Hatena::ブログ(Diary)

図書館情報学を学ぶ

title photo by Thomas Hawk

2008年04月18日

Shizukuの今後を考察する(1):コミュニティの「囲い」にあたる機能

先日、図書館情報システム「Shizuku」に関する論文を公開しましたが、早速id:katz3さんから感想を頂きました。

id:katz3さんありがとうございますm(_ _)m 様々な観点から論じて頂きました。せっかくなので、頂いたご意見を材料に、私なりのShizuku開発の今後について考察記事を書いていきたいと思います。

mixiでいうコミュニティみたいに、コミュニティというからには何かの「囲い」があるはず。ごく緩やかな、暗黙的無意識的コミュニティを指向しているわけでもあるまいから。その「囲い」に当たる機能としては、文中のものだけでは説得力に欠ける。

この点についてはProject Shizuku内でも問題視されており、現状の機能だけではコミュニティ形成のためには不十分であるという認識を持っています。ただし、mixiなどの例をそのまま模倣しただけでは自分たちの考えるコミュニティの形成には至らないだろうとも考えています。

論文にもあるとおり、Shizukuでは貸出履歴によってユーザー間のつながりを創り出すことでコミュニティ形成を目指しています。これは、コミュニティの形成が参加者によるボトムアップな働きによるものだという考え方が(少なくとも私には)あるからです。しかし、mixiのコミュニティ機能はユーザー間のコミュニケーションが行われる前に管理者によって枠が作られるという、トップダウンな構造になっています。これは短期的な情報交換には適していると考えられますが、学び合いや集団による知識創出を目的とする場合には不適切です。

id:katz3さんの言葉で言えば「暗黙的無意識的コミュニティをもとに明示的なコミュニティの囲いを形成する」ことがShizukuの方向性であるといえます。

ただし、現時点でそのような明示化の機能はまだ具体化されておらず、これは今後の中心的課題と考えています。今のところは、仮想本棚 → 仮想図書カード → 本棚コメントというユーザー行動の先に「コミュニティ明示化機能」が結びつくようにしたいと考えています。

関連記事

2008年04月10日

Shizukuの論文が、つくばリポジトリ上で公開されました

(Shizuku開発ブログに転載しました

デジタル・ドキュメント研究会で発表した、Shizukuに関する論文を公開いたしました。公開先は筑波大学の機関リポジトリである「つくばリポジトリ」です。

内容としては図書館情報システムの現状の問題点とその解決方法を提示した上で、新たな図書館情報システムとしてShizukuの機能を紹介するものとなっています。生まれて初めて書いた論文なのでツッコミどころ満載だと思いますが、よろしければご覧くださいm(_ _)m

関連記事(自サイト)

関連記事(他サイト)

2008年03月05日

Shizukuの論文を提出しました。

以前、Shizukuの研究会デビューが決まったと開発ブログのほうで書きましたが、その発表用論文を3月3日に学会に提出しました。

長かった……。なにぶん初めての論文執筆だったので作法が分からず、論文のかたちにしていくだけでも随分苦労しました。内容面では、そもそもShizukuは研究ベースで始めた開発プロジェクトではないので、Shizukuのコンセプトを学問的に説明していくのが特に苦労を要しました。Shizukuに対して自分が考えていることがしっかり伝えられているかどうかはわかりませんが、少なくとも次へ繋げるための足場づくりにはなったかと思います。

論文執筆に際してご指導頂いた研究室の先生方に、この場でお礼申し上げます。

次は発表の準備ですね。Shizukuに関するプレゼンはid:milkyaにまかせきりだったので、心配です。。。今週のテスト期間を終えれば時間ができるので、しっかりスライド作成・リハーサルを行って発表に臨みたいと思います。

2008年02月26日

次回DLワークショップのカンファレンスにProject Shizukuが参加

Shizuku開発ブログでも書きましたが、3月24日に開催される第34回ディジタル図書館ワークショップのカンファレンスに、Project Shizukuのメンバーが参加することになりました。最近話題の「猫の司書さん」の開発者の方も参加するので、皆さん是非ご来場ください。

2008年01月30日

Shizukuブログを更新しました。

予定通り、Shizuku開発ブログを更新しました。先日言った「ちょっとしたニュース」について触れています。

カテゴリー
言及した本
  • パターン認識と機械学習 上 - ベイズ理論による統計的予測
  • 不平等の再検討―潜在能力と自由
  • 経済学の名著30 (ちくま新書)
  • システムの科学
  • 未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告― (岩波新書)
  • 図書館資料論 (新・図書館学シリーズ (7))
  • ウェブサイエンス入門―インターネットの構造を解き明かす (コミュニケーションサイエンスシリーズ)
  • 図解 よくわかるデータマイニング (B&Tブックス)
  • Rによるデータサイエンス データ解析の基礎から最新手法まで
  • 集合知プログラミング