Hatena::ブログ(Diary)

京都大学自転車競技部練習日誌

2017-10-18

black and black

14(土)21km、1.0h、TSS20、移動でAR
からの26km、1.2h、TSS72、1分走6本。ダメ。
15(日)16km、0.6h、TSS54、山中1本15分36秒。ダメ。
からの21km、0.9h、TSS24、移動でAR。帰りは電車バス。
16(月)オフ。あるきまくる。
17(火)17.3km、0.8h、TSS17、流し。
18(水)オフ

<14(土)>
 バイトのあと将軍塚のあたりで1分on1分offを行おうとした。しかし、交通の事情であんまりうまく行かず、レストを厳密に守ることができなかった。まあ無駄な練習とまでは行かないが、狙った効果が得られたかという観点から見るとダメな練習。出力的にもあんまりよくなかった。そういえば、忙しすぎて朝飯と昼飯と晩飯を食べ忘れていたな...。バイト先から出る前に、コンビニパスタプロテインバーを補給したが、消化が終わっているはずもなく、ハンガーだったのだろう。今所属している組織はどこも大概ブラックなのでたまにこういうことが起こる。

1:02 450W  3:18 レスト
1:07 402W  1:33 レスト
1:03 410W  1:03 レスト
1:05 585W  1:01 レスト こっから本番
1:14 423W  0:50 レスト 終了
1:03 477W

<15(日)>
 14日の練習のそれほど強度が上がらなかった割には、朝から疲労感を感じる日だった。それに雨も振っている。寝坊したせいで時間も無かった。悩んだけれども、日曜日くらいしかFTP域の練習ができないことを考えて、集中して山中アタックを一本だけやることにした。

8:00 241W 128bpm アップ。
15:36 346W 165bpm 山中。あえて序盤突っ込んで耐える練習
(中腹のピークまでは10:34 363W。全然突っ込んでもいない。)
0:19 906W シメのスプリント
0:19 733W おかわり。

 そのあとチャリでバイト先に移動。猛烈に雨に振られた。ひどい目にあった。帰りはいろいろあって自転車に乗れず、電車・バスで帰った。バスってひどく揺られるし走った方が速いし毎回ヤバイ人間が載っているし、ほんとクソ。ドコモショップ並みに不快な思いをする。しかも金まで取られた。え?こっちが金払うの?という気分。

<16(月)>
 疲労感が強くて休み。この日は意地で出町柳まで徒歩。
<17(火)>
 まさかの筋肉痛。とほほ。しかもまたミーティングとか実験で3時帰宅。
<18(水)>
 オフ。実験をひたすらにこなす。

ここ数日いろいろな事情でそんなに練習ができていない。6週間にわたった短時間高強度の練習による疲労を抜くためにも、そろそろ休養が必要と考えていたので、まあちょうど良かろう。

2017-10-17

20分の壁

10/11 将軍塚 10.36km 0h30m
5:40 1:16 1:15 1:18
時間がなかったのでサクッとインターバル。三本で力尽きた。流石に弱すぎた。

10/12 花脊〜常照皇寺〜深見 101.01km 4h22m
花脊 19:51 栗尾 7:40
向井田さんが花脊20分切れ切れ作戦をやってくださるということで京見に行く気満々だったところを花脊へ連行。ペースとしんどさ的に絶対作戦失敗だろうと思いながら登っていたがなんか20分切ってた。20分に壁はなかった。花脊で脚を使い果たしたのでそのあとはもうスカスカ。美山にたどり着けなかった。いつも花脊を越えた後が練習にならないので早く体力をつけないと。

10/13 江文 30.65km 1h19m
高久とゆったりサイクリングした。

10/14 美山〜佐々里〜裏花脊 125.45km 5h18m
京見 9:50 弓槻 3:18 神楽坂 2:21 裏花脊 23:00くらい
京見ついに10分切り。岡本さんに勝った。弓槻、北桑田、神楽坂は全部ホリさんには勝ったが岡本さんには勝てず。最近短いもがきも強くなってる気がする。美山までと聞いてたのでふらっと美山までにすべて出し尽くしたが佐々里に行くと通告され絶望。とはいえ初佐々里なので景色も適度に楽しみながら2列でローテーション。松山の先頭交代の仕方が危険すぎて何度もヒヤヒヤ。佐々里で延々と続く上りに心がポッキリ折れて千切れる。下ったところで岡本さんとホリさんが待っててくださって感動。裏花脊は気持ちで頑張った。

10/15 千弥大掃除

10/16 OFF

10:17 花脊 40:41km 1h45m
花脊 19:33
今日も今日とて花脊へ。最初からペース速めで登る。看板のところで9:23。そこからは心の中で天使と悪魔が言い争いを始める。水飲み場前でタレてくる。気持ちで押し切って最後のもがきを入れて登頂。ベスト更新。1人で行った割りによく頑張った。チャリの練習というよりもメンタルトレーニングに近かった。

最近自分でも気持ち悪いぐらい峠のタイムが伸びる伸びる。原因はよくわからない。がしかし平地に関しては全く強くなってない。練習心拍が195くらい出るので体調は悪くはないのだろうが。今週はOMOカップ。全部のセクションで1位を獲れるようにガンバロウ。

パワーめっちゃ出る!!

練習NPがいちいち高くて喜んでたら、体重が増えただけ。

9 TSS37 59m 535kJ NP179W 江文流し
体育の日。レース後で午前中は腰が痛かったが、短距離のレースなので午後にはそこそこ回復してたが、また寝て一日が終わった。乗ったほうが良さげな日だった。

10 TSS100 1h32m 981kJ NP236W 京見、持越
京見
10m41s 287W NP290W 174bpm 77rpm
10m01s 307W NP341W 177bpm 80rpm
持越 1m52s 366W NP372W 172bpm 81rpm
辰巳と福原と熊谷が美山に行くというので、早めに行って京見1本登ってから2本目。1本目はいつもどおり300Wで行こうとするがどうにもこうにも踏めず。昨日変に休んだりするから、こういうことになる。調子悪い時って、左右差も顕著になる。ここ数週間気にならなかったが、広島走ってる途中から再発。他が来るのを待って2本目。福原が最初から340Wぐらいで上げていくので、今日の私にはついて行けず2分で千切れる。その後の辰巳が強かった。ほぼ引いたけど、最後先行させないとヤバかった。というわけで、最後ガン上げしてなんとか勝つ。そのせいでNPがおかしいことになったが、うまくペーシングしたらaveでもこん位出るのだろうか。
美山組とはここで分かれて、一人持越へ。京見からの分岐から踏んでいくが、持越入ったところでまたパンク。そのあとは萎えて、持越もいまいち踏めず。せっかく途中で切り上げたのに、パンクで授業遅れる。

TSS27 33m 381kJ NP204W 三本流し
本当は朝起きてボリューム稼ぐつもりだったけど、寝坊したので夕方にローラー。徐々に上げて行って、へんに頑張ってしまった。心拍も175bpmまで上がる。

11 TSS164 2h33m NP234W サンダイコー裏花脊 with 吉岡
京見 10m29s 299W NP307W 169bpm 79rpm
弓槻 3m29s 357W NP367W 172bpm 83rpm
裏花脊 22m34s 269W NP272W 170bpm 84rpm
依然として調子が良くない。まあこんな日もある。身体が重いのは、昨日晩御飯食べ過ぎたのもある。モチベーション的には行く気がしなかったが、吉岡がいたおかげで助かった。昨日は辰巳が強かったけれど、吉岡も順調に強くなっている。どの峠も最後まで付いてきて焦った。弓槻でさへ粘ってたから、短いのも強くなっている様子。弓槻はかなりパワー出てる気がするぞ。平地は元気だったらまた1時間走するつもりだったけど、出来そうにないので吉岡とローテ。私が5分*4引いて、吉岡はその半分ぐらい。2回目は280Wだったけど、他は260Wぐらい。フォームが崩れてえらいこっちゃ。裏花脊もつきいちだったけど、ずっとついてきて結局最後まで剥がれなかったので、かなり頑張った。
身体が重くてあんまり強度上げられなかった印象だったけど、NPで見ると、花脊頂上で240W越えていたので、そこそこいい強度の練習だった。

12 TSS198 3h10m 2093kJ NP230W 常照皇寺2周
京見 10m46s 292W NP295W 169bpm 77rpm
弓槻 3m57s 311W NP309W 164bpm 77rpm
常照皇寺
2m06s 368W NP376W 168bpm 84rpm, 6m44s 301W NP307W 171bpm 78rpm
2m00s 394W NP409W 167bpm 85rpm, 6m50s 297W NP306W 171bpm 78rpm
栗尾 5m53s 308W NP318W 170bpm 79rpm
裏京見 9m08s 255W NP260W 162bpm 83rpm
家出る前から感じるダメな雰囲気。こういう時って、出発するのが予定より遅くなる。京見も300Wを維持できず。笠トンまでも本当にしんどくて帰りたい欲が出てくるが、天気予報では雨が続きそうなので、遅いペースでも量を稼ごうと進む。弓槻はそこまで頑張らなかったけど、後から見ると想像以上に出てなかった。常照皇寺1本目短いのはサボる。平地もテンポ下限でサボる。長い方は頑張る。にしてもフォームが崩れている。広島以来、左右差が再発してサドルに座れない。無駄なところに力が入って膝にも負荷が掛かっている感じで全くもって良くない。ということもあって、ダンシング多用。2周目。短い方で思ってたよりも出る。そのせいで長い方がかなり辛かったが、300W越えられず。
そこからは一人なので、限界のかなり下ではあるが頑張って帰宅。後半多少は動くようになったが、いまいちだなーと思っていたら、NPが230W越えている。でも、よくよく考えたら体重増えたせいで高めに出てるだけだな、これは。夏から2坩幣紊倭えて、大体4倍で走ってるから、10Wぐらいの体重補正がかかっていると思うとそんなもんかなと。

13 TSS33 1h03m 531kJ 江文流し

14 TSS252 3h57m 2641kJ NP233W 美山佐々里 withほり、辰巳、吉岡、その他
京見 10m43s 289W NP297W 169bpm 81rpm
弓槻 3m44s 316W NP321W 170bpm 83rpm
北桑田 2m41s 356W NP417W 171bpm 89rpm
神楽坂 2m16s 372W NP447W 170bpm 88rpm
佐々里 17m15s 272W NP278W 173bpm 83rpm
花背 22m47s 256W NP264W 167bpm 86rpm
京見で辰巳、吉岡に負けた。辰巳は10分切ってたとはいえ、この時期に負けるとは思っていなかったので…。雨だと思っていたので、今日はそんなに練習するつもりじゃなかったから、果てしなくしんどい。京見、弓槻は置いてかれる。一向に回復しなかったが、北桑田、神楽は他が雑魚過ぎるので、途中まで後輩たちを利用してから、最後頑張って何とか先頭通過。筋肉が良くない状態で、左右差もひどい。にしても、京大生は1分とか2分が絶望的に弱い。
美山〜佐々里は6人ぐらいいたので、ローテできれいに回すことを意識して、と命令。今ぐらいから1年後2年後のために、TTの準備していかないとやっぱりダメだなって思うぐらい、下手だった。そのまま、佐々里、裏花背と淡々と。低強度だったけど、かなり辛い日だった。
昨晩、体重測ったら62.2圓脳任襦最軽量時から5坩幣UPはさすがにやばいので、ちょっとダイエットしよう。それもあってかNPがめっちゃ高く出てしまう。

15 TSS27 41m 441kJ NP184 三本流し
1日中雨だった。

引っ越します。

10/10 江文with高久36km
お決まり×3、リサセン20秒スプリント×1
高久を先行させて、最後の一分でまくる感じ。この日は三本で終わってしまったけど、三本ともしっかり追い込めた。いい練習。高久もそれなりに速くなってる気がする。やる気はなかなかある。

10/11 今津。123.8km
LSD。結構足にきた。

10/12 江文with須々田さん、福原、吉岡、高久 41.8km
須々田さんのご指導の下、1mon30soffのインターバルを4本。
一本目はなぜかずば抜けてしまった。もがき始めるタイミング早かったかな?
二本目は最後の1分の途中にチェーンが落ちて中途半端に。整備不良。反省。
三本目は最後の1分で須々田さん、福原にちぎられる。ついてけない。あれについていけるように強化しよう。
四本目はレストを挟んだのち、高久と二人で。目の前がちょっくら白くなる。
最後にリサセンにて20秒スプリントをおかわり。もう一段上げたいところ。
家に帰ると足がパンパン。

10/13 ローラー1h 37km
雨天につき。メトロノームに合わせてケイデンスを100に保つ。感覚で覚えたいところ。その後ピストで少々。

10/14全体練サンダイコー 59.5km
久しぶりにこのコースでもがく。京見は半分もいかないうちに集団からちぎれる。最後も粘り切れず、10:37。うーん。笠トンはいい感じ。松山と向井田のアタックをしっかりつぶす。弓削は笑えるぐらいに踏めない。なかなかなえた。京見の距離は最近お粗末にしてるからまあ、って感じやけど、弓削でちぎれるのは大問題。その後は翌日が新人戦ということでたらたら帰る。

10/15 新人戦
自分は団抜きのみ。前回の練習では全くついていけなかったので、不安はあった。アップを入念に済ませ、体をしっかり動かす。スタートで手こずるが、何とか前につく。が、ペースが上がるにつれついていけなくなる。そのまま、先頭交代のタイミングでちぎれる。完全に練習不足。団抜きを崩壊させてしまう。ごめんなさい。綾野さんや山本さんにもサポートも丁寧にしてもらったのに、面目次第もない。

10/16 宇治川 63.7km
雨だったが、先週全然乗れなかったので、欲求不満につき宇治川へ。凍えた。ペダリングで、足を回すという感覚をつかみかけた。しっかりものにしよう。

10/17 江文 41.9km
お決まり×4、リサセン20秒スプリント×1
この日は一人だったので、もがき切れるが不安だったが、比較的高い強度で行えた。もう一本いけそう。耐性ついてきてる気がする。

2017 10/10〜10/16

10/10 美山
10/11 江文
10/12 ローラー60分
10/13 サンダイコー
10/14 美山
京見 12:32
10/15 千弥大掃除
10/16 ローラー60分

千弥の大掃除をして、千弥の柿の話を聞き、柿が異常に食べたくなった。今年は基本的に日曜日にバイトがあるそうなので柿取りに、参加して柿の話を聞きながら柿を食べれたらいいなと思った。

2017-10-16

第53回 全日本学生自転車競技 トラック新人戦・西日本大会


ポイントレース9位(ラスト36周回3着、6周回1着)
団抜き5分4秒(福原、牧さん、向井田、木田)

気温は20度くらいだっただろうか。天候は雨、風はそんなに感じない。初の333バンクに初のポイントレースという、新人に相応しい「初」づくしの大会。朝の8時半まで30分ほど試走した。いつも練習に行くところよりも綺麗で、雨ではあったが、よほどのことがない限りコケそうにはないバンク。ポイントレースに向けてアップしようとローラー台に乗ったが、空いていたのが古いもので、ガタガタで怖かったので、雨の中ジョギングでアップ。ポイントレースは11:57スタート。

ポイントレースは24km、72周回、6周回ごとにポイント周回が設けられていた。今年のインカレチャンピオンが出場していたそうで、有力な逃げに乗ることを考えてスタート。序盤はペースの変動が激しかったように思う。ポイント周回でもないのに結構もがかされる。しかし逃げはなかなかできず、中盤からは自分でもポイントを狙いに動き始めた。
頭の中でポイント周回を計算しつつ、ポイント周回の1周前から内側に入る。自分が先頭の時は脚を緩めて、一気にペースを上げたつもり。でもトラックでバリバリの選手たちには歯が立たず、ラスト36周回で狙ったポイント周回でも3位。後は周りに迷惑をかけないように気をつけつつポイントを狙うが、全然届かない。ゴールのポイントは2倍でみんな狙うと考え、その1つ前のポイント周回を全力で取りにいった。なんとか1位で入れたが後が続かず、最後は勝てず。

団抜きの当初の目標は4分40秒。前半は1周22秒台、後半は23秒かかるかどうかくらいのペースが目安。練習では、自分が1周目でペースを上げすぎて動き後続が疲れてしまったので、今回は抑えめに入った。でも後ろでアクシデントがあったみたいで、後ろがつかなかった。1周目にして崩壊してた気がする。後は人がいなくなったりして、とても団抜きとはいえない状態だった。終わっても全然しんどくなくて、強度的には弓つきくらいだろうか。まあ、こんな日もあるわ。


今回、ポイントレースは初めてだったので当たり前なのだが、周囲との経験の差を感じた。向井田にも走り方がヘタだと言われた。上に上がろうかと思ったら右から抜かされたり、列に入ろうかと思ったらいきなり詰められたり。先頭にもたったりしてエネルギーの浪費が大きかった。
団抜きは…、まあ、ああいうこともあるわ。そう思わないとやってられない。

今回、雨の中サポートしてくれた山本さん、あやのさん、ありがとうございました。あと、ポイントレース前にギア比について突っ込んでくれた岩見、ありがとう。

新人戦

ケイリン予選 3/5位
ケイリン敗者復活戦5/5位
200mFTT 12.866

前日に自転車を積む以外の準備をしていくとスムーズに朝出発できた。奈良競輪場は入り口がややこしい。
 前回のトラックと同じくアップがうまくできなかった。ローラーを20分以上したけれど心拍が十分に上がらない。高ケイデンスがへたくそだからかな。あわよくば固定ローラーをしたい。
200では全部で2周半走るのだがラスト200までに結構しんどく、最後も満足な加速ができずにひどい結果になった。雨で滑るかと心配していたが、実際に走ってみるとこける気は全くしなかった。
 ケイリンでは走る人の情報を調べ、一番強い人の後ろについて行って2位を取るつもりだったが3位の人をまくれず3位。敗者復活戦は自分でもなぜかわからないがダンシング(スプリント)をせずずっとシッティングだった。結果は最下位。とりあえず寒かった。
やはりロードのほうがたのしい。トラックはアウェイ感が強すぎて落ち着かない。あと一日中いるのに何分かしか走っていない。
運転してくださった、向井田さん、牧さん、サポートしてくださった山本さん、応援してくださった福島さんありがとうございました。恥ずかしい結果で申し訳ないです。

10/9〜10/16 1kg減量 パワー上がって峠は遅くなった

10/9 off レースの次の日でしんどく、1日中ねてた
10/10 80km TSS204
サンダイコー NP188W IF0.775 
京見11’35 185bpm 95rpm NP270W ave268Wかなりもがいたがダメダメ 
京北トンネルを通りたい気持ちを抑えて栗尾 7’06 179bpm 100rpm NP253W ave254W やっぱしダメダメ NPよりも平均の方がパワー高いことってあるんや。 4限受けて自走で帰宅。
10/11 50km TSS125 登下校
10/12 50km TSS107 登下校
10/13 雨のため乗れず
10/14 126km TSS335
京見11’11 175bpm 94rpm NP274W ave272W るんるんに千切られてからはなんとなく怠けてしまった。北桑田にて初めて吉岡のアタックを目撃。美山までなんとか千切れることなくついていけた。美山から佐々里までは2列で回しながら。いろいろと危険走行をしてしまった。申し訳ないです。佐々里に入ってすぐに千切れ、そこからはるんるんと帰った。心拍が上がる前に脚が回らなくなるのでもがけず。60kmを越えてからは脚が終わるようだ。
10/15 11km TSS31 自宅〜千弥 老ノ坂西 4’25 171bpm 285W 高級焼肉をいただきました。
10/16 off 今日はとても寒い

全体練習で岡本さんに言われたのだが、僕は集団で走っているとき、踏んだり踏まなかったりしているようだ。後ろにつくときも一定ペースで踏んだ方が楽に決まっているので、改善しようと思う。
次のレースは大島だが昇格できる気がしないので、行田に照準を合わせようと思う。練習内容としてはインターバル。まあインターバルしてたら結局花背も伸びるやろうし、大島の練習にもなるだろうというわけだ。あと、7月以来京見のタイムを更新してないので、そろそろ11分切りたい。

蝶々の気持ち

蝶々が花の蜜を吸うのを見て、ふと、葉っぱには興味がないのか気になった。幼虫の時には一目散に駆け寄っていたはずなのに、まるで興味がなさそう。成長すると昔の好物の趣向が変わるのだろうか?そうだとすれば、好きだった物や人のことが好きでなくなる人間も似たところがある気がする。まあ、蝶々はあんな口してるし、葉っぱの前でよだれを垂らして、「口惜し」と思ってるなら話は別だが…。

10/11水曜日
ローラー20分

朝寝坊して、仕方なく部屋でローラー。みっちり筋トレしてたら、結局2限にも間に合わないという由々しき事態。これは後期やばいかも。

10/12木曜日
江文withススタさん、木田、吉岡、高久

朝練。ススタさん、木田共に一緒に練習するのが久しぶりだった。当初のメニューは[1m on,30s off×3]×5sets。1セット目の3本目で踏みすぎてしんどい。そして2セット目にして気分が悪くなる。3セット目にして死亡した。ここでススタさん、吉岡と共に帰宅。
今日は、初めて新歓で将軍塚登った時並みにしんどかった。というか気分が悪くなった。一緒に練習してみたが、木田が強いのか強くないのかよく分からん。もがいてる時に上半身がカクカクしてるのが気になった。なんか安定感に欠けている感じ…。

10/13金曜日

花背、サンダイコー、持越

久しぶりに花背に行った。花背は、ずっと一緒にいると鬱陶しいけど、少し離れると恋しくなる不思議な存在だ。現在、インカレの時よりも3kgちょっと体重が増えていたので、登れるか不安だったがタイムは19分29秒。休むダンシングを使えたし、心拍も159〜172まで徐々に上げられたからなかなか良かった。
今日のピークは花背で終わって、あとは平地を淡々と踏んだ。その時、中国サイクルグランプリで大町選手の下ハンの持ち方が良さげだったのでマネしてみた。結構ええ感じ。あとは、昨日YouTubeで見た個ロードでの京産の中井選手のシッティングもかっこよかったからマネしてみた。こっちはあまりしっくり来ず。体型がちゃうんやなぁ…。
花背を下ってから、左膝に違和感。おそらく雨と低温にやられた。途中からレッグウォーマーをつけたけど、痛みも出てきた。

10/14土曜日
サンダイコー

今日が新人戦だと思って、5:47に部室へ行ったが誰もいなかった。暇だったからカレラを洗車して、キャノンデールを組み立ててみた。あとブレーキワイヤーとホイールつければ、立派な街乗りロードの完成だ。
明日は本当の新人戦前ということで、今日はサンダイコーで美山組とお別れした。市内を走っている時からやはり左膝に違和感がある。出発が遅れたから京見はひとりで登って、水飲み場でみんなに合流。最近は「あの」岡本さんが下回生を待つ光景がよく見られる。見習わないと。
笠トンは特に踏まず、弓つきはいつも通り勝たせてもらって、サンダイコーで休憩。もう脚が痛い。後はおしゃべりしながら部室に戻った。
脚については、痛みの箇所と感覚から、おそらく腸脛靭帯炎だと思う。陸上やってた時によく悩まされた怪我だ。初期のうちは痛みを堪えて走れるけど、無理に走って怪我が長引くというのが自分の定番パターン。ということで、明日の新人戦の後、来週は休養週間にしようと思う。

10/15日曜日
西学トラック新人戦
ポイントレース、団抜き

雨で体を冷やして風邪ひいた。どうやらバカではなさそう。昨日試合の日程間違えたけど。

2017-10-15

10/8-10-1

8日 中国サイクルグランプリ
9日 伊賀上野
下りでもっと踏まなくてはいけない。
10日 休み
11日 サンダイコー裏花背
京見10:50 弓槻4:30
先頭交代直後に踏みすぎているらしい。
12日 午前 江文インターバル
1分on30秒off×3本×3セット
乗っていてまだふらつくことがある。
午後 3本ローラー 20分×3本
ペダリングがやはり汚い。
13日 休み
14日 京見―弓槻―北桑田―神楽坂―美山―裏佐々里―裏花背
京見10:26 弓槻(4:48)

2017-10-13

作戦成功


12
花背 常照皇寺 深見 with 辰巳

花背20分切ったら大島出るとか生意気言ってた辰巳(切らなくて行かせるつもりだったけど。)の花背20分切れ切れ作戦を決行。
と言いつつも、山形村前に行って以来花背を避けていたから自分だけ切れずに辰巳に負けるのではと内心ビビってた。しかし、切れ切れ作戦は背中と激で煽り続けるものだから最初からかちあげる。看板まで9:35。辰巳はずっと15秒くらい後ろでいい感じ。最初のかち上げが効いてきて百井別れまでがクソしんどい。若干垂れ始め、辰巳が近づいてくる。斜度が緩むとこで若干回復。そこからは激を飛ばしながら追いつけない程度の距離(負けるのは嫌なので)を保って。
で、辰巳は19:51だったらしい。作戦成功。 私は19:38。まあ、いつも水飲み場からアタックかけるけど今回はかけてないのでもうちょい縮まるかな。

そこからは花背で出し切りましたーとか言ってる彼を懲らしめた。

13
ローラー15分→筋トレ→ローラー15分 with 高橋

用事済ませて夜にボックス行ったら高橋も来たので一緒にローラー。話しながらやると15分なんてあっという間。にしても高橋は体固すぎ。