自閉症 渡の宝箱 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-05-19

[][]香穂の通う芸術大学のスプリングショーに行ってきた!アメリカの大学ってすごい。 18:52 香穂の通う芸術大学のスプリングショーに行ってきた!アメリカの大学ってすごい。 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂の通う大学のスプリングショーに行ってきました。だいたい一つの学科で5名くらいが選ばれて、作品を出す模様。日中は、企業の人がやってきて面接などをしてくれるそう。

娘は3つの作品がでて、一つが大賞、のこる2つが2位でしたが、うち一つは大学の宣伝に使われるそう。

f:id:kuboyumi:20170520140828j:image

一つ目の作品です。これは、ナッツアレルギーの子供がアレルギーの悪者と戦う話。もっとアレルギーを子供たちが、身近に感じられたら.....というものです。アニメーションというのは、一人ではできませんが、このプロジェクト、大学や外部の企業が数年かけてやる大きなプロジェクトになったらしく、一番最初の部分をうけもつストーリーボード担当(ストーリーを関わる人たちに伝える役)の香穂は、大喜びです。こちらが大賞。

f:id:kuboyumi:20170520140909j:image

初期のチームみんなが頑張って力を合わせただけに、感慨ひとしおらしいです。

次の作品は、サンフランシスコジャイアンツの関連のもの。

f:id:kuboyumi:20170520140911j:image

サンフランシスコジャイアンツの野球をもっと小さい子供にも興味を持ってもらうために、野菜たちのキャラクターがくり広げるショート物語。こちらは2位。

最後が、日本に行った時に京都まで撮影&取材に行って仕上げた作品。日本語では、「さゆり」という本になっていますが、その本をベースにしたストーリーボードです。娘としては、これは1年以上前に描いたものなので、まだまだ下手くそだなーと思うらしく、書き直したいくらいだったそうだ。

f:id:kuboyumi:20170520141031j:image

f:id:kuboyumi:20170520141011j:image

まぁ、1年間大学院で学びながら描き続けていて、全く進歩がなければ、そりゃーダメだわな。

という感じでした。

けど、私が香穂の絵を見てる間も多くの人が、真横で香穂の絵を指差して評を話し合っているのですが、もうなんだか、横で聞いてる私のほうが口から心臓が出そうなくらいです。心臓バクバク。

ここの部分がねぇ...。

とか話し出すと、

えっ?あっ?すみません。すぐに娘に言って描き直すように言ってきます!!

と言って絵を取り外して、娘にもっていきたくなるくらい緊張です。

その方が

ここの部分がね.....よく表現できてるよね。僕はこれが好きだな。

と言ってくれた時には、思わず、「本当にありがとうございます」と横から言いそうになった...。親バカ。もうドキドキして、あまり香穂の絵をじっとみていられませんでした。絵よりも、他の人が指差しながら何を言うのだろう?と思うと、思わず、ちらっちらっと隣の人たちの顔を見てしまって...。

この会場は他の学部も一緒に体育館よりもはるかに広いところで展示しているのですが、いやーもうパワーに負けそう。

一つ一つの作品全てに、魂がこもっているので、会場がすごくパワーが溢れてて、押し倒されそうな雰囲気でした。

入り口もレッドカーペットみたいになっていたけど、完全にお遊び気分の私たちは、普段着で走れそうな格好でやってきました。

f:id:kuboyumi:20170520140849j:image

とりあえず、香穂はあと残りのプロジェクトの数個をひきつづき回して、企業と連絡を取り続ける模様です。

なんだか、あまりのパワーに圧倒されて、ヘロヘロになった今日でした。渡は作品よりも可愛いおねえちゃんがいっぱいいたので、すごく楽しかった模様です。←そこかい!!!

2017-05-18

[][]香穂の大学のスプリングショーと渡の休暇 22:58 香穂の大学のスプリングショーと渡の休暇 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

お姉ちゃんの作品がスプリングショーに入った!ということで、見に行ってきました。だいたい学部で5名くらいが選ばれ、香穂は3点の作品が選ばれました。

朝早くサンフランシスコの現地集合で、日中は、いろいろなアニメーション関係の企業の人たちと会うことになっています。朝早くからショーの準備をする上に、夜は深夜に終わるというので、ちょっとそれではその日は帰ってこれないなーということで、ホテル泊まりが決定。ホテルと聞いて、突然耳がダンボになる渡は、僕も一緒にいくということで、朝、香穂を会場に落として、私と渡はホテルへ。

渡はホテルが大好きなので、大喜び。まずはホテルの周りの散策。

f:id:kuboyumi:20170520141218j:image

こんな感じです。遠くに、サンフランシスコのビル街がみえます。

f:id:kuboyumi:20170520141233j:image

お昼ご飯も、レストランから飛行機が見える場所へ。突然、JALが飛んできて、大興奮の渡。

f:id:kuboyumi:20170519075909j:image

ホテルのジャグジーでも遊び、

f:id:kuboyumi:20170520141314j:image

プールでも泳いで、超ご満悦。

ロビーでも泳ぐ鯉たちを見つけて、鯉に名前まで付ける始末。

f:id:kuboyumi:20170519075914j:image

ホテルの方が興奮する渡に配慮してか最上階のコーナー部屋を用意してくださったので、最高に景色がよく、飛行機の離発着が見えます。

f:id:kuboyumi:20170519075918j:image

彼はずっと窓を開けて外にいるので、部屋は、要らんやん!!状態。ベランダから落ちないか?も心配な母。渡は、子供の頃から転んだことも1回くらいしかないので、誰よりも安全ではあるのだけど。。。たぶん、渡の方が、「ママはせっかちだから、落ちないか?」と思っている模様で、私がベランダに出ようとすると、注意しろと言われる。いやー渡にだけは、言われたくない....。

私は部屋で仕事しながら、渡は離発着で楽しみ....

しばらくするとロビーでWelcome Snack&Drinkがあるよーというので、行ってみたら、この通り。

f:id:kuboyumi:20170520141358j:image

困ったなぁ。ここのホテル、これらが全て無料で飲み放題だ....。全部飲めないよ。(←誰も全部飲めとは言ってない。←自分で突っ込んでおきました。)

ところで、ホテルのロビーなどでも最近むちゃくちゃ多くなってきた「性別関係ありません」のトイレのマーク。渡は、初めてみた時はとまどってましたが、最近は普通に理解して自然に利用できるようになってきました。

f:id:kuboyumi:20170519075900j:image

と、遊んでる間に、お姉ちゃんが出ているスプリングショーの一般公開の時間が近づいてきました。ということで、スプリングショーのお話は、明日。

2017-05-10

[][]自閉症の渡のお姉ちゃんの香穂が、アメリカ芸術系大学院を無事に卒業いたしました。 09:51 自閉症の渡のお姉ちゃんの香穂が、アメリカ芸術系大学院を無事に卒業いたしました。 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂が、アカデミー・オブ・アート・ユニバーシティ大学院のアニメーション学部を無事に卒業いたしました。

f:id:kuboyumi:20170511002056j:image

長い道のりでございました。

この学校に通うことになったきっかけは、高校の時にできました。日本語補習校の帰りに行なっていた「ワクワク土曜日」という、日本人がどのようにアメリカで活躍しているか?のお話しをご本人に来ていただいて、話していただく会をやっておりました。その中で、一度、アカデミー・オブ・アート・ユニバーシティで教鞭を取っておられた俣野努先生に来ていただいて、お話していただきました。Tom Matano と聞いて、えっ?と思われた方は、相当、車好き。そうです。初代ユーノスロードスターのデザインをされた方です。俣野さんのことはこちら。英語ですが。こちら→Tom Matano

香穂は高校の時に俣野さんの話に感動して、この大学部のほうを見学して、相当行きたがっていましたが、USCやUCLA,Pepperdineなどにも受かっており、いろいろ自分で考えた挙句、

とりあえずは、普通の総合大学にいき、大学をでてから、それでもまだ芸術だなと思ったら、芸術面の技術を専門的に教えてもらえる大学院に行こう!と考えた模様です。

大学の卒業がほぼ決まって大学院巡りをしましたが、高校の時にみたアカデミー・オブ・アート・ユニバーシティがむちゃくちゃ進化していて、おどろいて、やっぱ私はここで技術を学びたいとなり、進学が決定して俣野先生にも挨拶に伺いました。

奇しくも香穂の卒業式の日の午後からこの俣野先生の名誉博士号の授与式でした。すごい!午後の授与式には私たちは用事があって、参加できませんでしたが、我がことのように嬉しい限りです。俣野先生との出会いがなければ、娘はここまで意思硬く、前進できていたかどうか?です。リアルで人に会って、お話を伺うってものすごく大事。人生を変えるくらい大事です。

で、卒業式ですが、Reverend Monsignor Harry G. Schlitt 祭司のお話が感動。

彼はベルリンの壁が壊される時、CIAの知り合いに連れられて、夜にベルリンの壁の近くまで行ったそうだ。その時に友達と匍匐前進し、壁の近くで、友達がパチン、パチンという音を立てて、鉄条網の一部を切り取ったそう。今日はその切り取った鉄条網を見せながら、当時のその時の友達の言葉を話してくださいました。内容は、下記。

君(祭司)はアメリカで生きている。もしアメリカが今後、おかしな方向に向かうことがあれば、この鉄条網を思い出して欲しい。国と国は、壁を立てるのではなく、架け橋を作るべきだ。僕たちのすべきことは国々へ架け橋をかけ、世界がひとつになり、力を合わせて夢に向かって前進するということだ。と言われた。君たち卒業生は、この学校でアートを学んだ。これから世界に旅立って行くわけだけど、自分一人だけで夢を叶えようとするのではなく、みんなで力を合わせて夢をかなえれば、より夢が現実化される。アートには、国境がない。なので、学校を卒業したら君たちは、どんどん架け橋をかけ、共同で夢を現実化してほしい。

という話。私は、もううるうる...。どうしても渡にかぶさってしまう。

私のできることは、渡のような自閉症の人たちと健常といわれる普通の人たちとのパイプ役で、決して壁を立てる役ではないとずっと思っておりました。自閉症の人たちを少しでも知ってもらって、理解してもらえること共存できる方法があることを伝えること、考えることが自閉症と一緒に生活している私ができることかと。

国と国だって一緒ですよね。お互いの国が、いがみあったり壁をたてるのではなく、力を合わせた方がより強く優しくなれると思う。

と、感動。


さて卒業生の親として、個人的には、香穂の入場、退場をみていただけでも、涙、涙...。涙腺崩壊。

香穂は、家にいる間、保育園から小学生までの生活時から普通の子供とは違っていました。普通の子供は放課後の約束を普通にお教室でして、「XXちゃんの家に遊びに行ってくるー」といって遊べるわけですが、香穂の場合は、学校が終われば、すぐに渡と一緒にセラピー(療育)や病院に向かいます。言語療法であったり、作業療法であったり喘息の先生であったり、時には渡が入院して朝は病院から通ったり、本当にいろいろでした。

帰宅が夜中の10時前になることもありました。

学校から帰宅したら学校に持って行ったカバンを持ち、宿題は渡の待ち時間にこなします。

家にいたとしても、普通の子供のように机に向かって勉強できるわけではなく、24時間脱走癖がある渡をリビングでおもりをしながら、脱走しないか?を気をつけてみながら、宿題をします。せっかくできた宿題も渡に破られたり、無くされたり、落書きされたりして、コンピューター提出になってからは、提出前に全部消されたりして、めちゃくちゃになるのは日常のこと。理解のない香穂の担任の先生には、怒られるわけです。「しっかりあなたが見ていて、宿題を終えて、きちんと片付ければ、兄弟から宿題にイタヅラをされることはない。」と言われるわけですね。

そんな中でも彼女は先生に怒ることもなく、「わからない人にはわからないよ。」と言いながら、グレることもなく、懸命に生きておりました。

小学校高学年、中学になると宿題は休み時間に全て終わらせてしまうということも覚えて、宿題は学内で終らせてくるようになりました。

高校になると、渡のセラピーの空き時間などには、よく高校のイベントに一緒につれていってくれて、「ひとりでみるより、みんなで見た方がめんどくさくない。」とかいいながら、同級生の子達にも渡を紹介しておりました。

香穂が大学に進学して寮に入り、最後まで香穂が座らなかった、いえ、一度も座ることができなかった家に残った香穂の勉強机には今度は渡が座り、くもんや高校数学の勉強を必死で始めました。

香穂に対しては、勉強をまともにできる環境を与えられなかった、落ちこぼれの母親の私です。そんな香穂が学ぶことを諦めず、学びを得て、学位を習得するまでに至ったのは、母親としては、素直にすごいと思います。親バカだけどやっぱり頑張ったなーと思います。

学び続けるって難しい。いい環境を与えられても学びというのはくじけることがあります。けど、よくぞここまでやったなーと。

今回の卒業式に参列した渡は、自閉症独特のゆれるということもなく、2時間、普通の参列者よりもはるかにいい子で卒業式の参列を終えました。

おめでとう、香穂!!さてこれからは、どうぞ、好きなだけ、今度こそ自分のペースで、自分の好きなことをしたいだけ追求してください。できそこないのママから贈れる言葉は、

本当にありがとう。我が家に来てくれて、ありがとう。私の子供でいてくれてありがとう。私はあなたの頑張りを誇りに思います。

というのが、わたしからの卒業のお祝いの言葉です。

Kazuhito MurakamiKazuhito Murakami 2017/05/12 03:55 お嬢様の御卒業おめでとうございます🎊。何時もご兄弟の深い思いやりに励まされています。今後の一層のご活躍をお祈りしております。

キヨタンキヨタン 2017/05/13 02:43 心からこみ上げるものがありました。
かほさんからわたる君が学ぶことの意義を感じ取っていたのでしょうね。
壁のお話しは、ズッシリと重みがあります。
正に今現実の事。
先ず、目の前の夫との壁を取払います!
前回のブログに感動しまして、おめでとうをお伝えいたしました。
あらためまして、ここらからおめでとうございますをお伝えいたします。
これからの、ご活躍がとても楽しみです。

よっちゃんよっちゃん 2017/05/14 05:52 香穂さん、PhDご卒業おめでとうございます。

以前からもこちらのブログを読んでいて、
香穂さんの「人としての器の大きさ」が非常に大きい事や、
様々な才能に溢れていながらも謙虚で頑張り屋で、常に落ち着いた姿に、いつも感銘を受けておりました。

ここに至るまで、ご本人が言葉に出さなくても様々なご苦労を沢山経験されたのでしょうが、それらを全てばねにしてこんなに立派になられたこと、本当に心に響きました。

香穂さん、本当に心からおめでとうございます!
そして、スプリングショーのご成功をお祈りいたします!!

kuboyumikuboyumi 2017/05/16 19:31 みなさま。ありがとうございます。娘は、スプリングショーの準備とプロジェクトのためにてんやわんや。渡は渡で、なんだかお姉ちゃんが忙しくしていると自分もなんだかんだと指示されて、おねえちゃんを助けることができるので、(たとえ、ゴミ捨てとかでも)大喜びしております。母は、遅れている仕事のキャッチアップに必死という、なんだか、家の中がわさわさとしてきております。ありがとうございます!

reirinreirin 2017/05/22 05:24 ご卒業おめでとうございます。
ブログを拝見していていつも香穂さんの優しさや頑張りを感じていました。
香穂さんががんばれたのもお母さんの存在があったからこそ、だと思います。
本当におめでとうございます。

2017-05-01

[][]香穂のアメリカ芸術系大学院の卒業って大変だわ。 07:26 香穂のアメリカ芸術系大学院の卒業って大変だわ。 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂が、アメリカの芸術系大学院を卒業します。卒業式は5月10日です。

彼らにはこの卒業式よりも大事な、「スプリングショー」というのがあり。ここに学部の生徒が数名作品を出せて、このショーに出せた人たちが、「インダストリアルディ」と呼ばれる別の日にプレゼンをするそうです。この日にプレゼンや発表をして、そこに来ている企業の人事部やいろいろな部署の人に会えるというシステムのようです。彼女は大学院入学時から、なんどか、スプリングショーの候補にはなっていたものの、いつもベンチ入り間際で、落とされるみたいな憂き目に合っていたので、遅咲きの香穂らしく、卒業間近かのスプリングショーの出店になりました。今回は、2点出展、1点は1年間、大学の宣伝に使われるそうです。


香穂が仲良くしている他の国からやってきた留学生の男子学生もスプリングショーを通過。

彼は、アニメーションなのですが、作品の一つをどうしても絵本にしたいということを先生と話して、きちんとした絵本スタイルにしました。

その英語の最後のプルーフリーディグ(文法の間違いや誤字脱字がないかを調べる)を担当したのが香穂で、なんとその子から、今日、その製本された絵本をいただいたそうです。

内容は、

障がいのある鳥がいろいろな助けやアイデアをもらって大空を飛ぶ

というもので、彼は、

弟や、お母さんにも見せて貰えたらすごく嬉しい。香穂の弟が理解してくれたら、僕はこの本を作った甲斐があるなぁ...。喜んでくれるかなぁ.....。

ということだそうです。

いやー泣ける...。すごい。いい友だち、いい弟がいてよかったね。

2017-04-28

[][]アメリカの芸術系大学院に通う娘から吉報がきた! 21:27 アメリカの芸術系大学院に通う娘から吉報がきた! - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

アメリカの芸術系大学院に通う娘から吉報。彼女の学校は、卒業よりもスプリングショーに出るのが大事で、

なんと2つの作品が出ることが決まり、なおかつ、2つの作品が受賞したという。おめでとう!がんばったねー!!

残りの1つの作品は、1年間、大学の宣伝に使われるらしい。よかったね。

よっちゃんよっちゃん 2017/04/30 06:45 いつもブログを楽しく読ませていただいております。

ひそかに香穂さんのファンでしたので、どうしても香穂さんにおめでとうございますとお伝えしたくコメントさせて頂きました。

香穂さん、本当におめでとうございます!
今後の益々のご活躍を心から楽しみにしております。(^O^)

kuboyumikuboyumi 2017/05/07 18:15 ありがとうございます。娘は大喜びです。いつもなにかと渡のほうが目立ってしまって、影がうすいので、こういうお祝いをいただくと、とても嬉しい模様です。本当に、ありがとうございます。

2016-09-15

[]アメリカの美術大学院に通う娘の授業が想像を絶する件 23:40 アメリカの美術大学院に通う娘の授業が想像を絶する件 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂はアメリカの美術大学の大学院に通っております。普通の大学よりも長い大学院生活。プログラムが相当しっかりしてるらしい。彼女の専攻はストーリーボードという、アニメーションを作り出す前に「こういうアニメつくるのだけど。こんなストーリーなんだ。」みたいなのを見せるアニメをつくるとか、監督が「こういうものを作りたいんだけど、携わる人たちみんなにわかるように動画作ってくれる?」みたいな、建物でいうと設計図を描くような感じの人です。設計図みたいに丁寧にはかかないけど。

とにかく美術系ですからかっ飛んでいる授業も多く、聞いてて驚く。先週はサンフランシスコの警察が所持している馬を見に行って、絵を描いたらしい。サンフランシスコ警察は、イベントなどの人混みのときに、馬にのって見回りをすることがあるそう。それだと高い位置から見渡せる上に、緊急のことが起こっても、すぐに人混みの人たちは、道をあけてくれるので、現場に駆けつけられるらしい。

こんな授業で先生がいろいろ話してくれたそうだ。絵を描いたりするときに動物の骨格などは非常に大事ということで、大学院の教授は昔、大学側に頼んで

授業で使いたいので、馬の骨が1万ドル(だいたい100万円)で売ってるので、生徒のために買ってください。

とお願いしたら、大学側から笑われたそう。動物を知らなければ、動物のアニメーションなんて描けない。という訴えだったらしい。大学側に笑われて、骨も買ってもらえず、意気消沈...というところだったらしいが、教授の友達が突然

あのさー、うちで複数世話している馬の一頭が、心臓発作で死んだんだけど、あんた要る?

と連絡が入ったらしい。それで先生は、すぐに引き取りに行き、乾かして馬の骨を作った。今日はこれを描く授業だったらしい。きのうから、香穂は「馬の骨を描く」といっていたので、私は、骨一本を描くのだとおもっていたら、描いたのは、これだったらしい。

f:id:kuboyumi:20160916101101j:image

ひえぇぇーーーー。

この先生いろいろな動物の死骸を乾かして、教材にするらしく、旦那さんも怖がって離婚問題にまで発展したことがあるそうだ。

この授業、死んだ骨ばかり描くわけでなく、先々週は、亀を学校にもってきて、描くとなったそうだ。

昨年はボブキャット(ヤマネコの種類で、ライオンみたいな肉食。体長65–105cm)をクラスに持ってきて、描いてください、となったそうだけど、ボブキャットは曇り空でお天気が悪かったので、非常に機嫌がわるく、生徒たちに威嚇しまくったらしい。もちろんちゃんと飼い主が横にいて、しっかりと鎖で繋がれていて大丈夫なんだけど、威嚇されすぎて生徒たちは怖くて、手が震えてペンをしっかり持てなかったらしい...。

娘の大学院は西海岸では唯一、生きた動物を大学に持ってきて写生するらしく、この授業は人気らしいが、想像を絶してて怖すぎる....。けど娘はこれが楽しので、この大学院を選んだというのは、大学院の選択の理由の一つに入るらしい...。こんなことで進路がきまったの?と思う母...。

曽我 弘曽我 弘 2016/09/17 16:58 子は親を超えると言うことか? 由美さんも度胸満点だけどその上がいた,,,。

kuboyumikuboyumi 2016/09/17 19:26 香穂は、日頃はぼーっとしてるんですが、絵のことになると急にエンジン音があがってくるような感じがしております...。

2016-02-12

[][]娘が通う米大学院が怖すぎる件 22:59 娘が通う米大学院が怖すぎる件 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

娘の大学院、ビビる...。きのうの真夜中12時までにオンラインで宿題を提出して、本日授業。出席するなり、昨夜出した宿題の順位を先生が決めていて、(先生は宿題を見る為に、朝4時くらいから起きている模様)1位から先生に言われて、宿題を発表(プレゼン)させられるそうだ。技術の習得に力を入れる大学院だけあって、完全に実力主義。怖すぎる....。ぷるぷる...。娘いわく、

「1位を取ると次は落ちれないっていうことなんだよ。」

と冷静に話してるんですが....。すげー!!プレッシャーじゃないのかなぁ...と思うけど、

「次もがんばるしかないからねぇ。」

と、楽観的な娘。怖いわ。

2015-12-17

[][]自閉症の渡の日々考えていることを3分で理解する動画 00:26 自閉症の渡の日々考えていることを3分で理解する動画 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂が大学で、ショートフィルムを作った。テーマは自閉症。担当教授はこれを見て泣いたらしい。

D

代替コミュニケーショーン(AAC)があれば、こんなことだって出来ました!

渡がいつも使っているAACはこちら→Voice4u TTS

いろいろ世界が広がっておもしろいですね。

riderkiyoriderkiyo 2015/12/20 09:46 素敵な動画をありがとうございます。
普通って、なんなんでしょうね?と涙が止めどなく溢れてきました。

kuboyumikuboyumi 2015/12/22 06:56 ありがとうございます。息子を見ていると教えられることが多いです。

2015-12-16

[][]米大学院に通う娘のファイナル 22:12 米大学院に通う娘のファイナル - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

娘がデッドウィークでございます。デットウィークとは試験の前の週のことで、死んじゃうくらい大変な週ということです。このデッドウィークはみんなイライラしていますし、問題も起こります。障がい児と健常児の揉め事もこの週が一番多くなる大学もあるそうです。

こんなバタバタの米芸術大学院に通う娘のファイナルの作品

f:id:kuboyumi:20151216205338j:image

これがまた大きいのですが。

f:id:kuboyumi:20151216205704j:image

この大きい作品をもって、サンフランシスコまで電車で通うそう。ファイナルの日は、大雨でこれを濡らしてしまうと一巻のおわり。

さてさて、ファイナルがおわったら、ご馳走でも食べに行きましょう。

2015-11-28

[][]アメリカの美術系大学院に通う娘とその仲間を見ていて感じた美術系あるある 14:51 アメリカの美術系大学院に通う娘とその仲間を見ていて感じた美術系あるある - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

美術大学院に通う娘がロサンジェルスに行っていないので、その間に #美術系あるある #美大あるある を書いてみる私。ふふっ。

1.プレゼントをもらってお礼状を書いていたら、やはり絵も入れようとして、絵を描き始め、描いた挿し絵に納得がいかず、結局大事なお礼を送れないままでいる。

2.オシャレに気を使い綺麗にしてるので、誰が見ても食事もオシャレな所で食べてると思い込んでしまうが、自分のお小遣いまで美大の課題に使ってしまうほどなので、十分に食べてない。(娘のようにまったく服に無頓着な子もいる)

3.自分の意見を求められると、文字でいうより絵が頭に浮かぶので、言語で言い返すのが面倒。頭では違うのになぁ。と思っていても口が立つ人に論破されてしまって、がっかりした自分の絵が脳に浮かんだりする。

4.理系の人たちが数値や数式で、熱く議論していると、「それって結局こういうことだよね。」と絵で示したくなる、もしくは示してしまう。

5.課題で死ぬほど絵を描いてヘロヘロになっているのに、他の自分の描きたい課題とは関係ない絵を描いてしまう。そんな時間があれば、課題すればいいのにねとわかっているけど止められない。

6.たまに、テキストを打つより絵で書いた方が早いと思うことがある。たとえば、宿題と試験が近づくと、「生きてるの?」という母親の答えに文字で返すのは面倒で、このような絵で返してしまう。

f:id:kuboyumi:20141109212645j:image

ちらっと感じた美術系あるあるのまとめでした。

2015-10-24

[][]娘の大学がエジンバラ国際フェスでフリンジファーストを受賞した時の劇と大学の同窓生 00:23 娘の大学がエジンバラ国際フェスでフリンジファーストを受賞した時の劇と大学の同窓生 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂の大学の時の友達のカイルが、CDを作ってKickstarterで資金を集めているという話をしておりました。

わたしとしては、

カイルってそーいえば、ハンサムで、優しくて素直な子だったよね?

という話になりました。香穂が「このWhy Do you Stand There In The Rain? の時も歌ったよ。」

と言っていて。そうだっけ?というと、見せてあげるといってyoutubeを見せてくれました。懐かしい。もう随分昔の事のよう。

D

これは、エジンバラ国際フェスティバルに出す為の宣伝用のショートフィルム。なので、まだまだ劇も新鮮さというか素人っぽさが残っています。ここからこの劇は、エジンバラの国際フェスのフリンジファーストを受賞し、ペパーダイン大学では創立後始めての受賞ということで随分盛り上がりました。アメリカでの凱旋公演の時は香穂が総監督を務めました。

私は

あぁ、この子は、もう舞台の道に進んじゃうのかな?ブロードウェイに行くのかなぁ。

と思った。だけど、この劇の総監督をし、最終日にスタンディグオベーションをうけながら総監督の香穂が最後に出てきて、みんなから大拍手を受けて、舞台のど真ん中でお辞儀をしながら、彼女が考えた事は

あぁ、やっぱりわたしはこの道じゃないな。

と思ったそう。そんな場面でそういうことを思うというのは、やっぱりちがうんだよ。それで、この劇の直後に香穂の

大学院は、アニメーションに進みます。

の大告白があり。教授たちも、なんとなく気も付いていた模様だったけど、ちょっとひきとめるような

もう1年長く大学で学んでもらって、後輩の指導にあたってもらいたかった。

という言葉がけもして頂き...。けど、香穂は、絶対に嫌です。と言いはり、教授たちからも

そうよねぇ。あなたはやっぱりアニメのほうだよねぇ。

と納得してくれた話を懐かしくしておりました。まぁ、アニメーションでもこの舞台芸術学部で学んだことは、しっかり役に立っているので、これはこれで良かった。

さてこの劇の冒頭のギターを弾くカイルくん。Kickstarterでキャンペーンをしてるというのを知り、まだ大学院生の香穂が、どっかりお金を入れれるわけもないので、絵をプレゼントしたそう。

その絵がこちら。

f:id:kuboyumi:20151026000549j:image

カードボードウハウス(ダンボールの家とでも訳しますか....)

が主題なので、そのから描いた模様。

カイルくんのキックスターターはこちら。→Cardboard Houses”- Album 2 - Kyle Rogan

なんか、こういう大学時代の友情を大事にして、いま自分ができることを一生懸命やって友達を助けるっていいなぁ。と思った今日でした。

2015-07-09

[]きびしいアメリカの大学院 01:00 きびしいアメリカの大学院 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂が大学院課程の真ん中の試験がありました。プレゼンですね。これに落ちたら、退学。追試は無し、という厳しいもの。

いやーご本人より母のほうが緊張。

娘は午後からのテストでしたが、早めに大学に行き、待っていたら、午前は2名が落ちたらしい。そのときの娘の気持ちはこの絵の通りだったらしい。

f:id:kuboyumi:20150624090720j:image

この綱渡りの下から皆が弓矢を放ってくる感じらしい。

落ちることができないので、教授に何度か連絡をとり、どのようにプレゼンすればわかりやすいのか?とかいろいろ聞いていた模様。

娘の作品のほんの1枚。中間なので、ネットにあまりあげれないそうで。

f:id:kuboyumi:20150709212146j:image

写真のキャラをさっさと書いて、絵にするというもの。それなりに特徴をつかんでいました。

けど、いやー。アメリカの大学院厳しすぎる...。

2015-06-23

[][]アメリカの大学院がひえぇぇ--だと思うこと。 00:17 アメリカの大学院がひえぇぇ--だと思うこと。 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

娘が大学院の途中のミッドポイントという大きな試験に入ります。娘の大学院は、学期ごとに期末試験もあり、学期最中には、小さなテストや、中位のテストが常にあって、どれもきっちり成績に響いています。

その中で、大学院のプログラムを4年とか3年とかと捉えて、その真ん中くらいで、大学院を出れるかどうか?の大きなテストが行われます。落ちると、追試はなく、退学ということらしいです。

アメリカの高校は、義務教育なのにもかかわらず、卒業率は平均7割。大学が院生を落とすなんて普通のことなんだと思います。開発リーダーも

あぁ、僕の大学院でも普通に落ちる人いましたよ。香穂ちゃんのように、ワンストライク制ではなかったですが、ツーストライク制で、2回目にパスしなければ、交渉の余地もなにもなく、問答無用でおさらばです。

ひぇぇぇぇ。怖すぎる。失敗が2回しかダメなんて...。

けど、大学側としても別に生徒に意地悪したいからやっているのではなく、大学は学ぶ場所なので、学ばない人は在籍する必要性がないのでしょう。

香穂の大学院のミッドポイントの場合、すぐにテストというのではなく、何度か教授陣に会って、どんな課題をするのか?どのように行っていくのか?という討議は、なされる模様。

香穂は課題ではいろいろ討議がありました。

それらを経て、課題がきまれば、下書きの時にも教授陣に会います。

そして今日のような最期の試験の前に、先生と最終チェックができるわけです。ここでダメだと残りが10日ほどしかないので、ほとんど、ロシアンルーレットのように頭に銃を突きつけられた感じになる模様。

1週間位前から娘がピリピリし始めて、なんだか、受験生が家にいる時よりも空気が張り詰める。

うー、家に帰るの嫌だよぉぉぉ。と私が思った。

前夜。娘が

明日は、2名の教授に会う。一人目が午前で、二人目が、夕方。一人目の教授にあってから、2人目の教授に会うまでに時間が空くなー。本を読んでも頭に入らないし、買い物でもしようかな。

最近空気が張り詰めていたので、買い物という楽しい単語に反応してしまった私。

えっ。買い物するの?じゃ、サンフランシスコのディズニーストアーに行かない?いったらさー。映画のInside outの人形買ってっきて。小さいのがいっぱい入ったやつ。

といったら、香穂もしばらく絶句していたけど、

いいよ。わかったよ。

ということになり。やった!と喜ぶ私。

映画 Inside outはこちら。

D

教授との約束時間1時間前に到着した娘。

一人目の教授に会う前の気分を絵にあげておりました。

f:id:kuboyumi:20150624090720j:image

こんな感じで、この下から、みんなが弓矢を構えて、香穂に射る感じらしい。

そんなこととは知らない私は、Inside outの可愛い人形がきたら、会社のどこに飾るか?をワクワクしながら、考えておりました。

そしたら、娘から、一人目の教授は終わった。完璧だと言われたというメッセがきた。

それから、

ディズニーストアーで、人形とエコバックは買ったよ。

と写真が送られてきた。

やった!

f:id:kuboyumi:20150624090704j:image

この写真をみてふと思った。娘はこの大きな荷物をもったまま、夕方教授にあうのか?そうだ。そうに違いない。ひえぇ、しまった!2〜3日まって頼めばよかった...

案の定、夕方の厳しい先生のところへ大きな荷物を持ったままいったらしい。結局、2−3のマイナーチェンジで、これで大丈夫ということになり、超ほっとする娘。

無事に人形も私の手元に。

f:id:kuboyumi:20150623201026j:image

これと

f:id:kuboyumi:20150623200953j:image

会社に並べられます。やった!

2014-10-13

[]ミッドタームが近い我が娘 00:24 ミッドタームが近い我が娘 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

大学院のミッドターム(中間試験)が近い我が娘。いやー描いてばかりいる。アニメーションのミャラクターを作るクラスでは初日、先生が作ったキャラクターがでてきて

やぁ!みんな、この授業へようこそ!!この授業にきたら。君たちには、もう休みはないよ!

という動いて話すキャラクターの言う事に怯えたそうですが、その通りに成っている模様。

ずっと描いている。がんばってもらいましょう。

2014-09-08

[][]大学で私物を置けるロッカーを与えられた自閉症の息子 20:45 大学で私物を置けるロッカーを与えられた自閉症の息子 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

息子が大学で個人ロッカーを与えられました。先生から、「ロッカーの鍵を用意してください。」とのこと。今までは、ロッカールーム内では喧嘩などのトラブルも多いので、ということで、ロッカーを使わずにおりました。特別な場所で着替えていたわけです。

慌てて買いに行きました。最初は、ダイヤル式の鍵を息子に渡しました。これです。

f:id:kuboyumi:20140910122808j:image

これがアメリカの学校では、わりと標準で、先生も渡に教えるのにいいかな?と思ったこと、鍵式は鍵を渡が無くすかな?と思った事などが理由です。ところが、先生から、

やはりこのダイヤル式は渡が理解しないので、南京錠タイプのものにしてください。

というお達しがきました。あわてて、南京錠タイプの鍵を買いに走る私。会社の前にDIYのお店があって良かった。こんな感じの鍵を新たに購入。

f:id:kuboyumi:20140910122810j:image

手渡すと大喜びの渡です。

今までは職業訓練のクラスに私物を置いておりましたが、他の多くの学生と同じようにロッカーが貰えた事が嬉しいんだなと思い、親ばか丸出しで、目を細めて、大喜びする息子を眺めておりました。

南京錠タイプの鍵を大学に持参するリックサックにいれた渡。朝から興奮しておりました。これは、興奮だけが残って、肝心の鍵のことを忘れるかもしれないと思った私は、

新しい鍵を先生に見せるんだよ。

としっかり釘をさしておきました。母親業も年季がはいるとポイントを押さえる事ができます。

Yes!!

という元気のいい返事とともに、一人であるいてバスに乗り、登校した息子。

私の頭の中でもアメリカ映画でみるように、大学のスポーツ選手たちがロッカールームで歓談してる図が浮かびます。息子は歓談できないまでも、その映画のような風景の同じスペースに、自分のロッカーを頂いたわけですから、彼にしては、1歩進みました。アメフトの装備をはずして歓談するような子達と一緒のロッカールーム。はたまた、バスケットのユニフォームを来た子達と同じロッカーの息子。想像して図を思い浮かべるとかっこいい。アメリカ映画みたいじゃん!,,,,と、どこまでも親ばかな私。

夕方になり、元気にご帰還の渡。すぐに

ロッカーの鍵、先生に渡した?ロッカーは頂けたの?

の質問に、おおきな声で

Yes!!

よかったじゃん!やった!!ほっとした。そうすると、息子がすごく自慢げに自分の持って帰って来たリックサックに手を突っ込んだ。

あっ!先生からお褒めの言葉が書かれたメモを頂けたんだと思う私。マメな先生は、よくそういうお褒めの言葉を書いたメモを下さいます。

すると渡の手に握られたものは、なんと

南京錠。

えっ!!鍵を取って、持って帰って来ちゃったの?意味ないじゃん。渡にとっては、ロッカーよりも「鍵」そのものが嬉しかった模様。

 小さい時はいたずらばかりするので、触っちゃいけないものには鍵をかけられた事もある。そのことを覚えているのか、今度は自分がコントロールできる「鍵」をもらえたわけですから、そちらのほうが嬉しかった模様。

渡、ロッカーというものはね。大事なものは「中にいれた私物」であって、「鍵」ではないんだよ…。

はぁぁ。明日から、そのことを教えねば…。まだまだ母親業ができない私。何年たっても無理かも(笑)

Voice4u