ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自閉症 渡の宝箱 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-10-12

[]アメリカの人たちの緊急時の対応で、驚くことがよくあるという話 15:16 アメリカの人たちの緊急時の対応で、驚くことがよくあるという話を含むブックマーク

さて昨日の北カリフォルニアの大火事ですが、行方不明者が200人近くいるという話も流れてきています。160km離れているサンノゼも今日も空気は煙たくて、渡も朝から咳をしたりで大変でございます。どこに行っても火事の話です。うちの会社の前のオフィスには、Gymがあり、マッチョのお兄さんが忙しく働いております。そのお兄さんはきのう

僕さー、Napaのほうにボランティアに行ってくるから、よろしくねー。

というなんだか、まるで普通に学校に登校するような感じで、行くって言っております。毎日100kg超えのバーベルをあげてそうなマッチョのお兄さん。被災地にいけば、それは、それはお役に立つのでは?と思い、無理しないで頑張ってねー!!という感じで見送ります。

他には、マスクを被災地で無料配布する会社や、炊き出しをする人たち、様々は形で支援が行われ始めました。

私も何をするかなーと考えておりましたが、私のようなものが現地に行くわけにも行かず、まずは喘息の我が息子が周りに迷惑をかけないように、健康を維持することが一番の勤めなのかなと思ったり...。病院も満員でしょうし。

他には、一番早くできることは寄付ですので、どこに寄付するか?といろいろ見ていたのですが、東日本大震災の時のように、すぐに配布されないようなことが一部であったので、そんなところには寄付にしたくありません。

そうしたら、友達が

Yumi, これ、あんた興味あるんじゃね?

みたいなメールを転送してくれました。このリンクの事です。→K&L Wine

なにか?というと、このお店は様々な珍しいワインを取り揃えているお店で、そこの従業員の人たちがたくさんの人たちと話して、自分たちはなにができる?と考えたそです。それで自分たちのセラーから価値のあるワインやウィスキーを掘り出したので、それを抽選で当たった人に渡します。そのワインを当てたい人は、抽選券を$10で買ってください。抽選券は好きなだけ買えます。そうすれば、私たちが集まったお金を全額寄付します。とのこと。火曜日締め切りで水曜日に渡しますと。動きが早い!すごいわー。

今回の被災地は世界的に有名なワインの産地ですから、このお店にわたせば間違いなくすぐに被災した人たちの手に寄付したお金などは渡りそうです。渡すところも明確に記載されているし。

まぁ、よくこんなことを思いつくなぁ...すごいなぁ...ということを感じました。

きたメールはこんな感じの内容でした。

We, along with many others, have been thinking nonstop about family, friends, colleagues, and everyone else being hit unbelievably hard by the fires in North Bay. Sonoma and Napa have been the backbone of K&L for decades, so to see these lives upended so quickly has been heartbreaking. It will take years for families and businesses to rebuild and help is very much needed. After talking about ways to help, we thought it would be a great idea to dig into our cellars to find some treasures and set up a raffle for incredible and rare bottles with 100% of the proceeds to organizations directly helping the affected areas:

Napa Valley Community Disaster Relief Fund

Redwood Empire Food Bank Sonoma County Fire Relief

Redwood Credit Union Fire Relief Fund

All raffle proceeds will be split evenly between the orginizations. There are no limits on raffle tickets purchased. Raffle tickets can be purchased through midnight next Tuesday October 17th, and the winner will be drawn Wednesday morning.

さてさて、買うぞ!チケット。

Noriyuki KimbaraNoriyuki Kimbara 2017/10/13 18:37 被災地域と関わりが深い企業が募金の窓口となって、募金の取りまとめ役を担うということですね。
「なるほど!さすが、アメリカ、すごいなー!!」と思いました。
こういった大胆な発想は、とてもカッコいいですね!!
カッコいいだけではなく、とても理にかなっていて、寄付文化が根付いているアメリカならではの発想だと思いました。被災地域にブドウの一大産地が含まれているということなので、可能な限り早く葡萄農場の回復がなされることを祈ります。農場があっての農業、農業が有っての「食(しょく)」なので。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/20171012
Voice4u