Hatena::ブログ(Diary)

こころ-夢の河辺で-

2017-02-23

チーコと私の病床日誌(85) 11:38

2月16日(木)昼から、梅の花と御菓子を持ってホームへ。妻と会うのは半月ぶりだが、それほど待っていた様子ではないので一安心。花を活け、次男から送ってきた孫の写真を見せると、「かわいいね、○○に似てるね」と子の名を言うが、独り家で暮らす私の話にはあまり関心がないようで、やはり御菓子の催促。大部屋に連れて行き、前の席のおばあさんに「孫です」と写真を見せると、こっちの方は目を輝かせて喜んでくれる。

2月20日(月)昨夜の、NHKのプラネットアースでは、地上に暮らす動物たちの、食いつ食われつの過酷な暮らしが描かれていた。人間も動物の種だから、自分の領域が侵されれば、お互い、殺しあうのは自然の摂理かもしれないが、幸い「人権」という理念で守られている。生命が大切なのは、人間だけではないのだが‥‥。お前は、肉を食べないか。ゴキブリが好きかと訊かれたら、答えようが無い。色んなところで、人間は矛盾を抱えている。

2月21日(火)この頃、職場に遅れそうであせる夢をよく見る。起床8時半。花瓶に活けた梅の花の香り。昨日はわざわざジャスコまで行っておかずを買ってきたので、久しぶりに米を炊く。

2月23日(木)家では、「詰まらん」「馬鹿やろう」とずっと独り言ばかり言っている。チーコが居ないと、何もする気になれない。何をしても面白くない。ホームで妻に会いたいが、又、がっかりするのは目に見えている。独身の頃はまだ、母が居たし、希望が自分を支えていたが、今は何もない。

f:id:kuromura:20170223113723j:image:w360

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20170223

2017-02-13

チーコと私の病床日誌(84) 11:48

2月3日(木)大統領と元俳優がお互い皮肉の応酬をしている。スマホやテレビ。情報過多の時代、有名人の言動ばかりが気にかかる。未来を背負う子供たちには、ゆっくり考える時間を与えたい。

2月7日(火)今日は天気が良いので、昼から、三瀬の水を汲みに出かけて、帰りに北山ダムや熊の川に寄って来た。妻と一緒に行った懐かしい場所の写真も撮ってきたので、印刷して、この次に持って行こう。

2月9日(木)午前11時から、車で、近所のSさんの葬儀にメモリードホール4階へ。その後2階のラウンジコーヒーを飲み、同じ班の女性たちと挨拶を交わし、先に別れる。午後からは、孫の貯金。今日は、小雨模様。

2月10日(金)朝10時障子を開けたらびっくり。夜の中に雪が積もっている。気温も6度で寒い。洗濯物をエアコンで干し、ご飯を炊く

2月11日(土)市内エスプラッツで、2時から、若手芥川受賞作家の文学研究会に参加したが、無私の純文学も、結局は、中央マスコミの金儲けの餌食になるという落ちた話。休憩途中で帰る。昨夜の雪はもう溶けている。

f:id:kuromura:20170213114815j:image:w360

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20170213

2017-02-01

チーコと私の病床日誌(83) 12:39

1月25日(水)夜8時頃風呂から上がると、気分が悪い。血圧が下がり過ぎると大抵こんな気分になる。しばらく、風呂場でじっと座っている。最近、よく眠れないのと、昼飯を食べなかった所為だろうか。それとも薬の為だろうか。晩飯を済ましてから、血圧を測ると、145で普通で、もう何でもない。

1月26日(木)日本のアパホテルの客室に南京大虐殺否定の本が置いてあって、それに中国の幹部が反発しているそうだ。また、中国進出企業に対し、愛国無罪不買運動暴動が起きるのだろうか。事は、言論の自由が保障されている日本で、自分が経営するホテルに自分の書いた本を置いているだけのことなのに。中華民族は昔から世界の中心にあると信じ、力で他民族を支配しようとする。南シナ海の占有軍事化では、他の国々も黙っては居ないだろう。

1月29日(日)昼からホームへ。ご飯食べた?と聞いても、ご飯済んでいるのに食べてないと言う。妻は元気だが、立て続けにお菓子を食べたがる一方で、何を食べたか忘れるし、食べても満足感が得られないので、心底疲れる。お菓子を持って行かないで、普通に話せたらいいと思うが、悲しい顔を見るのは辛い。どうしたらいいのか。

f:id:kuromura:20170201123847j:image:w360

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20170201

2017-01-23

チーコと私の病床日誌(82) 16:09

1月8日(日)3時からホームの妻に会う。串団子と紅葉饅頭をむしゃむしゃ食べる。この前、私に「こんにちは」と挨拶したのが可笑しいと言うと、「どうして」と訊く。他人行儀じゃないか、と言っても、あまり納得していない様子。話は普通だが、日記の文字はよく判らないし、写真の友人の名は言えない。立てると言うが、やってみると、やはり駄目。でも、とても元気だから嬉しい。

1月13日(金)晴後曇、この週は寒い。週末は雪とのことで、10時頃から洗濯物干し。テレビで米新大統領の記者会見を見たが、この人本当にこの職をやっていけるのだろうかと思う。それにしても、周りは大変だろうな。

1月14日(土)近頃よく、駅の金ちゃんうどんを食べに行く。暑いときには、見向きもしなかったのに。今日は、600円の「肉うどん」を啜って、駅の駐車場から車を出そうとしたら、20分過ぎていて、200円払わされた。

1月17日(火)昼からホームへ。色々持っていったが、それでもチーコは食べ物の催促ばかり。話もろくに出来ない。ちょうど、介護婦が入って来たので、写真立てや靴、スリッパが無いと報告する。多分、他の認知症患者が紛れ込んで、持っていったのだろう。

1月23日(月)朝から洗濯をしたが、外は、小雪が舞っている。エヤコンで洗濯物を乾かしながら、パソコンでクラシックを聴いている。静かな気持。

f:id:kuromura:20170123161128j:image:w360

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20170123

2017-01-07

チーコと私の病床日誌(81) 14:06

12月31日(土)昼前、妹が例によって色々食品を持って来るが、1時間もせずに帰る。その後、車を前に動かそうとするが、エンジンがかからない。気温が低いためか。

平成29年1月1日(日)昼から、車のバッテリーに液を補給して、夕方になってキーを回してみるが、かからない。バッテリーを充電するか、交換するか、まあ当分の間、買い物や見舞いは自転車で行けばいい。物があれば、物に使われる。車があれば、車に使われる。

1月4日(水)晴。朝、前日ネットで注文したバッテリーに交換したが、かからない。日産に電話するが、夜になってやっとアドバイザーから電話がある。

1月5日(木)曇、日産の助言で、10時頃、こんどは、保険会社に電話して、見て貰ったが、やはり原因が判らず、最終的には、レッカー車で日産の修理工場に運んでもらう。午後4時から、タクシーで郵便局、喫茶ブラッサンスから、ライオンズビルのJINに行き、酒、焼きそばを摂り、7時半に帰る。

1月7日(土)曇、韓国では、釜山の領事館前にまた元慰安婦像が建った。反日運動の原動力は、戦争を知らない若者達のようだが、この愛国運動により、日韓関係が悪化して困るのは韓国自身ではないのか。今の韓国は、清の属国で、南進するロシアの脅威に晒されていた70年前の朝鮮と変わらない。他を恨むばかりの愛国心は、国の自立に結びつかない。午後1時、車が戻ってきた。

f:id:kuromura:20170107140529j:image:w360

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20170107

2016-12-27

チーコと私の病床日誌(80) 11:59

12月19日(月)晴、午後3時、ホームの部屋へ。チーコは、茨城で撮った赤ん坊の写真には、「かわいいね」とは、言うが、息子の新築の家には、あまり関心がないようで、半分も見ないうちに、お菓子を催促する。1時間ほど居たら、掃除の人が来たので、広間のほうへ行き、前のおばあさんに挨拶すると、自分も他人行儀に頭を下げて挨拶している。やっぱり少しおかしい。妻のそうした姿を見ると、不憫で悲しい。

12月21日(水)曇小雨、昼から、県の自動車試験場で免許更新の手続き。あと3年間、事故を起こさないように、気をつけねば。私も既に84歳、私に何かあったら妻が悲しむだろう。

12月25日(日)近頃、時々奥歯が痛む。歯医者に行っても、原因が判らないので、デンターライオンで歯を磨き、いりこや海老などカルシュームを摂るようにしている。昼から、庭仕事。堀際に杭を打ち、マンションとの境を整える。夜には、歯の痛みは治まっている。

12月26日(月)今日は3時からホームの推進委員会。水仙を持って1時半に行き、チーコと会うが、関心は食べ物のことだけ。この前から着ている男物の服が嫌なので、いったん家に帰り、持っていった毛糸のセーターに着替えさせる。会が終わって、チーコの所へ行くと、「こんにちわ」とにっこりする。私を誰と思っているのか。このまま症状が進んでいくのだろうか。

f:id:kuromura:20121210165317j:image:w360

f:id:kuromura:20160818114945j:image:w360

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20161227

2016-12-19

チーコと私の病床日誌(79) 11:35

12月6日(水)晴れているが寒い。昼から、大和町の道の駅で弁当を食べてから、巨石の山に登る。神頭石、道祖神石、龍の石と行き、造化大明神で妻の全快、嫁の安産を祈る。頂上までは行かなかったが、よい運動になった。

12月8日(晴)洗濯物を干してから、656広場のS君が経営するブラッサンスに行き、新聞社のA君にも会い、玉屋でおかずを買って帰る。

12月9日(晴)午後三時から、次男からの連絡をホームで待つ。玉屋で買った桜餅を食べて、3時半、携帯に、次男から男子出生の電話。母子ともに無事の出産を、妻ともども慶び合う。

12月11日(晴)昼から、槇の木の剪定。後、この前作った杭で柿の木の下の護岸工事をする。

12月15日(木)曇、朝8時45分の電車で、佐賀駅を出発、博多、東京で乗り換え、勝田駅に到着。O家の義母の車で病院に行き、初めて赤ん坊の顔を見る。その後、ビジネスホテルにチェックインした後、O家の知り合いの店で酒食の接待を受け、迎えに来た次男の車でホテルに帰って寝る。

12月16日(金)晴、8時半、迎えに来た次男とホテルのレストランで食事した後、新築した次男の家を初めて見る。今日は次男も仕事休み。午後10時ごろから、赤ん坊の退院式があり、そのまま、嫁の実家まで附いて行く。午後からは、次男の家のストーブの薪の買出しに同乗して、風車の矢七の里まで行く。

12月17日(土)晴、今日は次男は出勤。午後から、自転車で勝田駅付近まで行き、「米寿」というレストランで食事。その後、駅で明日の切符を買い、海浜公園までサイクリングして帰る。午後7時過ぎに帰宅した次男とスパゲッティの店に行く。

12月18日(日)晴、勝田発午前10時21分の電車に乗って、8時間余。午後7時に佐賀の家に帰り着く。

f:id:kuromura:20161219115827j:image:w360

神頭石

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20161219

2016-12-03

チーコと私の病床日誌(78) 10:18

11月24日(木)晴だが北風が強い。グッデイ蛍光灯を買ってから、3時からホームへ。昨日、大和町で買ったおはぎは、妻が好きなもの。家で温めたものを、箸で小さく切って食べさせる。妻は私を待っていたようで、来ないとどうしようかと思っていたと言う。行ってよかった。帰りに、散髪代を介護婦に渡す。

11月25日(金)晴、後雨。このところ、気温が上下するので、その調節のため、夜の布団、昼の着衣にも気を使わねばならない。午前中、表竹生垣の残った分を整理する。

11月27日(日)雨、いつも計る朝の血圧が異常に低い。9時から11時まで3回計ったが、下は普通だが、上は116.107,112。気分が悪いわけではないが、前立腺の薬だけにして、血圧の薬は飲まないでおく。

11月29日(火)晴、朝10時半、I君に電話して近況を聞く。奥さんをリハビリのため、養護施設に入れ、なんとか一人で大過なく暮らしている様子。

12月1日(木)午後1時半から、ホームへ。妻の笑顔を見るとほっとするが、話をしていて、父母や弟が、未だ生きているように思っていたり、写真帳の子供たちを弟だと言ったり、時間が止まったままか、逆戻りしているのか、やはり「認知症」かと悲しくなる。

12月2日(金)晴、11時過ぎから、隣家との境で大きくなった桑の木を切る。

f:id:kuromura:20161203101659j:image:w360

柿の木

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20161203

2016-11-24

チーコと私の病床日誌(77) 13:39

11月16日(水)晴れて風もないので、10時頃から、昼食を挟んで4時半まで庭仕事。入浴後、自転車で近所のジョイフルへ。いつもと違って、閑散とした店内で豚汁定食を食べる。味噌汁納豆は久しぶりだ。その後、アルタに寄って、翌日のパンと弁当を買う。

11月17日(木)晴、10時半、メモリードの外交員が来て、満期になった契約についての説明を受ける。1時半から、ホームへ。大部屋の長机の前に座っているチーコは、派手なトレーナーを着ていて、私の顔を見ると、モリツネ?と訊く。部屋に行くと、日記帳に11月16日の日付で、モリツネ、ばかたれとある。待っていたのだろう。庭仕事で忙しかった説明して、お菓子を上げる。あさっては、文学賞表彰式に行くことになっていると言うと、着ていく洋服は?と訊く。こんなところは全く前と変わらない。

11月19日(土)午後1時から県文学賞の表彰式。2時からの座談会には、Sさんに小説のほうをまかせ、随筆部門に出席する。4時から、喫茶ブラッサンスへ。

11月20日(日)朝10時、企画委員のSさんから、座談会の模様、審査委員の人選の件などで電話がある。

11月22日(火)朝、表竹生垣の剪定作業をしていたら、通りかかったSさんが、上を揃えてくれると言う。いいからと断るが、一緒の奥さんの口ぞえもあり、私の居ない午後から、作業をしてもらう。

11月23日(水)今日は、午後2時からの、車の高齢者講習のため、昼から、熊の川の富士教習所に出かける。点数は89点。約3時間の教習で、暗くなってから家に帰りつく。

f:id:kuromura:20161124133804j:image:w360

長瀬天満宮

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20161124

2016-11-05

チーコと私の病床日誌(76) 21:04

10月30日(日)午前10時から1時まで庭仕事。午後2時からホームへ。持っていったジンジャーの花を居間と部屋に活ける。介護婦が「いい香り!」と言ってくれる。部屋で、妻は茨城の栗饅頭を美味しい美味しいと言いながら食べる。口を拭いてから、介護婦に断って外に出る。秋の日差しの中のひと時。

11月1日(火)晴、風が多少あるが、10時ごろから、マンションと北畑の境の樹木の剪定をする。三脚も使い、1時ごろまでに終える。昼食を食べに出かけようと表に出たところで、散歩帰りのSさん夫婦と久しぶりに会って、近況など色々話す。夜、洋画「パリの恋人」を観る。主演のオードリーヘップバーンの表情も演技も、昔の妻を思わせる。

11月3日(祝)晴、朝10時から、畑で大きくなった樹を、護岸の杭にしようと、3本根元から鋸で切り倒す。この作業で左腰を痛め、冷湿布を張る。

11月5日(土)中部広域連合から送ってきた介護保険証を持って、昼からホームへ。持っていった山茶花を活け、お菓子の後、一緒に写真を見る。

f:id:kuromura:20161105210358j:image:w360

ジンジャー

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20161105