[][]児玉教授の息子さんの教授国会発言関係のツイートまとめ

a_kodama  親父が厚労委員会参考人として招致されました。東大放射線センター長として、毎週末南相馬に400km車を走らせて、自身で除染にあたったうえでの訴えです。どうか見てやってください。

 俺は、この人の息子で良かった。

 とても多くの方から父の参考人招致について激励の言葉をいただき、感謝の言葉もありません。全ての皆さんにお返事するのが難しいほどですが、全て拝見していますし、父にも伝えます。本当にありがとうございます。

 父は、3.11の前に東大アイソトープセンター長に内定しており、放射線の研究が本業というわけではないのですが、このタイミングで父がなっていたのも何かの巡り合わせか、という気がします

 ちょうど一年前に父から肝臓移植をした母は、おかげさまでかなり体調が回復し、今度仕事にでることになりました。あの時もいろいろな方に激励をいただきました。この一年間本当にいろいろなことがありますが、家族一同支え合ってなんとかやっています。

 親父からはいつも、勇気ということを教えられてきた。親父の立場で、公開の場でああしたことをいうのは、どれだけの勇気がいったことだろう。まずはそれをねぎらってあげたい。

 親父のスピーチを通して、どうか学者にも社会のため、人のために真摯に仕事をしている人間がいると伝わればと思っています。利権やポジションにとらわれた人間の多さに嫌気がさすこともあると思いますが、物事をよくするために行動することをどうかあきらめないでください。

 繰り返しになりますが、父のスピーチに激励をくださった皆様、本当にありがとうございます。きちんと伝えます。

 親父のスピーチを見ていただいた方に、一つだけお願いさせてください。父は影響力のある科学者ですが、同時に病気の妻を抱えた58歳のただの男です。一人ですべてを解決できるわけではありません。本当に状況が良くなるために、一人一人ができることがあると思います。

 

ーーー

 7.29 20:35追記:書き方が悪く誤解させてしまったようですが、当BLOGの作者は、a_kodamaさん、つまり、児玉教授の息子さんでは、ありません。あしからずご了承ください。

 このまとめに関しては、a_kodamaさん本人にまとめたことを連絡し、了承していただいています。

 

 

コメント
26件
トラックバック
0件
ブックマーク
0 users
kuhuusa-raiden
kuhuusa-raiden

術伝流の愉兪庵遊風(颶風颯雷電、工夫茶)が、操体、鍼灸、食養などの養生について書いていきます