Hatena::ブログ(Diary)

kumakatsu3の日記

2018-01-08

DEVILMAN crybaby 湯浅政明氏監督 見た



概要
引用 http://devilman-crybaby.com/
引用 終わり

感想
原作を、2010年代を舞台としてリメイクした話。
私は、原作の結末が暗すぎるから嫌いなので、本リメイク版では変えて欲しかったが、望み叶わず全く救いのない結末だった。
原作のデビルマンの世界観を壊さず、リメイク版でハッピーエンドにすることはできるのだろうか?または、すでにそのような作品はあるのだろうか?

本作のサバト場面の音楽と映像がカッコ良かった。

2017-08-10

悪魔の系譜  ジェフリー・B. ラッセル氏 (著), Jeffrey Burton Russell氏 (原著), 大瀧 啓裕氏 (翻訳) 著 読んだ



概要
引用no title

商品の説明
内容紹介
The Devil, Satan, Lucifer, Mephistopheles - throughout history the Prince of Darkness, the Western world's most powerful symbol of evil, has taken many names and shapes. Jeffrey Burton Russell here chronicles the remarkable story of the Devil from antiquity to the present. While recounting how past generations have personified evil, he deepens our understanding of the ways in which people have dealt with the enduring problem of radical evil.

After a compelling essay on the nature of evil, Russell uncovers the origins of the concept of the Devil in various early cultures and then traces its evolution in Western thought from the time of the ancient Hebrews through the first centuries of the Christian era. Next he turns to the medieval view of the Devil, focusing on images found in folklore, scholastic thought, art, literature, mysticism, and witchcraft. Finally, he follows the Devil into our own era, where he draws on examples from theology, philosophy, art, literature, and popular culture to describe the great changes in this traditional notion of evil brought about by the intellectual and cultural developments of modern times.

Is the Devil an outmoded superstition, as most educated people today believe? Or do the horrors of the twentieth century and the specter of nuclear war make all too clear the continuing need for some vital symbol of radical evil? A single-volume distillation of Russell's epic tetralogy on the nature and personifcation of evil from ancient times to the present (published by Cornell University Press between 1977 and 1986), The Prince of Darkness invites readers to confront these and other critical questions as they explore the past faces of that figure who has been called the second most famous personage in Christianity.

    • このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)
デヴィル・サタン・ルシフェルメフィストフェレスなど、古代から現代にいたるさまざまな悪魔像の変遷を、神話宗教文学・歴史・心理学や、社会的背景などから克明にあとづけた悪魔学の決定版。西欧の「罪」の文化史

内容(「MARC」データベースより)
デヴィル、サタン、ルシフェルメフィストフェレスなど、古代から現代に至る様々な悪魔像の変遷を、神話宗教文学・歴史・心理学や、社会的背景などから克明にあとづけた悪魔学の決定版。90年刊の新装版。
レビュー
"Fascinating. . . . A history of the Devil taken seriously, in theology, folklore, art, literature." Village Voice"

"There is probably no one alive who knows more about the lore of the Devil than Jeffrey Burton Russell. . . . He supplies colourful accounts of the pictures medieval folklore formed of the Evil One, and discerning sketches of the insights of poets like Dante and Milton, and novelists from Dostoevsky to Flannery O'Conner. . . . A first-rate survey. . . . Close-packed as it inevitably is, it reads easily, and each of its chapters is full of accurate and skillfully arranged information." Times Literary Supplement"

"Russell recreates the arcane images of good and evil we all once understood perfectly well as children. From the moment the cover is lifted on this beautifully produced book, the world darkens. Russell presents story after story, using them like a descending staircase, drawing us down into archetypal memories of unending battles with the Evil One." Bloomsbury Review"


"Fascinating. . . . A history of the Devil taken seriously, in theology, folklore, art, literature." Village Voice"


"There is probably no one alive who knows more about the lore of the Devil than Jeffrey Burton Russell. . . . He supplies colourful accounts of the pictures medieval folklore formed of the Evil One, and discerning sketches of the insights of poets like Dante and Milton, and novelists from Dostoevsky to Flannery O'Conner. . . . A first-rate survey. . . . Close-packed as it inevitably is, it reads easily, and each of its chapters is full of accurate and skillfully arranged information." Times Literary Supplement"


"Russell recreates the arcane images of good and evil we all once understood perfectly well as children. From the moment the cover is lifted on this beautifully produced book, the world darkens. Russell presents story after story, using them like a descending staircase, drawing us down into archetypal memories of unending battles with the Evil One." Bloomsbury Review"


"Fascinating. . . . A history of the Devil taken seriously, in theology, folklore, art, literature."--Village Voice



"There is probably no one alive who knows more about the lore of the Devil than Jeffrey Burton Russell. . . . He supplies colourful accounts of the pictures medieval folklore formed of the Evil One, and discerning sketches of the insights of poets like Dante and Milton, and novelists from Dostoevsky to Flannery O'Conner. . . . A first-rate survey. . . . Close-packed as it inevitably is, it reads easily, and each of its chapters is full of accurate and skillfully arranged information."--Times Literary Supplement



"Russell recreates the arcane images of good and evil we all once understood perfectly well as children. From the moment the cover is lifted on this beautifully produced book, the world darkens. Russell presents story after story, using them like a descending staircase, drawing us down into archetypal memories of unending battles with the Evil One."--Bloomsbury Review

    • このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者について
Jeffrey Burton Russell is Professor of History Emeritus at the University of California, Santa Barbara.

    • このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ラッセル,ジェフリー・B.
カリフォルニア大学・歴史学科教授。哲学博士。西欧中世史の研究の中から、悪魔の意味の重要性に着目

大瀧/啓裕
1952年大阪生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

引用 終わり

目次
・序言
・1 悪
・2 世界の悪魔
・3 善なる主と悪魔
・4 キリストと悪の力
・5 サタンと異端
・6 二元論と荒野
・7 古典的なキリスト教徒の見解
・8 庶民とエリートのルシフェル
・9 スコラ学者、詩人劇作家
・10 唯名論者、神秘主義者、魔女
・11 悪魔と改革者
・12 壮麗な玉座高くに
・13 地獄の崩壊
・14 ロマンスからニヒリズム
・15 悪の統合
・16 アウシュビッツ広島
・17 悪の意味
・神の両面を示す聖書のくだり(付録1)
新約聖書における悪魔(付録2)
・訳者あとがき
索引

感想
佐藤優氏の著書『悪の正体』[:title]で、本書がたくさん紹介されていたので、興味を持ち、読んだ。

悪魔が、たくさんの物語に出ていることが分かる。永井豪先生の『デビルマン』も、考察してほしい。
また、歴史上、たくさんの人間がたくさんの悪いことをしたことが分かる。それらと、悪魔の関係についての考察が興味深い。
ジェフリー・B. ラッセル氏の悪魔四部作を読みたくなった。

2017-05-22

『哭声/コクソン』ナ・ホンジン監督 見た

引用『哭声/コクソン』公式サイト
引用 終わり

感想
映画『エクソシスト』と映画『ゾンビ』を、足して2で割った韓国映画。

本作は、はっきりしない脚本である。
私の本作の脚本の解釈は、日本の祈祷師と韓国の祈祷師(男)が協力して韓国のコクソン地方を壊滅させようとしていて、それに対して韓国の祈祷師(女)がそれを止めようとするというものである。
しかし、私の解釈だと、韓国の祈祷師(男)が日本の祈祷師を超能力で殺しそうになったところなど、矛盾がでる。だから、私は、私の解釈に納得できない。
だから、私は、ナ・ホンジン監督に公式に本作の脚本の仕組みを発表してほしい。

2016-12-20

ゼロからわかるキリスト教 佐藤 優氏 (著) 読んだ



概要
引用no title

商品の説明
内容紹介
神の居場所を知っていますか? 全日本人の弱点・キリスト教の核心を早わかり! 弱者必衰の新自由主義、打つ手なしの格差社会、過激さを増す民族運動――現代の難問の根底にはすべて宗教がある。「宗教は民衆のアヘンである」と喝破したマルクスの著作を通じて現代の仕組みを見通す、専門知識ゼロからわかるキリスト教神学の超入門書にして白眉。世界宗教の有りようを学び、21世紀と正しく付き合うために!
内容(「BOOK」データベースより)
生きているのが苦しい…。そんな世界にしたのは誰だ?世界と戦い、人生に迷えるビジネスパーソンに贈る福音書。「宗教は民衆のアヘンである」と喝破したマルクスを超えて、現代の仕組みを見通す実用的神学案内。生き抜くヒントに満ちた希望の書。

引用 終わり

だいたいの目次
・まえがき
・第一夜 神はどこにいるか?
・第二夜 神の声が聴こえる時
・附録 ヘーゲル法哲学批判序説
・あとがき

感想
神学は、完璧なものではないけど、生きていくことに役に立つことが分かった。
もっと神学について知りたくなった。
著者は、本書で、「闇金ウシジマくん」や、「妖怪ウォッチ」などの、私にもわかりやすい例を使って、神学を解説してくれるので、良い。

2015-08-23

聖獣学園 鈴木則文 (監督) 見た



概要
引用Amazon CAPTCHA

商品の説明
内容紹介
【解説・ストーリー】
私は戒律を犯したのです…性女の群れが可憐な聖女(おとめ)を襲う! 生んだのは神か、悪魔か! 黒衣に包んだ恐ろしい企み! 神と悪魔を背負う運命の娘が修道士だった母親の死因を突き止めようと修道女となる。禁断の園で繰り広げられる妖しくも鮮烈な異色官能エロチシズム!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
鈴木則文の原作劇画を自ら監督・脚本を手掛けて映画化した異色のエロティック作。神と悪魔を背負う運命の娘が、修道士だった母親の死因を突き止めようと修道女となる。やがて院長と司祭がそれに気付き…。“<東映 ザ・定番>シリーズ”。

引用 終わり

感想
多岐川魔矢氏(多岐川裕美氏)が、美人。

修道女の格好をした谷隼人氏が、副院長の三原葉子氏を強姦し、「ザーメン」というところが不謹慎だったけど、笑った。