Hatena::ブログ(Diary)

kumakatsu3の日記

2018-06-15

デジタルネイチャー 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂 落合陽一氏 (著)読んだ



概要
引用no title
商品の説明
内容紹介
いま最も注目の研究者にしてメディアアーティスト、落合陽一の最新作!

十分に発達した計算機群は、自然と見分けがつかない――
デジタルネイチャー、それは落合陽一が提唱する未来像でありマニフェストである。
ポストモダンシンギュラリティも、この「新しい自然」の一要素にすぎない。否応なく刷新される人間と社会。それは幸福の、経済の、民主政治の再定義をもたらす。新たなるパラダイムはここから始まる……!

「我々は、「ゲート」や「つなぎ目」のない世界を生み出し、標準化多様性で置き換え、個人の幸福や不安といった人間性に由来する強迫観念テクノロジーによって超越しうる。我々にとって必要なのは、テクノロジーが向かう未来へのビジョンと情熱だ。」(あとがきより)

目次(一部抜粋)

第1章 デジタルネイチャーとは何か――オーディオビジュアルの発明、量子化、デジタル計算機、そして計算機自然、デジタルネイチャー
機械と自然が融合する時代が始まる/メディアアーティストとしてのエジソン/電流戦争から100年後の直流的デジタル社会/〈近代〉を規定する「エジソン=フォード境界」を乗り越える/「AI+BI型」と「AI+VC型」に分化する社会/「タイムマネジメント」から「ストレスマネジメント」の時代へ

第2章 人間機械論ユビキタス、東洋的なもの――計算機自然と社会
〈人間〉と〈機械〉の統一理論・サイバネティクス/「End to End」という魔術/サイバネティクスユビキタスを思想的に継承する/計算機自然が〈人間の補集合〉となる

第3章 オープンソース倫理資本主義の精神――計算機自然と自然化する市場経済
マルクスウェーバーに還って現代のエコシステムを考える/オープンソース倫理資本主義の精神/絶えずリセットされ続ける市場の出現/「脱倫理性」がもたらす可能性

第4章 コンピューテーショナル・ダイバーシティ――デジタルネイチャー下の市民社会像、言語から現象
リアル/バーチャルからマテリアル/バーチャルへ/〈人間‐機械〉の中間領域にあるオルタナティヴ/コンピューテーショナル・ダイバーシティ/ダイバーシティコミュニティや社会の意思決定最適化する

第5章 未来価値のアービトラージと二極分化する社会――デジタルネイチャーは境界を消失させる
楽園〉の世界と〈奴隷〉の世界の二項対立を乗り越える/第三のてこの原理「アービトラージ」/帝国に対抗する「ラボドリブン」の可能性

第6章 全体最適化された世界へ――〈人間〉の殻を脱ぎ捨てるために
コード化によって変わる遺伝多様性/ロボティクスとVRによって解放される「身体」/解体される「自我」「幸福」「死」の概念/失われた多様性インターネットが担保する/人間の寿命を超えた知性が出現する

終章 思考の立脚点としてのアート、そしてテクノロジー――未来を予測する最適の方法としての
〈超人〉・〈身体性〉からデジタルネイチャーへ/〈物質〉と〈実質〉の境界を突破する/〈生命〉と〈機械〉の新しい関係/不可視のデータ、そして重力からの解放へ/風景と計算機自然

著者について
1987生。2015年東京大学学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の短縮終了)、博士(学際情報学)。2015年より筑波大学図書館情報メディア助教デジタルネイチャー研究室主宰。2015年Pixie Dust Technologies.incを起業CEOとして勤務。2017年より筑波大学学長補佐、大阪芸術大学客員教授デジタルハリウッド大学客員教授を兼務。2017年12月「デジタルネイチャー推進戦略研究基盤」を筑波大学内に設立し、筑波大学助教を退職、及び本基盤の代表/准教授として筑波大学に再就任し、現職。JST CREST xDiversity代表。専門はCG、HCI、VR、視・聴・触覚提示法、デジタルファブリケーション自動運転や身体制御・多様化身体。研究論文は分野の最難関国際会議であるACM SIGGRAPHACM UIST、CHIなどに採択されている。
引用 終わり

感想
理系の情報系の専門家の著者が、社会科学人文科学、芸術学について、主張する話。
本書の著者の主張は、前提が人工知能の活躍のある未来で、人間がどのように生きるのかについてだ。
著者は、未来の人間は、AIとBIで生きるか、AIVCで生きるかに分かれると主張する。
私は、できるだけ、AIVCで生きられるようになりたい。

2018-05-24

伝説のハッカーが教える 超監視社会で身をまもる方法 ケビン・ミトニック氏 (著), ロバート・バモシ氏 (著), 高取 芳彦氏 (翻訳) 読んだ



概要
引用no title

商品の説明
内容紹介
スマホIoT自動運転で便利さと引き換えに私たちは何を差し出すのか。
豊富な実例に基づく生々しいサイバー護身術

楠正憲氏 推薦!

伝説のハッカーケビン・ミトニックが教える、超監視社会で安全でいられる方法です。
侵入のヒントを与えてしまう個人情報を特定されないための技法ミトニック自身の経験をもとに明らかにします。
個人プライバシーを守りたいが、電子メールも、電話も、インターネットも、スマホも容易に監視されている「超監視社会」の現代。
無線LANWi-Fi、家電、自動運転車への侵入を防ぐための「不可視」の技術が必要な時代となっています。
その中でミトニックが与えるヒントは、無法地帯とも言えるサイバー空間でプライバシーを守るための究極のサバイバルマニュアルとなっています。

内容(「BOOK」データベースより)
スマホIot自動運転で便利さと引き換えに私たちは何を差し出すのか。豊富な実例に基づく生々しいサイバー護身術

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ミトニック,ケビン
世界で最も有名な(元)ハッカーで、セキュリティー・コンサルタント。世界最高レベルのペネトレーション(侵入)テスト企業「ミトニックセキュリティー・コンサルティング」の創業者最高経営責任者(CEO)でもある。最高ハッキング責任者(CHO)を務める「KnowBe4(ノウ・ビフォー)」社は、企業従業員を対象に、セキュリティー判断の質を高めるための研修を提供している。ネバダ州ラスベガス在住

バモシ,ロバート
世界レベルの情報システム・セキュリティ専門家資格「CISSP保有者でもある、高い評価を受けているジャーナリスト。15年以上にわたりメディアに情報セキュリティー関連の記事を書いている

高取/芳彦
翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

引用 終わり

感想
現代の超監視社会ハッキングの様子についての本。
私は、本書を読んで、自分の情報機器のセキュリティーを上げようと思った。
私は、自分をハッカーから不可視化するために、手間、金、時間、頭を使うことを、惜しまないようにしようと思った。

2018-05-17

マクルーハンはメッセージ メディアとテクノロジーの未来はどこへ向かうのか? 服部桂 氏 (著) 読んだ



概要
引用no title
商品の説明
内容紹介
ケヴィン・ケリー氏(『〈インターネット〉の次に来るもの』著者)、落合陽一氏(メディアアーティスト)推薦!

メディアはメッセージである」「グローバル・ビレッジ」等のフレーズで、1960年代に時代の兆児となったマーシャル・マクルーハン。カウンター・カルチャーの中で教祖として崇められた彼は、メディアというものを独特な表現で理論化し、その本質をとらえた。彼が用いた言葉や理論は、その後インターネットの出現で改めて甦り、ベストセラー『〈インターネット〉の次に来るもの』を著したケヴィン・ケリーもマクルーハンを繰り返し参照するなど、世界的に再評価の機運は高まっている。マクルーハンにとってメディアテクノロジーの本質とは何か。その未来はどこへ向かうのか? 巻末に完全保存版「マクルーハンの言葉100」。

第1章 メディアのパラドックス
第2章 マクルーハンの理解
第3章 グローバル・ビレッジの未来
第4章 21世紀のマクルーハン
マクルーハン100の言葉
著者について
1951年、東京都出身。早稲田大学理工学部で修士取得後、1978年に朝日新聞に入社。80年代の通信自由化の際、米通信系ベンチャー企業に出向。87年から2年間、米MITメディアラボ客員研究員。科学部を経て、出版局で「ASAHIパソコン」副編集長、「DOORS」編集委員、「PASO」編集長。94年に新聞紙面で初のインターネット連載。その後、企画報道部でデジタル面、科学部でbeを担当。2011年から同社ジャーナリスト学校シニア研究員。メディア研究誌「Journalism」編集を担当。16年に朝日新聞社を定年退職後フリーに。著書に『人工現実感の世界』(日刊工業新聞 技術・科学図書文化賞優秀賞)、『人工生命の世界』、『メディアの予言者 マクルーハン再発見』など。訳書に『ハッカーは笑う』、『人工生命』、『デジタル・マクルーハン』、『パソコン創世「第3の神話」』、『ヴィクトリア朝時代のインターネット』、『謎のチェス指し人形ターク』、『チューリング 情報時代のパイオニア』、『テクニウム テクノロジーはどこへ向かうのか?』、『<インターネット>の次に来るもの』。また『日米デジタルテレビ戦争』(共訳)、『「複雑系」を超えて』(監修)などがある。
引用 終わり

感想
実は、以前、私はマクルーハン氏の著作を、いろいろな図書館に行って、ほとんど読んだ。
私は、氏が、書いていることを良く分からなかった。
本書は、それを、少し修正してくれた。
私が本書で分かったことは、氏に影響を受けた人がたくさんいるということだ。
そして、彼らの一部は、メディアテクノロジーの、有名な作者だということだ。
だから、帰納的に考えて、彼らの成功から、マクルーハン氏の主張は、メディアテクノロジーの重要なことだと思った。

2018-03-08

新哲学対話: ソクラテスならどう考える? 飯田 隆 氏 (著) 読んだ



概要
引用no title
内容(「BOOK」データベースより)
「よい/悪い」に客観的な基準はあるか?人工知能は人間と同じように思考することができるのか?言葉の「意味」とはいったい何か?「知っている」とはどういうことか?そのための条件が不可避的にはらむパラドックスとは―「価値」「人工知能」「意味」「知識」をめぐる問いは現代哲学の超難問だ。もしも、ソクラテスとその素晴らしい仲間たちが今に甦って、こうした問いをめぐり侃侃諤諤議論を始めたら、どのような「対話篇」が生まれるだろうか。甦った古代の賢人たちが哲学的難問をめぐり繰り広げる知の饗宴。
引用 終わり

だいたいの目次
・アガトン あるいは嗜好と価値について
・ケベス あるいはAIの臨海
・意味と経験 テアイトス異稿
・偽テアイトス あるいは知識のパラドックス

感想
著者が、現代に生き返ったソクラテス氏とその仲間達に憑依して、現代の哲学や言語学や情報科学の論点について、対話する話。
著者の物真似が上手くて、面白い。

2018-02-08

Head First Learn to Code Eric Freeman氏 氏(著) 読んだ



概要
引用no title

引用 終わり

だいたいの目次
・Table of Contents(sunnary)
・Table of Contents(the real thing)
・1 Getting Started
・2 Know Your Value
・3 Decisive Code
・4 Providing Some Structure
・5 Getting Functional
・4Part2 Putting Some Order in Your Data
・6 Putting It All Together
・7 Getting Modular
・8 Beyond Iteration and Indices
・9 Persistence
・10 You Really Should Get Out More
・11 Getting Interactive
・12 A Trip to Objectville
・appendix:leftovers The Top Ten Topics(We Didn,t Cover)


感想
私は、ある事情で、計算論的思考を知った。
計算論的思考のJeannette M. Wing氏のエッセイno titleがある。
上記のエッセイは、思考法ではコンピューター科学で使われる計算論的思考が最強だという内容だ。
私は、上記のエッセイに完璧に同意してしまったので、計算論的思考法を極めるため、コンピューター科学を勉強したい。
私は、計算論的思考を勉強するため、計算論的思考とタイトルにある本書を読んだ。
本書は、10代の子供が、コンピューター科学を学ぶような内容だった。
30代の私には物足りない内容だったが、コンピューター科学を復習するためには良かった。プログラム言語のpythonの基礎を勉強できるのも良かった。