くらのすけの映画日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

日記ロゴ 「シネマラムール」の管理人くらのすけの映画鑑賞日記です。
なるべく、見た直後の印象を書き込んでいるのでネタバレがある場合があります。その点ご了解ください。
また、大ファンの上戸彩さんのBLOGも運営しています
■■■

2018-03-16 映画感想「リメンバー・ミー」 このエントリーを含むブックマーク

kurawan2018-03-16

リメンバー・ミー

豪華絢爛なディズニーアニメの世界を堪能する一本、とにかく美しい。物語は今ひとつ私の好みではありませんが、シンプルな展開の中に絵画のような世界が展開する素晴らしさに終始圧倒されてしまいました。監督はリン・アンクリッチ

代々靴屋を営むミゲル家族、実はこの家族には決められた家訓がある。それはミゲル祖先が音楽で家族をないがしろにしたために一切の音楽を禁止していること。しかし、地元の英雄となった音楽家デラクルスを信奉するミゲルは音楽を諦められなかった。

年に一度の死者の日に催される音楽コンクールに出たいために、デラクルスの霊廟に忍びこも記念のギターを盗もうとしたため、死者の国に引き込まれてしまう。そして、夜明けまでに許しを得られないと永遠に死者となることになる。

ミゲルは死んだデラクルスに許しを乞うためになんとか彼に会うが、そこにヘクターというデラクルスの友人という男が現れる。彼は家族写真を飾ってもらえないため、間も無く永遠に消滅する運命が近づいていた。

ところが、ミゲル自分先祖と信じていた破れた写真の部分の人は実はヘクターだとわかる。そしてデラクルスが世に出るきっかけになった曲リメンバー・ミーを作曲したのはヘクターで、ミゲルのひいおばあちゃんロコの父だとわかる。

デラクルスが実は悪人だったことがわかり、あとはディズニーらしい展開からハッピーエンドになるのですが、まるで全てが花火のようなきらびやかなアニメ映像が素晴らしく、うっとりと夢の世界に引き込まれる。

ラストの素朴な感動もディズニーらしい色合いで、素敵な作品を堪能した感じで映画館を出ました。やはりディズニーは素晴らしい。

アナと雪の女王 家族の思い出」併映