氣の活用と呼吸法 このページをアンテナに追加

全国の学校や地域の皆様に「元氣」をお届けする活動をスタートしました!

>>詳細はこちらから<<

2006-11-20 本日新規開設しました^-^ このエントリーのブックマークコメント

息子に勧められてブログはじめてみました^^

今日は私の故郷の写真を2枚ほど紹介させていただきます。

私、栗田は、昭和22年4月に福島の奥会津に生まれ、高校を卒業した後、玉川大学入学、その後人生のほとんどを東京都町田市で過ごしています。退職を6年後に控え、来た道を振り返り、これから自分が日本人のために何ができるかを模索しているところです。趣味を生かして、人様のお役に立てばなんでもやろうと考えています。私の生まれ故郷は水清く、山は青き山里です。春にはコゴミ、ゼンマイ、山ウド、ワラビ、美味しい山菜が沢山とれ、夏は川(写真)での鮎釣りや湖での泳ぎ、カヌーや、登山など、秋は梁でとれた落ち鮎を囲炉裏でいただいたり、紅葉を楽しみながらのキノコ狩り、冬は美味しいお酒や、おそば、オモチをいただいてスキーや温泉を楽しめるというまさに人生の楽園のようなところです。(尾瀬沼も案内できます)

私の親戚がやっているお勧めの民宿がありますので是非行ってください。私から聞いたといえば格安にとめてくれますし、親切にどこでも案内してくれます。

民宿みやもと:0241(54)2749

       (阿部祐一さん)

  • 野尻川

f:id:kurita0129:20061017100923j:image

  • 野尻川に仕掛けられた「やな」

f:id:kurita0129:20061017100050j:image

ブログを勧めてくれた息子に感謝です。



↓↓↓≪コメントを頂いているHPはこちらです≫↓↓↓

http://www.furusatokaiki.net/index-next.html

http://www.pref.fukushima.jp/fui/cgi-bin/view.cgi?ACCOUNT=a26

須佐光夫須佐光夫 2006/11/28 18:27 はじめまして、金山町役場の須佐光夫と申します。
この度、栗田様の出身地である奥会津金山町小栗山の諏江仁補様よりご紹介をいただきました。
ブログを始められてまだ日が浅いとのことですが、写真も綺麗なものが多く私が仕事で扱っているブログとはやはり力の入れ方が違うなと感じております。
さて、早速ですが、私は町役場で首都圏より奥会津への移住(IJUターン)される方々のお手伝いをさせていただいております。季節の良かった9月より11月上旬までは週に1〜2組程度のペースでお客様をご案内させていただいておりました。いずれのご家族も奥会津の景観に感銘を受けられ、その多くは奥会津を第二の人生を送る地として候補にあげていただいております。
ついては、今後ブログに掲載される内容について、多くの方々にご覧いただき、ふるさと金山への想いが“ふっと”湧き上がってきた際には、時々ふるさとへの想いなど掲載していただければと考えるものです。
もし、ご承諾いただけるようでしたら是非とも総務省過疎対策室が開設する交流居住ポータルサイトの金山町ページとリンクさせていただければ幸いです。
ご検討いただきお返事いただければとありがたいです。よろしくお願いします。

栗田です栗田です 2006/11/29 08:54 了解しました。故郷を離れ40年以上も過ぎました。年をとるにつれて故郷への思いはつのるばかりです。故郷奥会津はいつも心の中にあります。人々の温かさ、おいしい食べ物、温泉、などを紹介し、首都圏からも沢山の人々が興味を持ち訪れていただけるように皆様の活動を応援し、少しでもお役に立てればと思っています。団塊の世代の故郷への恩返しが少しでもできればと思ってます。私の学校の写真クラブが今年の夏沼沢湖山荘で合宿をするにあたり、いろいろとアドバイスを頂きありがとうございました。生徒達の写真もそのうち紹介させてください。

40年後の日本40年後の日本 2006/12/18 14:35 40年後の日本、東京は今の熊本県と同じ気候になるそうです。暑すぎて夏は大変なことになるでしょう。地球温暖化で住みやすい地域は東北地方、しかも台風などの自然災害の少ない町、海から離れた、山と、緑と、木の実と、川魚と山菜の宝庫の金山町が脚光を浴びると思います。金山町の観光課の須佐さん、どうぞ自信を持って町の活性化を図ってください。私が買える土地はありますか?できれば沼沢地区か太郎布地区がいいのですが。教えてください。

山下 孝山下 孝 2007/10/01 16:09 昨日の氣の講習のおかげで、今日も1日元気で働いています、ほのぼのとしたブログ拝見しました、今仕事中なので、家に帰ったらゆっくり読ませて頂きます。

氣の呼吸法氣の呼吸法 2007/10/01 21:08 昨日は皆さんに「氣の活用」を理解していただいて嬉しかったです。とにかく氣は生活万般に応用できます。山下さんには藤平光一先生の「氣の呼吸法」という本をお薦めします。是非お読みください。ますます若返りますよ。
また、お会いできる日を楽しみにしています。

太地 亮太地 亮 2010/01/21 18:15 久しぶりにお元気そうなお声を聞きました。この度は著書の発刊、おめでとうございました。また、得意の尺八の演奏会も開催したとのこと、嬉しく思いました。玉川教育の神髄を伝えて、多くの方から賞賛の辞をいただいたことでしょうね。本当に嬉しく思いました。私の方は、相変わらず先祖の足取りばかり調べる日々で、時々、好きな植物の栽培に熱を入れようかと思うと、捕鯨史の課題が出てきて、先祖より鞭を打たれている重いです。いつの間にかライフワークとなりました。
どうか、今後とも玉川学園のために頑張ってくださることを祈念します。

Connection: close