栗カメの散歩漫歩 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-09-03 「白蛇伝」

 今年、2017年は日本で初めてアニメーションが作られてから100年を迎えます。(中略)戦時下に作られた秀作「くもとちゅうりっぷ」「桃太郎 海の神兵」、影絵アニメーション海外でも高い評価を受けた大藤信郎の「くじら」「幽霊船」、日本初の長編カラーアニメーション白蛇伝」、クリヨウジ、木下蓮三、川本喜八郎岡本忠成アートアニメーションパイオニアたちの作品宮崎駿の「風の谷のナウシカ」、そして細田守の「おおかみこどもの雨と雪」など、多彩な日本アニメーションを振り返ります。(日本アニメーション100年 アニメーション映画特集プログラムより)

 「白蛇伝」(1958年、東映動画、1時間18分、カラー、35ミリ)を映像文化ライブラリーへ観に出かけた。

 演出・藪下泰司。声の出演森繁久弥宮城まり子

 記念すべき日本初の長編カラーアニメーション主人公若者・許仙(シュウセン)は、白いヘビの化身である白娘(パイニャン)を好きになる。白娘を退治しようとする法師との戦い、自分の身を捨てて許仙を救おうとする白娘の純愛。中国伝説をもとにした物語をダイナミックな表現で描く。(9月プログラムより)

 作品ナレーションから登場人物動物たちの声までを演じる森繁久弥宮城まり子声音(こわね)が素晴らしく物語りに彩りを添えている。冒頭の切り絵の影絵アニメーションの光とその美しい色が変化してゆく映像美に目を奪われる。

 昔、白蛇を助けた少年青年になって、ある日、白蛇の化身である美しい白娘(パイニャン)に魅せられるのだった。それを阻止しようとする法師は白娘を退治しようと主人公若者の許仙(シュウセン)の前に立ちふさがる。

 それを見守るのが動物パンダたちや白娘の侍女(?)の魚の化身少女らで、彼らが脇役として、白娘(パイニヤン)と許仙(シュウセン)の恋のゆくえを見守るのだった。

 法師と白娘とがお互いの念力を使って生死を賭けて闘うシーンがダイナミックな映像の動きで目を見張る。

f:id:kurisu2:20170909155754j:image:w360

  日本最初の総天然色長篇漫画映画

  蛇精の姫 妖術使い 珍獣の数々の乱舞跳梁