包日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-07-03

エーデルワイス

花の事、久しぶりに書いてみようかと。

花のブログなのに、おかしな書き出しですが(^^;)

私が撮影会だの野鳥撮影ナイトに浮かれている間にも、ステキ花はたくさんありました。

一番ときめいてしまったのは「エーデルワイス」。

エーデルワイス」は花よりも歌の方が有名ですよね。もちろん「エーデルワイス」の花を歌った曲なのですが。

こんなにも有名で誰もが知っている歌なのに、どんな花か知らないっていうのも気の毒ですね。


こんな花だったんです。

f:id:kurumig:20170703102202j:image


実は私も切り花で「エーデルワイス」があるなんて知らなかったんです。

だって高山植物ですよ?

こんなに気温が上昇し始めている時に出会うとは驚きです。

初夏に咲く花だったのですねー

イメージでは冬の花だったんだけどな(^^;)


ところで「エーデルワイス」の語源はドイツ語で「高貴な白」らしいけれど、白には見えない。

たぶん全体の姿をパッと見て、産毛のような部分を白と言ったのでしょう。

和名を「西洋薄雪草」と言うのですが、その点、ホント日本人ってセンスあるなぁ。と思います。

産毛の部分を薄雪と例えたのでしょうね。

うーん。奥ゆかしい。


f:id:kurumig:20170703101855j:image:left

初めて使ってみたけれど「こんな平地でジメジメした環境に対応は難しいのでは?」という心配をよそに、意外に丈夫。

調べてみたらキク科だそうで。

そう言えば、真ん中のまあるいポチポチっとしたクリーム色のものが花なのだけど、ダスティーミラーの花のつぼみに似てる?と思いました。

ダスティーミラーは別名を白妙菊と言い、やはりキク科です。

色も銀葉で似てる。そして両者を一緒に混ぜ混ぜしてアレンジに使ってみる。(ダスティーミラーは葉のみですが)


こう見ると一つの植物に見えるくらい似てますね(笑)

底辺にあるギザギザした葉がダスティーミラー。

中央部エーデルワイス


はぁ・・・ステキな花(*´з`)

そしてダスティーミラーもステキ。





そうそう。前回告知した野鳥撮影ナイトは無事に終了しました。

みなさんのためになるお話をできたかどうかは置いておいて、楽しかったです。

参加者の方から「五十嵐さんが楽しそうで楽しかった」という感想をいただいたのが、何よりの証拠です(^^;)

この楽しさは野鳥撮影ナイト自体もですが、元々は野鳥を観て、あーカワイイ。まぁキレイ。などを感じた瞬間から来ているもの。

この楽しい空気を伝えられたのだとしたら嬉しいです。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

また集まりましょう(*^^*)


包kurumiのホームページ

http://www.kurumi.jpn.com/


包kurumiのFacebookページ

http://www.facebook.com/kurumi.flower

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証