優柔不断 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2017-04-27 このエントリーを含むブックマーク

長年使っていたプリンターが、部品の調整が必要ですと表示され動かなくなってしまいました。

インクも高いことだしと、買い替えることにしました。

8000円ぐらいのを想定していましたが、コピー・スキャナー付きで4980円(税前)のを買ってきました。

さらに2000円安いのもありましたがどうしてこうも安いのか?

2017-04-25

[] 20:59 を含むブックマーク

今日は藤前干潟での「第五回自然と親しむ吟行会」でした。

f:id:kurabou:20170425205308j:image

f:id:kurabou:20170425205348j:image

f:id:kurabou:20170425205419j:image

f:id:kurabou:20170425205459j:image

高得点で賞品を頂きました。

披講の役でしたのでよく分からなかったのですが、11点で最高点だったようです。

   潮嘗めてみるうれしさよ磯遊び  徒歩

ちなみに、栗田主宰と河原地副主宰の選にも入りました。

f:id:kurabou:20170425205725j:image

栗田主宰特選     地の起伏干潟にありて忘れ潮   野瀬ひろ

河原地副主宰特選   弁慶蟹はさみ振り振り穴を出づ  只腰和子

酔漢ちゃびん酔漢ちゃびん 2017/04/27 19:18 なななんと!酒がすすむお重ではないか!下戸の貴君には、さしずめ小判だな!干潟に住む蟹も捨てがたいのだ。

kuraboukurabou 2017/04/27 20:24 チゴガニというのがうじゃうじゃといたが、貴君はともかく食べることは難しいと思うよ。
副主宰に進められて?潮が引いた後の砂土を嘗めてみたが、良い出しの感じの塩味で中々の味だった。
腹を壊すんじゃないかと心配をしていたが幸い健康被害はなかった。
俳句を作るのも命がけなのだ。

2017-04-18

[] 20:54 を含むブックマーク

今日は伊吹嶺愛知同人句会でした。

栗田主宰の15句選に1句入りました。

  すぐ消ゆるマッチの灯り西東忌

先生の評です。

「この句は西東忌が合っていない恐れがあります。忌日の句は難しいですね。でも私は合っていると思いました。」

2017-04-10 このエントリーを含むブックマーク

今日は満開の桜を満喫することが出来ました。

f:id:kurabou:20170410234009j:image

f:id:kurabou:20170410234044j:image

f:id:kurabou:20170410234151j:image

2017-04-04 大豊神社、霊鑑寺

[] 22:36 を含むブックマーク

今日は京都句会でした。

f:id:kurabou:20170404223557j:image

f:id:kurabou:20170404223623j:image

  哲学の道に天突く桜さく    悦枝

  カップルのひそひそ話初桜   惠光

  絵歌留多のするめ泳げり春の昼 万里子

f:id:kurabou:20170406221805j:image

  花きぶし疎水の人出逃れきて 徒歩

f:id:kurabou:20170406222011j:image

  坂がりの宮へ木五倍子の花ゆるる 哲半

  御手洗に真清水汲めり花きぶし  佳子

f:id:kurabou:20170406222229j:image

  御手洗の中紅白の落椿     秋麦

  蹲踞に椿の落ちし昼の闇    俊雄

f:id:kurabou:20170406222930j:image

  日光てふ椿のうへを昼の月   英武

f:id:kurabou:20170406223244j:image

D

河原地副主宰選7句

  春月を真上に京の裏鬼門    俊雄

  水門を抜くる白鷺花菜風     佳子

  鍼のつぼ探られてゐる花の冷   俊雄

  水郷の空の広さよ鷺巣ぐむ    惠光

  チェロ背負ふ少女駆け出す春驟雨 万里子

  襟首の透くる舞妓や木の芽時   哲半

  永き日や網に掛かりし土器破片  佳子

特 雲雀野の光の中に襁褓替ふ    俊雄


  すぐに来る牛丼すこし花疲れ   英武