くらのすけの映画日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

日記ロゴ 「シネマラムール」の管理人くらのすけの映画鑑賞日記です。
なるべく、見た直後の印象を書き込んでいるのでネタバレがある場合があります。その点ご了解ください。
また、大ファンの上戸彩さんのBLOGも運営しています
■■■

2018-02-21 映画感想「はじめてのおもてなし」「早春」「52H zのラヴソング」 このエントリーを含むブックマーク

kurawan2018-02-21

はじめてのおもてなし

ドイツの混沌とした難民問題がそのまま映画になったという感じの今、ひとつわかり切らない映画。どこか嫌な描写散見され、外国人の私たちには理解し難いところもあるのが事実という映画だった。監督サイモン・バーホーベン

大病院の院長をする夫と教師引退した妻、31歳の大学生の娘、仕事一筋の弁護士の息子など、いかにも上流階級家族。妻のアンゲリカが難民を受け入れると勝手に決め、ディアロという黒人青年がやってくるところから物語が始まる。

あとは、彼がくることで巻き起こる騒動の数々が描かれるが、娘をストーカーするタクシー運転手の男が、反イスラム派で、異常だったり、夫リヒャルトがやたら強健な父親で、誰も彼もが、ステロタイプ化されているとはいえ、どうも入り込めない。

結局、ディアロは亡命申請が一旦拒否されるが、家族の熱意で申請が通ってハッピーエンド。このくだりも唐突に締めくくる。

確かに難民問題は現地の人にとっては問題なのだろうが、この作品はその問題上から目線度捉えすぎている感じがどうも受け入れられなかった。

f:id:kurawan:20180221173157j:image:left

早春

イエジー・スコリモフスキ監督1970年に撮ったいわばカルトムービーのような作品で、1人の青年の盲目的な片思いがどんどんエスカレートして行く様を描いた映画ストレートラブストーリーに捉えづらい、奇妙な作品でした。

主人公マイケルが公衆浴場に就職するところから映画が始まる。そこにはスーザンという魅力的な女性がいて、彼は一目で彼女に思いを抱いてしまう。しかし彼女には婚約者がいて、しかも、キュートなので男たちにモテる

そんな彼女への思いがどんどんエスカレートして行くマイケルは、とうとうラストプール彼女を引き留めようとするあまり、殺してしまって映画が終わる。

途中のセリフやシーンの数々はかなり即興的に見えるところもあるが、マイケルか異常なほどに彼女に迫って行く感情の変化は確かに圧倒される。

ラストシーンの、プール全裸の2人が抱き合い、その後、引き留めようと照明を彼女にぶつけ、彼女が頭を抑え血を流す。真っ赤なペンキがプールに流れ、彼女が着ていた黄色レインコートが浮かぶ。

色の使い方もふくめ、イエジー・スコリモフスキ監督感性が光る一本ですが、仕上がりの空気感カルト映画の感じでした。

「52Hzのラヴソング

バレンタインデーの1日にさまざまな恋の物語が交錯する台湾製ミュージカルですが、ちょっとそれぞれのエピソードがバランスが悪く、全体に乗り切らないところが惜しい仕上がりになっています。監督はウェイ・ダージョン。

花屋を営むシャオシンの忙しい1日の始まりから映画が幕を開ける。一方でパン屋でチョコレート配達をすることになるシャオヤンの姿が描かれ、花屋に訪れるレズ恋人たち結婚式や、老年2人の恋など絡まって行く。

終盤の売れないミュージシャンと彼を10年支えた恋人エピソードがややくどいために、全部がバランスが悪くなった。もうちょっと作りようによっては面白くなるのだろうが、今一歩勿体無い。そんな映画でした。