自閉症 渡の宝箱 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-09-23

[][]落語を聞きに行こう! Part2 〜三遊亭圓橘(円橘:えんきつ)師匠〜 20:11 落語を聞きに行こう! Part2 〜三遊亭圓橘(円橘:えんきつ)師匠〜を含むブックマーク

きのうの続きです。


圓橘師匠に「渡がオードリー・ヘップバーン似の学生を学校で探した」というメールを出した私。数日後出勤すると郵便屋さんが

「小包があんたに来てるので、サインがいるんだけど。」といって、小包を私に渡して来ました。

サインしてうけとったものは、なんかちょっと重い。

差出人は、「丸善」

あの「丸善」です。私が好きな作家、梶井基次郎の檸檬*1にでてくる丸善です。あの丸善・・その丸善です!!なんだろ???興奮状態の私。

あわててあけてみると差出人は、圓橘師匠です。

あっ、もしや・・・。と思い、渡に開けてもらうことにしました。

渡に渡してみました。彼は綺麗な包みを渡され、緊張。

f:id:kuboyumi:20100920171029j:image

恐る恐る渡が開けて出て来た物は・・・・。

なんと!

f:id:kuboyumi:20100920171047j:image

大好きなオードリー・ヘップバーンの写真集です。渡は、「あっ」と小さく叫んで、もう大喜びです。

あわててページをめくります。

今だかつて見せたことが無いようなこの顔。

f:id:kuboyumi:20100920171316j:image

万遍の笑みです。相当うれしかったようです。

散々ながめたあげく、私に一番好きなページを教えてくれました。

f:id:kuboyumi:20100920171622j:image

たぶん、ティファニーで朝食をのダンスの場面だと思われますが、もう私には触らせてもらえないので、確証がない(笑)*2

江戸っ子の粋といいましょうか、人情といいましょうか。こういう心暖まる人情や思いやりというのは、障害がある渡にでもしっかり伝わるのですね。もう大喜びの渡。お礼の返事を書く。と必死で言います。


航空便でこんなに高く、さらには、重い本を送っていただきましたが、もう私は、この優しさと渡の嬉しそうな笑顔に、涙してしまいました。

小さい時から、いつもいつも皆さんにご迷惑をかけて、怒られることが多かった渡。皆さんに謝罪の日々だった渡。

そんな渡がこんなに素晴らしい物を日本から頂きました。渡にまでお手紙が同封されていました。それは子供向けの小話です。

渡は泣く私を心配して、

"Don't worry."(心配しないで)

と言いながら背中をさすってなだめてくれます。

そうよね。渡には、人は嬉しくても泣くことは、まだわからない。渡に心配させてもなぁ。渡を笑わせないと・・と思い、

「オードリーとママどっちが綺麗?」

と聞くと、ピタッとさする手を止めて、真剣な顔で冷静な声で、

"I'm sorry, Mom."(ママ、御気の毒に)

と言われて、

「あんた、頭おかしくなったんじゃない?」

という冷ややかな目で見られました。ごめん。渡。混乱してました・・。(笑)


オードリヘップバーンは没後17年経っています。この本を探すものさぞかし大変だったと思われます。

それで探した上に、さらに航空便で送っていただくなんて・・。



渡と早速Thank you Cardを買いに行き、渡らしい、お日様が笑っているカードを探し出して、必死で英語と苦手な日本語を駆使してお礼状を書きました。

けど、師匠、読めるかなー。渡はやっぱ字が汚い。けど、渡の気持ちは伝わるだろうと思い写真とカードを送りました。

江戸時代から脈々と伝わる落語の世界で生きてらっしゃる師匠。江戸時代の長屋には、発達障害の子供がいたと思われる文献もあるそうです。そういう子供には、長屋の人たちや近所の人たちがちょっとしたお使いや、簡単な作業を頼んで、小銭をあげてその子達の生活を守ったという話があります。

なんだか、私は古き良き時代から現在に伝わる日本の情、江戸っ子の粋をどっぷり体験した気分です。

どうぞ皆様落語に御出かけくださいませ。とくに発達に遅れのあるお子さんをお持ちの親御さんにおすすめしたいです。疲れた心と体を癒せます。


師匠の落語を聞いてみたいと思われた方に、落語の高座の情報は取りにくいので、三遊亭圓橘師匠の高座のスケジュールをあげておきます。神田寄席は飲食付きですので、お値段はりますが、深川東京モダン館で行われる圓橘の会は、2500円と御手頃ですので、たまには、お友達や親族にお子さんをあずけるか、レシパイトケアをつかって、どうぞ御運びください。きっと、きっと元気がでますよ。

~円橘の会~

10月16日(土曜)15時

むさし坊神田寄席

JR神田駅西口徒歩3分

予約電話(03)(3253)(6341)6千円(飲食付き)

場所:創作料理 むさし坊 神田西口店

〒101-0047 東京都千代田区内神田2-9-9 神田ビルB1


10月24日(日曜)15時

深川東京モダン館

場所:〒135-0048 東京都江東区門前仲町1-19-15

メトロ東西線、大江戸線、門前仲町駅6番または3番出口徒歩3分

予約電話(03)(5639)(1776)2500円


11月20日(土曜)15時

むさし坊神田寄席。

JR神田駅西口徒歩3分

予約電話(03)(3253)(6341)6千円(飲食付き)

場所:創作料理 むさし坊 神田西口店

〒101-0047 東京都千代田区内神田2-9-9 神田ビルB1



11月26日(金曜)19時

深川江戸資料館

メトロ大江戸線清澄白河駅下車徒歩3分

場所:〒135-0048 東京都江東区門前仲町1-19-15

メトロ東西線、大江戸線、門前仲町駅6番または3番出口徒歩3分

予約電話(03)(3643)(5054)円橘宅。2千五百円


最近あったとても嬉しいことでした。

*1:あれは京都の河原町店ですが、私に頂いたのは、日本橋からでした。余談ですが、河原町店もあの檸檬を売ってた八百屋さんも閉店になったんですね。

*2:追記・・マイ・フェア・レディじゃないですか?というご指摘を頂きました。渡が熟睡してる時にこっそり部屋に入り、本をあけて確認しようとしたら、本を手にとったとたん、渡が"WHta's?"と目をさましました。恐るべし、渡のオードリー好き。怒られないように、あわてて調べたら、マイ・フェア・レディでした。ご指摘ありがとうございました。

こすめいぬこすめいぬ 2010/09/24 08:41 なんていい話でしょう。今までずっと読ませていただいていましたが、はじめてコメントさせていただきます。師匠のお人柄も素晴らしいですが、久保さんのお手紙にも感動しました。朝からうるうるデス〜、、、ヘップバーンは確かに綺麗ですが、久保さんも負けないくらい(いやそれ以上に)きらきらしていますよ!!

kuboyumikuboyumi 2010/09/24 20:55 コメントありがとうございます。娘に
「キラキラしてるって言われた。」っていったら、
「それって、漏電して、スパークしてるっていうこと?」と突っ込まれました。
本当に、今回のことは、私に元気をくれました。こんなバタバタな家族を応援してくださる方がたくさんいらしてくださることは、本当に私たちには、ありがたいことです。どうぞ、またお立寄り下さいませ。

mikomiko 2010/09/29 08:18 お話の中に出てくる素材 - バラの花びら、落語、手紙、粋、贈り物(オードリー・ヘップバーンの写真集)…等 - が、どれもキラキラしていてとても素敵なお話だと思いました。冒頭の「いつまで謝るんだろう」「どれだけ家の人が・・・」のところで胸が一杯になり、久保さんと圓橘師匠の心の交流に感動で胸がジーンときて、そして、オードリーの写真集を大事そうに“喜色満面”で見つめる渡君のご様子に「よかったね〜」とこちらも思わず知らず幸せな気持ちになりました。幸せのお裾わけ…をどうもありがとうございました。「応援しています」というにはおこがましすぎますが、毎日を一生懸命&大切におくっていらっしゃる久保さんのバイタリティーに、時として冷めそうな心にファイト!って元気づけられているような気がします。どうかお身体に気をつけてずっと輝き続けていてくださいね。

kuboyumikuboyumi 2010/10/05 01:21 mikoさん、コメントありがとうございます。渡にそのように言っていただけると嬉しい限りです。どうぞ、多くの人に圓橘師匠の落語をみていただければなーと思います。このように情でできているような師匠の人情話は、本当にどなたの心も暖めることができると思います。私はなんだか毎日バタバタして生きているような気もしますが、最近は渡が持って来てくれる「ご縁」に日々感謝できるようになりました。また、ブログにもお越し下さいませ。

Voice4u Connection: close