葉っぱのBlog「終わりある日常」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

12/07/21

[][]hontoのレビュー hontoのレビューを含むブックマーク hontoのレビューのブックマークコメント

D

ダラーとした気分です。M氏のようにどこかに隠れたい。海の傍がいいなぁ。「サラダの国」か。

先日の入院で「ムーミン」を読んだが童話はいいねぇ。担当の看護師がムーミンに登場する元気な女の子「ミー」ですか、そのキャラのワッペンを腰にぶら提げていた。

とても動きの活発な看護師で助かりました。

おっとりとした看護師から入れ替わり立ち代わり色んな彼女たちが僕の看護をしてくれるが、みんな色が違うし、患者に対する応答の仕方もそれぞれキャラがある。見ていて楽しい。

僕のところは見舞いの家族はいないし(見舞いに来る代わりに自宅で留守番をしている老母の介護をしてもらっている)、

入院の常連でありながらいつも一人で楽しんでいるムーンフェースの「ムーミンジジィ」を暖かく看取ってくれてます。

僕も看護師達と色んな話をするのが楽しい。

大体が孫世代だもんねぇ。

とういうことで白内障の手術が一段落。

眼がちゃんと見えるようになったし、久しぶりに

レビュー投稿しようとしたら、

http://honto.jp/

そうだ、bk1からhontoに移行したんだと、hontoにアクセスしたら、

アマゾンと似たようなシステムなの?

どうも使い勝手が悪い。

http://honto.jp/pd-review_819200028902.html

bk1の最大の売りは書評サイトで

他のところとは追従を許さない独特な場所で

楽しんでいたのに、

hontoは他のところとなんらの差別化もない。

つまんないねぇ。せっかく、書評投稿しよと思ったのに、意欲が減退。

ガックンですよ。

てるてるさんのつぶやきがわかります。

どうか、hontoさん、十年以上も伝統のあるbk1書評ポータルサイトを

復活、リニュアールオープンして下さいよ。

m(__)m

no title

◆僕が生まれた呉市の海岸通りを思い浮かべる

D

てるてるてるてる 2012/07/22 11:37 そうでしょ、そうでしょ、hontoのレビュー欄はbk1にくらべて、使いにくいでしょ、つまんないでしょ! 私、この春の「リニューアル」から、まあ、習うよりも慣れろ……とがんばってみたけど、どうも、だめだわ、とうとう、音を上げてしまいました!
同感してくださって、勇気百倍です!

あとさきになりましたが、白内障の手術成功、おめでとうございます。
ムーミンは私も、子供の頃に非常に愛読し、おとなになってから読んでも、とても気に入っています。
「ミー」は、おもしろい子ですよね。コマーシャルでも活躍しています。

kuriyamakoujikuriyamakouji 2012/07/22 12:21 せめて、新着レビューのページが欲しいねぇ。
ジャンルを越えたごった煮の知らない本も一緒に
並べて書評担当者もコメントする。
その熱いページがbk1の売りだった。
その伝統をhontoも受け継いで欲しい。

てるてるてるてる 2012/07/24 05:03 >ジャンルを越えたごった煮の知らない本も一緒に
並べて書評担当者もコメントする。
その熱いページがbk1の売りだった。

そのとおり!
電子書店は、一冊一冊の本を手に取って読むことができないから、書評欄を見るのが、本屋のなかをうろつくブラウジングの代わりになっているのです。
「マイページ」の「おすすめの本」はむしろ、余計なお世話になってるわ!

kuriyamakoujikuriyamakouji 2012/07/24 09:00 >「マイページ」の「おすすめの本」はむしろ、余計なお世話
そうそう、新着投稿で知らない本に出会う。
そんな楽しみがありました。
書評担当者のコメントも「知らない本」に出会ったという
サプライズを大事にしていましたねぇ。
時にはbk1の代表の石井さんもコメントをアップしていたし、
石井さん自身もこの新着投稿レビューを日々楽しんでいたと
書いていましたねぇ。
トップページに「新着投稿レビュー」をアップして欲しい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuriyamakouji/20120721