インターネット初心者のためのフワフワ【IT日記】

2006-03-07 【IT豆知識4】カスタマーレビュー

こんばんは、いさポンです。


それでは、10回目を始めます。


前回からに引き続き今回も、いつも私が行っている

Amazon.co.jpを使った本の選び方を解説していきます。


今回はいよいよ、『カスタマーレビュー』の解説になります。


まず以下のページを開いてください。

HTMLスタイルシートによる最新Webサイト作成術―

ホームページでなにを伝える?どう作る?』


ページを開くまでのやり方は、前々回を参照してくださいね。


まず、ページをスクロールさせていって、

カスタマーレビュー』の部分を見てください。




この『カスタマーレビュー』には、

前回で解説した、出版社側の売り文句である『レビュー』とは違い

実際にこの本を購入した、読者の飾らない感想や批評、読後感といった

つまりその本をどう生活に生かしているのか!?

といったナマの声が書かれてあります。




カスタマーレビュー』が書かれている本をすでに読んでいるならば、

(ここから以降、カスタマーレビューを単にレビューと表示します。)


「そうそう、俺もそう思ったんだよ〜!」

「何だ、このレビューは! こんなのデタラメだ!!」

「なるほど、そういった解釈があったのか、それには気づかなかったなぁ〜」


などなど、共感を持ったり、自分では気づかなかった事柄に気づかされたり

読んでいるだけでも非常に面白いし、タメになります。




また、その本を読んでいなかった場合は、その本が本当に

購入する価値があるのか判断するのに、とても参考になります。


「自分が知りたいと思う事柄がきちんと書かれているのか?」

「内容は分かり易く解説されているのか?」

「この本を読んで、他の人はどういった感想を抱いたのか?」


などなど、色々と購入するための判断材料を得られます。


ネット書店では、実物が手に取れない物理的な制約がありますが、

反面、たわわに実ったレビューを読み、それを楽しむことができます。

実際に、レビューだけ読むというのもかなり面白いですよ。






それから、レビューを書いた人は、おすすめ度を設定する事ができます。

タイトルの左横に並んでいる5つの☆印がそれです。

白い☆印5つで最低、黄色い☆印5つで最高の評価になります。


レビューと同じで、判断する材料の一つとして見てください。




後、レビューを見る上で、もう一つ注意して見るべきところがあります。

それは、それぞれのレビューの一番上、おすすめ度やタイトルよりさらに上の部分に

『○○人中、○○人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。』

と表示されている部分です。


これは読んで字の如く、そのレビューを読んで

どれだけの人が参考になったと評価しているのかが一目で解ります。


人によって、本の感想は様々でしょうし、

デタラメな事を書いているかもしれません。


この投票数で、その本はどれだけ歓心が高いのか

どれだけの人が興味を持っているのかが分かります。


そして、その中のどれだけの人が参考になったと投票しているのかで

そのレビューの信頼度も掴めます。




纏めてみると、本を選ぶ上でカスタマーレビューの注目する点は

レビュー本文の内容、おすすめ度、何人投票しているか?、

その中の何人が参考になったと投票しているか? になります。


また、カスタマーレビュー自体がない場合もありますが

私の場合は、レビューが書かれていない本は、

もう購入しない事にしています。


レビューが書かれていない本はハズレが多かったので^^;


もちろん、レビューが書かれていない本でも良い本はあるでしょう。

自分でレビューを見ながら何冊か購入してみて

自分なりの選び方を見つけていってください。




ちょっと空いた時間で、レビューを観て楽しむというのは

リアルでのウィンドゥショッピングを楽しむようなものかなと考えています。


とある調査では、オンラインショッピングサイトですぐ購入する人は1割。

情報を探索したり研究したりする人が4割という結果があるそうです。




調べてそのまま購入するのも良し!


レビューをただ観て楽しむのも良し!


調べるだけ調べて、別の安い価格の

オンラインショップを探して購入するのも良し!


同じく、リアルのお店で保証の効いた製品を購入するのも良し!




オンラインショッピングには、色々な楽しみ方があると思います。


アマゾンカスタマーレビューは、あくまで参考の一つとして

自分に合ったオンラインショッピングのやり方を

見つけていけば良いでしょう。




それではこれで、オンラインショッピングサイトを使った本の選び方を終了します。


長くなりましたが、ここまで読んでくださって

どうもありがとうございました!




批評・意見・感想などございましたら、遠慮なく言ってください。

それでは、また次回もよろしくお願いします!!

Connection: close