熊恭太郎雑記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

 | 

2018年12月12日(水)

[]A列車で行こう9にLandCreator生成地図を取込んで阿鼻叫喚

A列車で行こう9(以下A9)はついに最後のバージョンアップを終えたそうで、とうとうBGMがループしない問題と、高騰した土地を確保しづらい問題が解決されなかったなあとがっかりしているところでありますが。

晩年、様々な機能が強化された中で、最後に追加されたマップ(地形)の外部データ取込機能だけは、果てしなく気になるところ。

というのも当雑記ではかつてLandCreatorという地図(っぽいデータ)を自動生成するツール(http://d.hatena.ne.jp/kumashige/20050518/1116342957 アップされているモジュールは古いので使用はお勧めしません)の話をしたことがあった。しかし思いつきで作ったプログラムが地図を生成したところで何の役にも立たないし実際、活用した実績がないわけだが、このたび実装されたA9の機能を使えば、地図を取込んでゲームのマップに使えてしまうというのである。

私のプログラムが生成した地図を、3Dに可視化して見せてくれるというのだ。これを利用しない手はない。ということで早速、以下試してまいりました。


A9に取込む際の要件に解像度1024px四辺というのがあるので、LandCreator上で解像度だけ変更し、細かいコトを考えずポンと地図を生成してみたら以下になった。(画像リンクになっています)

f:id:kumashige:20181212005543p:image:w600

問題はA9側の要件「グレースケール画像で」という点で、つまり輝度により陸の高さを決めるという仕様である。

上の画像を見ていただくと何となく分かるとおり、LandCreatorの地図画像は輝度で高さを表現するようになっていない。そもそもグレースケールではない。

そこでLandCreatorに、陸高に応じたグレースケール化機能を追加し、上の地図に適用したのが以下の画像である。(画像リンクになっています)

f:id:kumashige:20181212005520p:image:w600

この画像であればA9に取り込めるはず。と言うことで早速取込んでみたところ。

おおー、成功した。読込に成功はしたが・・・

f:id:kumashige:20181212005651j:image:w600

・・・どこの地獄ですかこれ。鬼ヶ島?哺乳動物が歩けるの?

LandCreatorは、惑星に生命体が誕生する前の世界を作り出すのに向いているような気がいたします。


LandCreatorが生成する地形は凸凹が豊富というか、A9デフォルトの地図生成機能のような美しい曲線を描くのに向いていないようだ。人の住めない鬼ヶ島向き。

美しい曲線のあるマップはA9本体の生成機能があるからいいとして、LandCreator側もこれではあんまりなので、もう少し手を入れてみることにした。

 | 
| 最新の雑記 | 検索・過去参照 | 筆者プロフィール | 筆者アンテナ | 筆者ブックマーク | |