遊風の養生日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

kanekoyoshiyukiをフォローしましょう

2011-07-29

[][]児玉教授の息子さんの教授国会発言関係のツイートまとめ

a_kodama  親父が厚労委員会参考人として招致されました。東大放射線センター長として、毎週末南相馬に400km車を走らせて、自身で除染にあたったうえでの訴えです。どうか見てやってください。

 俺は、この人の息子で良かった。

 とても多くの方から父の参考人招致について激励の言葉をいただき、感謝の言葉もありません。全ての皆さんにお返事するのが難しいほどですが、全て拝見していますし、父にも伝えます。本当にありがとうございます。

 父は、3.11の前に東大アイソトープセンター長に内定しており、放射線の研究が本業というわけではないのですが、このタイミングで父がなっていたのも何かの巡り合わせか、という気がします

 ちょうど一年前に父から肝臓移植をした母は、おかげさまでかなり体調が回復し、今度仕事にでることになりました。あの時もいろいろな方に激励をいただきました。この一年間本当にいろいろなことがありますが、家族一同支え合ってなんとかやっています。

 親父からはいつも、勇気ということを教えられてきた。親父の立場で、公開の場でああしたことをいうのは、どれだけの勇気がいったことだろう。まずはそれをねぎらってあげたい。

 親父のスピーチを通して、どうか学者にも社会のため、人のために真摯に仕事をしている人間がいると伝わればと思っています。利権やポジションにとらわれた人間の多さに嫌気がさすこともあると思いますが、物事をよくするために行動することをどうかあきらめないでください。

 繰り返しになりますが、父のスピーチに激励をくださった皆様、本当にありがとうございます。きちんと伝えます。

 親父のスピーチを見ていただいた方に、一つだけお願いさせてください。父は影響力のある科学者ですが、同時に病気の妻を抱えた58歳のただの男です。一人ですべてを解決できるわけではありません。本当に状況が良くなるために、一人一人ができることがあると思います。

 

ーーー

 7.29 20:35追記:書き方が悪く誤解させてしまったようですが、当BLOGの作者は、a_kodamaさん、つまり、児玉教授の息子さんでは、ありません。あしからずご了承ください。

 このまとめに関しては、a_kodamaさん本人にまとめたことを連絡し、了承していただいています。

 

 

横山あつこ横山あつこ 2011/07/29 09:50 お父さまのスピーチ、大変感動しました…。涙がでました…。人間として、人の親としての感覚がない今の政府に、時折、無力感さえ覚えていました。でも今回お父さまのスピーチからたくさんのパワーをいただきました。私も世田谷区で、子供を放射能から守る会の仲間と情報を共有しあって今勉強中です。わずかながら自治体や学校にアクションをし始めています。私達、母親にもできる事の情報発信をお願いします!それから、息子さんのお父さまを思いやるコメントに、心から感動しました。私の息子もこんな風に育ってくれたらと思ってしまいました。

山田幸光山田幸光 2011/07/29 10:04 YOU TUBE で拝見させていただきました。その映像もFACEBOOKにてシェアさせていただいたいます。
本当におもいをこめたスピーチに感動です。これからも微力ながら私なりでもできることをさせていただきます。

木村克己木村克己 2011/07/29 10:37 放射線から子供を守る活動をしているものとして,児玉教授のお話に大変勇気づけられました.感謝します.話す力の源泉は南相馬での子どの救出活動を実際にされていることから生まれ、鋭利な科学的な洞察で説得力が生まれ、そして,子供を思う優しさが国への怒りとなっているものとおもいます。

kuhuusa-raidenkuhuusa-raiden 2011/07/29 20:38 横山あつこさん、山田幸光さん、木村克己 さん、コメントありがとうございます。追記にも書きましたように、私は、a_kodamaさん本人ではありません。twitterでa_kodamaさんのツイートに、児玉教授の国会発言とおなじように感動し、まとめさせていただきました。

Kaoru TsukaharaKaoru Tsukahara 2011/07/30 00:22 希望の光を見つけた気持ちになりました 児玉先生のようにまっすぐな大人でありたいと お姿に学びます  私もきちんと怒り・不安を伝え 世界が変われるよう努めようと思います

kuhuusa-raidenkuhuusa-raiden 2011/07/30 06:06 Kaoru Tsukaharaさん、コメントありがとうございます。4か月以上たち、絶望感が増していく中で、本当に希望の光を感じましたね。

sazaesazae 2011/07/30 07:51 児玉教授の国会発言、大変な勇気だと思います。原発再開を強行したい経団連や政治家連中はいったい誰を代表しているのでしょうか。どうして国民の声が国にとどかないのでしょう。

kuhuusa-raidenkuhuusa-raiden 2011/07/30 14:13 sazaeさん、コメントありがとうございます。この国は、いまのところ、国民が主の民主国家ではなく、官僚が主の官主国家なんでしょうね。

波多野律子波多野律子 2011/07/30 15:11 児玉教授の国会発言を知り、真の大人とか真のエリートの生き方を教えていただいたと感じています。私は自身のDV被害体験から、「暴力}「抑圧}の問題を感じながら、今は微力ながら支援者として活動しています。勇気をもって自分の生き方を自分らしく生きたいですね。児玉教授の生き方、クリエイティブです。私も自分の能力なりに創造的に生きたいです。ありがとうございました。

kuhuusa-raidenkuhuusa-raiden 2011/07/30 16:07 波多野律子さんコメントありがとうございます。そうですね。児玉教授には、ノブリス・オブリージュを感じます。311以来、官僚や政治家や学者たちのノブリス・オブリージュのなさにあきれていたので、児玉教授の国会発言は、よけい嬉しかったです。

子持ち子持ち 2011/07/30 22:18 お父様の国会発言。すばらしい。勇気のあるというより、実直にお仕事をなされていたのだと。
私も小さい子供3人を抱えており、放射能の件は心配していました。今後とも、ご家族ご自愛の上、お父様の知識・知恵を世の中のために使って頂きたくお願いいたします。くれぐれもお父様によろしくお伝え下さい。

kuhuusa-raidenkuhuusa-raiden 2011/07/31 06:03 子持さん、コメントありがとうございます。ただし、追記しましたように、私は、児玉教授の息子さん本人ではありません。児玉教授の息子さんには、まとめたことを伝え了解していただき、コメントが書かれていることも連絡しましたが。

ののもんののもん 2011/07/31 08:35 まとめていただき、ありがとうございます。
事後報告で申し訳ございませんが
ブログにリンク、転載をさせていただきました。
もしなにかありましたら削除等いたしますので
ご連絡ください。
ありがとうございました!

kuhuusa-raidenkuhuusa-raiden 2011/07/31 09:10 ののもんさん、わざわざ連絡ありがとうございます。

北村雅子北村雅子 2011/07/31 16:39 児玉先生のスピーチは何度も拝聴致しました。
聴いていて大きな感動と感激を受け、涙が止まりませんでした。
日本にこんな立派な研究者がいられると思うと嬉しいです。
もう日本はダメかと思っていましたが、お父様のような純粋で情熱溢れる方がいられるのは国民に希望をもたらせて下さいます。

kuhuusa-raidenkuhuusa-raiden 2011/07/31 16:47 北村さん、コメントありがとうございます。児玉先生のスピーチは、本当に国民に希望をもたらしてくださったと思います。国民ひとりひとり、自分が得意なことで何ができるか考え行動していくことが必要だと思いました。私もできることをしたくて、毎日朝夕、震災・原発・自然エネルギー関係の情報をまとめています。

wunderapfel.comwunderapfel.com 2011/08/01 14:13 友人から、委員会中継映像のULRを教えてもらい、すぐ見ました。
こんな人が未だ日本にいる、すごいことだと思います。
ありがたいことだと思いました。
私たち国民ができることは、こうした本当に人として信頼できそうな人に対し、徹底して強い支持を表明することだと思います。
児玉さんの言っていることは、すばらしい!
私たちは共感している!と、一人でも多くの人が手を上げ、拍手を送ることではないでしょうか。
さらにその活動に協力を申し出る、資金を送る、手紙を送る、自分の選挙区の代議士に、『児玉さんを応援しろ!これがお前の選挙民の意思である』と、わからせることです。
この映像を見てもわかるとおり、代議士、などと呼ばれている人々は、レベルがすごく低い。
彼らの中に、児玉さんのような人がもっといればあんなくだらない国会はありえないのだと思います。
しかし、あの代議士たちは選挙民が選んだのだから、私たちの代表、つまり私たちがあのレベルだと言うことを自覚しなければなりません。それが嫌なら自分が立候補して彼らを追い落とすことです。
児玉さん、どうか身の安全に気をつけてください。
おかしい人がたくさんいます。
ご活躍を心より祈ります。

kuhuusa-raidenkuhuusa-raiden 2011/08/01 16:34 wunderapfel.comさん、コメントありがとうございます。
そうですね。児玉さんが活躍できるよう、あるいは、あまり活躍しなくてもすむように、私たちも、ひとりひとり、できること、できればひとりひとりの得意なことをしていきましょう。

takutaku 2011/08/02 03:47 医師として、児玉先生を心の底から尊敬致します。movie fileを見て、鳥肌が立ち胸が震えました。多くの人がありがとうと言っています。お母様のご病気も、是非回復されますように。

kuhuusa-raidenkuhuusa-raiden 2011/08/02 06:43 taku さん、コメントありがとうございます。そうですね。尊敬できる先生ですし、奥様のご病気も心配です。あと、先生にも無理なさらないようにしてほしいなぁと思います。これからも長いこと活躍してほしいですから。

半眼訥々半眼訥々 2011/08/03 05:32 私も児玉龍彦先生の7月27日の厚生労働委員会での怒りに感動した1人です。ところが一昨日くらいからTwitterやFacebookで拡散した方々の添付映像が消されていると言う、ちょっと考えると大変大きな問題が出て来たと思っています。これではよく言われる中国の言論統制と何ら変わらないのではとも思います。もし本当に映像の削除が何らかの意思で消されたのならば大変な事ですし恐怖を感じます。岩上安身氏がTwitterで7月27日の勇気ある演説をほとんどの新聞で記事にしなかった点を指摘していましていて、たまたま昨日のテレ朝のモーニングバー
ドで取り上げていたので、テレ朝がんばれ!なったのですが、そのモーニングバードをYouTubeで見るとちょっと斜に構えた扱いと思いました。確かに影響は大変大きな演説だと思うのですがだからと言って封印したらいったいどうなるのでしょう?将来の日本の国が暗い物になってしまいます。そんな事には絶対になって欲しくないと思います。

多分、勝負はこれからだと思います。嵐のような反響の中にきっと本物のまごころのこもった言葉や支援のアクションがあると思います。それをじっくりと練って本物の動きにしましょう。それが出来た時にあの日の勇気が生きてくると思います。放射能の恐ろしさの基本を解説していただきながら是非とも継続的なご活躍を心から祈ります。

kuhuusa-raidenkuhuusa-raiden 2011/08/03 09:22 半眼訥々さん、コメントありがとうございます。私も児玉教授や息子さんの言動に感心して、このまとめを作りました。「勝負はこれから」というのも同感です。のんびり、じっくり、自分の得意なことで道を開いていくことが必要かなと思っています。

のりりんのりりん 2011/08/04 11:18 児玉教授は初めて拝見しましたがとても立派な方だと思いました。小出先生に通じる物を感じました。こういう方達が発言してくださると本当にうれしいと思います。nhkは何故中継しくれないのでしょう。

kuhuusa-raidenkuhuusa-raiden 2011/08/04 19:21 のりりんさん、コメントありがとうございます。御用学者もおおいですが、小出先生や児玉先生は、国民側という感じで、いいですね。NHKも比較的官僚依存ということかなと思います。一人一人の国民がしっかり意志をもち発言することで、変わっていくように思います。

angelmaririnangelmaririn 2011/08/26 00:12 児玉先生の動画は7月29日に拝見していました。もう涙がとまりませんでした。しかし、youtubeの配信はすぐに消去されていました。消さなければならないほど政府にとってはまずい内容なのでしょうか。児玉先生のような方がまだ日本にいらして救われました。
私も署名運動、何でもできることをしようと考えています。

kuhuusa-raidenkuhuusa-raiden 2011/08/26 06:14 angelmaririnさん、コメントありがとうございます。児玉先生の動画など被曝に関係したことは、術伝HPの「被曝の養生」( http://bit.ly/iObj6r)にリンクをはっています。興味があったら、見てください。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証