Hatena::ブログ(Diary)

精神病




精神病はストレスや完璧主義、機能不全家族、アダルトチルドレン、過干渉、血流障害や気の停滞、脳機能障害、遺伝など必ず根本となる原因があります。

精神病は気質や性格と捉えがちな病気でありながら、精神的にも身体的にも大きなリスクのある病気でもあります。

精神病は適切な治療をすれば回復できる病気でありながら、薬物療法だけでは回復が困難であると言う事も事実かと思います。

適切な治療とは古来より伝わる養生法と心理療法です。
伝統養生法は呼吸法や医療気功と言った古来からある伝統的な先人の知恵を生かし、心理療法は認知療法、行動療法、自律訓練法等を組み合わせた回復方法です。


これらに取り組む事で、ご自身が本来持つ自然治癒力を信じ高め、心理療法により物事の認知を健康的なものへと改善することで回復が強く期待できると思います。

精神病専門無料相談ができます

ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので問い合わせ相談ください。
プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 
パソコン用
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net

携帯用
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/keitai/index.html

2012-03-19

むちゃ食い障害

むちゃ食い障害


むちゃ食い障害(むちゃぐいしょうがい)とはとにかく食べる摂食障害の事である。DSM-IV-TR、すなわち米国精神医学会の診断のマニュアルの最新版では神経性食欲不振症・不完全型、反復性(習慣性)嘔吐症などとともに特定不能の摂食障害(Eating Disorder Not Otherwise Specified、EDNOS)の一つとして述べられている。

過食症と異なるのは過食症が嘔吐や下剤使用など代償行為を行うのに対し、むちゃ食い障害ではそれがない点である。そのために過食症を患っている人と違い太っている人が多い。やや女性に多いと言われているが、拒食症や過食症と比べると男女比がそれほど大きくはないとされている。Spitzer RLらにより1992年に提唱された。精神的合併症としては、大うつ病パニック障害、物質使用障害、境界性人格障害などとの合併率が高い。



こころの相談室では、心理療法であるカウンセリング認知療法行動療法瞑想法、自律訓練法、心理分析テスト等を駆使し、また東洋医学では気功呼吸法中国鍼灸整体等を組み合わせた治療に取り組んでいます。

摂食障害ストレスや完璧主義、機能不全家族アダルトチルドレン、血流障害や気の停滞、脳機能異常など必ず根本となる原因があります。
この根本原因を突き止め患者さんに合った治療計画を構築し患者さんと共に病気の回復を目指します。

まずは,ご自身に最も適応した治療法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。
病気の回復に向け一歩前へ勇気を持って進みましょう。




精神医療専門家に無料相談ができます

こころの相談室公式ホームページ精神病総合支援サイト

パソコン用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net

携帯用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html

2012-03-18





気は万物の中を流れる一種のエネルギーであり、自然界にあまねく存在すると考えられた。

天の気の流れを読みとることができれば、世界の動きを知り、将来を予測することも可能となる。それが易や占星術の基礎となった。

地の気の流れを感知し生かそうとするのが風水である。

人は気が集合することにより誕生し、死ぬと気は離散する(『荘子』知北遊篇)。さらに、生きるためには気を体内に取り入れねばならない。気が人の体内を流れるときには経絡というルートを通り、気が集まる場所は丹田と呼ばれる。

インドギリシャにも、それぞれプラーナ(Prana)やプネウマ(Pneuma)という気に似た概念が存在していた。例えばインドヨーガでは、プラーナが気に、ナディ(Nadi)が経絡に、チャクラChakra)が丹田に対応している。
人の気を制御する概念として、精、神、道などが考えられた。宋代以降においては、気と、性、理、心などとの関係が議論された。

「形は生の宿であり、気は生を充たし、神は生を制する」(『淮南子』原道訓)
針灸、湯液などにより体内の気の流れを順調にし活性化しようとするのが中国医学であり、修行により気の性質をさらに純粋で良質のものにしようとするのが気功である。
著 寿老人


精神医療専門家に無料相談ができます

こころの相談室公式ホームページ精神病総合支援サイト

パソコン用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net

携帯用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html

精神病の症状|幻覚 幻聴 幻視

精神病の症状|幻覚 幻聴 幻視

幻覚(げんかく、hallucination)とは、医学(とくに精神医学)用語の一つで、対象なき知覚、即ち実際には外界からの入力がない感覚を体験してしまう症状をさす。聴覚、嗅覚、味覚、体性感覚などの幻覚も含むが、幻視の意味で使用されることもある。実際に入力のあった感覚情報を誤って体験する症状は錯覚と呼ばれる。


種類
幻覚には以下のものがある。

幻聴(auditory hallucination):聴覚の幻覚
実在しない音や声がはっきりと聞こえることをいう。聞こえるものは要素的なものから人の話し声、数人の会話と複雑なものまで程度は様々である。てんかんなどでも起こりえるが、会話の場合は統合失調症の可能性が高くなる。統合失調症では意識障害時ではなく意識清明期におこり、耳から聞こえてくる、頭の中に直接響いてくる、腹部から聞こえてくる場合もある。

統合失調症ではただの音であったり知り合いの声、悪口や命令や自分の考えであったり、会話であったり内容は様々である、妄想に結びつくのが特徴である。急性期は鮮明に聞こえるが、軽快するにつれ不鮮明となるため陽性症状の指標ともなる。聞こうとすれば聞こえる、聞こうとしなくても聞こえる、声に逆らうことができないといったことも重症度の目安となる。例として、壁を叩く音が聴こえる等。

幻視(visual hallucination):視覚性の幻覚
実在しないものがみえるものである。単純な要素的なものから複雑で具体的なものまで程度は様々である。多くの場合は意識混濁という意識障害時に起こることが多く、特にアルコール中毒といった中毒性疾患や神経変性疾患でよく認められる。

アルコール中毒で認められる幻視は典型的には小動物が認められるというものである。これらは意識変容によっておこるものと考えられている。特殊な例としては脳幹病変の際に幻覚様体験が起こることがあり、脳脚性幻覚と言われる。脳幹は意識において極めて重要な役割を担う部位であり、大脳脳幹の連絡の障害が金縛りと考えられている。統合失調症で幻視が認められることは極めて稀である。例として、存在しない人、モノ、建物がまるで本当に存在するかのように見える等。

幻嗅(olfactory hallucination):嗅覚の幻覚
幻味(gustatory hallucination):味覚の幻覚
体感幻覚(cenesthopathy):体性感覚、内臓感覚の幻覚
幻肢

病態
さまざまな説が提案されているが、現在のところはっきりとは分かっていない。

中脳辺縁系ドパミン神経の過活動
ドパミン作動薬である覚醒剤大麻の成分が幻覚を起こすこと、幻覚に対してドパミン拮抗薬である抗精神病薬が有効なことなどから推測される。

自己モニタリング機能の障害
自己と他者の区別を行う機能である自己モニタリング機能が正常に作動している人であれば、空想時などに自己の脳の中で生じる内的な発声を外部からの音声だと知覚することはないが、この機能が障害されている場合、外部からの音声だと知覚して幻聴が生じることになる。

原因
幻覚は、麻薬などの服用、あるいは精神病心的外傷後ストレス障害PTSD)などといった、特殊な状況でのみ起きるわけではない。正常人であっても、夜間の高速道路をずっと走っている時など、刺激の少ない、いわば感覚遮断に近い状態が継続した場合に発生することがある。アイソレーション・タンクのように徹底して感覚を遮断することでも幻覚が見られる。

器質性
脳の器質疾患により幻覚が起こりうる。 ナルコレプシー脳血管障害脳炎脳外傷脳腫瘍、あるタイプのてんかん痴呆など。

症状性
全身性の疾患に続発して幻覚が起こることがある。代謝性疾患、内分泌性疾患、神経疾患など。

精神病
主に統合失調症圏の疾患で幻覚がみられる。統合失調症をはじめ、統合失調症様障害、非定型精神病など。感情障害でも幻聴が起こることがある。

心因性
重度の心因反応、PTSDなど。

薬理性
LSDなどの幻覚剤、覚醒剤大麻などの薬物乱用による。ステロイドなどの治療薬でも幻覚が起こることがある。


精神医療専門家に無料相談ができます
こころの相談室公式ホームページ精神病総合支援サイト

パソコン用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net

携帯用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html

2012-03-11

精神病と感情|怒り

精神病と感情|怒り

精神病を患われている方の多くに怒りの感情をコントロール出来なくなるケースが多くあるように思います。
この怒りの感情は性格や気質ととらえるのではなく精神病の場合、薬物療法副作用や脳の機能障害を疑う必要があると思います。

脳の大脳辺縁系と言われる部位がありますがこの部分の脳の機能が正常に働かず怒りの感情がコントロールできなくなると考えています。

医療気功にてこの大脳辺縁系を治療すると怒りの感情だけでなく様々な感情が穏やかになり様々な精神病人格障害リストカットオーバードーズDV家庭内暴力虐待などを回復できることが分かっています。


怒りの感情は中医学の5行説では肺臓と大腸、色は白、指は親指に関係していると考えられています。
肺臓は肺の蔵と書き、蔵は貯蔵するところという意味があり、この怒りの感情は肺臓によって貯蔵されていることになります。
肺臓は呼吸をつかさどる個所ですから怒りの感情が出ているときは呼吸が荒くなりますし、怒りを鎮めようとするなら深呼吸をすると落ちつきます。

怒りと呼吸が深く関係していることは理解できると思いますが、怒りをコントロールするには普段から呼吸をコントロールする、つまり腹式呼吸、よしんば丹田呼吸になっていれば怒りの感情は湧きにくく、沸き起こったとしても思うままにコントロールできると思います。

簡単な怒りの抑制法としては親指をよくマッサージすること、特につめの付け根両サイドを刺激すると簡易的ですが効果があると思います。

また色は白ですから白いものを見る、気持ちを真っ白にして怒りの原因から気持ちを遠ざける事もいいと思います。

以下にウイキぺデアの解説も添付します。

怒り(いかり)とは、感情の一つで、「危険にさらされた」という意識・認識に起因する感情的な反応である。「危険にさらされた」というのは、物理的なものに限らず、自尊心や名誉などの無形のことがらまで含まれる。

立腹などとも言う。「腹を立てる」「カッとなる」「頭に来る」とも。



アラバマ大学の心理学者、ドルフ・ツィルマンは、詳細な実験を重ねて怒りのしくみを調べたという。

ツィルマンは、「危険にさらされた」という意識が怒りを喚起する万人共通の要素であると指摘しているという。「危険にさらされた」という意識には、物理的な危険だけでなく、自尊心や名誉に対する抽象的な脅威も含まれる。「不当な扱いや無礼な扱いを受けた」「侮辱された」「大切な目標達成の邪魔をされた」等々の意識が含まれる。

こうした意識・知覚が大脳辺縁系を刺激すると、脳内で複数の経路で反応が起きる。ひとつは、カテコールアミンが放出される。カテコールアミンが放出されると、いわば「攻撃もしくは逃避の、どちらかの激しい行動が一回可能になるだけの」エネルギーが体内で一時的に急増したような状態になり、身体は情動の脳の判断の指令(攻撃もしくは反対の逃避)に備えるかたちになる。

もうひとつの経路としては、扁桃核から副腎皮質神経系を経由して起こる反応があり、これは全身的な緊張を作り出し、数時間から ときには数日も継続する。

この緊張している状態では情動の脳は普段より敏感で、いわば「一触即発」の状態になっている。他者から見ると、いわゆる「機嫌が悪い」という状態である。

また、あらゆる種類のストレスは副腎皮質に働きかけて精神を緊張させ、人間を怒りっぽくするという。


ドルフ・ツィルマンは、次のような実験を行った。

まず、実験の助手Aが被験者を悪意に満ちた言葉(憎まれ口)で挑発する。次に被験者を二つのグループに分け、片方には楽しい映画を、もう片方には不快な気分になる映画を見せる。その後被験者に、先ほど憎まれ口をきいた助手に仕返しをするチャンスを与える。助手の採用/不採用を検討する際の参考にするという名目で助手の評価を求める。
すると、仕返しの辛らつ度は、被験者が直前に見た映画の内容と明らかな関連を示し、不快な気分になる映画を見せられた被験者のほうが助手に対して怒りの度合いが強く、辛らつな評価となった。

怒りを静める方法


怒りの感情への対処法 [編集]怒りは、最初に何らかの衝突があり、それに対する評価が生まれ、さらに評価検討が繰り返され増大してゆくので、できるだけ早いうちに自分の気分を静めることができれば、怒りを回避することも可能であるという。

状況に対する理解のしかた(いわゆる「ものの見方」)を変えることは、怒りを静めるのに有効であるという。上述の実験に類似した状況で、もうひとりの別の助手Bが助手Aに「電話がかかってきています」と告げ、助手Aは部屋を出ていきざまに、助手Bにも憎まれ口をたたくが、助手Bは上機嫌で受け流し「あの人、もうすぐ卒業論文の口頭試問があるので気が立っているんです」と被験者たちに説明し、その後助手Aに対する評価を書いてもらうと、腹を立てていたはずの被験者たちは仕返しをするどころか、助手Aへ同情の声を寄せたという。

もうひとつは、怒りの対象となっている人物からとりあえず離れて、散歩などの気晴らしや楽しいことをすることだという。これで憎悪の拡大にブレーキをかけることができる。

ひとりきりになっても、腹の立つことを考え続けていたのでは効果がなく、腹の立つことを思い出すたびに怒りが少しずつ積み重なってゆくばかりだという。

ダイアンタイスの調査でも、気晴らしは、怒りを静めるのに役立つという結果が出ているという。例えば、楽しいテレビ番組、映画、楽しい内容の読書などは、怒りを中断してくれる。

ただし、ショッピングや食べることではあまり効果がない、という結果が出ているという。

怒りをぶちまけてしまうということを怒りの処理方法として賞賛する人もいる。
例えば、怒りの対象である人物に直接怒りをぶつけ、綱紀を粛正する(間違いを正す)必要がある場合。

ただし、怒りというのは非常に燃え上がりやすい感情なので、現実には理屈で言うほどうまくいかないだろうという。タイスが実施したアンケート調査の結果では、相手に怒りをそのままぶつけた場合、不快な気分がかえって長引く場合が多いという。
それより、一旦自分の頭を冷やしてから前向きの態度で問題を解決すべく相手と対決したほうが、はるかに効果的だという。

怒りをどう扱うのが最善かという質問に、チベットの高僧チョギャム・トゥルンパは次のように答えたという。

「抑えつけてはいけない。しかし流されてもいけない」


精神医療専門家に無料相談ができます
こころの相談室公式ホームページ精神病総合支援サイト

パソコン用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net

携帯用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html

2012-03-10

精神病を自分で治す|お風呂に入る

精神病を自分で治す|お風呂に入る

精神病は全体的に気が虚になっていて、陰の気「病の気」が多く占めており、そのため抑うつ気分や、倦怠感、不安感や恐怖感といったマイナスの感情が出てきます。
この場合、熱いお風呂に体が温まるまではいることで病の気を体内から出し、陽の気を取り入れることができます。
この時、天日干し天然塩を多めに入れるとより効果的です。
ただし、基本的に気が不足している方が多いと思いますので、風呂あがりにのぼせやふらつきが出る方もおられることと思いますが、入浴後は十分に水分をとって頂き横になって新鮮な外気を取り入れ休養されるといいと思います。(入浴時間は体に負担のない範囲がいいと思います)

また入浴時頭を洗わない方もおられますが、出来れば毎回頭と顔を十分に洗うことで頭にたまった病の気を洗い流す効果があります。

お湯の温度ですが、ぬるいお湯でゆっくりつかるという考え方もあると思いますが、本来水は気を吸収しやすい性質があるため精神病を患われている方の場合は気が不足していることから熱い湯で陽の気を取り入れ温まった段階でさっと上がる方がいいでしょう。
気分がすっきりしてくれば悪い気が体から出ている実感として考えていいと思います。
夏場は負担でなければ最後に水を頭から数度かぶって皮膚を引き締めることで湯あがり後、陽の気を温存しやすくなると思います。
積極的に入浴することで病の気を体内から出し、正気を取り入れることで病気の回復が早くなると思います。


精神医療専門家に無料相談ができます
こころの相談室公式ホームページ精神病総合支援サイト

パソコン用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net

携帯用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html

2012-03-04

精神病を自分で治す|清潔な寝具

精神病を自分で治す|清潔な寝具

精神病にかかわらず病気の時は布団にいる時間が多いと思います。
病気の時は「病の気」が足の裏や毛穴、呼吸等から体外へ出ることで体が回復しようとしています。

その「病の気」が布団や寝具、寝巻などにどうしても滞留してしまいやすく、そのまま不衛生にしていると又体内に再取り込みしてしまいます。

布団は天気の良い日は極力天日干しして悪い気を出して、太陽の陽の気を入れることで病気が早く回復すると思います。
事情で天日干しが出来ない方は布団乾燥機で乾燥するのもいいでしょう。

洗えるものは洗濯機でなるべく洗うのが望ましいと思います。
その時塩を洗濯機に入れて洗うとより効果的かと思います。

寝具を清潔に保つことは病気の回復を早めることと思います。


精神医療専門家に無料相談ができます
こころの相談室公式ホームページ精神病総合支援サイト

パソコン用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net

携帯用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html