風色の椅子

2018-01-15 たとえばラブストーリー

よく晴れました。

wowow で、舞台「muro式」が放送されます。

【 ムロツヨシ 舞台「muro式」WOWOWで放送 特集番組で“仲間”の小栗旬、新井浩文とトークも 】

俳優のムロツヨシさんが脚本・演出・出演の3役をこなす舞台シリーズ「muro式」の10年目公演となる「muro式.10『シキ』」が2018年4月に開幕することを記念して、過去の公演の6作品を、WOWOWで2018年2月から3カ月連続で放送されることが分かった。

また、ムロさんが気心の知れた役者仲間たちと、構成や台本が一切ない本音で語り合うトーク番組「ムロテレ」の放送も決まった。ゲストとしてムロさんの役者仲間で「muro式」をよく見ているという俳優の小栗旬さんと、「muro式」を一度も見たことがないという新井浩文さんが出演する。

番組「特集:舞台“muro式”とは?」では、WOWOWライブで2018年2月16日(金)午後8時半から「ムロテレ♯1」を放送。午後9時からは舞台「muro式.5 『+』〜足しましょう、〜」、午後11時からは舞台「muro式.6 『グラフ』〜その式を、グラフで表しなさい〜」が放送される。


どんな番組なのか、想像できませんが、ゆるい笑いなのかな?(笑)

小栗くんの出演、楽しみです。


さて小栗くんの新しいお仕事の発表がなかなかなくて、

30代半ば、どんな役がいいのか、ちょっと考えてみました。

もちろん「ハムレット」が発表になったら、

飛び上がってひれ伏して号泣して、喜びますが(笑)、

ちょっと若いですが、もう「マクベス」も出来るかなあとか。

マクベス」も悲劇で狂気で堕ちていく感じがいいですよね。

しかし、小栗くんはきっとアクションをやりたそうなので、

それなら思いっきり格好よく、「007」みたいに、

ちゃんとお色気シーンも入れてほしい(笑)。

それとも打って変わって、昭和初期くらいの時代の片隅に生きるような、

愚かで生々しくドロドロした役。

小栗くんはどうしてもどこか浮世離れしている感じ、ポップな感じがあるので、

一度、それをすべて封印してみる。

たとえば三島作品とか、そういう作品に挑戦する彼も観てみたいです。


そうそう、去年、arrows の新CM 発表会で、山田くんから、

「オレ、普通にラブストーリーがやりたいです」と言われて、

小栗くんが「そうですね」と答えていたこと、忘れていません!(笑)

ふと思いついて、「ローマの休日」で、グレゴリー・ペックが演じた役も、

もう出来そうかなとか、「ラブ・アクチュアリー」で、

ヒュー・グラントが演じた首相の役や、コリン・ファースが演じた役や、

そういう役もちょっと面白そうとか、

軽やかでおしゃれで切ない・・・そんな感じの作品、来ないかなあ。

ほんわかラブストーリーで、癒されたいです。


とにかく今の小栗くんの格好良さ、素敵さ、甘さ、繊細さが活かされる役、

観てみたいです。

夏に「銀魂」の続編の公開が決まっているので、

春か夏の連続ドラマとか、発表になるといいですね。

毎週楽しみに観る喜びを感じたいですよね。

井上ひとみ井上ひとみ 2018/01/18 11:18 お久しぶりです。小栗くんの禁断症状が出てきてしまいました。録画番組を食い入るように見てしまいます。本当に連続ドラマなんか発表してほしいですね。
ところで、今年の小栗くんからの年賀状、落ち着いた雰囲気の写真で大好きですが、文言が「賀しょーん」って。2児の父らしからぬアンバランス。
これが魅力ですって。会いたい〜

2018-01-08 優しい声のナレーション

雨が降っています。

2018年、今年は小栗くん、年男なんですね!

小栗くんが戌年ってあまり意識したことはなかったのですが、

そうか、戌年だったのねと思って、ますますの活躍、期待しています!

そして「風色の椅子」は私のペースでのんびりと、

書いていきたいと思っていますので、もう随分と年季が入った椅子ですが(笑)、

よかったら、腰かけてみてくださいね。

今年もよろしくお願いいたします。


さて昨日「八代目市川染五郎 密着3650日」を観ました。

小栗くんのナレーションは、穏やかな優しい声で、

邪魔にならずわきまえていて、とてもよかったです。

松さんが語りだったので、小栗くんはそれほど話さないのかなと思っていたら、

全編、ほぼナレーションをしていて、番組を担う一人だったのだなあと思いました。

それにしても、凄い世界でしたよね。

名門の家に生まれるということは、簡単に宿命とは言えないほどの、

重責があって、でも、金太郎くんが、芝居が好きでよかったなあと、

それがとても嬉しくて、少しほっとしました。

それは血がそうさせるのか、環境がそうさせるのか、

しかし、お爺様、お父様、叔母様等、超一流の方々が、まわりにいらっしゃるので、

素晴らしい環境の中、彼はきっと成長できると思います。

ちょっとやんちゃで物作りの好きなちっちゃな男の子が、美しい少年へ。

彼自身は、弁慶に憧れていましたが、美しい女形も観てみたいです。

18歳頃になったら、シェイクスピアも現代劇にも進出してほしいです。

お爺様、お父様は、歌舞伎だけでなく、ミュージカル等々、

いろいろな方面で、才能を発揮された方々なので、そういう姿も観てみたいですね。

でもまだ12歳、すべてはこれからですよね。


そして君・・・。この日から、金太郎改め、八代目市川染五郎だ。

きっと将来、祖父や父が背負ってきた名の重さが、何度となくのしかかることだろう。

乗り越えるべき壁は高ければ高いほどいい。

歌舞伎愛する人たちが君の成長を見守り続けるはずだ。

今ここに、新たな芽を吹かせた高麗屋

若武者が羽ばたく先には、広く果てしない空が広がっている。


小栗くんの優しい声は、美しい少年が真っすぐにひたむきに進んでいく姿を、

やわらかく包み込むように、そしてそっと背中を押すように、

とても心地よく聞こえてきました。

素直に、八代目市川染五郎くんを応援したくなる番組だったと思います。

カミママカミママ 2018/01/08 18:39 kurigohanさん、新年おめでとうございます!
今年もまたこの椅子に腰掛けさせていただけること、本当にありがたく嬉しい限りです。どうぞよろしくお願いいたします。

そして新年最初のお仕事のナレーション、本当に暖かく見守るような声で、耳にとても心地よく響いてきましたね。
こんなあたたかい役に始まって、今年も明るくたくましい役、刹那的な役、静かな役、愛らしい役、揺れ動く役・・いろいろ演じてほしいです。
そしてできれば、透明感のある美しい若い役をまだ演じられるうちに、是非また舞台に立って欲しいです。
kurigohanさんがのんびりしていられないくらい(?!)、たくさんの素晴らしいお仕事がありますように(^o^)
でももちろん無理はなさらずに、今年も素敵な1年になりますよう祈っています!

めぐめぐ 2018/01/08 21:55 kurigohanさん、今年もよろしくお願いします。
今回は、今までの小栗くんのナレーションと全然違う本当に優しい声でしたね。声優の仕事で声を変えるのは普通でしょうが、ナレーションでもこんなに声を変えるなんて改めて凄いと思いました。
ファンサイトに「今年は色々とございますっぽい」と書いてあったので、楽しみです。

マリマリ 2018/01/09 11:26 新年明けましておめでとうございます。そして、どうぞ宜しくお願い致します!小栗くんのナレーションとても良かったですね!優しい愛情で包み込むような穏やかな声でした!それにしても新・松本幸四郎さんの優しくのびのびと大きな抱擁力で育てられているお父様ぶりに驚きました!豊かな愛情を身いっぱいに受け染五郎さんもその愛情を他の方に向ける優しさを持ち合わせてらして素晴らしい御一家ですね!

小栗くんの新しいお仕事は何でしょうか?早く知りたくてウズウズしてます(笑)

shu shushu shu 2018/01/11 12:20 2018年もよろしくお願い致します。
こちらを訪れると心安らぎます。
いつものkurigohanさんがいてくれて、日常生活では色々とあるのですが、癒しの場があることに感謝しています。
さて、ナレーションの声の穏やかな優しさにちょっとびっくりしてしまいました。
番組の趣旨を理解し、決して前に出ることなく後ろから大きな手で包み込んでいました。
声の優しさが、父親ともおじさんとも違う、でも見守ってくれている安心感がありました。
彼が二児の父として、責任を果たしているが故の証拠を見た気がしました。
こんなにも包み込む優しさの声が出せるなら、どうぞお芝居でもよろしくお願いします!
今年はどんな小栗さんが見られるでしょうか。
また、kurigohanさんと、皆さんとご一緒に集えること楽しみにしております。

kurigohankurigohan 2018/01/15 13:01 >カミママさんへ。
こちらこそ、そのように言ってくださってとても嬉しいです。ありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。そしてナレーション、仰るように、本当に暖かく見守るような声で、耳にとても心地よく響いてきましたね。「こんなあたたかい役に始まって、今年も明るくたくましい役、刹那的な役、静かな役、愛らしい役、揺れ動く役・・いろいろ演じてほしいです。」〜そう思います。はい、透明感のある美しい若い役も!是非また舞台に立ってほしいですね。そうですね。のんびりしていられないくらい(笑)、たくさんの素晴らしいお仕事があるといいですね。お気遣いにも感謝です。カミママさんにとっても、素敵な1年になりますように祈っています。
>めぐさんへ。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。はい、優しい声でしたね。そうですよね。ナレーションでもそれぞれ違いますよね。今年も楽しみですね!
>マリさんへ。
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。小栗くんのナレーション、よかったですよね。仰るように、優しい愛情で包み込むような穏やかな声でしたね。そうですよね。新・松本幸四郎さんのお父様ぶりも素敵でした。「豊かな愛情を身いっぱいに受け染五郎さんもその愛情を他の方に向ける優しさを持ち合わせてらして素晴らしい御一家ですね!」〜本当にそう思います。そして小栗くんの新しいお仕事、早く知りたいですね(笑)。
>shu shu さんへ。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。そのように言ってくださってとても嬉しいです。ありがとうございます。ナレーションは、本当に穏やかな優しい声でしたね。「番組の趣旨を理解し、決して前に出ることなく後ろから大きな手で包み込んでいました。声の優しさが、父親ともおじさんとも違う、でも見守ってくれている安心感がありました。彼が二児の父として、責任を果たしているが故の証拠を見た気がしました。」〜きっとそうですね!そのとおりだと思います。優しい役も演じてほしいですよね。はい、shu shu さん、皆さんとまた小栗くんの出演作品について、語り合いましょう。楽しみです。

2017-12-25 お誕生日おめでとう 今年のベスト3

晴れたり曇ったりの一日でした。

今日で今年の更新は終わります。

1日早いですが、12月26日、小栗くん、35歳のお誕生日おめでとうございます!


今年「風色の椅子」は5月に、12周年を迎え、13年目に突入しました。

休む期間もありましたが、こんなに長く続けてこられたのも、

皆さんがずっと続けて読んでくださり、コメントをくださるおかげです。

本当に励みになりました。ありがとうございました!

感謝の気持ちでいっぱいです。


ほぼ小栗くんのことしか書いていなくて、

13年存続したということが、ありえないというか(笑)、

彼の活躍なくてはなしえないことなので、凄いことですよね。

しかもどんどん有名になって、成長して、地位を確立して、

より魅力的になって、それが素晴らしいと思います。

ただ彼を追いかけるだけで、見守るだけで、

こちらに、幸せが転がり込んでくるんですよ。奇跡ですよね(笑)。

いろんな世界に連れていってくれて、あるときは、感動で涙で、

椅子から立ち上がれず、こんなに心震わせる体験をさせてくれる、

感謝、感謝です。


そんなことを言いつつ(笑)、でもまだまだ演じてほしい役、たくさんあるので、

今日で35歳、30代を大事にしてほしいです。

30代しかできない役、ハムレットとかハムレットとかハムレット(笑)。

まずは古典に出てほしいです。できたらシェイクスピアで。

それから以前も書きましたが、小品でもいいので、

芸術的な映画に出てほしいです。

この頃、演技に磨きがかかってきたので、もったいないと思うのです。

深くしっかりした作品の中で、彼の演技に溺れたいです。

そして舞台は 1年に 1作品は演じてほしい。1年に 2作品やって、

次の年に舞台 0 より、コンスタントにやってほしいです。

希望としては、1年に、1舞台、1連続ドラマ、1映画があって、

他にスペシャルドラマがあると嬉しいです。

軽やかでおしゃれな恋愛ドラマも期待しています(笑)。


ついついまた欲張りなファンの本性が現れてしまいましたが(笑)、

これからも彼を追いかけて、見守って、応援して、

転がり込んでくる色とりどりの幸せを噛みしめながら、

年齢が年齢なので(笑)、ゆっくりついていこうと思っています。


小栗くん、35歳のお誕生日おめでとうございます!

小栗くんの35歳が元気で充実した幸せな35歳でありますように。


続けて、今年は今年も!小栗くん、大活躍でした。

ということで、恒例の「今年の小栗旬 ベスト3」を書きたいと思います。

独断と偏見のベスト3なので(笑)、軽い感じで読んでみてくださいね。


【 舞台 】


1位 ヤング・フランケンシュタイン・・歌と踊りに彩られたフレデリックの眩しさよ。


【 映画 】


1位 間違いの喜劇・・・夢のように美しい小栗くんをスクリーンで観る喜び。

2位 銀魂・・・銀ちゃん、可愛かった。面白かった。強かった。

3位 追憶・・・降旗、木村組への参加。啓太、包容力のある良い役でした。


【 ドラマ 】


1位 BORDER 石川安吾・・繊細で細身で翳があって抱きかかえられたので 1位。

2位 CRISIS 稲見朗・・・・・格好よくて色っぽくて強くてモテ男で、僅差の 2位。


【 朗読 】


1位 1万人の第九・・クラシックな装い、一人芝居のような朗読。お父様との共演。


【 CM 】


1位 ペプシ・・・壮大な世界観。強きものに向かっていく桃太郎の矜持。

2位 スマートフォン・・仲良しな山田くんと割れない刑事。コミカルな二人。

3位 大正漢方胃腸薬・・白シャツでボクシング。今回大きな蟹は出てきません。


【 バラエティ 】


1位 チマタの噺・・鶴瓶さんに甘えた感じの小栗くん。帰したくない様子が可愛い。

2位 火曜サプライス・・ウエンツくんともいい感じ。歌も聴けたよ。

3位 モヤモヤさまぁ〜ず2・・こちらもナチュラルな小栗くん。実はシャイです。


舞台「髑髏城の七人 season 花」、映画「キミスイ」は観ていません。

「チマタの噺」のときは、ちょうど「BORDER」撮影中で、細身、お髭なしの、

小栗くんだったので、綺麗な小栗くん、素敵でした。

映画はまさかの「間違いの喜劇」が 1位。

DVD で、一番何回も観たはずの「間違いの喜劇」。

それが大きなスクリーンで観るとまた格別で、本当にため息が出るほど、

美しいアンティフォラスで、蜷川さんのことも思い出して、涙が流れました。

舞台は、捨之介を観ることができなかったのが心残りですが、

ヤング・フランケンシュタインのフレデリックが、チャーミングでとても素敵でした。

まさかここへきて、小栗くんの歌と踊りが見られるなんて、

変わらず立ち姿が美しく、燕尾服姿に惚れ惚れしました。

舞台に映える、その空間を支配できる小栗くんでしたね。

今年は、舞台 2本、映画 3本、連続ドラマ1本ということで、

番宣でたくさんバラエティにも出てくれたので、

本当に追いかけるのが大変なくらいで、嬉しい悲鳴でしたね。

来年は、まだ映画「銀魂」しかわかっていないので、

新春にナレーターのお仕事はありますが、

2018年はどんな魅力的な姿を見せてくれるでしょう。

35歳のまた新しい小栗くんに魅了されたいです。

楽しみにしています!


それでは皆さん、今年も本当にありがとうございました。

良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。

山りん山りん 2017/12/25 21:15 Krighanさん、今年も一年本当に有難うございました。
しばらく更新がない時期は、本当に心配しました。このまま更新がなかったら旬君との思いを共有できる場所がなくなってしまう!と心細くなりましたが、「今年の小栗旬ベスト3」を拝見する事が出来て嬉しく思います。今年も各方面で大活躍の彼でしたね。私も連続ドラマ1.舞台1.映画1の割合で見守っていきたいです。
昨日「バンキシャ」で吉田鋼太郎さんが蜷川さんの意思をついでシェイクスピアの演劇をすべて公演する。というニュースを観ました。是非どの作品でもよいので参加させてほしな〜と、思いました。
今年も1年、有難うございました。そして、今後も末長く宜しくお願い致します。よいお年をお迎えくださいませ。

マリマリ 2017/12/26 09:58 小栗くん、お誕生日おめでとうございます!!
kurigohanさんと皆さんと共にお祝い出来ることが、とても嬉しいです!座り心地の良い椅子に腰かけさせて頂いてから、もう12年以上の月日が経ったんですね〜本当にありがとうございました。私、おばあさんになってしまい座りながらウトウトしてしまいそうですが(笑)これからも宜しくお願い致します。
小栗くんの35歳が幸せな年でありますように!

では、どうぞ良いお年をお迎えください!

shu shushu shu 2017/12/26 18:59 今年もまた、小栗さんのお誕生日を、kurigohanさんと皆さんとこちらでお祝い出来ること、幸せです。
小栗さん、お誕生日おめでとうございます!
こうして、kurigohanさんの文章を読むことの幸せを噛み締めています。
小栗さんの活躍が、生きる原動力になっています。
色とりどりの幸せをありがとうございます。
欲張りですが、舞台、映画、ドラマと最低一本づつは観たいですよね〜(笑)
今年二本の舞台があったので、来年はどうか心配ですが、生の小栗さんを拝ませてください❣
お願いします!

これから、ますます寒さ厳しくなりますが、御自愛くださいね。
今年もありがとうございました。
来年も変わらずよろしくお願いします!

mimosamimosa 2017/12/26 20:46 小栗君、お誕生日おめでとうございます。
こうしてkurigohanさん、ここにお集まりの皆様とこうしてお祝いできるのが何より嬉しいです。
こんなに忙しいかった年はなかったほど、いろいろな役を演じてくれて追いかけるのが大変でした(笑)。嬉しい悲鳴ですね。何よりフレデリックが素敵で、安吾君も素晴らしかったし、最後の第九の朗読も誇らしかったです。舞台での彼のオーラ、存在感をいっそう感じた年でした。シェイクスピアの舞台に立つ彼をなるべく早く観たいという想いがつのりました。
ファンは基本欲張りなので(笑)、私も同じく希望いたします(笑)。
小栗君を追いかけてはや10年が過ぎ、こうして「風色の椅子」に腰掛けさせていただくのも同じ月日が経ちました。この幸せが続きましように。
今年もkurigohanさんのブログで年越しできます。
ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。よいお年をお迎えください。

minharunominharuno 2017/12/27 00:53 小栗くん、お誕生日おめでとうございます!
そしてkurigohanさん、今年のベスト3をありがとうございます。
そしてこちらの椅子も干支が一回り、長い間小栗くんの魅力を発信し続けて下さりありがとうございます。

本当に来年も舞台が見たいですね。バンキシャに鋼太郎さんが出ていらっしゃるの観ました。いろんな若手俳優が稽古を見学に来ているという話で小栗くんの名前も出ていましたよ。本人はシェイクスピアやりたいんでしょうね、あとはスケジュール次第ということでしょうか。鋼太郎さんは俳優としてもとてもお忙しいので、蜷川さんのようなペースではできないでしょうから、何年かかかりそうですが、やはり年齢相応の役を、ということもあるのでね。。。来年もkurigohanさんが小栗くんの魅力を語ってくださるのを楽しみにしています。

cameliacamelia 2018/01/03 23:43 明けましておめでとうございます♪
昨年は、まさかの小栗さんの歌声を聞くことが出来るなんて!嬉しいびっくりでした。
年に一度は舞台に立って欲しい〜古典もの、芸術的なもの、恋愛もの…欲張りになってしまいます(笑)
kurigohanさんや皆さんと小栗さんに魅了されたいです〜今年もどうぞよろしくお願いします。

kurigohankurigohan 2018/01/08 12:01 >山りんさんへ。
こちらこそ、ありがとうございました。そのように言ってくださって、本当に嬉しいです。感謝です。はい、小栗くん、大活躍でしたね。「私も連続ドラマ1.舞台1.映画1の割合で見守っていきたいです。」〜いいバランスですよね。「バンキシャ」は少し見ました。そうですよね。シェイクスピア〜どの作品でもよいので参加させてほしいですよね。こちらこそ、2018年も末長くよろしくお願いいたします。
>マリさんへ。
こちらこそ、マリさんと皆さんと共に、小栗くんのお誕生日をお祝いできること、とても嬉しいです。マリさんは、ずっと長い間、椅子に腰かけてくださって、そうですよね。12年以上経ったんですよね。こちらこそ、本当に本当にありがとうございました!私もおばあさんになりました(笑)。2018年もよろしくお願いいたします。
>shu shu さんへ。
こちらこそ、shu shu さんと皆さんと、小栗くんのお誕生日をお祝いできること、幸せです。そのように言ってくださって嬉しいです。ありがとうございます。「小栗さんの活躍が、生きる原動力になっています。色とりどりの幸せをありがとうございます。」〜本当にそうですよね。はい、舞台、映画、ドラマと最低一本づつは観たいです。2018年、舞台はあるでしょうか。お気遣いもありがとうございます。shu shu さんもご自愛くださいね。2018年もよろしくお願いいたします。
>mimosaさんへ。
こちらこそ、mimosa さんと皆さんと、小栗くんのお誕生日をお祝いできること、とても嬉しいです。本当に、いろいろな役を演じてくれて追いかけるのが大変でしたね(笑)。「何よりフレデリックが素敵で、安吾君も素晴らしかったし、最後の第九の朗読も誇らしかったです。」〜本当にそうでしたね。仰るように、シェイクスピアの舞台に立つ彼をなるべく早く観たいという想いがつのりました。同じ希望で嬉しいです(笑)。mimosa さんも、ずっと長い間、10年も椅子に腰かけてくださって、こちらこそ、本当に本当にありがとうございました!2018年もよろしくお願いいたします。
>minharuno さんへ。
こちらこそ、読んでくださってありがとうございます。そうですよね。「風色の椅子」も干支が一回りしました!(笑)こちらこそ、ずっと長い間読んでくださって、本当に本当にありがとうございました!はい、2018年も舞台が観たいですよね。「バンキシャ」、少し見ました。そうですよね。小栗くんも稽古を見学に行っているくらいですから、仰るように、シェイクスピアをやりたいんだと思います。スケジュール次第でしょうか。早く実現するといいですね。こちらこそ、2018年もよろしくお願いいたします。
>camelia さんへ。
そうですよね。まさか小栗くんの歌声を聞くことができるなんて、はい、嬉しいびっくりでしたね。「年に一度は舞台に立って欲しい〜古典もの、芸術的なもの、恋愛もの…欲張りになってしまいます(笑)」〜同じ思いです。魅了されたいですよね。2018年もよろしくお願いいたします。

2017-12-23 おまえのやさしい翼に抱かれて

よく晴れました。

こういう記事が出ました。

【 小栗旬、藤原竜也ら俳優4人が席巻! VM「2017年視聴ランキング」】

動画配信サービス・ビデオマーケット(VideoMarket)が21日、2017年の年間視聴ランキング(集計期間:1月1日〜12月15日)を発表。邦画部門では、小栗旬藤原竜也山田孝之綾野剛の出演作がトップ10内に7作入った。

社会現象を巻き起こした『シン・ゴジラ』(3位)を抑えて邦画部門1位に輝いたのは、小栗主演の『銀魂』。2位『22年目の告白-私が殺人犯です-』、4位『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』、5位『ミュージアム』、6位『デスノート Light up the NEW world』、7位『闇金ウシジマくん Part3』、8位『新宿スワンII』と4人が上位を席巻した。

そのほか、国内ドラマ部門1位は主演・新垣結衣星野源の共演で話題になった『逃げるは恥だが役に立つ』。ここでも小栗の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(2位)、綾野の『コウノドリ』(6位)、藤原の『リバース』(7位)がトップ10入りを果たした。


<国内ドラマ>

1 逃げるは恥だが役に立つ

2 CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

3 おんな城主 直虎

4 嘘の戦争

5 カルテット

6 コウノドリ(2017)

7 リバース

8 僕たちがやりました

9 あなたのことはそれほど

10 過保護のカホコ


<邦画>

1 銀魂

2 22年目の告白-私が殺人犯です-

3 シン・ゴジラ

4 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル

5 ミュージアム

6 デスノート Light up the NEW world

7 闇金ウシジマくん Part3

8 新宿スワンII

9 植物図鑑 運命の恋、 ひろいました

10 本能寺ホテル


「CRISIS」「ミュージアム」「銀魂」、ランクイン、素晴らしいです。

そして席巻という言葉が気持ちいいです。凄いです。

皆、俳優という仕事に対し、真摯に取り組み、情熱があり、

確固たる自分があって、やらされている感じがしない、

自立した俳優さんという感じがします。頼もしいですね。

そして花の82年組という言葉を聞いたことがありますが、

小栗くん、藤原くん、綾野くんが、1982年生まれ、

山田くんだけ、1983年生まれですが、この年代の凄さがわかります。

皆、正々堂々としたライバルであり、友であり、信頼する仲間であり、

良い関係ですよね。

これからも変わらず席巻していってほしいです。

そして1982年生まれは、今年、35歳ということで、

こういう紹介から始まった番組を観ました、「1万人の第九」。


「第35回サントリー1万人の第九。このシラーの詩を朗読していただく方は、

 今年、35歳を迎えられます。ご紹介しましょう。小栗旬さんです」


お父様がずっと長年舞台演出をされてきた、大切にされてきた「1万人の第九」、

その35回目に、35歳の息子が朗読の舞台に立つなんて、

なんて素晴らしいことでしょう。本当にお父様はお喜びのことと思います。

小栗くんは、リハーサルが終わった後、いとうあさこさんからのインタビューに対し、

「ほんとにうちの父と佐渡さんが、何年間も凄く大事に作ってきている、

この1万人の第九なので、やはりそこのムードを壊すわけには、

いかないなという感じがあるので、精一杯やれたらなと思っていますけどね」と、

言っていました。変に肩に力が入っているわけでもなく、

自信に満ちていて、この「1万人の第九」の力になろうという、

清々しい気持ちが伝わってきました。白いクラシカルなブラウスも素敵でした。

そしてリハーサルを観たという、いとうさんから、もう朗読じゃないですよねと、

言われて、演出の方から覚えろと言われたと言っていましたが、

しかししか〜し!その5分間にも及ぶ、朗読、

テレビ放映はほんの少しでした(笑)。


 歓び

 おまえの不思議な力は 時の流れが引き裂いていたものを

 再び結び合わせる

 おまえのやさしい翼に抱かれて すべてのものは兄弟になる

 世界中の友よ こんな音楽ではない

 もっと心地よい もっと歓びに満ちた調べに

 声を合わせようではないか


やっぱり全部聴きたかったです。全部と言わず、せめて半分くらいは、

これではちょっと物足りないですよね。

人間賛歌に溢れ、力強く美しいシラーの詩を、小栗くんの声で、表情で、

もっと心に感じたかったです。

DVDBlu-ray、出ないでしょうか。

そんなことが気になって、「第九」第四楽章は、

ついつい「時計じかけのオレンジ」を思い出しながら、聴いてしまいました(笑)。

あ、演奏が終わった後、佐渡さんがインタビューを受けている後ろを、

笑顔の小栗くんが通っていて、ちょっと嬉しかったです。

minharunominharuno 2017/12/23 18:32 kurigohanさん、お久しぶりです。また頻繁に記事を書いてくださってとても嬉しいです。これからも無理のない範囲で、小栗くんの魅力を語ってください。よろしくお願いします。

そして1万人の第九、チケット争奪戦に敗れ、今日テレビで観ました。
予告でも小栗君のシーンが映ったりしたので、もっと取り上げられてると思ったら…短すぎる!
でもその短い中に会場全体を圧倒している様子が伝わってきました。うーん、それにしても短い(笑)
そして暗記したのは演出(お父様ですよね?)の指示だとか。それだけ信頼・期待されてのことだったと思いますが、見事それに応えるところが本当に素晴らしいです。
そして衣装がステキ。ちょっとがたいが良すぎる感じもしましたが、やっぱりクラシックの雰囲気が似合います。来年はぜひ舞台、それもシェイクスピアが見たいです!!鋼太郎さん、お願いします!
第四楽章をWeb公開するって番組の最後に出ましたが、朗読の部分はどうなんでしょうか?全部観たいですよね。

今回の第九の朗読で、改めて小栗くんの凄さがわかりました。金城さん系や福田さん系、まんが原作系もいいんですけど、先日kurigohanさんが書かれたように、大河やシェイクスピアなど、じっくりと演技を堪能できる作品もやって欲しいです。それに本格ラブストーリーも。

kurigohankurigohan 2017/12/25 20:16 >minharuno さんへ。
お久しぶりです。こちらこそ、そう言ってくださって嬉しいです。ありがとうございます。はい、私なりのペースで書いていきますね。これからもよろしくお願い致します。「1万人の第九」、ご覧になられましたか。そうなんですよ。短すぎましたよね。そうですね。お父様の指示ですね。仰るように、見事にそれに応えるところが素晴らしいですよね。「衣装がステキ。ちょっとがたいが良すぎる感じもしましたが」〜はい(笑)。本当に本当に、シェイクスピアが見たいですよね!朗読の部分、全部観たかったです。「大河やシェイクスピアなど、じっくりと演技を堪能できる作品もやって欲しいです。それに本格ラブストーリーも」〜大賛成です!

2017-12-21 BORDER 贖罪 ギャラクシー賞 受賞

冬晴れの日になりました。

まず小栗くん、ナレーションのお仕事です。

【 高麗屋三代襲名スペシャル 八代目市川染五郎 密着3650日 】

新たな「市川染五郎」が翔び立つまでの10年の軌跡

ナレーション 小栗旬


【 静岡朝日テレビ広報部 ツイッター 】

「八代目市川染五郎 密着3650日」ナレーター決定。

番組ナレーションは小栗旬 さん、松たか子 さんには、

プライベートシーンの語り手として、番組を彩っていただきます。

1月7日(日)午後1:55〜

テレビ朝日系列全国放送


新春早々、嬉しいですね。

小栗くん、勘九郎さんとは仲良しと聞いてましたが、高麗屋さんとも?

彼の見守るような優しい声は、きっとこの番組のナレーションに合うと思います。

楽しみですね!


そして実は私、最近、要注目の男の子が二人いまして(笑)、

ひとりは何を隠そう、この八代目市川染五郎くんなんですよ。

なんと美しい少年でしょう。一目でよし!って思いました(何が?笑)。

これから彼がどんな歌舞伎役者になるのか、とても楽しみです。

もうひとりは、フィギュアスケートラトビアのデニス・ヴァシリエフス選手。

彼のコーチは、ステファン・ランビエールで、選手、コーチ込みで好きです(笑)。

二人の雰囲気が素敵なんですよ。

NHK 杯で、こちらも一目で好きになりました。

手足が長くて、私の理想の体型で、しかもコーチのせいか、

欧州の香りのするロマンチックなクラシックな滑りをするんです。

こちらもこれからどんなプログラムを演じてくれるのか、とても楽しみです。


「BORDER 贖罪」がギャラクシー賞を受賞しました。

【 小栗旬主演「BORDER」ギャラクシー賞月間賞受賞 】

俳優の小栗旬(34)主演のテレビ朝日スペシャルドラマ

「BORDER 贖罪」(10月29日放送)が「ギャラクシー賞11月度月間賞」を、

受賞した。14年に放送された同局の連続ドラマ「BORDER」の続編。

前作に続いて作家の金城一紀氏(49)が原案・脚本を手掛け、

レギュラー陣の青木崇高(37)、波瑠(26)、遠藤憲一(56)らが再集結した。

ギャラクシー賞は放送批評懇談会が日本の放送文化の質的な向上を願い、

優秀番組・個人・団体を顕彰するため1963年に創設。

放送批評懇談会は「BORDER 贖罪」の受賞理由について,

連続ドラマクオリティーを維持しつつ、見事に『その後』を描いている。

主人公を演じる小栗旬大森南朋ら前作からのキャストだけでなく,

今回から登場の國村隼満島真之介中村ゆりかも好演。

エンタメ作品のなかに『正義と悪』『生と死』というテーマ性を,

くっきり浮かび上がらせる金城一紀の脚本も鮮やかで、

続編への期待が高まる」と説明した。


【 放送批評懇談会 HP】

2017年11月度 月間賞

「BORDER 贖罪」

10月29日放送

テレビ朝日


【 BORDER 公式 ツイッター 】

嬉しいお知らせ。

皆さま、ご無沙汰しております。

2017年もあとわずか!

そんな本日、嬉しいお知らせが。

「BORDER 贖罪」

ギャラクシー賞 11月度月間賞 受賞

本当に嬉しいです!ありがとうございます。

スタッフ&キャストと紡いだ物語を評価していただいたことに感謝。


おめでとうございます!たくさんのドラマが放送される中、

「BORDER 贖罪」を選んでいただいて、きちんと評価していただいて、

本当に嬉しいですね。

「BORDER」は連続ドラマの方も受賞していましたから、

やはりテーマを持った素晴らしい脚本に、演者の力と、演出の妙と、

すべてのパワーが集結して、素晴らしい「BORDER」になったのだと思います。

「続編への期待が高まる」〜と書かれてはやるしかないですね(笑)。

あれからの、石川安吾くんに会いたいです。


「1万人の第九」についての記事が出ました。

【 国分太一「1万人の第九2017」出演!「自然と涙が出た」】

俳優・小栗旬(34)が歌詞の基になったF・v・シラーの詩「歓喜に寄せて」を翻訳、

編集した「よろこびのうた」をドラマチックに朗読してみせたが、

来年は朗読してみたいかと国分は問われ「いやー、無理!

あのMAXを見ちゃったから無理。あの後、誰がやるの?」と感動。

「バラエティーとかで小栗くんと会うと『おもしろい人だなあ』という、

印象だったんですけど、(小栗が出演した舞台)『髑髏城の七人』を、

プライベートで見に行ったことがあって、きょう見て、

やっぱり日本を代表する俳優さんだったんだなあと。

一言言うまでの『間』。一万人の前であんな『間』、無理ですね」と脱帽していた。


【 国分太一「1万人の第九」体感に感動「日本語で伝える事ができない」】

第九演奏前、第4楽章の歌詞の元となったシラーの詩「歓喜に寄せて」の、

日本語訳を、朗読した俳優・小栗旬(34)についても、国分は、

「日本を代表する俳優だったんだなと思った。

ひと言発する前のあの“間”で引きつける。メンタルが強い。すごい人」と絶賛した。

来年の朗読ゲスト就任への意欲を問われると、「いや〜無理!」と即答。

「小栗君のMAXを見てしまったら…次の人はどうやるんだろ?」と案じ、笑わせた。


国分くんにもそう言ってもらえて、嬉しいですね。

「おもしろい人だなあ」〜「日本を代表する俳優さん」のくだりが可笑しいし、

嬉しいです。23日、楽しみに観たいと思います。

マリマリ 2017/12/22 07:24 おはようございます。「贖罪」のギャラクシー賞良かったですね!脚本もですが出演者全員の緻密な演技が素晴らしくて、こういう繊細な演技は見逃されてしまうこともあるように思うのですが、きちんと評価されて嬉しいです!
そしてナレーションも楽しみです!私は先日の「お練り」で初めて金太郎くんの最近の姿を見たのですが美しいですね〜驚きました!高麗屋は華やかな一族ですね!kurigohanさんのお気に入りの選手もしかと画像で確認しました。納得です(笑)。
そしてそして「一万人の第九」いよいよ明日の放映ですね!国分さんの言葉、嬉しいです!
第九への出演が決まった時、もう行きたくて行きたくて、でも大阪まではとても無理でした。
佐渡さんの第九だけでも素晴らしいのに百音さんのバイオリンに小栗くんの朗読!!正に夢のまた夢のような共演。生の音の中に居たかったと未だにブツブツ言ってます(笑)。ノーカットのDVDが出るといいのですが、、、。

kurigohankurigohan 2017/12/23 18:02 >マリさんへ。
「BORDER 贖罪」のギャラクシー賞、よかったですね。「脚本もですが出演者全員の緻密な演技が素晴らしくて、こういう繊細な演技は見逃されてしまうこともあるように思うのですが、きちんと評価されて嬉しいです!」〜本当にそのとおりです。そういう演技が認められてよかったですよね。そしてそうですか。「お練り」で〜私はテレビで見ました。はい、高麗屋は華やかな一族ですね。ラトビアのデニス選手のこと、わざわざ画像を確認してくださって、すみません(笑)。滑っている様子はもっと素敵なんですよ(笑)。そして「一万人の第九」、ほんの少しでした〜(笑)。私も行きたかったです。バイオリンの百音さんは服部一族の百音さんですよね。以前、「題名のない音楽会」で見ました。本当に、ノーカットのDVDが出るといいですよね。