ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自閉症 渡の宝箱 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-09-28

[][]香穂が作成に加わっている、サンフランシスコジャイアンツの幼児向けショートフィルム 11:08 香穂が作成に加わっている、サンフランシスコジャイアンツの幼児向けショートフィルム - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂は現在アメリカの芸術系の大学院に通いながら、プロ野球のサンフランシスコジャイアンツのアニメーションを作っています。これは、幼児向けのフーディキャッツという猫野菜たちがキャラで、野球を通じて、チームワークを作っていくというのを主体にした宣伝ビデオです。この作成側に抜擢されて、半年くらいがたったでしょうか?今回公開になった1作目がこれ。これは娘はまだ抜擢される前のもの。

2作目の宣伝動画からが娘がストーリー担当です。総監督のような仕事とでもいいましょうか??

大学院の宿題も半端なくある中、よく作っていると思う。メンバーには、アニメーションの世界で有名なプロの方々もいて、日々学びと刺激を受けながら楽しそうにしています。

D

いや、作っているのをみていて、大変そうだなーと思うけど、大変さを感じさせないのがこの子供向けアニメーションのすごさかな。まずは第1話リリースおめでとう!です。

2016-04-04

[][]香穂が描いた絵 13:57 香穂が描いた絵 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂が絵を描いております。現在、夏のインターンを探しているそうですが、授業も忙しく、バタバタしている模様ですが、こんなものも描いていたりする模様。

f:id:kuboyumi:20160404142244j:image

はてなであげると画像のクリア感がないのですが、こういうのも描いたりするらしい。

2012-11-22

[][]感謝祭当日 09:14 感謝祭当日 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

さて、街の車も少ない感謝祭当日。親族の人たちが集まって、今日はターキーを焼いてごちそうを囲む事でしょう。さて、今年は、お姉ちゃんの進路の件で、この静寂の日も使われます。朝からぴりぴりした雰囲気の中、着々と準備はされていっているようでした。

おやつの時間には終わり、香穂といろいろなことを話して、ほっとしました。

さて、夕飯です。

進路の変更の手続きの第1弾(年末にかけて第4弾まである)をやった彼女を力づけようと、今日は香穂が何よりも大好きなステーキ。私も大好きなので、ターキーではない我が家。食べた後は、ブラックフライデーというセールにいくという事になっていました。

ところが今年は、23日の真夜中12時ではなく、10時から始まるところも多く。1年で一番ものが売れる日です。

ブラックフライデーってなんだか変な言葉だなぁと思います。ネガティブだし。

なぜこの言葉が今だにつかわれるか?というと、アメリカ人から聞いた話だと昔この言葉が使われ始めた頃、お店側としてはこの言葉を使ってほしくなかったそうです。あんまりいい響きではないし。ところが、警察の人たちが使ったそう。というのは、この金曜日の夜は、みんな真夜中12時前から朝まで寝ないで買い物をする訳です。お店の人も徹夜。買い物客も徹夜です。その時間帯、ショッピングセンターからショッピングセンターへは皆さん車で移動です。なので、真夜中に交通事故がひっきりなしにおきて出動が多い警察の人たちは、ブラックフライデーを使い続けている。なので、いまだにみんなもブラックフライデーというそうです。

へぇぇぇぇーーーー。

でした。

さて、私がお目当てのお店は、真夜中12時からだったのですが、買い忘れの物があったので、

「あー、ターゲット、今年は、22日の感謝祭当日の夜10時から開いてるんだったら、忘れた封筒を買ってしまおう!」と思ったのが間違い。

ターゲットにいくと山のような人が並んでいる。入場制限です。アメリカのお店は広いので、入場制限が行われる事は少ないのですが。(私はディズニーランドでしか見た事がない)封筒一つでここまで並ぶのか?と思ったのですが、結構流れが早いので、並んでみました。

中に入ると50インチテレビとゲームが安いので、並んでいた列だと判明。テレビは先日捨てて、ケーブルラインも切った私としては、関係ないので、封筒売り場へ。

封筒なんて売り切れないとおもっていたら、どうもそんな物は、売れないので在庫を入れてないらしくなくなっていた。残念。

さて、真夜中12時から始まるお目当ての服屋さんのセールを会社で待つ事に。会社の前に服屋さんがあるので、そこに行く事に決めていました。どうせショッピングセンターの中では車は止められない訳だし。

ということで、日付変わってるので、続きは明日(笑)

はろこはろこ 2012/11/27 08:03 ブラックフライデーの由来、SALEなのにおどろおどろしいネーミングだなと思っていましたが、
なるほど、交通事故!!!
今年も参戦しませんでしたが、ここにいる間にクラフトSHOPに行ってみたいです!

2012-08-27

[][][]人生が変わる瞬間を見た私 23:43 人生が変わる瞬間を見た私 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

先日の事です。

香穂はエジンバラ国際フェスのフリンジで1500程の劇が出たのですが、彼女の大学は8位。劇のことはニューヨークタイムズに取り上げられた様です。ノーマークの大学だったし、いままで香穂の大学が参加したことは何度もあったけど、ここまでの順位をとったことはなく。記録樹立。世界8位になったようなものです。けど、香穂は

「私はもう舞台はしたくない」

と帰国してから、言っておりました。私はこれもすごくよかったと思い。彼女のこの体験は、将来役に立つということは明確です。これを素にして好きな進路を進めば言い訳で。じゃ、何するの?ということなのです。彼女は、エジンバラで、自分のしたいことの漠然としたものがわかったけれど、具体的にどうするばいいか?がまだ解らずもやもやしていた模様。

そんなとき、アニメーションの世界で超有名な方にお会いする機会がありました。予約をお願いしたら、無事に取れたので、娘だけ会いに行くと思っていたのですが、お姉ちゃん命の渡は、付いて行くと言います。たしかに今年の夏は留学していた事もあって、一緒にすごした時間が少なく、今回も5日間しか一緒にいれないものねぇ。なので車に乗って一緒に現地まで行き、近くのカフェでまっていようねと話していました。ところがお会いしてくださる方が渡が自閉症だと知り、ご好意で同席することができました。こういうところ、やはり極めた人というのは、なんだか違う。なんだかんだで私も渡も同席しましたが、渡がいつになくノイズをたてず。すごくいい子でちょこんと座っておりました。

肝心の話の内容ですが、すごいものでした。概要をいうと、才能がないかもしれないと悩む娘に、アートの世界というのは、才能よりも続ける力。さらにただ続けているだけだと目標がなく辛いだけなので、自分がアートの世界のここのこれをしたい、とはっきりしたものが見つかったら、その世界でトップの人はどのように道を歩んだのか?なにをしたのか?しているのか?を明確に知るということなどを助言されました。

いままで彼女には、

「絵では食べれない。」とか、

「舞台では就職大変ねー。」

とか違うなぁ。と思うアドバイスなどは多くいただきましたが、ここまで具体的に頂いたのは初めてです。座っている娘が感電してるかのように、しびれているのが傍目にもよくわかりました。

人生の方向を変えるというか、突き進む道の前が見えたのでしょう。すごいことです。はたでみててもこの会話の中のオーラというか、雰囲気というのも、独特のとても神々しい雰囲気で包まれています。

へっー!人生がかわる瞬間ってこんなのなんだ!!と目でみて肌で感じました。

お話が終わったときには、すごくここちいいけど、どっぷりと疲れた感じがしました。

家に戻ると、すぐに来期に取る授業の変更をした娘。はやっー。

ところが、彼女の大学は、担当教授がきちんといるので、すぐに連絡が。教授も急に授業を変えた彼女に

「なにか起こったな?」

と思ったようです。これは、学校がスタートしたら、教授にきちんと説明することで了承を得たようです。

しっかりと進む方向を変えることを決意したこの日。もどってきて授業変更をして、1時間したら、別のルートで学校から連絡が入り、彼女たちがエジンバラで行った劇が「フリンジファースト」と言う賞を頂いたという連絡でした。とても名誉なことです。もしこの有名な方にお会いせずにこの賞のことを先に聞いていたら、たぶん、周りに流されるまま彼女は舞台をしていたかもしれません。なんかちがうんだよなぁー、感を抱きながら。やっぱり一生懸命やっていると皆さんが協力してくれて、タイミングよくいろいろなことが周りはじめるものなのですねー。感動。

さてさて、娘の件が終わったら今度は、息子の件。大学が始まる前に障がい者を担当する方(高校で言う担任のような方)から突然連絡がはいったので、夕飯をご一緒しながら、お話することになりました。

こちらのほうもすごい出会いでした。

前々から渡は、こういう仕事に就きたいという彼の希望を話していたのですが、多くの人から、

「やりたかったら、やってもいいけど、渡には無理よ。」

と、ほとんど私は異人種を見る目で見られておりました。娘が芸術の世界に入るときも

「食べれないよ」などというのは言われていたので、

「またかー。」

程度だった私。けど、今日お会いした渡の担当の方にも、いままでと同じように、渡の公文やいろいろな彼の勉強、夏休みのインターンの内容や成果、渡の性格や問題点をお話したらこの担当の先生は

「すばらしいですね。渡の夢は充分叶うに値するものだし、これらのサポートを僕は全力でします。あなたが言うように、今期の大学のスケジュールの中で無駄だと思われる部分はありますね。では、すぐにスケジュールの変更をしましょう!」

となりました。うっー!!香穂と同じだ。

IEPで戦うこと半年。スケジュール変更までは至らなかった。けど、たった一日で、このスケジュール変更が承認された。すごー。

この日一日で子供達の人生がかわった。

いつもは別々にこういうことが起こる事があったけど、たった一日で起こった事はいままでの人生ではありませんでした。

なんだか、一日に2回も人生の衝撃にであったので、興奮して眠れない日でしたけど、嬉しくてしかたがない日でした。

みんなよかったね!

はるかはるか 2012/08/29 00:34 今やることをしっかりやってきたから、でしょうかね…。すばらしいですね。

キヨタンキヨタン 2012/08/29 18:19 否定から入る生きる道は止めた!
残りの人生すべて肯定的でいきます!
かほさんわたる君道しるべが目の前に建ちましたね!
ガンバレ!

kuboyumikuboyumi 2012/08/30 00:00 はるかさん、子供達はすごくラッキーだったと思います。きよたんさん、そうですねぇ。できない理由をさがしたり、否定するのは簡単ですが、肯定するのは勇気がいることかもしれませんね。けど、肯定していくと結構人生楽しいですよね。

kuboyumikuboyumi 2012/08/30 00:00 はるかさん、子供達はすごくラッキーだったと思います。きよたんさん、そうですねぇ。できない理由をさがしたり、否定するのは簡単ですが、肯定するのは勇気がいることかもしれませんね。けど、肯定していくと結構人生楽しいですよね。

CuperCuper 2012/09/06 09:40 以前からブログを拝見させていただいております。
すごいですね。。何だか読んでいるだけで鳥肌が立ってきました。普通だったら見過ごすかも知れない出会いも、一生懸命に頑張って取り組んでいるからこそ、素敵な瞬間が訪れたのかもしれませんね。ホント感動しました。
見守るお母さんは、色々サポートが大変でしょうが頑張って下さい。応援してます!

kuboyumikuboyumi 2012/09/09 22:33 Cuperさん、ありがとうございます。遅咲きだろうなーと思っていた子供達はやっとスタートラインに立てた気もします。たぶん、速度はナメクジなんだろうけど、2人とも目標をもって前に進めそうで、ほっとしました。

2012-08-18

[][]アメリカの大学受験について思ったこと 23:20 アメリカの大学受験について思ったこと - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂が大学の進学の講演会で、サンディエゴに呼ばれました。私も渡も一緒に着いて行きました。まだまだ日本人の子供がアメリカの大学に進学するということにたいしては、親が米大学を受験するというのを日本の受験制度と同じように考えてしまうんだろうなぁ。と思いました。私も娘が高校2年まではそうでしたから。

私の体験談から言うと、日本の受験は、グループ分けの気がします。偏差値がこれ以上あったらここは合格するよ。合格確率は何%とか。

アメリカで娘の受験を見ていて思ったのは、アメリカの受験は

「恋愛結婚」

に大変似ています。何点取ったらまちがいないというのはあまりない気がします。特に私立の場合はこの色が濃くでます。いい点数や成績をとったので、合格とはなりません。

エッセイを書いても、お母さんがいつも

「いい大学に入れば、大企業に入れるから。」

と言っていて、そんなことを書こうもんなら、これはマイナスとして大学側から受けられると思います。だって恋愛結婚で女性が男性に

「あなたとつきあって結婚したら、私は一生安泰だから結婚したい。」

って言われて

「あぁ、この子は、なんていい子なんだろ。結婚したい!」

と思う男性は、いない訳で。(もしいたら、すみません。少ないとはおもうんですが)


うちのケースですが、

こちらで大学を受けるっていうのは、まずは相手選びからです。たくさんの大学を見て、子供自身が、大学と周波数があうのか?この大学が好きなのか?を見ます。事実、娘は名門と言われたところで、ツアーをしてもらっても、途中でやめて帰ってきた所、他にはゲートをくぐったとたん、

「私、この大学は絶対に来ないから、ツアーももう出ない。」

とまで言ったほど、各大学の色が違いました。

好きだなー、いいなぁ、と思ったところには、アプローチですね。

つきあって貰うのと似ています。真剣におつきあいするときっていうのは、相手の両親にもあう事があると思います。(大学受験の時はこれが教授にあたるかと)そんな時に、

「あなたの家族になったら、私、安泰なのよ」とは、言わないでしょうし。(笑)

こちらがアプローチすれば、相手(大学側)が仕掛けてくるところもありました。すごいところは、教授に見学を兼ねた面会を終えて、自宅に向かっている時に教授から娘の携帯に電話してきたこともありました。本当に恋愛みたいです。

自分がどれだけ何を感じてここを受けるのか?大学で何をしたいのか?という自分の意見をしっかりともっていなといけないと思います。

娘の場合は、受けるときに

「ちょっと違うかもしれないけど、とりあえず。」と思って受けたところもありました。けど、そこはやっぱり違う感が当たっていて、

うちの娘の学部の場合、面接もありますので、受験したときに

「あぁ、違った」

と思ったようです。そういう所は結果がきても、もう合格通知の封もあけませんでした。私も

「ここは娘には違うなー。社会ではいいとされてるけど。」と思った所の大学受験後の下記の話が、よくこれがでていると思います。

受験後進路カウンセラーの方に

香穂は、この大学のいいと思ったところは、どこですか?

と言う問いに

吉野家があった。

でした。

では、次にこれは嫌だなーと思ったところは?

と言う問いには

タマネギが大きすぎる。

と真面目に答えていました。ここは、彼女は大学には、まったく魅力を感じなかったということでしょう。たぶん、娘がこの大学に入ったところで、3日しないうちにやめる事を考えていたと思います。途中で帰ってくるでしょう。よーするに出戻りになったと思います。出戻りもいいのです。自分でちがうと感じたのだから、それはそれでいいと思いますが、払った高い授業料は返っては来ないだろうし、出戻りというのは、すっごくわくわくする楽しい事ではないのですよね。出戻る事を考えて結婚する人が居ないのと同じでしょう。

なので、面接時に

「あなたはここに来たら何をしたいのか?うちの大学にどういうことをもたらすのか?あなたがここの大学でしかできないと思うことはなにか?」など徹底的に聞かれたそうです。

結局、娘は今の大学は結構気に入っていて、すごく勉強になったけど、この勉強したことを生かすけれども最終進路はちがうんだちよねというところのようです。

娘の大学の講演会の話を聞いててふと思い出したことでした。

キヨタンキヨタン 2012/08/24 02:09 皆さん活躍でよっかたー!
一挙に3個のアップで、読み応えグー!
かほさんの目標なにかな?たのしみです!

RNRN 2012/08/26 02:08 香穂さんは今年シニアですよね。
舞台芸術が専門の場合、就職というのはどの様な選択肢があるのでしょう?
我が家は娘がジュニア、私と同様看護の道に進む予定、でも医療系も就職難です!

kuboyumikuboyumi 2012/08/26 10:06 キヨタンさん、いやーまだまだいろいろなことがあり、香穂も渡も人生の転換期に来ている気がします。RNさん、舞台芸術の場合、就職はそんなに困らないようです。だから、社会に出るときは、わりと売り手市場ですね。舞台はどこでもやってるけど、目立たない裏方をしたいというアメリカ人は少ないですし。(笑)特に彼女の大学は、舞台裏のすべてのものを学び非常に厳しいので、(←今年は7割がいなくなったそうです)なんでもできると歓迎されるようです。他大学だと「照明だけできる」とかになるところもあるそうです。卒業後の進路まできちんとみてくれるようですね。けど大学院へ進学する子が圧倒的に多い気もします。けどねぇ、、、。これは、舞台芸術に進む子だけです。うちのように進路かえると、どうなるか?楽しみです。

2011-11-22

[][]渡は大興奮!娘を大学に迎えに行く〜耳寄りなワイン情報〜 17:09 渡は大興奮!娘を大学に迎えに行く〜耳寄りなワイン情報〜 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

渡はほんの少し早めに学校を終えて、お姉ちゃんを迎えにMalibu経由で、ロサンジェルスに行きます。

その後、今年の新しいディズニーの舞台設定を見るために、皆で一緒にディズニーランドです。

思ったより早くに到着しそうな私たち。渡は車の中では興奮気味です。

香穂に到着時間をテキストで連絡すると、

「えっ?そんなに早くくるの?ギリギリまで勉強してたので、荷物が全くまとまってないよ。ちょっと勉強したかったしさー。」

とのこと。

「じゃ、ワイーナリーに寄ってから迎えいくわぁ〜!」

という飲んべぇの私の返事。実は私はお酒が好きです。甘いのは、駄目で日本酒は大吟醸などはあまり得意ではありません。(もちろん飲みますが)純米とか好きですねぇ。

私が喜んだのは、香穂を迎えに行く途中に私が大好きなワイーナリーがあります。ここは、知る人ぞ知るのワイーナリーで、とにかくここのワインを作るおっちゃんがガンコ。接客もヘタなのですが、このワインをつくる意気込みというか、理系のこだわりというか、そういうのがすごく感じられる人です。ガンコおやじが作るお酒ですね。

実はここのワインメーカーの方は、パソ・ロブレスにあり、数々の賞をとり、ワインスペクターでもいい評価を貰うターリー・ワイーナリーで働いていました。日本語の説明は、上記の色のかわったターリー・ワイーナリーをクリックすれば読めます。

私もターリーのワインが結構好きでよく通い、ターリーの人には、

「あんた、また娘を大学に迎えにいくのね。」

と言われるくらい立ち寄ります。ここの方と話している時に、

「Yumi,いい所を教えてあげる。うちから独立した人が近くでワインをつくってるのよ。宣伝もしてないし、なにもしてない。かれは頑固でとにかくワインが大好き。宣伝しないからまだ誰もしらないの。地図にも載ってないのよ。よかったら、立ち寄ってくれる?私がHello!って言っていたと伝えてね。」

といわれたので、立ち寄った。ターリーで働いてたワインメーカーなら、そりゃ、すごい物をつくり出すだろうと思ったのが、私が訪れようと思った最初の動機。

そこはここです。

f:id:kuboyumi:20111122142125j:image

入り口の看板はげ落ちてるし、地図にも掲載されてないし。

f:id:kuboyumi:20111122141320j:image

入るとワイナーリーというより、倉庫です。

おそろしく愛想の悪いおやっさんが出て来た。私は、

「ごめん・・。あのぉ・・・。ワインを試飲できるかしら?」

と聞いた。どっちが客かわからないよ。けど、おやっさん。

「うん。」

という素っ気ない返事。

あぁ、職人だ。と思った私。

なんだか、嬉しいのか嬉しくないのかわからない態度でワインをついでくれて飲んだら、これがまたおいしい!驚いた。

それで

「あのね。ターリー・ワイーナリーの人が紹介してくれて来たのよ。XXさんからね。」と言うと

「あぁ・・。」

とおじさんは理解した様子。地図にも案内書にもないのに、どうしてアジア人の私が来たのか?と思った様子で、その謎がとけたて少しほっとしたのかも。それからターリーのワインの話をして、おじさんはワインの話になると急に饒舌になり始めました。根っからの職人さんで、ワインにかける意気込みはすごいものがあります。

1本購入して、帰宅して後にしました。この一本を私のお友達が他のワイナリーでワインを作っていて、うちの家で一緒に飲みました。プロの彼が

「あっ、ここのは、おいしい。味は綺麗にまとまってるし。飲んでからも味が楽しめる。ターリーよりおいしい。」

といわれたワインです。私もたしかにターリーよりおいしいと思う(笑)

それから毎度、立ち寄るようにしていたのですが、今回は香穂を迎えに行く前にたちよった。おじさんは、毎回すこしづつ機嫌もよくなり、私も覚えてくれた模様。

今日立ち寄ると、

「実は、うちのワイン、おかげさまでクラブメンバーが増えて、もうメンバーの登録も打ち切る予定なんだ。クラブメンバーは、満員御礼だよ。」とにこやかに言います。

カリフォルニアのワイナリーは、メンバー制度を導入してるところが多く、(メンバーになるのは、ほとんどのところが無料だけど、ワイン代金を払わないとメンバーにはなれません。)年間にいくらかワインの代金を払うと収穫時にワインが送られてきます。

このジン・アレーは、4種類しかワインがなく、(この商品ラインが少ないのもAppleのコンピューターのようでいい:笑)2本がジンファンデルで残りの2本は甘い食後酒です。甘いお酒が苦手な私でも、このお酒は飲めますが、購入するまでには至らず・・。です。

メンバーは今はまだオンラインで申し込みができます。4本180ドルからです。こちらから

です。おっちゃんはこれらもいずれはなくなると思う、と言ってたので、あわてて、ブログで紹介です。ワインがお好きで勇気のある方、トライしてみてください。(笑)

アメリカ国内送料はおっちゃん持ちらしい(けど、おっちゃんの気が変わるかもしれないので、心配な人は確認ください)。現地では1本50ドルですので、これはお得かも。

送る前には、住所確認の連絡がきちんとくるそうです。

甘いワインが苦手な人は一番上に、チェックをいれてカード情報をいれれば、時期になれば、ワインが送られてきます。(今だとすぐに送られるかもしれないけど)

ちょっとワイン好きな人に耳寄りな情報でした。


さて、大学に到着したのは、ラッシュに巻き込まれた為、随分遅くなり、8時半。そこから。ディズにランドに向いました。ホテルに到着したのは、夜の10時。

香穂の話を聞きながら眠り明日は、ディズニーランドで楽しみます!

2011-10-11

[][]脅威のアメリカの大学の落第率 00:45 脅威のアメリカの大学の落第率 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂と久しぶりに長話をしました。現在大学3年生。2ヶ月ほど前に大学に行ったまま。電話もメールもなく。いったいどうしてるんだか・・と思っておりましたが、忙しいのは承知なので、まー忙しいんだろうとほおっておきました。

久しぶりに連絡があったのでめずらしく長話に。今、授業で日本歴史を取っているそうで、わからない部分の説明もしたりしていました。日本歴史を英語で取るっていうのもなんだか違和感の私。「徳川」の発音も先生も生徒もイントネーションがおかしいらしい。自分だけがきちんと発音できるんだと言っていました。日本歴史は大嫌いだった香穂なのに、おもしろい。

彼女は現在舞台芸術学科にいます。学部としては、シアター学部になりますね。

彼女の一日のスケジュールは、朝7時に起き、大学に行く準備をして8時くらいから授業。4時まで大学の授業などをこなします。(ここまでは割と普通の学生。けど空き時間でなるべく宿題に手をつけはじめるそう。)一般授業がおわったところで、夕飯を食べます。次は5時から真夜中11時とか12時まで舞台芸術の実技の勉強だそうです。

12時にお腹減らして寮に帰り、そこから一般教科の宿題が2時間、専門がある時1時間とかかかるそうです。専門最後のプロジェクトが入ると朝4時まで眠れないとかザラにあるそう。なんてハードな毎日。土日もかり出されて、舞台です。

電話してて香穂に、

「なんだか、すごくいそがしそうねぇ。そんな大変なのに、同級生の子達はどうしてるの?みんななんなく乗り切ってるの?やっぱりあなたは、大学に入るまで舞台芸術の勉強はしてないからついていくの大変でしょう?」

と質問したら

同級生?あっ、20人強いたけど16人が退学したり、専攻や一般教科で落ちて他の専攻に変えたりして、自ら専攻かえた子もいたりして。4人になった。で、2人が、2年生に他の大学から受験して編入転校してきたので、合計6人だ。

ちょっと待って。この話すごすぎない?専攻をきちんとまっすぐ進んでるのはたった3割?7割落第・進路変更?あり得ないこの確率。

特に香穂の学年は、とにかく減る人数が多いらしい。20名以上いたのが、たった4人しかいないって凄すぎる。7割がいなくなるなんて・・。だから、ダブルメジャーとか禁止なんだ・・。

香穂の大学の舞台芸術は、特に幅広くいろいろなことを教えるので有名ですが、その分厳しい。香穂はいろいろなことができるというのでこの大学を選びました。けど、 そのために専門の時間がすごく多くとられるので、ダブルメジャー(専攻学科を2つにする)は禁止だそうです。たしかに、そうだよね。このスケジュールじゃできない。こういう理由も入ってか、特に香穂の同級生は、専門学部の変更や大学を辞める子(辞めさされる子?)が多いらしい。

まーこのリスクはわかっていた事のようで、香穂自身はあまりびっくりしてなかった。私は、知ってたら勧めなかったよ。びっくりした。残った友達の写真を見せてくれましたが、みんな根性ありそうな感じ。

「けど、今年の2年と1年はここまで落ちそうにないな。みんながんばってるしな。」

アメリカの大学はハードだとはきいていたけど、ここまでとは思わなかった私。

まー面接の時にも言われたしね。ハードだとは。自分の時間が極端に少ない事も言われてたし。だからさー彼氏や彼女が学部以外にできにくいんだよ。休みないし。学部以外で彼氏、彼女つくっちゃうと、たしかに舞台に残るのは大変かもね。

すごー。同級生6人のうち、彼女はシアター学部にいるか、いないか。のどちらかの模様。

けど、このハードな話は結構学外でも有名なようで、だからペパーダインの舞台芸術というとみんな業界の人たちは知ってるのかも。と言っておりました。さらに編入試験を受ける子も多いそうだけど、合格率はかなり低く。面接などで本当にやり抜けるか?という根性も見られるようですね。そりゃそうだ。はいってすぐにやめられたら困りますのものねぇ。

なんてハードな学生生活なんでしょう。けど、香穂いわく。

「友達がいいからやっていけるんだ。教授もいいし。私はやっぱこの大学で本当によかったと思う。けど、大学を終わったら専攻変えるかも・・だけどね。」

との事。そういえば香穂は一旦始めた事をなかなかやめない子どもでした。忍耐力は、渡と暮らしてるので相当あるのかもしれません。それにしても、いやはや・・・・。なんともハードな香穂の大学の話でした。

amane1234567jpamane1234567jp 2011/10/12 00:50 通りすがりです。
めちゃ厳しいですね…芸術系…

kuboyumikuboyumi 2011/10/12 01:13 この大学のこの学部が特にきびしいんだと思います。他はそうでもないはずで・・けど、カリフォルニアの高校卒業率は7割です。一部地域では5割とかもあるそうです。義務教育でそうですから、自らお金を払って勉強ってなるとさらに厳しくなるのは推して知るべしなのかもしれないんですが、私としては驚きです。

2011-05-05

[]香穂の期末テストとPepperdine大学のすごさ 23:39 香穂の期末テストとPepperdine大学のすごさ - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂のシーニック・ペイントという学科の期末試験の提出作品です。1年間に習ったことが入っている写真を選び、それを絵におこすというものです。

f:id:kuboyumi:20110428154346j:image

驚きました。なんだか、森の奥が見えそう。水面に映るお姫様の姿もすごい。

絵が立体的に見えました。

(って、言っていますが、実は私は全く絵が描けず、幼稚園の先生になれない人間なのです。)

大学に迎えに行った時に本物を見せてもらえました。担当の教授がいろいろ取りはからってくださって、親たちも見れるようにと学生の最終作品を展示してくださることになったからです。

香穂の母親である私が来たことに気がついた教授。すごく恥ずかしがりやさんだそうで、「さっー」

と、どこかにいってしまわれましたが、すぐに絵が見やすいように裏のほうに行かれて、展示室に音楽を流して下さったりしています。

やさしいねー。

香穂の両サイドのお友達の絵はこんな感じです。

f:id:kuboyumi:20110428155038j:image

みんなこんなに大きな絵を良くかけたねー。


香穂はこの絵を書く時に、時間をかけて描いたそうです。ところが、ささーっとやってしまわないとへんに乾くところなどもあり、描きたいところの乾き具合を加味して次々進めるそうです。相当な集中力と持続性がないとできないそうで、十何時間も筆を持ち描いていて、朝も夜中もなかったそう。ついに背中が痛くなったそうです。そういえば、丁度これをかいてる頃、明け方

「背中が痛いだけど。たぶん、筋肉痛だと思う。なにをすれば治るかな?」と聞かれたのは、このことだったのねぇ。私はてっきり運動嫌いな香穂が背筋でもしたのかと心配したのだけど。

さて、香穂の大学は、3年から舞台芸術の中での専門を決めねばなりません。

照明やマネージメント、デザイン等々あります。

香穂の大学は、学年が終わる最後に大きなミーティングが担当教授一人一人とあります。1対1で行う訳です。先生に1年の反省や思ったこと学んだことなどを話し、来年度の計画を練ります。

香穂は教授に

「来年は3年生なので専門の専攻は何にしますか?」と聞かれたので

「シーンニック・ペイント」と答えたら、先生が

「そういう専門がないからなー。けど、香穂は絵がうまいからねぇ。じゃ、つくるか。」ということになり、教授会へ。無事に香穂の意見が通り、香穂の専攻はペイントになりました。専攻が一人な訳なので、もし嫌になったりしたら、専攻をデザインに変えることになるそうです。

すごい話です。香穂に

「すごいね。専攻ができちゃうんだ。」と言ったら

「あのさー。私立の大学と国立の大学(UC)などの違いは、たぶん学生が大学にあわせて学ぶのが、UC系。うちのような小さめの大学は大学が個人個人に合せてくれるのよ。だから、私のように特殊なことをしたい人間は、助かるのよ。」

と言ってましたが、これはPepperdineの懐の深さ。

まじめにやって実績をすこしづつ積んでいけば大学のほうもつき合ってくれるのでしょう。よかったね。自分にあった学校に行けて。

さて、どこまで伸びるのか、楽しみな香穂の来年です。

BUNTENBUNTEN 2011/05/09 01:26 たとえば霞のかかり具合で表現する水墨画的な遠近法と西洋的な(?)消失点のある遠近法が両方使われているようにも見えますが、そんな技巧の存在を意識させず(正直使われているかどうかもよくわかりません。)きわめて自然な光景に見えます。見る人が見ればただものではないのかもしれませんが、残念ながら私には電磁型スピーカーのネタはわかっても絵の話は美しいとか言う以外のことはできないのでした。m(_◎_)m

キヨタンキヨタン 2011/05/09 18:48 かほさんすごい!
本当に美しいしか分かりませんが、メルヘンの世界に
ひきこまれます!

kuboyumikuboyumi 2011/05/14 23:06 Buntenさん。私も絵は苦手。香穂に「鳥をかいて」と言われて、書いたら爆笑されました。どうみても鯨か宇宙の生き物だそうで。すごいなーとしかわかりません。キヨタンさん、これは香穂の好きな○ィズ ニーの1場面の絵だそうです。写真をみて、それをかくそうですので、こういうふうになるようです。けど、香穂がうつした絵は奥行きがなかったですが、香穂の絵は奥行きをつくってあるので、すごいなーと思った私でした。

2011-04-15

[]絵を書く事を頼まれた香穂 00:23 絵を書く事を頼まれた香穂 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂は大学で舞台芸術を専攻していますが、先日のProofの舞台の成功で、どうも学内で名前が少しづつ売れてきたらしい。けど、香穂が出来る!と思われて、みんなからお願いされるのは、絵の方だそうです。

香穂の学校は4月末で終わりなので、いろいろなパーティがあるそうですが、ひとつのパーティで使うので、

「約2mX4mのお城の絵を書いてほしい。」

というリクエストがあったそうだ。

けど、書いほしいといわれて、サイズだけが言い渡されて、「白黒で。」が注文だったそうだ。それで、お金もなにも渡されない。

香穂はお金を使わずに絵を書かねばならず。

学部の教授たちに相談したけど、みんな

「授業以外では、道具は使えない」

と言われて、なしのつぶて。

「捨てるものだったらいいのか?」

とか、

「余ってる生地だったら?」

とか交渉に交渉を重ねたそうだ。

そしたら、なんとか捨てるようなものが手にはいり、それを使って足りない材料の中、やっと絵ができたそうだ。

一人で黙々と書いてできたパーティの舞台セットの絵はこれ。

f:id:kuboyumi:20110416170945j:image

ゴミのペンキ等を使って作ったにしては、すごい物です。

けど、香穂はこれを

「パーティが終わったら捨てるんだぁ。」

と言うので

「あんた、それはもったいない。もっと学部の宣伝になるように、この絵を使うんだ!」

といろいろな企画をだした私。企画を考えるのは大好きなので、話しだすと止まらない。

そのうち一つが香穂が気に入ったので、しつこく詳細に何度も話していたら、

「もうわかったよ。何度も同じこと言わなくても、その案は先生に相談してみるからさー。」

と最後には怒られた。しゅん。

母の案というのは、ちらっと聞くのにはいいが、長く話されるとイマイチなんだなーとちょっと傷ついて考えていたら、インターネットでこんなのを見つけました。これ爆笑です。

どこの家でもやはり母は、母です。

キヨタンキヨタン 2011/04/18 19:31 かほさんの絵に見とれていました!
大きな口(城門)を開けて外敵を威嚇、お城の人達を護っているようです!
この絵を捨てる?とんでもない!ゆみさんの気持よーくわかります!
母達の、笑えるドジなメール…お腹抱えて笑いました!

2011-03-02

[][]アメリカの美大見学 12:37 アメリカの美大見学 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂が美大の見学をしたいと言いだしました。現在通う大学の卒業後は、進路変更を考えているので、見ておきたいということのようです。彼女の現在通う学校から見る風景はこんな感じです。4年〜6年間までこの学校に通います。(専門をつきつめれば、長くいる生徒も多々います。)

f:id:kuboyumi:20110227152134j:image

というので、行ったところはもちろんディズニーが作ったCal Arts大学

f:id:kuboyumi:20110303050048j:image

この大学は4年生大学卒の学位とは少し違うために、香穂は高校卒後は受験せず。まずは4年生大学卒の学位を取ることと、大学生活を満喫することを望み。現在の大学に通い始めました。それもそのはず。この学校に高卒で来てしまうと一気に玉砕しそうです。みんなキャリアがある、ある・・。徹底的に奥底深くまで学ぶ感じです。なので、18歳という人をキャンパス内では見かけない。結構皆さんお年かしら?という感じです。

展示してあった学校の建設前の構想図。

f:id:kuboyumi:20110303050044j:image

さて、大学見学です。香穂はここにいくと決めた訳ではないので、たんなるツアーですね。

彼女は個人的に教授達に連絡をとり、2名の教授と会う約束をしておりました。ツアーの前に一人の教授に会うと、教授は、本をくれました。これは香穂が受けようと思う学科のコースカタログや学科の紹介本です。さてツアーに参加。


まず、ディズニーの展示から。

f:id:kuboyumi:20110303050051j:image

この写真は、真ん中に生きた鹿をおいて、その写生をしている風景です。この学校はとにかく昔から動くものを描くをいうことに力を入れているようです。なので、あのディズニーの動画は本当に動いている感じを醸し出せるんですね。

これはインドネシアの文化を学ぶクラス。

f:id:kuboyumi:20110303045629j:image

全てインドネシアから輸入です。バリ等から輸入しているそうで、専門的に授業をうけて文化、音楽等を習います。

次はサウンドエディターのクラス。

f:id:kuboyumi:20110302115004j:image

音を作り出すことを4年かけて学ぶ訳ですね。

ペイントの学科。これは校舎内の壁です。ぬっていい階が決まっていて、ぬるそうです。

f:id:kuboyumi:20110302115002j:image

さて、アニメーション学科。こんなすごい人が授業をしに来たりします。

f:id:kuboyumi:20110228131058j:image

Wall-eやCars, Upなどで有名な人です。

アニメーション学科にはいり、仕事をもらったりするようになると、こういうキューブがわたされて、この中に入り、仕事を徹底的に行うようです。日本のネットカフェの様です。

f:id:kuboyumi:20110228131323j:image

さて舞台芸術のほうの工具のようなものをつくるところ。大道具を作る場所と私は思ったのですが、香穂いわく。英語では、Scene Shopだそうです。

f:id:kuboyumi:20110302115003j:image

ここの道具を使えば、家をたてることも可能そうです。

さて、ツアーが終わり、教授との話し合いです。香穂と教授とで1対1で話します。

この教授、話が早い早い。聞き取るのがやっとです。香穂はすらすらと話しておりました。やはり経験とキャリアを重んじるので、高校の時に、一般教養を主にとっていた香穂は、大学に入ったら、専門をもう少ししないといけないようでした。カリフォルニアは現在高校の予算カットのせいで、芸術関係を学ぶことが非常に困難です。そんな話をしたりしておりました。

教授が

「大学では宿題はほとんどない。」

と言っていたので、

「やったじゃん、香穂!」

と後で話しました。私としては、今の大学も朝8時から夜中の1時までやる時もあるので、すこしのんびり勉強できればいいなーと思ったわけです。すると香穂が、

「ちがうよー。どうしてそういうことを考えるかなぁ。先生が言っていたのは、宿題を出す必要がないっていうことだよ。それは、みんなが自分で宿題を考えだして自分で勉強するからだよ。なので、自分で宿題を考えて出来ない人は、この大学ではやっていけないっていうこと。楽をしようとか勉強しないでいいとか、遊びにいこうとか、ゆみちゃんみたいに楽して飲みに行こうとか、そういう考えでいるとあっという間に相手にされなくなるし、大学にも居れないっていうことだよ。みんな勉強しにきてるんだからさ。当たり前といえば、当たり前なんだけどね。」

すげー。実力世界な大学な訳ね。

厳しいなー芸術の世界は。

すごい世界を見せてもらいました。貴重な体験をした私です。

まだまだ香穂は他の大学も見学するようです。

2011-02-26

[][]香穂の大学生活 21:23 香穂の大学生活 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂が大学院を見学する為に、ロサンジェルスの北のほうにあるホテルにおります。

大学院でメジャー変更を考えている彼女は、ちょっと早めの準備です。

香穂は、今週1週間が春休みです。そんな香穂がすごいものを見せてくれました。

マイケルオニールの舞台をステージマネージメントした香穂は、マイケルオニールから、記念の品をもらったそうだ。

f:id:kuboyumi:20110227152023j:image

凄すぎる。中身はとんぼのネックレッス。東海岸の田舎の方では、トンボは、癒しの力をもっていると言われていて、香穂は緊迫した時でも冷静に対応し、舞台をまとめて行こうとしたのが認められたようです。

そりゃ、自閉症の弟と一緒に暮していたら、ちょっとやそっとでは驚きません。そのあたり、舞台上で演技をする人たちには、新鮮だったのかもしれません。


さて今日はホテルで、アカデミー賞を見ています。

2年前までは、アカデミー賞は、私にはとってもとっても遠い華やかなテレビの中のものでした。別世界ですね。

ところが、香穂がペパーダイン大学の舞台芸術(Pepperdine University : Technical Theater )に入っていからというもの、ちょっと身近になってきました。

まず、香穂の友達のお父さんは有名な俳優さんで、このアカデミー賞の審査員でもあります。

今年の第83回のアカデミー賞でコスチュームデサイン賞を受賞したコリーン・アットウッドは、香穂の3年上の先輩が一緒に働いたことがあったりとか。

ブログには、かけないアカデミー賞の裏話をいろいろ聞かされ・・・。

「私の先輩は、卒業してもう俳優としてハリウッドで活躍してるんだよー。将来こういう賞をとれればいいねー。」

などなど。

すごいなぁ。と思いつつ聞いている私。こういうプロの卵の人たちの間で、がんばってるんだなーと思いました。


けど、各自はそれぞれは悩みがあります。俳優学科の香穂の友達の男の子のは3年前に

「自分はゲイだ。」

と気がついたそうだ。けど、自分の家は敬虔なクリスチャン。彼の家はゲイは御法度の確立が高い。その彼がこの春休みに実家に帰って両親に

「自分はゲイです。」

と告白することに決めたそうだ。

「香穂、俺すっげぇ怖いんだ。」

という相談を香穂にしたらしい。

香穂は

「あのね、うちのお母さんは私が中学生の時に、私にむかって、あなたがレズビアンであっても私があなたに対する愛情は変わらない。なので、教えてね。しっかり助けられることは助けるから。決して一人で悩まないで。って言ったんだ。たまたま私はレズではなかったんだけどね。だからね、あなたのお母さんは、最初はびっくるするかもしれないけど、母の愛はすごいからさ。大丈夫だよ。それでもなにかあったら、うちの家にくればいいさ。少なくてもうちのお母さんは100%あなたの味方だし、理解者だよ。」

と言ったそうだ。えっー!すっかり忘れてる私。だけど、たしかに、私の考えた方です。中学の時に言ったんだ。

私<ちょっと早すぎないか?と思ったけど...。

彼は

「香穂のお母さん、いいなぁ。」

っていったそうです。いろいろな友達がいて信頼されてよかったねぇ。いろんな友達が香穂の人生を豊かにし、絆を強くしてくれています。

ありがたい限りです。

RNRN 2011/02/28 14:44 ティファニーのネックレス?!
良い方ですね〜女心をよく捕らえている(笑)
娘の仕事を高く評価されるのは、自分が評価されるよりも嬉しいですね。

リベラルと思われているアメリカでも、
ゲイ・レズビアンというのを公表するのは簡単ではないようです。

kuboyumikuboyumi 2011/02/28 23:00 やはり舞台の世界というのは、記念品を配る習慣があるようですね。その舞台でがんばった人というのに渡されるようですねぇ。
ほんと、アメリカでもゲイ・レズビアンを公表するのは、難しいみたいですね。特に家族への公表が一番難しそうです。私はなによりも家族に公表すると決めた彼の勇気と行動力はすごいと思います。

2011-01-29

[][]香穂のすごい体験 00:26 香穂のすごい体験 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂が"Proof"と言う劇をするので、見に来てほしいということで、LAまで行って来ました。千秋楽の日です。

ストーリーは、数学の博士だった人が歳をとって気が狂ってしまい、その看護のためにキャサリンという次女が大学をやめ、つきっきりで看護します。25歳の時にお父さんは亡くなってしまうのですが、完全看護をしていた彼女は抜け殻状態になってしまいます。キャサリンのお姉さんは、妹もお父さんの血を引き、精神的におかしくなってると信じています。こんな彼女の家から素数のすごい証明がみつかってしまい、キャサリンは、それは私が解いたと言い張るというストーリーです。詳しいあらすじはこちらにあげている方がいます。


香穂が通うPepperdine大学は、LAX(ロサンジェルス国際空港)から車で40分ほど。(すいていれば、30分)日帰りで行ってきました。

実はこの劇。マイケルオニールというハリウッドの俳優が出演しました。

昨年秋から彼女はこの劇に付きっきり。秋はハロードーリーという劇も彼女がアシスタントマネージャーをしていたので、超多忙でした。

この俳優さんは映画では古いところでは、Ghost Story、最近ではトランスフォーマー、クレージー、グリーンゾーンなどに出ています。テレビでは、ER,24,The X-Filesなどに出演です。

こんな方です。警官役でも出てきますね。これが香穂がやった劇のパンフレット。

f:id:kuboyumi:20110130100432j:image

香穂は舞台芸術(Technical Theater)という学科で学んでいます。

私は、舞台芸術って大道具さん、小道具さんというイメージがあったのですが、いえいえとんでもないです。それ以外にも4年間で照明から、歴史から、舞台の設定、デザイン、コスチューム、ディレクターもやります。このディレクターがまた大変な担当です。映画でいうところの監督さんですね。この人は、他には、舞台装置から俳優から、舞台芸術の学生すべてのスケジュール把握、指示等をやります。オーディションもやるそうです。アメリカは公平で、オーディションで配役を決めます。俳優学科でなくても、オーディションにうかれば、劇に出れる訳ですね。


これら、すべてを学びます。とってもハードな学科です。バイトもできないですし、ダブルメジャーも禁止されています。(朝8時から真夜中までの拘束がある日々が多いため)


香穂は今回の劇はステージマネージャーとして名前が載っておりました。

f:id:kuboyumi:20110129151851j:image

私が香穂に劇の前に

「香穂の名前がスタッフの上から二番目にあるね。よかったね。一番上のディレクターは4年生?」

と話したら、

「一番上は、今回プロが指導に入ったので、ディレクターの名前があるけど、要するにマイケルオニールの補佐もする感じだから、とりあえず私が責任者になるんだ。彼も有名な人だよ。劇やってる子はみんな知ってる。ハリウッドでも有名だと思うよ。今日が千秋楽だから、今日で終わりなんだよ。マイケルオニールは、すごく私たちを認めてくれるし、ちゃんと各自をみとめてくれるので、やりやすい。プロの人もすごくいい人だよ。」

と言います。えっ?あんた、まだ2年生じゃん。それでディレクターなんてやってるの?とびっくり!

9月に発表があり、11月のキックオフの後、

「私、今度のステージマネージャーをするので、マイケルオニールと連絡とってるんだ。」

とたしかに、電話で言っていました。私が

「えっー英語なの?」

って聞いたら

「あのさー。マイケルオニールが日本語でメール打ってきたら怖いでしょう。」

と冷静な返事。盛り上がってるのは母の私のみ。香穂が

「よかったよー。」というので、

「そりゃそうでしょう!」というと

「彼はiPhoneユーザーなんだよ。私と同じだからメールの文字がずれたり化けたりしなくて、いいよ」

と言っていました。なんだ、それか、、、。



さて舞台です。香穂達の学部は、大ホール、中ホール、小ホールと大学内に3つのホールを持ち、卒業後はどんなサイズの舞台でもできるように学びます。今回は中ホールが使われました。

劇自体は、全般的に言い合いのシーンが多い劇で、ストーリも重く、最後の結末も見る人によって、取り方が違います。マイケルオニールはお父さん役で、天才と狂気の狭間で揺れる人間を演じます。キャサリン役の子も同じ狂気と正気の狭間を演じます。

最後はスタンディングオベイでした。

私もスタンディングオベイに参加しながら、涙してしまいました。劇がすばらしかったことも当然ですが、さらにうれしかったことは、香穂は、我が家で育ちました。ということは、2歳から17歳で大学に入るまで、15年以上我が家で私と一緒に自閉症の症状と戦い抜きました。彼女は脱走に脱走を重ねる弟を見るために、ついぞ我が家で自分の部屋で机に向かって勉強をしたことはありません。いつもリビングで渡が遊んでいるのを見張りながらの勉強でした。宿題も何度破られたことでしょう。教科書もノートも何度、落書きされたことでしょう。ちゃんと勉強ができる環境をあたえられない母である私は、とても申し訳なく思っておりました。


香穂も私を自閉症の戦友としての方が親しみがあるせいか、私をママとは呼ばず、「ゆみちゃん」と呼びます。この関係は、親子の関係よりも時には強い絆を結ぶような関係です。香穂自身も私に母親業がプレッシャーにならないようにと思ったのかもしれません。たぶん、他の人からみるととってもかわった変な呼び方をする親子なのでしょう。けど私たちの間ではこんな事情と絆があるのです。


そんな香穂がこんな大きな劇の舞台を担当するなんて。本当にあの環境の中、よくがんばって進学したと思います。大学に入ってからも、学部生は、みんなが家族が舞台が大好きで、小さいときからに舞台をみて、日常で接して学んでいるというのに、香穂だけが舞台芸術を学んだのは高校4年生(アメリカの高校の多くは4年制です)からという有様でした。我が家は、渡を預けて気軽に舞台を見に行けなかったのもあります。

そんな彼女がくじけることなく、ここまで学んでいることは私にとってはとてもうれしいことです。

劇が終わってからも香穂といろいろ話ができました。

今日は楽日ですので、香穂は責任者として出演者全員に責任者から小さなプレゼントを渡さねばならなったそうです。記念の品ですね。2年生の彼女はそんなことを知らなかったので、10日前に突然アマゾンでノートを買ってくれ、大学に送ってくれと言われたので、それを送りました。

ここに主演の俳優さん達には絵をかいて、みんなにはカードに各自の絵を書いて配ったそう。みんながすごく喜んでくれたそうですが、マイケルオニールの香穂へのお礼がすごかったのです。

香穂たち舞台裏のみんなは、ヘッドフォンをして働きます。そこにはマイクがついています。劇の開始前からそれをし、みんなに香穂が指導をだしたり、みんなからの状況を聞いて連絡しながら全体を把握します。舞台芸術の全員がヘットフォンをしてる訳なので、なんとマイケルオニールは劇が始まる前に、そのヘッドフォンを一人の子からとりあげて

「香穂、聞こえるか。」

と話しかけてきたそうです。これは舞台芸術のみんなに聞こえています。そこから1分半、彼が

「香穂、僕は君と今回の劇ができたこと、とてもうれしく思う。本当によかった。あのノートもありがとう。とてもよくかけている。大事にするよ。僕は君ともう一度一緒に劇をしたいので、ぜひがんばって欲しい。ハリウッドで必ず会おう。」

というようなことを言われたそうだ。

マイケルオニール、かっこよすぎ。みんなこれを聞いていて、感動だったそうです。香穂は冷静で、

「すごく感動したけど、私、ハリウッドの舞台芸術の道には進まないしな。それってスカウトですか?って聞いちゃいけないしな。と思ってた。」

と笑ってごまかしてました。


なんとこの劇、カンザス?(なんと欲がない香穂はあまり興味がないらしく詳しく知らない)で行われる全米大学の劇の大会にノミネートされているそうです。スポンサーは、US department Education.アメリカの文部科学省とでもいいましょうか。そのジャッジ(審判員)が私たちと一緒に劇をみていたそう。

私は

「えっーそれ、大変じゃん。今日緊張じゃない!」

と一人焦っておりました。香穂が

「大丈夫だよ。私たちの舞台芸術の方のジャッジは2日前に来たので、もう終わり。今日は、俳優のジャッジだけだから。」

えっ...舞台芸術も審査があるの?それも怖いじゃない!

知らない世界の話で、私はなんだか、ドキドキでした。最後を迎えて、無事に劇は終了したそうです。

よかったね。香穂。これからもがんばって学生生活を謳歌してね。

RNRN 2011/01/31 23:56 香穂さん、素晴らしい〜。
幼少の頃から舞台芸術に慣れ親しんでいなくても、才能のある人は開花すると思います。
もう既に証明されていますね〜

kuboyumikuboyumi 2011/02/01 16:52 RNさん、ありがとうございます。香穂は、大学でもあまりにも舞台をしらないというので事情を理解した先輩が、なんと舞台が映画になっているような作品を、順番に休みの日に選んでみせてくれていたりするそうです。皆さんのやさしさと協力のもと、少しづつ成長できている香穂です。彼女自身、皆さんのおかげで成長できていることを自覚し、おごることなく、感謝の気持ちを持ち続けてほしいと願ってやみません。

2011-01-09

[][]香穂の引っ越し 23:19 香穂の引っ越し - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂が学内で引っ越しすることになりました。ここのところディレクターのアシスタントの仕事が多く、朝8時から深夜まで舞台をこなす彼女は、舞台に近い寮のほうが安全だと学校側も思ったようです。(鹿が多いし:笑)

先日LA に行った折、引っ越しのお手伝いをしてきました。


入寮の日。

「途中から入るしなー。どうしよう、浮いちゃったら。」

と心配していた彼女。大学は、9月始まりですが、1月に引っ越しになった彼女。

寮によってはものすごく仲良く団結してしまって、逆に後から入りにくい場所もあるそう。

緊張しまくりで入寮しましたが、なぜか寮の子達の8割近くがなんとなく香穂を知っていた。

どうもRA(寮母的な存在の4年生)が、舞台(俳優)をやっていた時に、香穂がみんなに絵を配ったので、その絵を寮生に自慢して見せていたそうだ。

大学でアニメっぽい絵をかける子がいる。というので有名になっていたそうだ。

さらに、寮内の2人の韓国人の子は、

「アジアの文化をみんなに紹介するクラブ」

みたいなので、日本のアニメ調の絵をかける人をさがしていて、香穂の噂話をどこかから聞き、探したそうだがビジネス学科や、法学科をさがしたために見つからず(香穂の専攻学部も人数が少ないうえに、学科としては同級生は数名というので、ノーマークになった。)探さなかったためにみつからないままになっていたそうだ。


緊張して入った寮で、なぜか大歓迎をうけた彼女。アジアの文化のクラブにも参加してくれといわれたけど、学科で部活動が禁止(授業の拘束時間が長くハードな学科であるため。)されているので、絵をかくだけだったら、できるよという話になり、大盛り上がり。

よかったねー。芸は身を助けるだね。

人見知りの香穂には、いい滑り出しでした。

2011-01-08

[][]香穂の大学が本格的に始まります。 16:35 香穂の大学が本格的に始まります。 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

香穂の大学が本格的に始まります。

香穂は、アシスタントマネージャーとしての舞台があるので、昨年度からロサンジェルスに入って待機し、1月3日には、一番乗りで大学に入って、1月末から始まる舞台のリハーサルに立ち合っています。この劇は、ハリウッドの俳優も出演するので、その人のリハーサルに立ち会っていたようです。

大学の開始は1月10日。舞台関係の香穂の仲間達は、今日あたりから入寮です。

香穂が1月3日に入った頃は、30室以上ある寮の一棟に香穂がぽっつーーんと一人ボッチだったそう。

聞こえるものと言えば、真っ暗な深夜に鹿の歩く音くらいです。

そんな中、一人二人と寮生がかえってきて、華やかになりつつあります。

香穂の親友も帰ってきました。が、帰ってくるなり

「私、出てくる前にお母さんと大喧嘩しちゃったのよー。」

と言われたそうだ。

「どうしたの?出るときに喧嘩なんて出来ないよね?」

というと、これがすごい。

彼女が車に乗って、500km以上離れた大学に向かおうとすると、なんと車の中の後ろのシートが物で一杯!後ろが見えないくらい物だらけになっていたそうだ。

彼女がもう出ようと思って、荷物もきれいにパッキングし、車もきれいにしてあるのに、乗ろうとしたら、この驚くような荷物です。

彼女は、運転免許をとったばかりで緊張してるし、後ろが見えないくらい荷物をのせられると怖くて500kmも走れないので、お母さんに

「お母さん、この荷物、何?」

と聞いたらお母さんが

「全部大学に持っていきなさい。」

と言われたそうだ。

私のうわ手を行く

「母の心配、母の不安。」

という名前が一番似合う箱やら、物が山積みだったそうだ。やっぱアメリカ人は何でも規模がでかい。もう明らかに大学の寮にはすべて入らない量だったそうだ。

彼女は

「こんなことされたら、後ろが見えないから、危ないよ。降ろすからね。」

と言うと、お母さんが断固として降ろすことを認めず、喧嘩になってしまったそうだ。

彼女はブチッと切れてしまって、

「もう!!降ろすからね!危ないじゃない!!!!」

と荷物をおろし始めると、お母さんが泣き始めたそうだ。

このお母さん、実はお金があまりなく、それでも看護士として夜も朝も昼もしっかり働き、お兄ちゃんと彼女を育て上げてくれたそうです。

そんな母の姿を見ている彼女は、必死で勉強して大学の費用は、すべてスカラーシップでとり、1円(1セント??)も親に負担させずに、大学に入ったそうだ。彼女にしたら、この荷物はお兄ちゃんとお母さんが使ってくれればいい。とも思ったそうだ。

彼女は、お母さんに負担をかけないようにと必死で勉強して高い奨学金を得て、きちんと学歴をつけ、母を心配させないようにと日々努力しているようです。

お母さんは、お母さんで、毎日毎日お財布をやりくりして、スーパーや、ドラックストアで娘が大学で使えそうなものを一つ一つ買い集めていたにちがいありません。そのことに数ヶ月使ったと思われます。

こんなお互いの思いやり深い親子のちょっとした行き違いです。

けど、お母さんは最後には、車にしがみついて

「私があなたを育てた20年間に私がしたあなたが嫌だと感じたすべてのことは、今、ここで謝るから。」

と、わんわん泣かれたそうだ。

もうこうなってしまうと手がつけられない。

彼女も、もうどん引きで、どうしていいか、わからない。早くでないと寮の入寮締め切り時間に間に合わないので、慌てて出てきたそうだ。

案の定、このもめ事で遅刻して自分の棟の寮の鍵をもらう時間に間に合わず、寮には入れず、香穂の寮にやってきたそうだ。

なんか、もうこの話を聞いて私は号泣。

お母さんの気持ちは痛いほどわかるし、娘さんの気持ちも痛いほどわかります。

お互いが深く思いやっておきた喧嘩です。

みんな一生懸命生きてて、悲喜交々の新年のスタートです。

2010-12-21

[][]推薦教授に「大学なんて辞めちまぇ!」と言われたその後 21:37 推薦教授に「大学なんて辞めちまぇ!」と言われたその後 - 自閉症 渡の宝箱 を含むブックマーク

コスチュームの授業を推薦してくれた教授

「Pepperdine大学なんて辞めちまえ!」

と言われた香穂のその後。

どうも母親のようだと思い、立ち直った香穂は、このコスチュームデザインの授業を推薦してくれた教授にアポを取り、話してみたそうだ。

「質問があるので。」

ということで、推薦教授の元に行った香穂。

教授に

「すみません。聞きたい事があるのですが・・。」

教授には、

「何?」

と言われて、香穂は

「先日、私に<Pepperdine大学なんてやめてしまえ。A大学に移れ。>とおっしゃいましたが、あれは、あなたがその大学出身だから、言った話なのか?それとも、私がその大学に本当に向いていると思ったから言った話なのか?どちらか?」

と詰め寄ったようです。

そのとき教授はにっこり笑って、すごくおだやかな顔になったそうです。その顔が母の顔そのものだったそうです。その笑顔のまま彼女は

「私があなたにA大学を勧めたのは、あなたは、A大学でやって行ける実力はあると思ったから。さらに、私がA大学出身で教鞭を取っていたので、A大学のことは詳しいので、あなたならそこで自分を磨けると思ったから。そのためにもいい大学だと思ったから勧めた。だから、答えは両方ね」

とニコニコと言われたそうです。

香穂は母の笑顔をした教授をみて、ほっとして1週間悩んだ自分がバカのように思えて、

「わかりました。考えてみることにします。」

と答えたそうだ。

俄然、やる気になってきた香穂。

私は話を聞いて、大人になった香穂を見ながら、自分に合った大学に入ったんだぁー。

と心から思いました。1週間、へこみながらも考え抜けば、それなりに答えもでるでしょう。

1週間かかった難しい宿題だったね。解けてよかったね。

Voice4u