Hatena::ブログ(Diary)

プレカリアートユニオン 非正規雇用でも若い世代の正社員でも組合を作って労働条件をよくしたい!

2012-07-16

7・16「さようなら原発10万人集会」に参加しました

 今日7月16日(月・祝日)、代々木公園で行われた大集会「さようなら原発10万人集会」に参加しました。会場はものすごい人、ものすごい熱気。17万人も集まったそうです。

 プレカリアートユニオンが参加している全国ユニオンは、第2ステージ(野外音楽堂)周辺へ。ステージでは、制服向上委員会が、「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」を歌い、節電のためにテレビを消そうなどと呼びかけていました。

 引き続き、SUGIZOさんが登場。こんなアピールをしました。

大飯原発の再稼働はあり得ない。増税もぼくらは認めていない。オスプレイも賛成できません。TPPはあり得ません。ぼくら国民の理想や希望をまったく無視して政治が勝手に動いている。完全に日本は民主主義がなくなっていると思います。自由だってない。本当の自由を認識して、学んで、求めて、行動すべきだと思いませんか、皆さん。」
「ぼくの好きな本で、星川淳さんの『魂の民主主義』というネイティブアメリカンの本当の民主主義のあり方を綴った本があります。本当の民主主義は、数の論理ではなく最後の一人までが納得して次のステップに進むことが、本当の民主主義なのだと書いてあります。規模が大きくなって難しかったとして、百歩譲って数の論理民主主義として、原発は日本では稼働できないはずです。ぼくら国民の総意、ぼくらの希望、ぼくらの求める未来を無視したかたちで突き進んでいる政治のあり方を変えることが、今、とても大事なのではないかとSUGIZOは思います。」
「こうやって集まることはすばらしいことで、ぼくもどんどん参加していきたい、と同時にみんなが、政治や今の世の中のあり方をもう一度学び直して、みんなで日本を変えていく、日本をよりぼくらの理想の国に、理想の未来に推進していくという責任感をみんなで共有して、これから本当の幸福と安心を求めて一緒に行動していきましょう、みなさん。」
「去年の3・11は、とってもとってもぼくらにとっては、痛い、辛い、苦しい経験となりましたが、そこから多くを学んで次の世代にすばらしい日本を受け継いでいく、という行動をとれないと、亡くなった何万人もの方々に申し訳なくてしょうがないとぼくは思っています。」
震災で命を失った方や被災された方々は、ぼくらがより安全で幸福な社会を構築することを望んでくれています。みなさん、これからとても大事なときなので、あきらめずに真の革命を日本で起こしていきましょう。」

f:id:kumonoami:20120716120355j:imagef:id:kumonoami:20120716120139j:image

 三つに分かれて出発したパレードでは、恵比寿方面に向かう渋谷コースで、「原発いらない」「野田もいらない」「再稼働反対」「大飯原発再稼働反対」「命を守れ」「子どもを守れ」「海を守れ」「山を守れ」「田畑を守れ」「国土を守れ」などと思い切り叫びました。

f:id:kumonoami:20120716141234j:imagef:id:kumonoami:20120716141134j:image

主催者のウェブサイトはこちら http://sayonara-nukes.org/2012/06/0716sayonara_nukes/