Hatena::ブログ(Diary)

kumakatsu3の日記

2015-06-25

ミッドナイトクロス  ブライアン・デ・パルマ氏 (監督, 脚本) 見た



概要
引用 no title

商品の説明
Amazonレビュー
B級映画の音響技師ジャック(ジョン・トラボルタ)は、ある日効果音の録音最中、偶然交通事故を目撃、娼婦サリー(ナンシー・アレン)を救出する。事件の裏に隠された真実が徐々に解明されていくと共に、ジャックとサリーの身にも危険が迫ってくる…。
独自のサスペンス・タッチを確立したデ・パルマ監督の手腕が冴えわたる、インディペンデントにおける同監督の代表作。ジャックが音響を担当しているのがB級のホラー映画というあたりが本作をより楽しむポイントで、事故の瞬間を雑誌の写真から切り抜いて再現して見せたり、ラストシーンでサリーの悲鳴を思わぬところに使うあたりは、映画ファンならずともニヤリとすること請け合い。主役ふたりの好演はもちろんのこと、ジョン・リスゴーの凶暴な悪役ぶりに背筋がゾクッ。星条旗をバックに悲鳴を上げるサリーと、彼女を追うジャック。ピノ・ドナジオの音楽をバックにしたクライマックス・シーンは、あらゆるサスペンス映画のお手本となるべき素晴らしさだ。(斉藤守彦
内容(「Oricon」データベースより)
効果音の収録中に偶然車の転落事故を目撃したB級映画専門の音響係ジャック。録音テープから銃声を聞きとめた彼は、次第に事件に巻き込まれて行く…。ブライアン・デ・パルマ監督、ジョン・トラボルタ主演で贈る傑作サスペンス・アクション。
レビュー
製作総指揮: フレッド・カルーソ 製作: ジョージ・リットー 監督・脚本: ブライアン・デ・パルマ 撮影: ビルモス・ジグモンド 音楽: ピノ・ドナジオ 出演: ジョン・トラヴォルタ/ナンシー・アレン/ジョン・リスゴー/デニス・フランツ

引用 終わり

感想
ジャック氏(ジョン・トラボルタ氏)が、苦労する様子がすごい。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kumakatsu3/20150625/1435240303