包日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-06-03

撮影会

f:id:kurumig:20170603214330j:image:right

写真仲間が増えていくうちに撮影会というものがある事を知りました。

プロのモデルさんを撮影する事ができるのです。

写真仲間(というのもおこがましいのですが)の平林武彦さんの作品に度々登場するモデルさんのmoca*さんという方がいて、女の私から見ても惚れ惚れしてしまう美しい方で、そしてカッコイイのです。

もちろん平林さんの作品が素晴らしくて、moca*さんの魅力を最大限に生かしているからなのですが。


平林さんの作品のmoca*さんを見ていると、こんな花が似合いそうだ。とか、どんどんイメージが湧いてくる。

モデルさんを見て花のイメージが広がったのは初めてで、いつかこの人に私が作った花を持ってもらいたいなぁ。と思っていました。


そんな中、平林さんが主催する撮影会にmoca*さんをモデルとして招く。という情報が舞い込んできました。

撮影に使いたい小物も持ち込んで良いよ。だって。

こ、これは参加するしかない!

花を持って行きますよー!!



f:id:kurumig:20170603214323j:image:left

いざmoca*さんをイメージした花束2種類を作って撮影会場へ。

そして、ふ、と気付く。

花に気を取られていて深く考えていなかったけれど、moca*さんとこの花を撮るのは自分だと。

撮影会だから当然ね(笑)


花や野鳥を撮ることはあっても、ポートレートは初めてです。

たまに撮ることがあっても失敗ばかりで、これならスマホで撮った方がよっぽどマシ。という有り様(*_*)

そして、1シーンを1分という自分の持ち時間の中で撮るというではないですか。(これを参加者全員で繰り返します)

撮る場所を決めなくてはならなかったりカメラの設定とか、もうアタマの中はお祭り騒ぎです。

あれー(@_@)という状態ではありましたが、さすがプロのモデルさんです。

1カットごとにどんどんポーズを変えてくれるのです。すごい。

そしてみなさんのフォローのおかげで何とか終了。

手ブレせずに撮る!が目標なレベルな私ですので、作品としては・・・ではありますが、モデルさんが素晴らしいのでそれなりに見えてしまうのがすごい。

これは感動です。


一枚目の花は単純に衣装に合わせた色合いのブーケ風花束。二枚目の花束を先に作ったので違う印象のものが欲しかったという理由。

二枚目の花はツルがうまくmoca*さんに絡みついてくれたらな。なんて思いながら作ったもの。赤ダリアはかっこいい女に似合いますね。


やっぱりmoca*さんにぴったり。

イメージしていた通りで、これも嬉しい。

花の魅力がmoca*さんによってどーんとアップしました。

これで写真をもっと上手く撮れたら申し分ないのですが(^^;)

写真の構図や技術の面はもちろんですが、花束のデザインにも反省点はいくつかありました。

モデルさんの動きを生かしたデザインも考えたいな。

こうして花を使って実際にモデルさんに持ってもらい、自分でも撮ってみたからこそ発見があり、大きな意味があったと思います。

実に楽しい経験でした。

平林さん、moca*さん、参加者のみなさん、ナビゲーターの川名マッキーさん、ありがとうございました!


最後に平林武彦さんの作品。

f:id:kurumig:20170603233811j:image


圧巻です。同じ現場にいたとは思えない。

というか、平林さんは主催なので撮影に時間を設けていません。

合間にちょろりと撮ってこのクオリティです。

こんな表現もできるのね。かっこいいー

平林武彦さんの作品はコチラでご覧いただけます。https://www.takezo1810.com/




包kurumiのホームページ

http://www.kurumi.jpn.com/


包kurumiのFacebookページ

http://www.facebook.com/kurumi.flower