谷間の百合 このページをアンテナに追加

2014-01-14 2014年

早、イクトセ、最後の更新から、4年以上の月日が流れて、しまいました。

その間に、震災が起き、原発問題がア・ラ・ワ、になり、セカイの地図上ではLOVEの惨禍が広がって、いるようです。何人もの、後世に名を残すような人々は亡くなり、また、そうであるような人々が産声をアげ、奇妙なサイクルを繰り返しています。

僕が、何をしていたかといえば、特に何もしていませんでした。ロォティィィィンで始めたこのテクストサイトも9年目となりましたが、僕は、何故か、あの頃のままのような気がしております。相変わらず、馬鹿なことをしたり、辿り着きもしないものを追いかけたり、思えば、そう、精神の成長はしていないように感じられております。ハイスクゥルでの生活を終え、大学へと進学し、南アフリカはヨハネスブルグ、タウンシップのあばらヤで半年ほど生活し、ガザではスパイ容疑で逮捕され二週間以上拘束され、しかしながら、それでもなんとか命からがら日本へと帰り、幾人かの恋人と付き合い、愛を語り、夢を紡ぎ、そして道をタガえ、現在は、仕事をしておりますが、バルザックの『谷間の百合』を初めて読んだ時の感動を、そのままに、文字を売る仕事に就いてしまいました。バックグラウンドに変化はありましたが、こゝろ、は相も変わらず、あの頃のまま。そんな、ものなの、です。

皆様は、お変わりでしょう、か。

10年前の気持ちで、今、を、生きているでしょう、か。

なんとなく、ですけれども、僕は、変わらずに、生きていきたいです。




また、少し、物語のセカイを、ここで、始めたいと思います。

管理人:まふみん□

過去ログ□

オススメ□

日記□

@mafumin

Connection: close