優柔不断 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2016-09-20 このエントリーを含むブックマーク

今日は伊吹嶺の同人句会でした。

台風の接近にもかかわらず何時もと同じ人数の63名の出席でした。

二句に二回ずつ名乗ることができました。

  西郷の終の城山葛嵐

  地震跡へ向きて影さす案山子かな

Okanatsunohaha Okanatsunohaha 2016/09/23 04:00 晋どん!もうここらでよか!鹿児島へ行ったとき城山へも行きました。

kuraboukurabou 2016/09/24 22:34 熊本城で「神風連」の碑を見つけました。
三島由紀夫の
「豊饒の海」第二話『奔馬』作中に、「神風連史話」という書物が出てきますので少々びっくりしました。
この章あたりで眠くなってきて中々先に進まなかったのですが・・・。
飫肥城にも寄りましたよ。

okanatsunohaha okanatsunohaha 2016/09/25 05:54 再来年の大河。まだ主役が決まっていないようですが、タイトル[せごどん]らしいですね。
来年2月、夫が熊本復興マラソンに出場するので、私も応援&付き添いでくっついて行ってきます。島原、唐津の方へ足を延ばします。

kuraboukurabou 2016/09/25 21:44 お元気なご主人で何よりですね。
私など信号のタイミングが悪いと道路の横断に一苦労です。

2016-09-08 幻住庵

[] 20:32 を含むブックマーク

10月の京都句会は午前はキャンパスプラザで句会をして、昼食後石山寺近くの幻住庵で吟行をします。

幻住庵に関しましては、芭蕉が『幻住庵の賦』と『幻住庵記』という文を残しています。

以下のサイトに詳しく紹介されていますので、原文を読んで吟行に臨むのも良いかと思います。

http://koten.kaisetsuvoice.com/GenjyuAn/

http://blogs.yahoo.co.jp/sodosiryou/4063232.html?__ysp=5bm75L2P5bq144Gu6LOm

禿ちゃびん禿ちゃびん 2016/09/14 19:22 時に・・・貴君に貰った焼酎だが、意外と旨かったよ!!また行くんだらう?今度は二人分貰って来いよ!!Give me
焼酎といへばいいよ。貴君の厚顔無恥を最大限発揮して・・・!

kuraboukurabou 2016/09/15 23:03 実は月火水とまた九州へ行ってきた。
バレルバレーという所に寄って米焼酎の試飲をしてきたが、くせがなくて良かったよ(下戸なりに)
お土産はもらえなかったなあ・・・。

禿ちゃびん禿ちゃびん 2016/09/16 19:23 貴君は、いい年をした大人として「身銭を切って買う」といふ、人間性の根本にかかわる行為を知らないのか!!嘆かわしい。今後の付き合いを考えねば・・・・・

2016-09-07 京都句会 

[] 20:49 を含むブックマーク

f:id:kurabou:20160907204422j:image

近江坂本西教寺

f:id:kurabou:20160907204423j:image

唐門

f:id:kurabou:20160907204732j:image

  逝く夏の湖に影引く近江富士 俊雄

f:id:kurabou:20160907204733j:image

  秋日濃し蚤取る猿の隅瓦   ゆうこ

f:id:kurabou:20160907205207j:image

f:id:kurabou:20160907221054j:image

  御廟への急な石段葛香る   徒歩 

  百段の急磴占むる葛の花   哲半

  葛の花踏みしめ登る九十段   英子

f:id:kurabou:20160907221526j:image

芭蕉句碑  月さびよ明智が妻のはなしせむ

f:id:kurabou:20160907221817j:image

  身に入むや古りし萬日供養塔 惠光

f:id:kurabou:20160907222300j:image

  きしきしと歩む回廊つくつくし 悦枝

f:id:kurabou:20160907222527j:image

  秋暑し身代り猿の緋の衣   万里子

  法統の鉦の音堂に残暑なほ  秋麦

  

f:id:kurabou:20160907222915j:image

今日の句会は河原地副主宰は残念ながら急用のため欠席でした。

私の五句選です。


  井戸残る離村集落秋あかね    佳子

  運動会樽転がしの箍のとぶ    惠光

  葛の根を濡らし火上げの柱結ふ  哲半

  酢のにほふ三条通涼新た     万里子

特 弾き鳴らす二百十日の子のピアノ ゆうこ

2016-09-01

[] 22:19 を含むブックマーク

「伊吹嶺」9月号 遠峰集

私の5句です。

  鉛筆は小指の長さ桜桃忌

  露店湯へ下る百段行々子

  ひと雨に青き匂ひの茅の輪かな

  キャンパスに床屋一軒夏の雨

  みちのくの闇に一声はたた神