KA.Blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-11-20 売り売りが売り売りに来て売り売り帰る売り売りの声 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

昨日実家のテレビ買い換えのため、薄型テレビの市場調査に秋葉原へと繰り出しました。もし東京で安いのがあれば実家に送ってやろうかと。

結果から言うと地元で見た値段とそれほど大差ありませんでした。32型の液晶テレビが目的ですが、それにしてもデカイテレビはたくさん出ているものですね。50型、60型は当たり前という感じです。ただ私はそんなにでかいテレビが必要なのかどうか理解できません。せいぜい40型位までで十分です。部屋の広さにもよると思いますが、そもそもそんな広い部屋に住みたいとも思いません。荷物を置いて一定の可動空間があれば十分です。皆本当にそんなに広い部屋や大きな家具の家に住みたいと思っているのでしょうか?個人的には不思議でなりません。

その代わり私は大きな庭、大きな風呂(できれば露天)、そして大きなトイレの家に住みたいです。よく夢に出てくるんですよ。そしてトイレは一部屋丸々トイレがベスト!落ち着かないし手入れがそれぞれ大変でしょうけどね(;^_^A

んな私の持ち家観はどーでも良いのですが、話を戻して帰宅後、ネットで液晶テレビが安いところはないか色々調べてみました。すると私が狙っていたHDD内蔵液晶テレビと全く同じものが某大手家電量販店よりも10万近く安いとこを発見!(××)なんだこの差は・・・

そこからポイントで割引き分や送料、諸々のアフターサービス等を差し引いても7万近くは安い計算になります。うーん、7万も違うのならこっちの方が良いなー(・・;)にしても何でこんなに差があるんでしょうか?訳ありかとも考えるのですが、他のサイトでも結構その値段でゴロゴロしており、特に問題はない水準のようです。やっぱり高額のものを買うには下調べは必須ですね。つくづく感じました。

さて、こちらも高額な取引で下値を調べていきたい日経平均は本日大幅下落。先週末のNY市場は高かったものの、日本株の売りは引き続き止まらないといった感じです。売りが売りを呼び「売られている事が売り材料」という非常に心理的な面での下げが強い相場です。

投資判断は残念ながら「売り」に格下げ。先日発表のGDPが転換ポイントになるはずでしたが、結果的に良い戻り売りのポイントを示しただけのようです。テクニカル的には長期線をことごとく割り込み一目均衡表の雲も突き抜ける下落っぷり。下値支持するものが目先見あたらないのが現状です。今週は特に反発のきっかけになりそうなイベントもなく、今日の銀行各社決算出揃い後の動きもきっかけになるとは思えず、せいぜいリバウンドしか狙えない今週は弱い状態が続くものと思われます。

新興市場は「買い」。しかしながら3指数とも年初来安値を更新し、ともすればマザーズ指数に至っては上場来安値すら更新しそうな勢いです。ライブドアショック以来の最安値には私は引き続き疑問符です。あの時より新興市場上場企業各社の業績は悪化しているでしょうか?需給が悪い以外に今更大型株と比べて売られる筋合いはないと思いますし、それ以外の理由を言える人も少ないのではないでしょうか?もしマザーズ指数が1000ポイントを割れるような事があれば私は全力で新興市場買いに走っても良いと思っています。それこそ嫁を質に入れる覚悟で・・・嫁さんいませんが(;^_^Aただ私は本気でそう思っていますが、皆さんは自分のルールを守ってしっかり冷静に相場を見極めて欲しいと思います。新興市場ならどの銘柄でも良いというワケではないですからね。

ソフトクリエイト(3371)は逆行高。とはいえ先日までの下げからのリバウンドであり、胸を張って威張れる水準では決してありません。ただ出来高が増えてきており、短期的には底を打ったと見ても良い状況と思われます。全く余談ですがここが運営している「特価.com」も液晶テレビが安かったため、ここで買ってやろうかと思いましたが、希望の品がなかったため結局断念しました(T△T)

ソネットエンターテイメント(3789)は大幅下落。マザーズ指数に連動する株としては上場来安値を更新しなかっただけ儲けもんと割り切るしかない状態。我慢の相場が続きます。

富士電機HD(6504)軟調。富士電機すら売られる市場という印象が強いです。日経225採用銘柄である重しが徐々に出てくるかも知れませんので目先は暗めではありますが、上昇トレンドであること、一目均衡表の雲がまだ下に控えていることが下支え要因になる分はマシかと思われます。

スルガコーポ(1880)も大幅下落。内需売りの一環で決算発表を控えた同社にも売りが集まる格好に。ただテクニカル的にはボリンジャーバンドを大きく割り込みいくらなんでも売られ過ぎと映ります。決算内容も悪くはないと思われ、今日の長い下髭が結果的に最後の買い場であることを願うばかりです。

以下推奨銘柄の動きです。

ソフトクリエイト(3371) 12月2日推奨 3470円→2400円 目標10000円

ソネットエンターテイメント(3789) 1月20日再推奨 390000円→191000円 目標75万円

カナレ電気(5819) 4月6日推奨 2155円→1950円 目標3000円

富士電機HD(6504) 5月3日推奨 685円→618円  目標800円

スルガコーポ(1880) 5月26日再推奨 7240円→8000円 目標10000円

バンナムHD(7832) 7月24日注目→8月9日推奨に格上げ 1640円→1669円 目標3000円

メディシノバ(4875) 9月27日注目→11月2日推奨に格上げ 1280円→870円 目標1400円

注目銘柄

ソフトバンク(9984) 8月10日後場注目 2300円→2160円 目標3000円 

※株式投資は自己責任でお願いします。文中の内容は現時点で予測できる範囲で想定されたものであり、投資成果を保証するものではありません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kunisawa/20061120