。

というやり方と同じです。そんなの渡が人間として生きていく時に水に近寄らないなんて無理です。学校内だけでは可能かもしれませんが、人間として生きるためには、水は必要だし、水なんてどこにでもあるからです。

私は都合の悪い物を取りあげるだけのやり方が嫌いです。一時的に危険な物は取りあげることはしても、それよりも正しい使い方を手間暇かけても教える方が有効だと思います。

もう5年以上前のはなしですが、私は、プライベートでFacebookなどの正しい使い方を教えてくれる人を探したりしておりました。探している最中でも、自閉症のソーシャルスキル(社会性)を育てることを生業にしている会社の人に、

Facebookの正しい使い方を教えて欲しい

というと、

変わったことをいう親御さんね。そんなリクエストは来たことない。

といいつつも教えてくれました。親が教えればいいという人もいますが、それは違うなと思っておりました。思春期の男の子で母親にFacebookの内容を見られたい人がどれくらいいるか?と思っていたからです。なので野放しにするのではなく、正しい使い方を知るということ。息子たちのグループで何がFACEBOOK上で起こっているのか?把握できる人がいるということです。

けど、大学に入り、職業訓練を担当してくれる先生が私の懸念を理解してくれました。

そう。彼らは社会性に遅れがあるのだから、卒業したら、孤立し、ひとりぼっちになってしまう可能性が高いのです。自閉症じゃなくても、そんな人は結構見かけます。SNSは彼らを社会やお友達につなげる大きなツールのひとつなのです。

同じ意見をもってくれていた先生は、卒業してからもしっかりと皆が連絡を取れるようにとクラスメイト全員にFacebookの正しい使い方を教えてくれました。教えてもらっている間は、問題もありました。本当に大変だったと思います。けど、Facebookをグループで使うようになってから、渡は映画をみにいったり、ホッケーを見にいったり、イベントにいったり、一緒に勉強したり...と。充実した放課後を送っておりました。

ところが、その先生が辞めて、新しい先生がくるとFacebookの使い方を教えなくなりました。たしかにFacebookを使えるようにすると、教える側は、大変だし、面倒なのです。

元来、Facebookなどをあまり使いこなすタイプではなかった渡は、ホッケーを見に行ったり、映画を見に行ったりの活動が極端に少なくなりました。

どんどん孤立していっております。けど、繋がっているので、卒業後にまたしっかりと復活させればいいと思っていた私。

そんなところに問題勃発。

渡のお友達も同じように孤立していた生徒はいたわけです。卒業がまじかになりお友達と縁が切れると不安になったために、お友達の全員の携帯を貸してもらって、自分の携帯にすべての番号をうつして、全員にまとめてメッセージを送り始めた。

家庭事情が複雑な子供もおります。たとえば、父親と母親がDVなどで離婚訴訟中で、片親に同士が接近禁止令がでている子供などは、父親母親通しの連絡先が、弁護士を通してでしかつたえられな人もいたりします。他の人に携帯の連絡番号を知られたくない人もいます。子供の携帯に、何かあった時のために、会社の緊急連絡先を登録している親御さんもいます。いろんな人がいるのに、一斉にグループメッセージを送ってしまった。それでみんなの番号が一気にわかってしまった。いやー問題だろう…..。

だから学生は学生同士で連絡を取れる場所が必要なんだってば。前から話していたじゃない....。と思う私。

卒業なんて普通の子供だって泣くくらい悲しい事です。不安にもなります。ましてや、もともと友達が広がりにくい自閉症の子が縁が切れてしまう可能性が高いと感じる卒業の問題。こんなこと、わかっていたことだと私はおもうし、そのことに対してなんのフォローもしていないのも問題。

賛否両論はあるけど、私はやっぱり、普通に大学生や一般の人が使うFCAEBOOK等のSNSは、最低限、一番その子供の世代が使うものの正しい使い方というのは障害があるからこそ、しっかりと教えていかねばと思います。けど、やっぱりわからない人はわからない感じで、本日先生からの連絡は

この送った子の携帯から番号は消します。

という話だけでした。いやー違うでしょう。もっとしないといけないことはたくさんあります。この渡のお友達の不安を取り除いて安心して卒業させてあげるのことが、周りの大人のすることじゃないのかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20160601
Voice4u