Hatena::ブログ(Diary)

京都大学自転車競技部練習日誌

2017-06-23

22(木)移動日。全く乗らず。
23(金)27km、1.0h、TSS71、全日本コース試走

<22(木)>
 完全にただの移動日。ずっと運転もしくは座りっぱなしで非常にしんどい。ホテルはきれいだった。でもベッドが短かった。

<23(金)>
 移動からの試走。いろいろトラブルありつつもなんとかなった。個人的に一番衝撃だったのはターザン事件。ステップワゴン走行中に自分のチャリのフロントフォークがキャリアから脱落して、後輪がキャリアとチューブだけで繋がったまま、車の横でブランブランし始めたのだ。さすがに焦った。チャリ自体は特に問題が無いように見えたので、とりあえず良かった。

 コースに関してはまあ大体予想通りというか記憶通りというか。降ってすぐ登りって感じなんで、やっぱり下りの位置どりがカギになる気がする。登りは、5分弱の登りと2分半の登りがあった。しかし、どちらの登りも登り切ったあとに、また2分くらい緩やかに登っているのがいやらしい。油断して千切れるというシナリオが見えるので注意したい。

2017-06-21

2017 06/15~06/21

06/15 off
 ジャージの発注とかで久しぶりに乗れなかった。
06/16 江文(4'57) 30km with吉岡
06/17 京見(12'19*)→弓削→サンダイコー→栗尾→裏京見 59km with牧さん,中山さん,辰巳,吉岡
 帰りの京見でスピードを出しすぎて段差で車体がホップ、カーブで曲がりきれず壁に激突、落車。速度のわりに奇跡的にかすり傷ですんだ。京見の下りはもっと慎重になろうと思う。レース前日ということも踏まえるべきだった。一緒にいた皆さんすみませんでした。
06/18 AACA 13+12km
06/19 江文流し 30km
06/20 江文全体練(4'42*) 30km
 上りで全力を意識したが、その後の下りでちんたらしすぎてちぎれてしまった。レースでもそうだったが上って終わりにせず、前に追いつかないといけない。
06/21 三本ローラー 20分×3 41km

19(月)41km、1.7h、TSS76、市街地でもがいた。信号ダッシュ連発。
20(火)41km、1.9h、TSS29、流し
21(水)27km、1.1h、TSS97、山中で3分走、TT、HIIT。調子良し。

<19(月)>
 諸事情により宇治まで40分で移動しなければならない事案が発生。うん、まあムリだよね。でも電車よりははるかに速く移動できてニッコリ。思いがけず死ぬ気でもがくことになった。日曜日もがけなかった分ちょうどよかった?

<21(水)>
 カフェインを摂れば、疲労を無視できるし、眠らなくても平気になる。それで疲労がよくわからなくなって、慢性的な寝不足になってしまう。そういうこともあって禁カフェインしていたのだが、耐えきれなくなった。眠くてしょうがない。マジで動けん。この3日は耐え難いほど眠くてずっと寝てるわ脚はうごかないわ頭もまわないという最低の生物に成り果てた。で、夕方、耐えきれずついカフェインを摂取したところ一気に絶好調になった。この高揚感はたまらん。頭が回ること回ること。
 で、その勢いのまま山中にて全日本前最後のポイント練習。アップがてらテンポ走で10分走った後3分走。脚の感触は良い。

・3分2秒、平均386W、NP395W

 そのあと下山にして岡本、吉岡と合流、山中TT。序盤10分の平坦区間は一切引かず、登り返しで速度差をつけて思いっきりアタックして千切るという大人の走りで勝利。独走してからもたれずに3分踏み切れた。ずっと後ろについていたのでパワーはそんなに高くなかった。吉岡が常に5mくらいちぎれながら走っているのが謎だった。山中は実質平坦やしきちんと後ろについたほうが良いと思う。

・15分9秒、平均339W、NP346W

 最後に、30秒on-40秒offをおこなった。もっとガツガツ岡本ともがきあいたかったが、車が結構多くて、序盤は無理せず後ろにつくだけ。ときどき千切れた笑。5回目はトラックが突然ブレーキしてきたので中止。後半は車が減ってきたので、時々アタックなんかしてみたり。しっかり踏み切れたと思う。ところで通りすがりの山本も拉致してもがかせた。一年生なのにこんなもがかされてかわいそう。まあ、全日本前で過激になっている我々に近づいたのが悪いとも言える。

・612W、560W、685W、427W、中止、581W、532W、587W、611W

aaca第六戦 九周回DNF

aacaは毎回平坦のコースをぐるぐる回るものだと思いこんでいたので意気揚々としてレースに挑む。ところがどっこい、試走してみたら登りと下りしかないやん。なんでやねん。まあ、最近模索中の登り方を試すにはいい機会かな。
そんなこんなを思いながらスタート。
三周目までは難なく集団内で走る。岡本さんが前にいたのでべったりつかしてもらう。いい感じのでだしを切れた。しかし、四周目のヘアピンカーブでペダルはすって落車しかける。すぐ後ろに誰もいなかったから、巻き込まれた人はいなかったみたい。もたついてる間に二人ぐらいに抜かれる。その後、集団に追いつくも、登り区間で一気に離される。あー、いつものパターンとか思いながら降ろされるまで一人旅。あと、コーナリング練習
今回のレースは、ヘアピンカーブミスったのが悔やまれる。それにしても自分の弱さをひしひしと感じる。気づけば同回が自分とは違う次元に行ってしまっている。もっと練習せなあかんな。

6/13~6/20

6/13 江文全体練→美山 with森田さん
  江文はちぎれるまで福原の後ろについて行く。ペダリング変えたらある程度上げられても何とかついていけるようになった気がする。ただ、ちぎれてからのたれようは話にならない。反省すべき。最後岡本さんがスパートかけてきたのでスプリントしようと思ったけど、ギア重くしすぎて撃沈。悔しい。その後の美山は平地を引き続けて、峠はひきずってもらう形で。江文+リサセンがなかなか足にきててタイムは全然やけど、それなりに追い込めた。
6/14 山中×2、インターバル。 with須々田さん、中山君
  一本目:15:23 最初の下り前の登りでちぎられる。周りとの差はやはりここなのかと思う。その後の下り+平地でがん踏みしてなんとか中山君に追いつく。最後はスプリントでちぎる。なかなかいい感じにスプリント決まった。
   二本目:16:08 たれた。一本目と全くおんなじ展開。
   インターバル:くたばりそう。繰り返しのもがきになったらやはりたちうちできない。課題ですね。
6/15,6/16 レポートに追われる。乗らず。
6/17 全体練 京見まで。京見10:49
  途中まで福原についていくが、クマ注意の看板あたりから雲行きが怪しくなる。おなか痛い。はきそう。DNFしたい気持ちを抑えて登りきる。
6/18 aaca 9周回でDNF。ざこい。
6/19 乗らず。
6/20 江文全体練→常照皇寺二周回 with森田さん
  今回は福原のペースアップに全くついていけなかった。調子悪い。リサセンも全然。平地もしんどい。足もうない。その後森田さんと常照皇寺へ。今回もひたすら引く。つらい。平地全然上がらん。こぎ方をいろいろ試してみる。登りの時は肩の力を抜いて、上半身をしっかり起こす。少し楽になった気がする。遅いけど。ところで、江文でもがいてあしない状態で美山付近行くのはどうなんかな、と思い始める。

2017-06-20

6/18 KINAN AACA CUP 第6戦 いなべ市梅林公園

初レース。2km×15周の周回コース。
カテゴリーは 1-2 8位で完走。

今回のレースの目標は自転車レースがどういうものなのかということを知り、先頭集団で完走すること。
コースの試走の段階で登りと下りの斜度、コーナーの様子を把握し、割と自分向きのコースかもと思った。アップの仕方も手探り状態だったが、ヘアピン通過後にみんな踏んでくることはわかっていたので、スプリントを数本入れてあとは流した。

1周目 先輩方に言われた通りにローリングの段階で前のほうに上がっていき、15番目くらいの位置でリアルスタート。急激なペースアップになんとか対応できた。
2周目 ここですでに集団から数人が脱落し始める。1周目の周回賞を獲りにいった松山もその一人だった。自分は集団後方。自分の隣で1人落車。集団内だったので影響は大きかったと思う。
3〜6周目 集団のペースも落ち着き、コーナー減速後集団ガン踏みの繰り返し。自分は省エネ意識で前に人が入れない程度に踏む。コーナーで後ろの人が落車。沖野さんが先頭で引いてるのを見て自分もああいう風になりたいなーとか考える。いつの間にか集団は15人ほどに。
7周目 この周に周回賞が設けられていたが、下りとコーナー連続区間ではそれほどペースが上がらず、不気味さを感じていると、登りに入る直前で集団が中切れを起こしていることに気づく。集団を追おうにも道が狭くて順位を上げれずそのまま千切れてしまった。中途半端にもがいたせいで両ふくらはぎが攣った。
8〜11周目 攣った足をのばしながら一人旅。前から落ちてきた人を1人抜く。ゴール地点付近で谷山さんが前方とのタイム差を知らせてくれていたのでそれほど焦らなかった。岡本さんに喝を入れられ気合が入る。あやのさんが何か言ってくれているのはわかったが、内容までは聞き取れなかった。後方集団に吸収されて脚を貯めろって意味だったんですね。
12〜14周目 前を15秒差くらいで走っていた人に登りで追いつき、回しながら走る。その人明らかに脚がスプリンター系だったので最後スプリント勝負になると負けるなーと思う。
15周目 スプリンターさんを登りで千切ろうとするが思ったより自分の脚が残ってなくて千切りきれず最後の上り返しの坂で逆に千切られそのままゴール。

感想
高い強度で走り続けるという経験はなかなかできないので、これからの練習プランを考えるうえでとても参考になった。コーナーの練習を計165回もできたのは非常にいい経験になった。学ぶことの多いレースだった。運転してくださった先輩方、サポートしてくださったマネージャーさん、ありがとうございました。  

AACA 第6戦

今回のレースからはレースレポートを書くようにと全体会議で仰っていたので、私としてはいつもと少し違う視線で参加していた。具体的にはどこまで細かくレースを見るかという点だろう。

私が今回のレース中に受け持ったのはレースの記録、タイム差や前の集団の人数を選手に告げる仕事だった。まずはその仕事を全うするところから始めたいと思う。

〇1−1

京大から出場していたのは岡本さん、木田さん、向井田さん(ゼッケンの番号順)。二キロのコースを二十三周するカゴテリだった。選手がスタートする前にゴール前の坂を上り切った辺りに移動。今思うと、声をかける位置としては不適切だったかもしれない。もう少し坂のほうに行っていれば、速度が落ちていて私の声が届きやすかったかもしれない。

レースの概要について述べよう。三周目あたりから集団が縦に伸びてきて、前は二人で逃げている状態だった。五週目では先頭→岡本さん(二十秒差)→向井田さん(七秒差)→木田さん(五秒差)となりそれなりにばらばらになってきた。残り十七周、木田さんが後ろに下がってきた。辛そうにしている気がした。残り十五周、先頭一人→岡本さん(十秒差)→向井田さん(二十秒差)→木田さん(三十秒差)。岡本さんは集団の中にいて、向井田さんは三人くらい、木田さんは一人で走っていた。残り十四周、先頭集団にいたはずの岡本さんの姿が見えなくなる。後で落車だと聞いた。私がそれを気にしていても何もできない状態であわてていると、福島さんがボトルに水を汲みに行くのが見えた。のちのち福島さんのレースレポートを拝見したところ汚れを落とすための水を汲みに行っていたとのことだったが、私はそこまで気が回らなかった。反省したい。残り八周、向井田さんが一番前の集団から二分近く遅れていた。その後、木田さんも向井田さんもDNF

レース中に選手に前とのタイム差を告げる仕事において、ここで学んだこと・福島さんに注意していただいたことは、三周目あたりまでは固まってくるから必要はないということ。選手が自分の正面に来たときに言わないと選手には伝わりづらいということ。二回ぐらい繰り返していうのが望ましいということ。

〇1−2

出場していたのは岩見くん、松山くん、吉岡くん、筒井くん、熊谷くん、高橋くん、沖野さん、山本くん、辰巳くんの九人。二キロのコースを十五周するカゴテリだった。一周目終了手前、沖野さんと辰巳くん、岩見くんが先頭集団にいた。最後尾は熊谷くん。二周目から既に手段が縦に伸びていた。四周目終了手前あたりで一気に人数が減った。気づいたら先頭に沖野さん、十秒程度遅れて辰巳くんという構図になっていた。そこから最終周まで、おなじような感じだった。完走したのは沖野さん、辰巳くん。





上回マネージャーの福島さんがカメラを持って参加してくださっていたため写真を撮るという仕事が半分の負担になった。おかげで私の仕事に集中することができた。ありがとうございました。半面、声をかけたりタイム差を告げたりする間に写真ぐらい撮れるはずなのにそれができない自分に嫌気がさした。今回の反省を生かしてより良いマネージャーになりたい。

2017 06/18 AACA いなべ

三重のいなべにて初レース。2km×15周で、結果は6周目でDNF
(レース前)
綾野さんに靴下の長さを注意される。次回からは足首が隠れた長さにしようと思う。アップ長すぎ強度つけすぎとの指摘もあった。ヘルメットの被り方も写真を見ると確かに変だった。
(レース)
1周目 リアルスタート後の加速→カーブ手前減速の連続に戸惑って前との間を少し空けてしまい、どんどんそこに入られた。
2周目 すでに先頭からかなり離れる(気づけてなかった)
3周目 筒井に抜かされる。おじさんを交えた5〜6人の集団がなんとなくできる。
4周目 筒井が上げたので集団のペースも上がるが、筒井が落車。その後明らかにペースが落ちる。ここにいたらまずいと思って上りで集団の前にでる。
5〜6周目 が、前に追いつける集団はおろか誰も見えない。あえなくさっきの集団に収束する。集団の後ろについて再び前に出る機会を伺ってたら回収された。
(反省)
・コーナーを曲がるのが下手すぎて、カーブ後の加速の遅さに影響した。
・上りで抜かした人に下りで抜き返された。
・1周目で集団の動きについていけず序盤から大幅な遅れをとった。
・自分が先頭からどれ位離れた位置にいるか把握できていなかった。
・前に誰もいない(かなり離された)とわかった時点ですでに手遅れだった。気づくのが遅すぎた。
(これから)
・曲がり方は当然だが、その時の速度も意識して走る。
・峠でもがく際、頂上で終わらずにそのままの勢いで下る。
・先頭からの位置を常に意識する。
・峠以外でちぎれない。


運転してくださった先輩方、サポートしてくださったマネージャーさんありがとうございました。

6月 練習

全然更新してなかった。
6/1〜6/19 849辧、吉岡に負けてる。1300は行きたい。


6/1,2 TTの移動とかでのらず
6/3 ローラー
6/4 個人TT 38位 
6/5 個人TTで全然もがけなかったからサンダイコーへ。帰りの京見への平地でホリ、松山に遭遇。Uターンしてアタック。ペースをかき乱してしまいホリが落車。ほんとごめん。
6/6全体練 江文 相変わらず福原についてこうとするがちぎれる。リサセンも負ける。
午後 宇治川 そこそこふむ。
6/7 やすみ
6/8   筋トレ 腹筋系3種類 プッシュアップ2種類 ランジ2種類 スクワット 各50程度
6/9 実家へ。運転たのしい
6/10 @岩手 御所湖周回 去年の夏に帰省した時以来久々に盛岡練習コース。そんなに踏んでないが去年よりタイムが縮んでいた。成長したなあ。本場で食べるじゃじゃ麺盛岡冷麺は全然違った。新歓で食べたものとは雲泥の差があるので皆さんぜひ食べに来てください。遠いけど。
6/11個人ロード サポート
ピットで代輪、代車を持って待機。しっかりサポートの準備をしていた大学は落車で自転車がやられても代輪、代車を使ってすぐにレースに復帰していた。レベルの高いレースは見ていて面白い。
6/12 京都へ。運転飽きた。
  京都について時間があったので牧さんと途中峠から百井へ。流しで百井に行く牧さんはやっぱり変態ですね。
6/13 朝全体練 やっぱり勝てない
  午後 花脊 サンダイコー 花脊AV.303w 20:43 
パワーを見ながら登った。楽に20分台を出せた。2か月前の自分に比べたらかなり早くなってるけど福原とかホリのタイムを聞くと萎える。 そういえば、パワータップ導入しております。
6/14 途中峠 流したっけか? AV.192w
6/15 サイクリング+ローラー AV.179w
宇治川行こうとしたけど観月橋で引き返す。やっぱり物足りなくてローラー20分走
6/16朽木 AV.193w クリスクロス 4セット
6/17常照皇寺3周  AV.224w
6/18 AACA いい練習になった
6/19 花脊サンダイコー with 福原 ホリ 岩見 吉岡
福原に全部ひかせといて全部負ける

5月に乗りこんだから6月初めは抑え目。6月はここからもがきつつ距離稼ぐ。7月前半は抑え目で7月終わりの白馬にピークを持っていきたい。

中切れ製造機の向井田です。

レースレポート AACA

カテゴリー 1-1  15/23周回でDNF
AV.326w max 1003w AV.178bpm max 187bpm


白馬の練習になると思い出てみた。練習量を減らしたくないので前日,前々日ともがく。岡本さんと理さんにせっかくパワータップつけたしレース強度でのパワー計る絶好の機会だしと言われ、パワータップつけて参戦。
足も自転車もおもいなあと思いながらスタート。いざ始まってみると意外と踏めた。

1周目 半分くらいまでローリングスタート。リアルスタート後は周回賞狙いの人がいたけどそこまでペースが上がらず。
2周目 ヘアピンカーブでかなり出遅れるが何とか集団内に。
3周目 森田さんの後ろにつく。コーナーリングの差が如実に表れてちぎれる。森田さんのコーナーめっちゃ上手かった。見習いたい
4周目 木田に引いてもらおうと思いうしろでこそこそするが、木田がヘアピンカーブでこけかける。これは後ろにいたらだめだと思い前へ。ここから木田は中切れ製造機の餌食に。ほんとごめん
.5周目 ひとり 
6周目 立命1回の島田君に追いつかれる。コーナーでブレーキし過ぎ!と注意された。
7周目 島田君にコーナリングを教わりながら二人で回す
8周目 二人で回す
9周目 島田君がきつそうになってきた
10周目 ちぎってしまいひとりで前を追う
11周目 登り手前で後ろ4,5人に追いつかれる
12周目 2人減っておじさんたちと3人で。コーナー多発区間はおじさんたちに必死でついていく。
.
.
.
15周目 降ろされた


コーナリングが下手だったのは、アウトインアウトする際にしっかりインに攻めれていないからだったと思う。コーナリングうまい人はコーナー手前で急に減速するのではなく、かなり前の方でスピードを調節して曲がっていた気がする。
とりあえずこれが分かっただけでも今回出場してよかった。出来れば完走したかったけど。
ただ、コーナーで大減速、コーナーあけ全力で踏むを繰り返したため数えられないほどの中切れを起こしてしまった。木田もしっかりとその犠牲になっていた。ごめん。
序盤でちぎれた人たちの何人かは私の中切れが原因な気がする。ほんとすみません。

普段の練習で直角コーナーの練習はなかなかできないから今度岩見おすすめのメグミルクに行って練習しようと思う。

初レース第六回AAC

初レースのAACAは6周でDNFという結果におわった。最初の一周目で前に出ることができず、2周目はほぼ最下位であった。その後、だんだんと調子があがり、前にでることができたが、そこも結局最後尾の集団であった。その中で、がんばっていたつもりになっていたが結局切られてしまった。次回のレースでは完走できるように最初から先頭集団についていけるようにしたい。

6/13から6/20

6/13 山中表18:38 山中裏13:25
6/14 朝練:江文峠 午後から江文峠5:24 花背峠 26:59 29:53
6/15 江文峠 リサセン 2往復
6/16 江文峠 
6/17 サンダイコー 流し
6/18 レース 6週でdnf
6/19 将軍塚 5:47
6/20 休み 風邪のしんどさであるので休みます。

レースの反省から今までの一定ペースでギア軽くしてもがく練習方法を改めます。ちょうどいいギアよりも一段重くしてアップダウン繰り返しながら登るようにします。実際にやるとアップダウン繰り返す方が一定よりかなりしんどい。三日に一回くらいは流しを入れないと体すぐに壊しそう。

2017-06-19

調整→レース

6/12(月) やすみ
いつも通り。しっかり回復に努める。

6/13(火) ブリックトレーニング 1h00m
バイク 5min×2本
直後ラン 4km
 なんでだろう?。全く疲労抜けてない。しんどすぎて、ローラーも5分でいっぱいいっぱい。ほんとはレースペースで練習したかった。こんな日は無理しないのが得策ですね。

6/14(水) スイム 1h30m 3000m
 疲労の原因は先週に外で泳いだことだと分かった。下半身より上半身が全然ダメ。肩上がらん。

6/15(木) バイク 1h00m
 前日の練習で上半身の疲労がひどかったけど、少しましになった。下半身の疲労はほぼ抜けきっていた。絶好調かも?。5min1本。Av.43km/h。推定パワーは、350W。なんだこれ。めちゃくちゃ気持ちいい。

6/16(金) スイム 1h30m 調整

6/17(土) バイク 1h30m 30km 試走 3min×2本

6/18(日) 近江八幡トライアスロン 52位 2:15:31 Av.164bpm
 予想通りの展開で、予想通りの結果だった。スイムは25分ぴったりでベスト更新。バイクは40kmをAv.39km/h。ぐるぐる足が回る。SSTBurstをかなりやっていたのがよかった。ランはやっぱり足を引っ張ってるな。ラスト5kmで大失速。ここで粘れるか粘れないかでは天と地の差がある。たぶんここで、インカレが決まりそう。あと2週間なんで、木曜と日曜にもがいてあとは調整。

6/18 AACA 感想

今回は初レースということもあり調整して臨んだ。またコースはコーナーが多く短い登りが毎周あることを事前に知っていたので、インターバル系の練習を中心に練習した。また目標としては周回賞と完走が目標だった。
結果は8週目でDNF。レース展開としては初めの一周は周回賞目指してガンガンふみ、2,3周目で垂れまくり、20人くらい抜かれ、その後TOKAIの人と一緒にはしったりはしらなかったりしながら体力を回復しそのまま回収。走っているとき自分がどこにいるのか全く分からずまさか8周目で回収されるとは思っていなかったので正直驚いた。反省としては1周目頑張りすぎたこと、先頭がどこにいるか把握せずにはしっていたこと、スタミナが足りないという根本的な実力の問題があげられる。またコーナーの曲がり方も荒すぎで落車しなかったのが不思議である。今回のレースでは多くの改善すべき点が見つかった。次のレースは内灘で完走目指して頑張ろうと思う。
これからの練習はとりあえずスタミナあげのために峠をもがきまくろうと思う。

エンドワッシャーとやらを試してみたいが…

クイック周辺の剛性は結構重要と以前から考えていて、エンドワッシャーなるものが某ブログで紹介されてたのでちょっと調べてみたら価格設定おかしくね

19 TSS184 3h08m 1944kJ NP223W 常照皇寺2周
京見 10m54s 278W/NP282W 165bpm 76rpm
弓槻 3m33s 331W/NP335W 165bpm 81rpm
常照皇寺
2m00s 388W/NP405W, 6m48s 288W/NP294W 169bpm 79rpm
1m52s 419W/NP431W, 7m00s 278W/NP282W 167bpm 77rpm
栗尾 6m02s 285W/NP293W 163bpm 82rpm
裏京見 10m44s 251W/NP255W 162bpm 85rpm
昨日のレースはDNFだったので、月曜だけど普通に練習ペダリングがスムーズで踏めてる気がしたが、気がしただけだった。30分だけでもレースの疲れあり。弓槻も感覚よりだいぶパワー低い。常照皇寺2周目の2分が1本目よりも低かったらもう帰ろうと思っていたが、これが400W越えてしまって帰れない。平地は流してたのでNPかなり低く収まる。
最近パワーの割にタイムが良いという現象が続いていたが、今日はパワーが低くてタイムも遅かった。ホイールふれたまま乗ったからか、単純に体重増の影響か。
裏京見は意外と脚残っててダメだ。午後の授業眠すぎ。

20 TSS57 1h06m 575kJ NP209W 江文全体練
江文 4m18s 316W/NP340W 91rpm
リサセン 59s 442W/NP459W 98rpm
完全休息日にしたかったが、皆で行ったらあげちゃう。脚は当然思い。江文はとりあえず1回生には負けない程度に流す。リサセンも程々に。
平地・下りで誰も上げ始めないから火付け役を担う。そろそろ2回生に任せたい。

21 TSS76 1h03m 589kJ NP248W 山中、30on-40off*10 with須々田さん
山中 15m48s 276W/NP282W 82rpm
インターバル11m13s 273W/NP331W
593-433-508-363-394-490-446-435-415-382
山中はアップ。後ろに人がいると自然と上がってしまう。300Wでアップに終わりそうになかったので下り手前から緩める。
インターバルはシャキッとせず。途中何度も車に止められたし、後半明らかにタレて須々田さんに最後ちぎられた。タイヤ寿命がもう限界でダンシングしたらめちゃ空転して進まないのも、いまいちもがけなかった原因。クランクを淀みなく一周綺麗に回すことと、前後荷重をかなり意識できたので、これはこれで練習になった。
最近レース前は将軍塚固定だったけど、雨でこけたくなかったのもあって、普段より短時間高強度でボリューム少なめにしてみた。物は試し。

22 移動日
23 移動日
24 全日本選手権U23
25 全日本選手権エリート観戦+移動
26 移動日

plan
回復メインで行くのは火曜とレース前の土曜。他はl5、6メインでもがき倒して信号使ってゼロダッシュ何本か。

do
19 花背サンダイコー TSS195
 花背は1分のインターバル。福原が今週はもがかん週やからとか言ってたから別に勝負せんでいいかと思ってたら福原19分切ってた。64kgは軽いな。うどん60食分差があった時とは大違いや。今でも30食分ぐらいはあるけど。インターバル後はなんか口の中酸っぱかったしちゃんと追い込めてたと思おう。そのあとはsstペースで登ってサンダイコーマでローテ。大まかな感想は福原が書いてるので略。栗尾、裏京見もがく。最後の平地は車詰まってなんだかなー。帰って吉岡のペダリングどうなってんのか見たりローラー乗ったりして終了。
 
20 休み

21 午前固定ローラー 40-20インターバル TSS32
午後宇治川 TSS132
午前は40sダッシュを4本2セット。固定ローラーパワー出ないからやっぱり嫌い。そしてしんどい。午後は3本乗ってたけど途中から外いけそうな雰囲気がして来たので宇治川へ。前半はガンぶみ後半はsstで。やっぱり実走は楽しい。

22 午前 将軍塚×4 tss50?
午後 サンダイコー tss131
将軍塚はサイコン忘れてデータなし。サンダイコーはl4ペースで淡々と。前日のインターバルのダメージがずっと残ってる感じがする。土曜に今津へ向かえとのお達しが降ったので金曜まででセッションを終わらせるのをやめて内灘で出し切って月曜休む方向にシフト。

23 江文、リサセン tss55
土日のことを考えてボリューム抑えめで。とりあえずもがくだけもがいとく。

ついに...。

6/18

京見、持越、1時間50分

先日の常照皇寺がきいている。ダルすぎて何もしたくなかったが、せっかくの日曜日なので自転車に乗る。調子が良ければ美山に行こうと思い、とりあえず京見登ってみる。適当に走ってタイムで調子をはかろうと思っていたが、12分10秒ということで帰宅を決意。水を汲んで持越行って帰った。あまりに疲労が溜まっていたので、夜は銭湯へ。これがよく効くんだわ。

6/19

花背、さんだいこー、 向井田、ホリ、岩見、吉岡と共に。

先週で、もがくのは終わりとかぬかしながら花背へ。半分の看板のところ手前くらいまで向井田が付いてきたけどちぎれ、ホリはインターバルするとか言って後ろの方で奇声を発してるし、結局半分以上単独走。半分の看板で9分43秒で、この前よりも楽だったので半分からペース上げて、ゴールタイム18分47秒。19分の壁は低かった。平地は1回生の2人が引くときにペース落ちる。特に吉岡はひどかった。カーブで反対車線行くし。栗尾、裏京見はそこそこもがけてええ感じ。
全チャレ、美山で分かってたけど、やはり銭湯パワーはすごい。脚の疲労が消える。試合に持っていけたらええのにな〜。
ホリ退治は山形村でしようかな。

6/12-6/18 初レースボロボロや〜

6/12 落車のケガが痛くローラー30分のみ
6/13 2限後 将軍塚 アップ5’24 T字路から頂上までインターバル4本 一週間前にインターバルした時より遅くなっていた 4限後 もう一度将軍塚へ アップ5’18 45秒もがくインターバルを5本 35km
6/14 ローラー30分
6/15 なぜか足がつりそうだったので江文流し 30km
6/16 レースに向けて刺激 メグミルク一周全力ではしる 5’48 その後スプリント練習、というかちょっとしたインターバル 45km
6/17 京見を疲労が残らない程度に登る 11’30 洗車
6/18 AACAレース また後で書きます
今週はレースがあったのでそれに向けて調整しようと思っていた。しかし落車のケガや用事によりあまり乗れない日もあった。水曜日まで追い込み、火曜日と金曜日に刺激。土曜日は流す。流したにもかかわらずレースの時には疲労を感じる。日曜日、木曜日くらいに刺激をいれ、金土で完全に疲れを抜くほうが良いのだろうか、まだまだ調整にも改善の余地がある
またレースでは完全に実力不足を感じたので、スタミナアップのためにどんどん峠をもがいていこうと思う。今週からほぼ毎週レースなので、レースに慣れ、レースでもがいてスタミナ上げをし、一回生のうちに昇格を狙っていこうと思う。

ついに買ってしまった

6/8 紅葉峠 1本目11:08 2本目11:02、メグミルク一周5:51, 6kmTTx2

6/9バイトで乗れず

6/10 前半は紅葉峠 10:48 少しずつタイムは上がっている。6kmTTx2、 3kmTTx2, 短い坂もがき、後半は中山峠、18kmTT

6/11 6kmTTx2 、メグミルク周回25劼曚鼻メグミルクを周回しに来るほかの人たちを抜かしてモチベーションを上げる。一人で走るのはしんどいみんなと走りたい。

6/12 ローラー台で gcn 40min high intensity training ローラー台を購入して暗くなってからでも練習ができるようになった。最高負荷にすればなかなか重たい。40km/hで477Wらしい。

6/13 ローラー台で gcn 1h power endurance workout 自転車を降りるときに足をつったのはさしぶりだった。結構追い込めた。

6/14 流し1h 木金練習あまりできないから追い込めばよかったと後で後悔。

6/15 バイトで練習できず。レポートが多い。

6/16 バイトで練習できず

6/17 レース前日なので短時間で刺激を入れようってことで京見峠 11:36 最初ペース上げすぎていつも通り垂れた。前登った時より54秒早くなったが、吉岡に抜かれてすごいショックだった。リベンジします。

6/18 AACA 4周目でパンクしてあっけなく終わってしまった。4周目まででわかったことは、コーナーに入る前にみんな加速するがそこは少し開けられてもコーナーで追いつける。コーナー抜けてから加速して抜けばいい。前の人に追いつくと、その人につくべきなのか、追いついた勢いで抜いてしまえばいいのか、少し難しいと思った。3,4周目になるとペースが落ちるので少しちぎれても追いつけそう。

初レースは思っていたのと違う終わり方で終わったが、学べることはあったと思う。レースにでて、練習のやる気もさらに上がったので先輩と練習に行って強制的に強度を上げていこうと思う。みなさん厳しくしてください。あと雨でも外で練習するべきですか?

2017 6/13〜6/19

6/13 江文 5:00
6/14 宇治川 2:03 55.2km
6/15 山中 ローラー流し
6/16 江文
6/17 京見 裏京見 江文
6/18 AACA
6/19 江文
最近日常生活でもよく足をつるようになった。疲労がたまっているのだろうか、、早く自転車用の体になりたい。
また、僕はやはり峠の登り方が下手みたいなので、上手くなりたい。

2017-06-18

aaca 第6戦 Ignabe

<目標>
・1回生に安全に走ってもらう
・そして、レースの楽しさや自分のレベルを知ってもらう

<メモ>
aacaは ・安全ピンもらえない。
ライセンスいらない。けど、学生証は見せる。
・チップはない。ゼッケン返す。
・受付はサインと同時。選手自ら行ってもらう。

<レース概要>
いなべのアップダウンしかなく、コーナーばっかりの1周2kmのコース。途中砂が浮いていたり、道が悪かったりもする。
駐車場に受付があり、S/Fも目の前。行くまでのコンビニは要確認。

*1-1*
知らん。見てない。
って言っても、ちらっと見てたからだいたい分かるし、本来ならば選手に聞いてでも書く欄だけど、今回はあえてこう書いておく。3人+もりたさん。

*1-2*
1回生8人と沖野さんが出場。
周回賞を取るために一時的な逃げはできるが、その後は落ち着くという展開。
沖野さんが先頭集団で完走。1回生は辰巳のみが、そのすぐ後ろで完走。


<レース前日までに>
白馬出る人には、とりあえずこのレースを斡旋。
人数が出ることが分かっていたので、安全ピンの数を確認。京大発の車で行く組の分は、曲がっているもの、さびているものを含めてぎりぎり足りてた。
早くホビーレースでもらって増やしたい。本当に足りなくなるまで買うのはもったいない。
そして、開催場所、特に道をよく調べておいた。(なのにナビの言うこと聞きすぎて入口間違えた。最近みんなナビに頼りがちですが、降りるインターと使う高速名くらい覚えてから行きましょう。)
ボトルが足りないのは知ってた。1-2は30km。1-1は46km。曇りの予報だし我慢してもらう。

<レース当日>
主にやったこと
・タイムキーパー
・写真撮影

まず会場に着いて、自転車組み立てて試走。この試走のために早く来た。初めてのレースで試走ナシはちょっと。みんなてきぱき動いててよかったと思います。
試走後は、京大からは出ないカテゴリーが続くのでその間にゼッケンはり。わたしがいなくても谷山さん自ら貼りはじめていたり、水くみにいったりしててさすが。この時間の間に1-1スタート40分ほど前となる。1-2の選手のゼッケン貼りの手を一旦とめて、1-1の選手(岡本、木田、向井田)の飲み物作り。補給はないので、レース中に何を飲みたいのか聞いて冷やしはじめる。曇りなのか晴れなのかよく分からない天気だったけど、氷は1袋でまあ足りた。(1-2の選手に使うつもりは毛頭ない)

1-1スタート。
今回、1-1が先にあったので先輩達が走っているうちに新入生が準備する形。
谷山さんにレース記録とタイム差を告げる仕事を頼み、彼らにとって初めてのレースなので、あと何分でスタート、アップそろそろしたら、やめたら、そういうのを普段よりうるさく言った。そして、試走中に減った水を補い、1-1完走後用の水を汲みにいく。駐車場はコースすぐ横のところにとめられたけど、これをしているとレースをじっくり見てるわけにはいかない。
あくまでもサポートとして行っているので、常にコース横にいてるわけにはいかないときもあります。

水を汲みに行く途中に、岡本がそれまでいた集団から1人消えたことに気づいた。パンクだったらまだいいが、ひどい落車だったら汚れを落とす用の水がいると思ったので、近くにいた山本にボトル2本を渡し、一旦帰ってもらう。自分は水汲みの続き。

文字にすると少ないけど、いろいろしてるうちに木田と向井田がdnfになってた。この間は、沖野カメラマンに記録をお願いしてた。

1-2スタート
回生でそろって観戦。初レースなので写真を撮っておく。じっくり写真が撮れるのは、サポートが複数いるからできること。
ちなみに、写真には2種類がある。
1.かっこいい写真
写真を撮っていて楽しいし、いいのが撮れたら選手だってやる気出るはず。

2.記録写真
これは、京大の選手がいるいないに関わらず、集団の人数、あいた距離、ポジションなどを見てもらうための写真。動画はまさにこっち。

2をメインで撮っているので加工はめったにしないし(めんどくさいだけというのも89%くらいある)、少々ぶれていたってアップする。
そういえば、1-1でもりたさんが周りに人がいないのに最後本気の姿勢でスプリントしていたから、撮っておいた。横に人はいなかったけど、とても低い姿勢できれい。(ここ、他の人の写真も見ろっていう意味ですよ)
あと、どちらのカテゴリーも動画でみんなのコーナリング撮ろうと思ってたけど、いい場所分からなかったのと、他にやることあったのとであんまりない。

完走した辰巳はやはり水がなくなっていた。でも脚つったまま完走したとか謎。

<雑感とか>
・当初の目標は…
筒井が落車、岩見がパンクだったけど試走はしたし、みんなコースについてはよく調べてたみたい。
カテゴリー選びについては、1回生は1人だけ完走、他は適度にdnfになったので自分の弱さ分かってよかったんじゃないかな。福原も言ってた(し、他の人も言ってる)けど、今年の1回生は自分達の中で完結してる。そこで1番になったって(それはそれですごいけど)インカレには出られない。向井田と木田は分からないけど、1-1でコーナリングうまい人近くで見たよね。

・みんな脚つるつるだった、ちゃんと見たわけではないけど。すばらしい。もう、このキャラでやっていくわ。
・高橋と辰巳だったかな、会場でも言ったけど、靴下は足首隠れる方がいい。ケガ防止と足首固定のため。
・写真まだちゃんと見てないけど、高橋のメット後ろに下がりすぎでは
・メッセージ伝える声がほしい
・疲れてるだけかもしれないけど、視度調整ずれてた。そらピント合ってないの多いわ。

・部車のタイヤの空気圧減ってる。全日本までになんとかしたい。
・行き出発時、ガソリンfullだったけど帰りより断然減るの早かったのと走行距離から、修理に持っていったときにだいぶ減ってると思う。出発前に減ってた分はガス代のレシートでも見て確認しないと。

・ボトルを冷やすときは、氷水プールを作ってボトルを入れるか、氷の下にボトルをおく。氷が下だとなかなか冷えません。あと、冷やし始めるの早すぎても溶けるだけです。
・せっかく1回生マネと一緒に行けたのに、レースのこと話す機会がなかった。
行きの車で無理矢理にでも話せばよかった。

・帰りの車でも言ったけど、1人旅してる選手に「後ろに集団!」って言ってるときはだいたい、「後ろに集団(いるから、ちょっと下がって一緒に前を追え)!」っていう意味です。
決して、後ろの集団から逃げろ、ではありません。
・安全ピンを選手から確実に回収しておくのを忘れてた。まあみんなライセンス入れに戻してくれたはず、そういう詰めの甘さが失敗のもと。

・今回はライセンスがいらないレースって分かってたから、別に誰の分あるか確認しなかったけど、レース会場に行ってからライセンスありませんってならないように注意。必ず、出発する前に確認しましょう。選手もサポートも両方。

・このレースとは関係ないけど、内灘の参加証を同日開催の全日本の方に持っていかれたら困るから、といって向井田くんが持って帰っているらしい。
失敗の芽は成長する前にすべて摘み取ってしまう、よいこころがけだと思います。
レース日程や参加者を把握しておかなかったりすると、同日に別レースがあるのに全員のライセンスを持って行ってしまう、というようなミスがあります、選手、マネともに確認するようにしましょう。

細かいこと言い出すときりがない…

・この日はケータイを忘れました。実家に。
 スケジュールは覚えていたとはいえ、レースのメモは残せないし、後ろとのタイム差を聞いて言ってあげることもできないし、失礼いたしました。連絡してくれた健太お兄さん、ありがとうございます。

6/12-18

12日 江文 流し 32.5km
13日 江文4:37 30.5km
14日 江文4:43 30.5km
15日 山中 1本目17:19 2本目17:50 28.6km
16日 江文4:47 30.8km
17日 サンダイコー 京見11:02 58.6km
18日 AACA 6周DNF 26.8km
6月計922.5km

いなべって員弁って書くんやって

たまっていました。周りは6月に入ってES出してインターンとか行くらしいですがなにそれおいしいの。

火 桂坂インターバル練 1h NP247W TSS71
昨日に引き続き調子はよさげ。まずAクラスターで上げる
1:00 497W 更新。調子よくてもこの程度なのでこっからあと2か月どのくらい上げられるか楽しみ。
1min 413W 2本目からがくんとさがる。ここを連発できるよう。
30s 438W
30s 461W
ラスト桂坂4:36 332W NP339W
最後L5。短時間やったあとにしては思ったより出た。

水 起きたら雨。ローラー
1h30 TSS85 205W
一年ぶりくらいでローラー乗った。くそしんどい。昨日の疲れがすごい。階段がつらかった。ハンマーシリーズっていうレースめっちゃおもろい。TTTやってるけど秒差でスタートするからメイン集団が形成されてたり、ゴールスプリントだったり。日本でもやったらいいのに。

木 全く起きれなかった。階段が重い。

金 亀岡高槻 L6 1min×8 TSS152 NP231W レストは超適当。もがけるとこでもがいた。
406 NP414
414 NP404
400 NP393
411 NP411
432 NP441
387 NP377
374 NP352
他に30sのダッシュなど。亀高としては最高値のTSSを記録。450W越えれるようにしていきたい。

土 先週の金曜休んだため土曜出勤。その後四時から研究室の同期と木津川の無鉄砲なるラーメン屋までチャリで。クロスで行ったが、途中ロードのおっさんについていったりしてた。同期も後ろにつくのうまくなった模様。自転車の普及活動を行っています。
知り合いから京都で一番うまいと聞いてて、プラス当日も行列してたので期待大だったがいうほどうまくなかった。というかもう味忘れた。そんなレベル。キラメキ、大勝軒の方がウマい。あとは夜道の中40kmちょいを帰って終了。昨日のダメージはけっこうあるが純有酸素できた。TSS120くらいか。

日 六甲登山 4.5h 14km 1200m up 消費エネルギー的にはTSS120〜150?
研究室の同期と芦屋川から岩梯子を経て六甲最高峰、有馬温泉
4か月ぶりに山へ。山に行きたかったので行った。途中岩場などもあって怖いが面白かった。六甲にしては人も途中までそんないなかったのでよかった。登山としてはわりと短めだったがたまにはこんくらいでもよいと思った。あとは銀の湯でさっぱりして南京町で中華食って帰った。リフレッシュした。

月 久しぶりに登ったせいか耐性が失われていて筋肉痛
火 起きれなかった。反省。

水 桂坂にて AC-W7 30s*6 r1min +1min*6 r3min 55min NP260W TSS80
30s*6
499-505
423-437
445-456
443-454
491-507
475-497
1min*6
427-410
380-410
411-398
396-387
411-400
415-390
NPってアベレージより絶対高くなるもんやと思うんやけど、たまにおかしくなる。短時間高強度は時間のない自分にはもってこいやし続けたい。桂坂に周回途中に1minの登りがあるのでそこで練習している。30sの方はとりあえず全部500W、1minは450を繰り返し出せるように。開拓してなかった時間域だしタイプ的にも苦手だがいろいろ発見があって楽しい。
メニュー終わった段階でNP280近かった。あとインターバルタイマーがめちゃめちゃ使える。pioneerすげぇ。そのうち平地でも行いたい。
いちいちパワーを打ち込むのがめんどくさいからなんかいい方法ないかねぇ。

木 なんか起きれなかった。悪い流れ。シャキっとしよう。クロスで1.5hほど。TSS50くらいか?高雄のほうまで行った。
そのあとソフト大会@嵐山。暑すぎる。炎天下いるだけでしんどいわ。他の研究室がソフトうますぎてボコボコだった。フライを取るのが上手くなった。野球って暇な時間多すぎ。あとレフトにボール飛んできすぎ。

金 亀高 2h20 TSS96
一昨日のものか、昨日のソフトの走ったせいなのかはわからないが脚がバキバキだった。L2でぎりぎり。しんどかった。走るのって体に悪いわ。

土 亀高 2h30 NP190W TSS106
盛大に寝坊。日ごろのストレスか最近10hくらい寝ないと疲れがとれない。
昨日よりは回復してた。筋肉痛は依然ある。耐久で淡々と乗った。"

日 AACA 1-2 いなべステージ 30km 15周回 3位 56min 235W NP277W TSS93 

森田に連れて行ってもらった。いなべで2時間くらいでつくので前日は10hくらい寝た。自宅なのでよく寝れた。けどまだ眠い感じが抜けない。
コースはコーナーだらけで登りと下りしかない。しかも細い。最初の周回の方は砂利に突っ込んだりして落車しかける。自分のコーナーの下手さをかみしめる。登りはそんな速くないのでそこでポジションを上げる。脚はあんまよくないけど、先頭で入ろうと思って上げる。が、だんだん周りもコーナーが遅いのを察知してきて下りで抜きにかかってくる→登りでまた先頭に を繰り返す。13周目の周回賞とりたかったが結構しんどい。残り二周で前二人と十秒で俺と前にもう一人くらいという感じ。前のやつは垂れてる感じだったのでこいつだけはなんとしても抜こうと思い、ラストのコーナーからもがいてなんとか差す。ここだけは楽しかった。
下りコーナー区間で気づいたら前と距離があいてることが多くて、あれを普通についていけたら登りでもっとダメージを与えることができただろうし周回賞もとれたかもしれない。カテゴリーが下だったので登りで上げれたけど、それはこのカテまでだと思う。森田のコーナーワークが欲しい。くれ。
白馬では登りはひとつもないので、コーナー、位置取り、立ち上がりの技術を意識して練習していこうと思います。逃げるしか勝ち目はないと思うのでそれに合わせた練習もしていきます。
課題点が浮き彫りになって、出て良かったと思います。出ろと脅してくれたあやのちゃんありがとう。森田も運転ありがとう。
目標の周回賞はとれなかったですがまぁ良い練習にはなったと思います。
みなさん応援ありがとうございました。

気のせいだった

18(日)16km、0.8h、TSS46、山中で1本メニューを行う

練習内容>
 アップしてからメニューを行う。
5分368W
3分流し
30秒526W
2.5分367W
4分285W

なんか異常にしんどくて帰ってきた。うーん寝不足もあるとは思われるが…。あと体重が変に減っている。水金そこそこ追い込んだので、その影響もあるか?