Hatena::ブログ(Diary)

kumakatsu3の日記

2016-04-10

2016-04-03

水木しげるの遠野物語 (ビッグコミックススペシャル) 水木 しげる氏 (著) 読んだ



概要
引用no title

商品の説明
内容紹介
座敷童、河童、鬼……生活の中から人々の想像力が生み出した妖怪が、今動き始める。妖怪の原点である柳田國男氏の名著を水木しげる氏がコミック化。日本妖怪史上最強の黄金タッグが実現。妖怪の里遠野紀行も併録。

内容(「BOOK」データベースより)
水木しげるがついに妖怪から神の世界へ突入。日本全国で恐れられ敬われてきた神様たちを、百の画と物語で描き出す。 --このテキストは、コミック版に関連付けられています。

引用 終わり

感想
柳田國男氏原作の遠野物語を、水木しげる氏が漫画家した本。

水木しげる氏が、本人役で登場し、進行役、解説役をしている。
その様子が、面白い。

2016-04-02

水木しげるの古代出雲 (角川文庫) 水木 しげる氏 (著) 読んだ



概要
引用no title

商品の説明
内容紹介
鳥取県境港に育った水木しげるは幼いころ島根半島によく出かけていた。夢に現れた出雲族の青年の言葉に導かれ、隠岐に水木しげるのルーツを辿り、出雲神話に隠された壮大な謎に迫る、水木版・古代出雲史!


鳥取県境港に育った水木しげるは幼いころ島根半島の日本海側によく出かけていた。神々が住まう島根県沖に浮かぶ隠岐の島は、水木しげるの実家・武良家のルーツでもある。長じてからは古代出雲族とおぼしき青年がいく度となく夢枕に立ち、自分たちの無念を訴えかけてきた。出雲神話に秘められた壮大な謎に迫る、水木版・古代出雲史! はたして『古事記』に描かれた「国譲り」の真の姿とは。巻末に「水木しげるの古代出雲 番外編」「妖怪人類学フィールドワーク 美保関」を特別収録。

内容(「BOOK」データベースより)
鳥取県境港に育った水木しげるは幼いころ、島根半島の日本海側によく出かけていた。神々が住まう島根県沖に浮かぶ隠岐の島は、水木しげるの実家・武良家のルーツでもある。長じてからは古代出雲族とおぼしき青年がいく度となく夢枕に立ち、自分たちの無念を訴えかけてきた。出雲神話に秘められた壮大な謎に迫る、水木版・古代出雲史!はたして『古事記』に描かれた「国譲り」の真の姿とは。巻末には番外編を特別収録。

引用 終わり

感想
目次
プロローグ
第一章 天地創生
第二章 アマテラスとスサノオ
第三章 出雲神話
第四章 オオクニヌシの試練
第五章 スクナビコナとオオモノヌシ
第六章 アメノヒボコ襲来
第七章 国譲り
第八章 謎の出雲青年
第九章 出雲大社造営
エピローグ
水木しげるの古代出雲 番外編
参考文献
妖怪人類学フィールドワーク 美保関

古代出雲史に詳しくなれて良い。