Hatena::ブログ(Diary)

京都大学自転車競技部練習日誌

2018-09-10

RCS第5戦 山形村ヒルクライムラウンド ―未来に繋がる最後のひともがき―

はぁ、なんでエントリーしたんやろ。

インカレ後これしか考えてなかった。如何せんモチベーションが無い。昇格を狙えるほどにフィットネスは整ってない。というか身内に現状勝てないクラス2が2人もいる時点でモチベーションの上がりようがない。てことで目標は完走。

今年もお宿はビジネスホテルいさみ。ご飯は大変おいしゅうございました。また来たいですね。

【Results】
Class2 4位 23:22 23:27 23:51 1:10’40”

何とも恥ずかしいタイム。実力の無さを痛感しましたね。練習しようと思いました。それでは感想を少しだけ。

ヒート1
今年はクラス2なのでスタートラインが近い〱。去年は1秒たりとも集団に入れなかったが今年はそれに成功。ヒルクライム「レース」やなぁ、と。牧さんが早々に逃げはる。やっぱり牧さんは偉大やな、と。集団内で苦手の激坂突入。今年は克服………………出来てなかった。重力に勝てるだけの筋力を持ち合わせていなかった。2,3ヒートのために温存気味で登ってたら最後50cmで東海大の選手に差された。その瞬間物凄い罪悪感に襲われやる気スイッチオン。

ヒート2
集団はゆっくりペース。基本的に京大が集団を支配するもののちょくちょく他大がペースを乱しにかかる。私は集団中ほどにいたので後ろの身内のインターバルを少しでも減らすために一定ペースで踏む。山岳アシストの気分をほんの少し味わった。激坂でタレた。

ヒート3
スタート直後のペースアップであぁ無理ぃとなり第2集団でゴールを目指す。せめて4位は死守しようと激坂は全力で。ちゃんと守れました。

改めて自分の実力の無さを痛感出来たので今回出場した意義は大いにあったのかなと。
ヒート2が終わって「甘えが出ました」って言ってた安井に「ヒート3を追い込まんかったら後悔するで」的なことを言った。ヒート3終了後のゴール地点にヘロヘロの安井の姿があった。相当追い込んだことは一目でわかった。タイムはアカンかったかもしれんけどあの追い込みは非常に素晴らしかった。彼は絶対強くなる。知らんけど。

最後になりましたがサポートしてくださった山田さん、谷山さん、ありがとうございました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kucrt/20180910/1536595421