葉っぱのBlog「終わりある日常」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

05/12/03

kuriyamakouji2005-12-03

[]しみじみ「内在系」、メンヘラーって? しみじみ「内在系」、メンヘラーって?を含むブックマーク しみじみ「内在系」、メンヘラーって?のブックマークコメント

 『限界の思考』は面白いんだが中々前へ進まない。気になるテクニカル・タームについて一々考えていると脱線するのです。でも結構、宮台さんなりにサービスはしてくれている。例えば、

言い方を変えると、日々の糧に困らず平和に生きられれば幸せになれるタイプを「内在系」の実存と呼び、それだけでは足らず<世界>や自分の究極の意味を考えてしまうタイプを「超越系」の実存と呼ぶと、「超越系」の連中はじつに「アブナイ」けれど、その手の連中は社会から絶対にいなくならないから、上手に善導する必要があるということです。

 僕は、中学高校や大学を通じてフランクフルターにハマり、そのあと卒業したつもりでいました。ところが、八十年代なかばから性のフィールドワークにかかわり、それにつづいて宗教を調べるようになって、「全体性は断念できない(から安堵するしかない)」というフラクフルターの基本的発想の深さを、しみじみと考えるようになりました。(188〜9頁)

 僕は内分泌療法のお蔭で今は「内在系」の実存を生きていますね。喜ぶべきか哀しむべきか、でも心身のバランスの良さを実感する日乗に間違いないです。前立腺癌になった余禄かなと感謝しています。でもホルモンのバランスが時として崩れるのか、目眩がしますが、目眩によって「超越系」のアブナイ橋を渡らないで済んでいるのかもしれないですね。でも、こんな東浩紀みたいな工学的な補助線というか、薬というか、そういう挿入で宮台さんの社会科学に対する問題の解決を図ろうとするのは応用の利かない特殊だという認識はあります。まあ、逆に「超越系」のアブナイトリップに薬を使用する人もいるみたいですが、僕の薬は「内在系」に向かう。

 九十年代のなかば、ブルセラ援助交際の女子高校生らを世間に「紹介」していた頃、僕は彼女たちの姿に、全体性を断念しつつ――それどころかそんなものについて考えたこともないまま――高度な流動性を乗りこなす理想的存在を見いだしていました。流動性をモノともせず、「内在系」の実存を生きる「オバちゃん的」存在ですね。

 だからオウム真理教地下鉄サリン事件が起こった直後、「オウム(超越系)死してブルセラ(内在系)残る」という、認知的(予測的)でもあり規範的(べき論)でもある命題を掲げた『終わりなき日常を生きろ』という書物を、世に問うことになったんです。でも予測ははずれ、世の中は元ブルセラを含めてメンヘラーだらけになりました。

 メンヘラー?僕は最初本書でメンヘラーと書かれたとき、メルヘン系と読んでしまったのです。この頁でなくもっと前の方ですが、世の中みんなメルヘンで癒しを求めだしたという文脈です。でも何か違う、それで、検索したら沢山ヒットしました。でも、益々わからなくなりました。<偽メンヘル>なんて言うのもあるのですね。取り合えず、僕が参照したものを紹介:♪お探しのページは見つかりませんでしたモヒカンを隠して生きてきた日記 - モヒカン族うんこぶろぐ。

 理解できましたか?大体イメージは捉まえることは出来ましたが、宮台さんの言うように世の中、メンヘラーだらけなんですか?

『絶望 断念 福音 映画』のあとがきに書いたけど、過剰流動性下での入れ替え可能化にもかかわらず、不健全な「超越系」に向かわずに健全な「内在系」の実存を人は容易に保ち得るのだ、という想定には、無理があったんですね。結局、僕は「全体性は断念できない」「超越系は世の中に大規模に生きつづける」という、フランクフルターの想定に戻りました。

 その超越系の、全体性の回路を国民国家へと流し込まないためにヘタレ左翼、ヘタレ右翼の路線を踏まないで「あえて」する宮台さんの戦略は難解であるけれど刺激的です。

 「内在系」の実存を生きるオジサンブログですなぁ、ここは…。願いは平和に幸せに生きること、平和ボケが世界中隈なく行き渡ることを祈念します。物凄く困難な祈りですね。平和ボケに疚しさを感じる必要はない、憎むとしたら戦争ボケのヤカラです。そこを勘違いしないで、今後の宮台さんを追いかけます。

lelelelelele 2005/12/03 16:04 ご批評、ありがとうございました!

kuriyamakoujikuriyamakouji 2005/12/03 16:13 すごい速度反応ですね、アップしたばかりだったのに…。スピードの出しすぎに気をつけて下さい。

ゆうかゆうか 2005/12/03 17:48 メンヘラって、青年期に誰でも通過するものじゃないでしょうか。自意識過剰で生きてること自体が辛くて。今思い出しても苦しくなる。そんな苦しみの時代に受験勉強まっしぐらだった優等生たちには、無縁のことでしょうが。

kuriyamakoujikuriyamakouji 2005/12/03 23:56 益々メンヘラがわからなくなる。
僕は殆ど受験勉強をしなかったし、優等生ではなかったけれど…。そりゃあ、少年時代は自意識過剰であったけれど、そのことと、メンヘルがすぐに結びつかないのです。一体、ゆうかさんのメンヘル、メンヘラの中身は何でしょうか?病なのか、病でないのか、そのどちらでもあるものとして、メンヘルという言葉が使われているのか、引きこもりの問題もそうですね。

さやかさやか 2005/12/04 01:15 私も読みました。ただ、内在系というのはたとえば宮台さん言うところの「仲間以外はみな風景…」みたいな女子高生たちのことのではと。彼女たちからすれば、ブログやってむずかしい議論をするような人は立派に超越系では?もちろん超越系で全然いいと思うのですが。それから同じ日本人でも行動範囲の違いで、室内や町内が全世界の人もいれば、紛争地域も町内感覚のような人もいるでしょうし。前者が後者を憎もうが後者が前者を憎もうが、同じ超越系の近親憎悪ような気がしますが混同でしょうかね。ただ、平和ボケ・戦争ボケというのは慎重に吟味すべき言葉だと思いました。いきなり出てきて辛口でごめんなさい…。

kuriyamakoujikuriyamakouji 2005/12/04 01:57 僕の理解は、内在系も難しい議論をする人もいるし、そうでない人もいる。超越系も同じことで、全然位相の違う問題だと思う。横軸と縦軸、主知主義と主意主義で、どちらにしろ、超越系は語り得ぬものについての全体性への志向なのだから、その意味において逆に難しい議論をしない人々という判別が僕の中にあります。むしろ、内在系が言葉の内部で落とし前をつけるという所作がある限りにおいて理屈っぽいと思います。
平和ボケ、戦争ボケは確かに誤解を生みやすい言葉かもしれません。でも前後の文脈で判断して欲しいものです。あんまり、僕と違う文脈でこの言葉が流通しているもんだから、意識して使ってみたのです。反応、ありがとうございました。

ゆうかゆうか 2005/12/04 11:25  言葉の定義を考えるとき、形而上で使われる言葉と現場で使う言葉にギャップがありますよね。たぶん、考えている軸がちがうと思います。私はメンヘラを現場で考えています。青少年やニートと接点がありますので。病気かどうかというご質問には、人はみな病気未満か以上である、と思っています。境界線上にいる者がメンヘラではないてじょうか。「ひきこもり」も境界線なので、社会に順応できるようになると思えます。そういう意味では病気未満にもどれる、と。
さらに言えば、ずっと青少年と付き合ってきて、このごろ男性の女性化(この言葉はジェンダーでなく雌雄という意味)が感じられます。つまりメンヘラは少女から少年へと移行している。気づいたのは、近年です。だから私たち戦後すぐの世代は、理解できない。私も真にメンヘラを理解しているか、といわれるとね。
うまく論理化できなくてすみません。熟考してまたコメントします。(もうわけのわからないコメントすんな、と言われそうですね。)

kuriyamakoujikuriyamakouji 2005/12/04 11:49 いや〜あ、貴重なコメントをありがとう。
実を言えば「引きこもり」を身近な問題として考えているものだから、ゆうかさんのメンヘラを現場で考えていることに対して敬意を払います。その上であえて言いたいのは、わからないのは、「引きこもり」の問題解決を図る場合、臨床として対処すべきか、それとも社会現象として対処すべきか、中々そのあたりの入り口がわかりにくいのです。多分、ゆうかさんの言うように境界線上の問題として検証すべきなんでしょうが、それゆえに逆にムツカシイですね。
☆男性の女性化ですか、なるほど、それは脱社会化(そういう意味で超越系)への志向性と何処かへつながっている局面なのか、それとも「萌え」的な同一化への欲望なのか、それとも何かなのか、

ゆうかゆうか 2005/12/04 14:20 支離滅裂な意見を寛容の精神でお読みくださり、ありがとうございます。
私がニートやフリーターの青少年と関わって思うことはもさまざまありますが、人様のブログで自論の展開(ともいえない断片)をするのは失礼ですので、要点がつかめたら、またコメントいたします。
ただ、彼らは個々に苦しんでいるけれど、それが社会が生み出した必然なのか、ということはわかりません。いつの時代もいた、というのが私の言う「通過儀礼」という意味です。
実は私も少女時代に「ひきこもり」と「精神的露出」を交互に繰り返しておりました。その時代、「ひきこもり」という存在は認識されず言葉はなく、かえって救われた、という気がしています。もちろんいまも精神的には「ひきこもり」です。内在と超越が混乱している大人です。人はどっちかに決められないから苦しいのですよね。
内容がないわりに長くて、ごめんなさい。

kuriyamakoujikuriyamakouji 2005/12/05 11:31 >言葉はなく、かえって救われた、

このことはとても重要だと思います。
○○という言葉としての症例が誕生すると、
一人歩きする。言葉による刻印ですね、
でも、実体は裏表がある。例えば「ひきこもり」にしたところで、吉本隆明が書いているように、
「ひきこもれ!」と推奨し、「孤独である」時間を持つことの大切さを強調している。
内在と超越、多分、どちらも生きるうえに必要なんでしょう。僕の場合はホルモン療法で思わぬ去勢手術になってしまい、「内在系」で殆ど満ち足りている状態になってしまっている。こんな方法は勿論、特殊です。だから普遍性がないという認識は当然あります。
コメント、ありがとうございました。